フェライニがふくらはぎの負傷により約1ヵ月間の離脱2019.01.18 20:15 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドのベルギー代表MFマルアン・フェライニが、ふくらはぎの負傷により最低3、4週間の離脱を強いられるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。『スカイ・スポーツ』によると、フェライニはトレーニングの中で負傷。昨年末にジョゼ・モウリーニョ前監督からオーレ・グンナー・スールシャール監督が仕事を引き継いで以来、フェライニは出場機会を激減させており、今冬の移籍も囁かれる中での離脱となった。

フェライニの状態について、スールシャール監督は以下のようにコメントしている。

「彼はおそらく最低3、4週間を要する。ふくらはぎの問題だ」

「悲しいことだ。選手それぞれに違った特徴があるし、私たちはみんなフェライニの特徴を分かっているからね」

「彼は一生懸命に頑張ってこれからのビッグゲームのために戻るよ」
コメント
関連ニュース
thumb

ポルトガルの大器19歳ジョアン・フェリックスにユナイテッドが140億円用意へ

ビッグクラブが獲得を熱望するベンフィカのU-21ポルトガル代表MFジョアン・フェリックス(19)にマンチェスター・ユナイテッドも大金を用意しているようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 フェリックスはアイディア溢れる華麗なボールタッチで“ハリケーン・フェリックス”という愛称で親しまれるアタッキングミッドフィルダーだ。国内ではFWクリスティアーノ・ロナウド以来のポルトガルサッカー界最大の天才と評されており、その才能はFWキリアン・ムバッペ以上との声も上がっているほど。 バルセロナやレアル・マドリー同様にポルトガルの逸材に熱視線を送るユナイテッドはすでにスカウトを派遣済みで強い感銘を受けた模様。2023年まで契約を残しているフェリックスを巡って、ベンフィカを含め激しい争奪戦が予想される中、ユナイテッドは1憶ポンド(約142億円)の小切手を用意しているようだ。 これまでの報道では、契約解除金をおよそ1億ポンドに設定しているとされるベンフィカは、これまでの活躍を受けて2億ポンドまで引き上げる可能性もあると言われている。今季はここまで公式戦24試合で9ゴール5アシストを記録し、その非凡な才能を遺憾なく発揮しているポルトガルの至宝に目が離せない。 2019.02.17 00:57 Sun
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドが5月にトレブル20周年を記念してバイエルンと“カンプ・ノウの奇跡”を再現! 指揮を執るのはサー・ファーガソン!

マンチェスター・ユナイテッドは16日、史上初の三冠を達成した1998-99シーズンから20周年を記念して、5月にバイエルンとチャンピオンズリーグ(CL)決勝カードの再現試合を行うことを発表した。 ユナイテッドは20年前の1998-99シーズン、カンプ・ノウで行われたCL決勝でバイエルンを下して、プレミアリーグ、FAカップと合わせて三冠を達成した。前半6分にバイエルンが先制した試合は、ユナイテッドが敗戦濃厚と思われた90分にCKからテディ・シェリンガムのゴールで同点に追いつくと、93分に現ユナイテッド監督のオーレ・グンナー・スールシャールが再びCKから逆転ゴールを奪い、史上初、そしてイギリスでは唯一のトレブル(三冠)を達成した。 “カンプ・ノウの奇跡”から20年を迎える今年5月に、ユナイテッドはバイエルンと記念試合をオールド・トラフォードで行うことを発表。日程もその一戦が行われた日付と全く同じ5月26日。そして、ユナイテッドの指揮を執るのは、1986年から2013年まで赤い悪魔を率いて幾多の栄光をもたらしたサー・アレックス・ファーガソンだ。 「オールド・トラフォードで特別な一日となることを本当に楽しみにしている。お馴染みの顔ぶれが揃い、マンチェスター・ユナイテッド財団にとっても素晴らしい機会となるはずだ」 このように語るファーガソン氏は、在籍期間の間にプレミアリーグ13回、FAカップ5回、CL2回の優勝回数を誇る。98-99シーズンのCL優勝は同氏にとって初の欧州制覇だった。 2019.02.16 23:55 Sat
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、シュクリニアルをトップターゲットに設定か

マンチェスター・ユナイテッドが、インテルに所属するスロバキア代表DFミラン・シュクリニアル(24)を今夏のトップターゲットに設定したようだ。イギリス『インデペンデント』が伝えている。 ユナイテッドにとって、センターバックは長らく課題として挙げられているポジションの1つだ。新戦力の確保を目指すユナイテッドは、ナポリのセネガル代表DFカリドゥ・クリバリ(27)とサンプドリアのデンマーク代表DFヨアキム・アンデルセン(22)をリストアップしているという。 しかし、クリバリに関してはナポリが放出を拒んでおり、コンタクトを取ったとされるもう一方のアンデルセンはトッテナムに加入する可能性が高いことから、両者の獲得は困難と判断しているようだ。 そうした中で、シュクリニアルをトップターゲットに据えているという。同選手はインテルと新契約締結に向けて交渉しているが、ユナイテッドにより長期的に動向を追われている事も把握しているという。 また、オーレ・グンナー・スールシャール暫定監督は補強方針について「フィットする適切な選手でなくてはならない」とコメント。最近ではDFクリス・スモーリング(29)とDFフィル・ジョーンズ(26)と契約延長したばかりであり、シュクリニアルの獲得に成功した場合はDFエリック・バイリーの立場はさらに厳しくなると『インデペンデント』は指摘している。 2019.02.16 19:37 Sat
twitterfacebook
thumb

イカルディ退団危機のインテル、後釜をリストアップか

インテルが、アタランタに所属するコロンビア代表FWドゥバン・サパタ(27)とマンチェスター・ユナイテッドに所属するベルギー代表FWロメロ・ルカク(25)の獲得を検討しているようだ。イタリア『トゥットメルカート』が伝えている。 契約延長が難航していることを受け、アルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ(25)のキャプテンを剥奪したインテル。クラブは弁明しているが、14日に行われたヨーロッパリーグ・ラウンド16の1stレグ、ラピド・ウィーン戦(1-0でインテルが勝利)で同選手が招集を拒否したと伝えられており、両者の関係はさらに悪化していることが報じられている。 今回伝えられるところによれば、インテルは新契約締結に自信を見せているがイカルディの退団に備え後釜にサパタとルカクをリストアップしているという。前者の推定移籍金は5000万ユーロ(約62億円)となっており、後者は9000万ユーロ(約112億円)となっているようだ。 今シーズンにサンプドリアから期限付き移籍でアタランタに加入しているサパタは、ハットトリックを2回記録した上、8試合連続ゴールを決める等セリエA23試合で16ゴールを記録。また、得点ランキングではユベントスFWクリスティアーノ・ロナウドの19得点に次ぐ2位タイに付けている。 一方、2017年にユナイテッドに加入したルカクは、加入初年度から公式51試合で27ゴール9ゴールを記録。今シーズンもここまで公式戦32試合で9ゴール4アシストを記録しているが、オーレ・グンナー・スールシャール暫定監督就任以降、イングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードの活躍で陰に隠れている 2019.02.16 15:02 Sat
twitterfacebook
thumb

マルシャル&リンガードは2~3週間の離脱、FA杯チェルシー戦に加えPLリバプール戦欠場が確実に

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督は15日、FWアントニー・マルシャルとFWジェシー・リンガードが2~3週間離脱することを明かした。 両選手は12日に行われたチャンピオンズリーグのパリ・サンジェルマン戦で負傷。マルシャルは股関節を、リンガードは左足ハムストリングを痛めていた。 ユナイテッドは今後、18日にFAカップ5回戦のチェルシー戦を、24日にプレミアリーグ第27節でリバプール戦を戦うが、いずれのビッグマッチも両選手が欠場することが確実となってしまった。 2019.02.15 23:56 Fri
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース