宇佐美フル出場のデュッセルドルフ、ライプツィヒに4失点惨敗《ブンデスリーガ》2019.01.28 04:08 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
デュッセルドルフは27日、ブンデスリーガ第19節でライプツィヒをホームに迎え、0-4で惨敗した。デュッセルドルフのFW宇佐美貴史はフル出場している。

後半戦スタートとなった前節アウグスブルク戦を2-1で勝利した4連勝中の14位デュッセルドルフ(勝ち点21)は、宇佐美が[4-3-3]の右ウイングで6試合連続スタメンとなった。

4位ライプツィヒ(勝ち点31)に対し、デュッセルドルフは開始2分に失点する。CKのクロスボールをGKがファンブルしてルーズとなったボールをボックス中央のY・ポウルセンにボレーシュートで蹴り込まれた。

さらに9分、流れの中で上がっていたセンターバックのコナテがバイタルエリア左で鋭い反転を見せてゴールへ突進。対応した宇佐美を振り切ってボックス左へ侵入し、シュートを流し込んだ。

ライプツィヒの勢いを止められないデュッセルドルフは、16分に3失点目を喫する。ヴェルナーのラストパスを受けたボックス左のY・ポウルセンにシュートを蹴り込まれた。

序盤の段階で3失点を喫したデュッセルドルフは前半、目立ったチャンスを作れないまま0-3でハーフタイムに入った。

後半から宇佐美を[4-4-2]の左サイドにポジションを変えたデュッセルドルフが押し込む流れとするも、シュートシーンを生み出すには至らない。

すると68分、サビツァーのミドルシュートのルーズボールをボックス左に詰めたライマーに押し込まれ、4失点目を喫してしまう。

結局、終盤にかけてもチャンスを生み出せなかったデュッセルドルフは惨敗。連勝が4で止まった。
コメント
関連ニュース
thumb

香川真司の獲得が「夢」だったデュッセルドルフ幹部、ドルトムントとの意見交換で断念

日本代表MF宇佐美貴史が所属するデュッセルドルフは1月の移籍市場で、一時MF香川真司の獲得を検討していたようだ。クラブのルッツ・ファネンシュティール取締役が地元紙『ライニシェ・ポスト』のインタビューで明かした。<br><br>モナコからの興味が伝えられ、ハノーファーがドルトムントとレンタル獲得で合意に至るなどで騒がしい移籍市場を過ごした香川。結局最終日にトルコのベシクタシュへの加入が決まり、今シーズン終了までのレンタル移籍が実現した。<br><br>一方で、昇格組のデュッセルドルフも香川獲得の可能性を調査していたようだ。クラブの補強を担当するファネンシュティール氏は、次のように話している。<br><br>「何人ものファンに話しかけられたんだ。『お前たちは何でボーっとばかりしてカガワの獲得に動かないんだ?彼はデュッセルドルフに住んでいるのに』と。私は彼らにこう答えた。『私だってカガワ(の獲得)は夢だった。でもドルトムントの責任者たちと数字について意見交換したら悪夢にうなされたよ。経済面において、ドルトムントは我々とは別のリーグに所属する。カガワのような選手は我々にとっては絶対に無理。単純にそういうこと』とね」<br><br>『ビルト』によれば、ドルトムントでの香川の年俸は600万ユーロ(約7億5000万円)。現在のブンデスリーガ1部で最も予算が少ないと見られるデュッセルドルフは、主力選手数人分のサラリーを1人に支払うわけにいかないようだ。<br><br>提供:goal.com 2019.02.09 12:15 Sat
twitterfacebook
thumb

ホームで快勝のシャルケ、宇佐美先発のデュッセルドルフを撃破し準々決勝進出!《DFBポカール》

DFBポカール3回戦のシャルケvsデュッセルドルフがヴェルティンス・アレーナで6日に行われ、4-1でシャルケが勝利した。デュッセルドルフのMF宇佐美貴史は56分までプレーした。 2回戦でケルン(2部)を2-1で下したシャルケと、ウルム(4部)に5-1で快勝したデュッセルドルフの一戦。2日のホッフェンハイム戦を欠場したデュッセルドルフの宇佐美は、公式戦2試合ぶりのスタメンとなった。 試合は立ち上がりから攻勢に出るシャルケが29分に試合を動かす。右サイドからのスローインをボックス右横で受けたマッキーニーが落とすと、ウートがワンタッチでつなぐ。このボールをボックス右で受けたクツクがカットインから豪快なシュートをゴール左に突き刺した。 迎えた後半、リードするシャルケはマトンドを下げてルディを投入。すると48分、オチプカの左CKをマッキーニーがヘディングシュート。これは相手GKに弾かれたがこぼれ球をサリフ・サネが押し込んだ。 後半開始早々に追加点を奪ったシャルケは、53分にも中盤でボールを奪ったルディがドリブルで持ち上がると、ボックス右へラストパス。これに反応したクツクがすべり込みながら右足で合わせると、相手GKの弾いたボールを最後はウートが押し込み、3点目を奪った。 リードを広げられたデュッセルドルフは、56分に宇佐美とドゥクシュを下げてルケバキオとコフナツキを投入。さらに65分にはバルコクを下げてフィンクをピッチに送り出し、交代カードを使い切った。すると71分、中盤でのボール奪取からカウンターを仕掛けると、コフナツキのパスでボックス左に抜け出したヘニングスがゴールネットを揺らした。 1点を返されたシャルケだが87分、左サイドで獲得FKからファーサイドのS・サネがヘディングシュートを叩き込み、勝負あり。ホームで4ゴールを奪ったシャルケがデュッセルドルフを下して準々決勝進出を決めた。 2019.02.07 07:07 Thu
twitterfacebook
thumb

宇佐美デュッセルドルフ、サンプからポーランド代表FWコフナツキを買い取りOP付きレンタルで獲得

FW宇佐美貴史の所属するデュッセルドルフは1月31日、サンプドリアのポーランド代表FWダヴィド・コフナツキ(21)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。 ドイツ『キッカー』によれば買い取る際にかかる移籍金は500万ユーロ(約6億2000万円)とのことだ。 2017年7月にレフ・ポズナンからサンプドリアに400万ユーロで加入したストライカーのコフナツキは、昨季はセリエAで22試合に出場して5ゴールを挙げたが、今季は13試合の出場で1ゴールと苦戦していた。 2018年3月にデビューしたポーランド代表では4試合に出場して1ゴールをマークしている。 2019.02.01 01:28 Fri
twitterfacebook
thumb

宇佐美先発のデュッセルドルフ、劇的弾でアウグスブルクに競り勝ち4連勝!《ブンデスリーガ》

デュッセルドルフは19日、ブンデスリーガ第18節でアウグスブルクとのアウェイ戦に臨み、2-1で勝利した。デュッセルドルフのFW宇佐美貴史は68分までプレーしている。 2018年終盤、宇佐美の活躍もあって3連勝とし、急浮上した14位デュッセルドルフ(勝ち点18)は、宇佐美がフラットな[4-4-2]の左MFで先発となった。 15位アウグスブルク(勝ち点15)に対し、押し込まれる入りとなったデュッセルドルフは13分、バイアーに左ポスト直撃のシュートを浴びるなど劣勢を強いられる。 さらに18分、CKからモラベクのヘディングシュートでゴールを脅かされるも、右サイドのルケバキオのドリブルを起点に徐々に攻め手を見いだしていったデュッセルドルフは、27分にボックス手前からのドゥクシュのダイレクトシュートでゴールに迫った。 ハーフタイムにかけては一進一退の攻防が続いていた中、45分にデュッセルドルフが先制した。ボックス右角からルケバキオが左足で送ったクロスをファーサイドのドゥクシュがヘッドで流し込んだ。 デュッセルドルフが1点をリードして迎えた後半、守備に比重を置きながら試合を進めるも、64分に同点とされる。ボックス手前右からシュミットに直接狙われたFKをGKレンジングが掻き出すも、ゴールラインをわずかに割っていたとして同点弾を奪われてしまった。 追い付かれたデュッセルドルフは宇佐美に代えてラマンを、ルケバキオに代えてバルコクを投入し、攻撃に変化を付けにかかる。 すると、終盤にかけて攻勢に出ていたデュッセルドルフに89分、劇的なゴールが生まれる。中盤でボールを奪取したモラレスがロングフィードを前線に送ると、これを受けたラマンがボックス中央へ侵入し、GKとの一対一を制した。 これが決勝点となってデュッセルドルフが勝利。連勝を4に伸ばしている。 2019.01.20 01:39 Sun
twitterfacebook
thumb

デュッセルドルフ、ブライトンから元オーストリア代表DFズットナー獲得

フォルトゥナ・デュッセルドルフは17日、ブライトン&ホーヴ・アルビオンから元オーストリア代表DFマルクス・ズットナー(31)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 オーストリア・ウィーンでキャリアをスタートさせたズットナーは、2015年にインゴルシュタットに移籍。その後、2017年夏にプレミアリーグに昇格したブライトンに3年契約で加入。移籍初年度はリーグ戦14試合に出場も昨季終盤からクリス・ヒュートン監督の構想外となり、今季はリーグ戦の出場はなかった。 そして、オーストリア代表通算20キャップを誇る左サイドバックは出場機会を求めて1年半ぶりのドイツ復帰を果たすことになった。 2019.01.18 07:20 Fri
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース