Jリーグアジアチャレンジに札幌と広島が参加!2019.01.18 18:44 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
Jリーグは18日、1月26日、27日にタイで開催する「2019 Jリーグ アジアチャレンジinタイ」に関する情報を発表。北海道コンサドーレ札幌とサンフレッチェ広島が、今年は参加することとなった。Jリーグからは、札幌と広島が参加し、タイからはチョンブリFCとバンコク・ユナイテッドFCが参加する。

試合は1月26日(土)にチョンブリFCと広島が、27日(日)にバンコク・ユナイテッドと札幌が対戦。キックオフはともに日本時間の20時となる。

広島には昨シーズンまでFWティーラシン・デンダーが所属しており、札幌には2018シーズンのJリーグベストイレブンに選ばれたMFチャナティップ・ソングラシンが所属。試合は日本とタイで生中継される。

◆日程
▽1月26日(土)
《20:00》
チョンブリFC vs サンフレッチェ広島
▽1月27日(日)
《20:00》
バンコク・ユナイテッド vs 北海道コンサドーレ札幌
コメント
関連ニュース
thumb

昨季途中湘南と契約解除のFWアレン・ステバノヴィッチがポーランド最上位リーグへ

湘南ベルマーレは16日、2018シーズン途中で契約を解除した元セルビア代表FWアレン・ステバノヴィッチ(28)の移籍先が、エクストラクラ(ポーランド最上位リーグ)のヴィスワ・プウォツクに決まったことを発表した。 インテル下部組織出身のアレン・ステバノヴィッチは、トリノ、パレルモ、スペツィアらを経て、2017年12月にパルチザン・ベオグラードから湘南に加入。昨シーズンは明治安田生命J1リーグで8試合2得点を記録し、YBCルヴァンカップと天皇杯には2試合ずつ出場していた。しかし、昨年9月10日の時点で双方合意のもと契約を解除したことが発表となっている。 2019.02.16 16:35 Sat
twitterfacebook
thumb

名古屋、東海学園大MF児玉駿斗を指定選手に! 2021年加入内定

名古屋グランパスは16日、東海学園大学サッカー部所属のMF児玉駿斗(20)がJFA・Jリーグ特別指定選手として承認されたことを発表した。なお、背番号は「35」を着用することが決定している。 大阪府出身の児玉は、中央学院高校から東海学園大学へ進学。2021年から名古屋に新加入することで内定しており、その際は「個人技に優れ、豊富なアイデアをドリブル、パスなどで表現できる選手」と紹介していた。 2019.02.16 14:20 Sat
twitterfacebook
thumb

キックオフカンファレンスでの出来事/六川亨の日本サッカーの歩み

Jリーグのシーズン到来を告げる「2019Jリーグキックオフカンファレンス」が2月14日、都内の貸しホールでJ1全18チームの監督と選手を招いて開催された。例年だとJ1に加えJ2とJ3(FC東京U-23とG大阪U-23、C大阪U-23を除く)の全チームを招いて行われてきたが、今年は試験的にJ1チームだけにした。 その理由をJリーグ関係者に聞いたところ、「J2とJ3のチームは全国各地に散らばっているが、それらのチームのブースを訪れて取材している新聞、テレビなどはいずれも地元のメディアです。取材する方もされる方も地元同士。それなら、『わざわざ交通費とホテル代をかけて上京する必要はないのではないか』という意見が出たからです」と教えてくれた。 それはそれで正しい意見だが、チーム数が減った割に18チームを取材するエリアは狭すぎて、すれ違うのも容易ではなかった点は改善を期待したい。 カンファレンスそのものは、最初に22日のフライデーナイトで対戦するC大阪の都倉と神戸のイニエスタが登場し、その後も開幕戦で対戦するチーム同士の選手が次々と登場と「選手ファースト」だったのは良かった。最後に登壇した村井チェアマンが今年の開幕宣言をして第1部は終了した。 えてしてこうしたイベントでは、最初にエライ人が出てきてスポンサーへの感謝を述べたり、長々と挨拶したりと、しきたりを重要視しがちなもの。しかし戦うのは選手であるため、彼らが全面に出てくるのは良かったし、選手への質問も1~2問にとどめたのは、槙野(浦和)は別にして口べたな選手もいるかもしれないので、答える方も気楽だったのではないだろうか。 2部のクラブプレゼンテーション(クラブブースでの自由取材)では、神戸のイニエスタと鳥栖のフェルナンド・トーレスは別格扱いで、2人だけはテレビの共同インタビューを受け、クラブブースでの取材はなかった。たぶん実施すれば、ただでさえ狭いクラブブースが大混乱に陥った可能性がある。これはこれで主催者側の好判断と言っていい。 今年のキックオフカンファレンスでもう1つ目についたのが、UAEで開催されたアジアカップでの健闘が光ったタイ人選手の登場だ。札幌のチャナティップは昨シーズンのベストイレブンにも選出された実績を持つが、アジアカップのグループステージのバーレーン戦では決勝点を決めて初勝利に貢献した。 神戸から横浜FMに移籍したティーラトンに加え、今シーズンからは大分初の東南アジアの選手となるティティパンは、アジアカップのグループステージのUAE戦で1-1の同点ゴールを決め、チームのベスト16進出に貢献した選手だ。その3人が、2部のクラブプレゼンテーションも終盤に差し掛かり、取材陣もまばらになると記者の求めに応じて3人で肩を組み、笑顔で撮影に応じる姿をみるのはなんとも微笑ましい光景だった。 彼ら3人に共通していたのは、1部で司会者からショートインタビューを受けたあとに、退場する際はマイクを両手ではさむように手を合わせてお辞儀をしていたこと。信心深いタイ人らしいなと感じたし、彼らの活躍によってタイでもJリーグへの注目度が高まり、さらに新たな選手が来るかもしれないということ。 Jリーグのアジア戦略は、徐々にではあるが、確実に実を結びつつあるのかもしれない。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2019.02.16 08:30 Sat
twitterfacebook
thumb

G大阪、来季加入内定のDF黒川圭介を特別指定選手に登録

ガンバ大阪は15日、2020年に加入が内定している関西大学DF黒川圭介(21)が2019 JFA・Jリーグ特別指定選手として承認されたことを発表した。 黒川はスピードを武器に足元の技術で相手を剥せるプレーを得意としているサイドバック。昨年12月5日にG大阪への2020年シーズンからの加入が内定していた。 2019.02.15 19:28 Fri
twitterfacebook
thumb

仙台、主将にDF大岩一貴を任命 昨季の3主将体制は撤廃

ベガルタ仙台は15日、2019シーズンにおけるキャプテンと副キャプテンを発表した。 2018シーズンの明治安田生命J1リーグでは渡邉晋体制最高位の11位でフィニッシュし、天皇杯では初の決勝進出を果たした仙台。更なる飛躍が期待される今シーズンは、昨年“3主将体制”を撤廃し、DF大岩一貴をキャプテンに任命。副キャプテンは日本代表GKシュミット・ダニエル、DF蜂須賀孝治が務めることになった。 2019.02.15 19:27 Fri
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース