「総合力」を高めるための実験は及第点…森保監督の調合がカギに/日本代表コラム2019.01.18 18:15 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
「この試合に関してもこの大会を総力戦で戦っていくということをチーム内で共有していましたが、ウズベキスタン相手に総合力を示し、難しい試合を制して勝利してくれたと思います」

ウズベキスタン代表に逆転勝利を収め、グループステージ3連勝を果たした試合後、森保一監督が語った言葉だ。

◆「総合力」を求めた一戦

オマーン代表戦でグループステージの突破を決めていた日本代表。ラウンド16の対戦相手が決定するこのウズベキスタン戦には、FW北川航也(清水エスパルス)以外のスタメンを10名変更した。

10名の中には、MF塩谷司(アル・アイン)、MF乾貴士(ベティス)といった森保体制で初招集を受けた選手を含め、GKシュミット・ダニエル(ベガルタ仙台)、DF室屋成(FC東京)、DF三浦弦太(ガンバ大阪)、DF佐々木翔(サンフレッチェ広島)、MF青山敏弘(サンフレッチェ広島)とアジアカップ初出場の選手も多くピッチに立った。

チームの完成度という点では、当然ながら初めての組み合わせでもあり、高かったとは言えない。しかし、選手個々が自身の持ち味を出してプレーするという点においては、これまでの2試合に比べて発揮できていたように思う。

◆目を見張る塩谷司のプレー
Getty Images

この試合で大きなインパクトを残したのは、塩谷だろう。サンフレッチェ広島時代は、3バックの右を担当していたが、アル・アインでは左サイドバックやセンターバックでのプレーが主となっている。

ボランチでのプレーも試合によってあるものの、殆どが最終ラインでプレーしている。しかし、この日は広島時代の同僚である青山と初めてボランチでコンビを形成。しかし、持ち前の対人守備の強さと、身体能力、読みの鋭さを生かした守備で躍動。さらには、持ち前の攻撃センスも発揮し、ゴール前に上がるシーンも見られた。

そして決勝点となった豪快なミドルシュート。Jリーグ時代から塩谷を観ている方なら、何度も目にした強烈なシュートが、日本代表を逆転勝利へと導いた。

初戦は冨安健洋(シント=トロイデン)と柴崎岳(ヘタフェ)、2戦目は柴崎と遠藤航(シント=トロイデン)がボランチを務めていた。この3名の中で、最も持ち味を出していたのは遠藤だ。攻守にわたってピッチ上を走り回り、潤滑油となっていた。

そして、このウズベキスタン戦でのプレーで、塩谷がそこに割って入る可能性が出てきた。ボランチという選択肢をこれまでは持てなかったが、攻守にわたるプレーはボランチで活かせることも見て取れた。現段階ではオプションでしかないかもしれないが、この先の日本代表の序列が変わる可能性を見出した。

◆明暗分かれた両サイド
Getty Images

一方で、両サイドハーフに入ったFW伊東純也(柏レイソル)と乾は明暗が分かれたと言っても良いだろう。

ロシア・ワールドカップ以来の日本代表招集となった乾は、森保体制で初出場。初の組み合わせとなるメンバー構成ではあったものの、攻撃面での違いをつけることが求められていたはずだ。

左サイドでボールを受けてタメを作り、攻撃を促す場面は見られた。しかし、アクセントを付けるまでのパフォーマンスは見せられず、また、守備面ではカウンターを抑えなくてはいけない場面でも突破を許すなど、ルーズな部分が目立ってしまった。立ち上がりから運動量高くプレーしていたことも影響はしたとは思うが、期待されていたものを発揮できなかったことは、大きな課題と言えるだろう。

一方で、伊東は出色の出来と言えるだろう。前半こそ、同サイドの室屋とポジションが被ってしまう場面も見られたが、後半は前方のスペースを上手く使い、ストロングポイントであるスピードもカウンターの場面でウズベキスタンの脅威となった。

2トップとの連携面など課題は残しているが、ウズベキスタンの守備陣を混乱させていたことは間違いない。守備面でも最終ラインまで戻ってブロックするなど、逆サイドの乾と比較しても攻守にわたって好パフォーマンスを見せていた。

◆答えの見つからない前線のカード
Getty Images

オマーン戦でも大きな課題として残った1トップだが、この試合は武藤と北川が2トップに近い関係でピッチに立った。

1トップでそれぞれプレーしたオマーン戦と比べ、両選手の動きにも改善が見られ、コンビネーションを含めても役割が整理されていたように見える。しかし、効果的だったかと言われると、まだまだ物足りないと言わざるを得ない。

軽率な守備から先制をされた直後、室屋のクロスに武藤が飛び込んで合わせたシーンは、流れを含めて見事だった。室屋の突破もさることながら、北川がニアで潰れ、武藤は中央でフリーになりヘディング。2トップとしての距離感、立ち位置もしっかりと発揮できた。

しかしながら、後半のプレーには気になるところも。自陣からのカウンターを仕掛け、左サイドで伊東がボールを持つと、中央の無糖へパス。これを武藤がワンタッチで流すと、後方から猛然と走り込んだ北川がフリーでシュートを放った。

前半も、反転シュートをGKにセーブされるなど、この試合は決定機を逃していた北川だったが、このシーンでもシュートは大きく枠を外れる。長い距離を走ってきたという側面はあるが、逆に捉えればカウンターというのはそういったもの。そこでシュートを枠に飛ばせないのは、ストライカーとして大きな課題だ。

この先は1点が明暗を分ける一発勝負がスタートするだけに、あの様なシーンは相手を助けてしまう可能性もある。ピンチの後にはチャンスありという言葉がある様に、失点を逃れた相手が息を吹き返す場面はこれまでに何度も観た事がある。先発、途中出場含めて3試合全てに出場した北川。Jリーグで結果を残しての招集だが、ポジションが確保されているわけではない。目立たないファインプレーはこれまでも見せていたが、そろそろゴールという目に見える結果が欲しいところだ。

◆「総合力」を高めるための調合は
Getty Images

森保監督が口にした「総合力」。突出した選手の力に頼るだけでなく、チームとして成長していく必要がある日本代表にとっては、このウズベキスタン戦の勝利は、3連勝したということ以上の価値があるだろう。

ベンチから試合を見ていた主力組は、それぞれのポジションの選手のプレーを見て思うことがあったはずだ。公式大会でタイトルを獲るには、大きな変化、突出した何かが必要となる。いわゆる、“シンデレラボーイ”という存在だ。

その観点では、森保監督とJ1のタイトルを獲得し、急遽追加招集され、UAEの地を知る塩谷の活躍は、何かを予感させるものではあった。それと同時に、選手間での競争意識がより強くなることが想定でき、チームが向上していくことに繋がれば、この実験は成功だったと言える。

一方で、森保監督には次の実験が待っている。「総合力」を高めつつも、コンディションを整えることとチームの形を作っていかなくてはいけない日本代表は、ここから移動を含めた厳しい日程が待っている。タイトルまで4試合、一発勝負が続く中で、「総合力」を最大化するための調合を考える必要がある。

ウズベキスタン戦で見られた選手たちの気概が、チームの成長とともに、優勝という結果に近づくのか。調整、準備を含めた、森保監督の腕の見せ所がやってきた。
《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》
コメント
関連ニュース
thumb

今後の日本代表に必要なのは経験者か、経験値か/日本代表コラム

2大会ぶりのアジア王者まで、あと一歩と迫った日本代表。しかし、決勝では初優勝を目指すカタール代表の前に1-3と完敗。得点差以上に、内容で差をつけられ、目標であったアジア制覇はならなかった。 日本に足りなかったものは何だったのか。長らく言われ続けた、「個」の能力なのか。それとも、チームとしての「総合力」なのか。その答えを見つけ出すのは簡単ではないが、発足から約半年の森保一監督率いる日本代表のアジアカップでの戦いを見れば、どちらも必要と言えるだろう。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆現段階では足りない経験値</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190203japan_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 今回のアジアカップに招集された日本代表23名のうち、13名がA代表のキャップ数が10試合以下。招集数も多くはなく、国際経験という点では乏しいものがある。 2018年、ベスト16に進出したロシア・ワールドカップ(W杯)でピッチに立ったのは、このうちの9名。MF青山敏弘(サンフレッチェ広島)は2014年のブラジルW杯を経験しているため、W杯経験者は10名となる(GK権田修一(ポルティモネンセ)、MF遠藤航(シント=トロイデン)はW杯メンバー入りも出場なし)。 今大会で主軸を担った選手の多くはW杯経験者であり、主軸では権田、DF冨安健洋(シント=トロイデン)、MF南野拓実(ザルツブルク)、MF堂安律(フローニンヘン)、MF遠藤が未経験者。しかし、冨安と堂安は2017年にU-20ワールドカップを経験。南野は長らくヨーロッパの舞台でプレーしている。 国際経験というものは、その字のごとく経験を積まなければ身につくものではない。その点では、冨安、堂安、南野、遠藤が大会を通して経験を積めたことは大きい。特に、世代別でしか経験したことのないアジア諸国との戦いを、A代表の大陸王者を決める戦いで経験できたことは、9月から始まるカタールW杯予選にもプラスに働くはずだ。 一方で、Jリーグ組の経験不足は否めない。グループステージ突破が決定した後の3戦目、ウズベキスタン代表戦では大幅にメンバーを入れ替えて日本は戦った。スターティングメンバー11名のうち、Jリーガーが8名。森保監督は、グループステージ首位通過が懸かった試合で、主力を休ませるとともに、経験の少ない選手たちをピッチに送り出した。 Jリーグにも素晴らしい能力を持った選手はおり、外国人選手のレベル、実績も年々上昇。それらの選手と対戦したり、味方であったりするわけだが、代表チームの公式戦とは訳が違う。タイトルを懸けた戦いでの真剣勝負を経験できたことは大きなプラス材料だ。 特にFW大迫勇也(ブレーメン)の影響は大きく、ピッチ内に居ると居ないでは大きく状況が変わることも今大会見られた。大迫以外にも、替えの効かない選手が増える状況は好ましくなく、チームとしての底上げという点でも、経験を積んでいく必要はあるだろう。マッチメイクも含め、JFA(日本サッカー協会)には真剣に考えてもらいたいところだ。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆経験者の追加は必然ではない</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190203japan_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 翻って、経験値が不足していることを補うために、経験者が必要なのかというと、個人的には「ノー」と言いたい。アジア王者になることは日本代表として当然の目標であった。しかし、「ゴール」はここではなく、それは3年後のカタール、さらにその先にあるはずだ。 今回のメンバー構成を見ても、経験という点でのバランスは悪くはない。年代で見ても、W杯経験者と2020年の東京オリンピック世代が混ざっており、バランスは良いと考えられる。 一方で、これまで日本代表を支えてきたMF香川真司(ベシクタシュ)やFW岡崎慎司(レスター・シティ)、GK川島永嗣(ストラスブール)といった経験値のある選手たちは、ロシアW杯以降招集されていない。MF長谷部誠(フランクフルト)、MF本田圭佑(メルボルン・ビクトリー)は代表キャリアを終える意思を示しているが、そうでない選手は代表復帰を窺っているだろう。 もちろん、これまでの実績と経験、そして能力を考えれば、日本代表に値するかもしれない。しかし、将来性と現在のチーム作りを考えると、復帰が必然だとは思えない。 前述の3名は、チームで出場機会が限られている状況。香川は出場機会を求め、アジアカップ中にドルトムントからトルコのベシクタシュへとレンタル移籍。デビュー戦となった3日のアンタルヤシュポル戦では、81分にデビューを果たすと、ファーストプレーでゴール。さらに、約25mの位置からFKを直接叩き込む衝撃のデビューを見せたが、代表復帰にはこのパフォーマンスを継続する必要があるだろう。 若手の台頭という点では、カタールのアル・ドゥハイルへと移籍したMF中島翔哉、代表には招集されていないものの、クラブで結果を出し続けているMF鎌田大地(シント=トロイデン)もいる。最終ラインも冨安を筆頭に、今冬海外移籍を果たしたDF中山雄太(ズヴォレ)、DF板倉滉(フローニンヘン)と有望株が居る。東京五輪チームの監督も兼任する森保監督だけに、彼らをA代表で試す可能性もある。 これまで支えてきた選手たちを無下にする訳ではなく、同じレベルであれば、将来性を買う可能性は高い。必要とされるプレーに合わせなければならいことも出てくるだろう。一時的な復帰ではなく、将来的な戦力として計算する上では、経験者を呼ぶことよりも、経験値を積ませることが大切になるだろう。経験者には“プラスアルファ”を求めていいはずだ。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆局面を打開する策の準備、求められる「再現性」</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190203japan_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> そして、今の日本代表に最も足りていないところは、相手チームのことをしっかりと理解し、判断し、戦うという部分だろう。 スカウティングという点では、今回の決勝・カタール戦も、ロシアW杯のラウンド16・ベルギー戦も、相手より遅れを取ったと言わざるを得ない。ベルギー戦では2点リードを追いつかれるまでの部分、カタール戦では相手の出方に合わせ戦い方をできずに2失点を喫した部分だ。 日本の立ち位置を考えれば、アジアでは相手が対策を練ってくる試合が多い一方で、W杯などでは相手への対策を練る必要がある。しかし、アジアで対策を練られた場合でも苦戦をし、相手への対策を用意しても、相手のさらなる変化にはついていけずに結果を残せなかった試合は、これまで少なくない。 ピッチ内での判断が最終的には重要となるサッカーにおいて、この部分の育成、成長は、今後レベルを上げていく上では必要条件だろう。それは「個」の能力でもありながら、チームとしての「総合力」でもあり、どちらも磨いていくことが重要となる。 そして、そこに関わってくるものが「再現性」だ。攻撃の形を持っていても、相手が対応してくれば崩すことは難しくなる。しかし、崩しの形を持っていなければ、相手にとっては怖さは格段に減ることとなる。活動期間が短い代表チームにおいて、プレーに「再現性」を求めるのは難しいかもしれない。しかし、これをなくしては、さらに上のレベルに到達することは難しい。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190203japan_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 現に、決勝で日本が敗れたカタールは、「再現性」を持って、組織として高い完成度を見せて居た。それは、攻守にわたってのことであり、守り方、攻め方、選手の立ち位置を含め、チームとして機能することで、日本を翻弄していった。「経験値」では日本の方が高く、「個の能力」も日本の方が高かった可能性もある。しかし、相手への対策をピッチ内で変化させていったカタールには敵わなかったのだ。 それは、半年前に敗れたベルギーも同様だ。2-0とリードされたベルギーは、マルアン・フェライニを投入し、明確な攻撃の形を打ち出した。そして、ラスト14秒のカウンターも、チームとしての「再現性」があるからこそ、GKティボー・クルトワのキャッチから、日本ゴールを揺らすまでの一連の流れが、スムーズに生まれたはずだ。 日本代表に限らず、Jリーグでもプレーの「再現性」が高いチームは多くない。まだまだ、世界と比べれば、パターンを数多く用意して、相手や局面に合わせて選択するということはできていない。育成年代を含め、戦術的な要素、戦略的な要素をしっかりと鍛えることも、この先の日本サッカーのためには重要なポイントとなる。 まだまだチームが発足して時間が経過していないだけに、森保監督にはこの辺りを考えながらチーム作りをして欲しい。本番までは、まだ3年以上残されている。 《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》 2019.02.04 07:00 Mon
twitterfacebook
thumb

悔やまれる前半、「差」が見えた敗戦から学ぶべきこと/日本代表コラム

2大会ぶり5度目のアジア王者を目指した日本代表だったが、1日に行われたカタール代表との決勝では1-3と敗戦。カタールに初優勝を許すとともに、目標であったアジア王者への返り咲きは叶わなかった。 大会初戦から苦しい戦いが続いた日本は、1点差ゲームをものにして準決勝に進出。準決勝では優勝候補最有力とも言われたイラン代表に3-0と快勝。2大会ぶりの優勝への機運は高まっていた。 しかし、蓋を開けてみれば、立ち上がりから苦しい展開となり前半で2失点。後半に1点を返すも、追加点を許し準優勝に終わった。2点差での敗戦となったが、それ以上にカタールの戦い方との差は歴然。日本は負けるべくして負けたといっていいだろう。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆相手を考えたカタール、考えなかった日本</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190202japan_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 問題は試合開始直後から起こっていた。日本はいつもの[4-2-3-1]のシステムで臨み、イラン戦で負傷したMF遠藤航(シント=トロイデン)に代わってMF塩谷司(アル・アイン)が先発した。 一方のカタールは、韓国代表戦、サウジアラビア代表戦と同じ[3-5-2]でスタート。日本はMF南野拓実(ザルツブルク)がFW大迫勇也(ブレーメン)と2枚で守るため、守備時は[4-4-2]となる。 [4-4-2]と[3-5-2]という2つのシステムの噛み合わせが悪いことは明白だが、日本は準決勝のイラン戦と同様に前線からプレスをかけて守備を仕掛けていった。 しかし、カタールは日本のことも研究済み。前線2枚のプレスを回避すると、中盤では数的有利が生まれ、スペースを有効活用できるようになる。特に、11番のFWアクラム・ハッサン・アフィフ、10番のFWハサン・アル・ハイドスがポジションを自由に変えてプレー。日本の中盤は掴み所がなかなか見つけられず、守備で後手を踏んでいた。 先制点が生まれたシーンもカタールの研究の成果だろう。その前からDF酒井宏樹(マルセイユ)の外側にアフィフやアル・ハイドスがポジションを取っていた。そしてそこにロングボールが入り、ボックス付近からクロス。大会得点王に輝いた19番のFWアルモエズ・アリの見事なコントロールからバイシクルシュートは見事だったが、その前の崩しの段階でカタールは勝っていた。 直後にも日本は決定的なピンチを迎える。ボランチの脇でボールを受けられると、プレスがかからずスルーパス。ボックス内からのシュートはDF吉田麻也(サウサンプトン)がなんとか反応したものの、崩され方に対しては無力だった。 対する日本は、攻撃面でもカタールの守備を崩せない展開が続く。大迫、南野の2人に対しては、準決勝のイラン同様にしっかりとケアがなされていた。その結果、右サイドのMF堂安律(フローニンヘン)にボールが入ることが前半は多かったが、カタールのカウンターを警戒するあまり、酒井が追い越すほど上がることができず。堂安の単騎突破も左足だけをケアするという弱点を突かれた守りで、無力化された。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆2失点目も明確な狙い、日本は「対応力」を見せられず</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190202japan_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 2失点目もカタールの完勝といえる。掴み所を見つけられないまま時間が経過し、MF柴崎岳(ヘタフェ)と塩谷のボランチも守備面では機能しない時間が続いていた。 そんな中、カタールは6番のMFアブドゥラジズ・ハティムと10番のMFアル・ハイドスが一時的にポジションを変更。左利きのハティムが右に、右利きのアル・ハイドスが左に立つことで、シュートコースを作る形を作った。そして迎えた27分、ボランチの脇でボールを受けたハティムが、空いたコースを狙って左足一閃。見事なミドルシュートが決まり、リードを2点を広げた。 日本はプレスが前線からハマらない中でも、プレスをかけることを選択していた。しかし、大迫、南野に加え、サイドハーフのMF原口元気(ハノーファー)、堂安がプレスに参加。そのスペースをボランチのどちらかがケアしに行くという守り方を見せていた。これが、カタールの狙いでもあり、その瞬間に前線にボールを入れてカウンターを仕掛ける。日本は5枚が守備に出ている状況であり、カタールはここに4枚しか使っていない状況のため、フリーの選手が生まれていた。 2点リードを奪ったカタールは、3バックを5バック気味にしてブロックを形成。日本が攻め込むスペースを消し、奪いどころではしっかりとプレスに行く得意の形に持ち込んでいった。前線からのプレスはかけず、ミスでボールを奪えば3枚でカウンター。2点目以降に決定機こそ作らなかったが、日本にも決定機は作らせなかった。フェリックス・サンチェス監督にとっては、100点といってもいい前半だったはずだ。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆「再現性」なくして、自分たちのサッカーはなし</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190202japan_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> この試合の展開を見ていると、やはりロシア・ワールドカップのラウンド16・ベルギー代表戦を思い出さずにはいられない。試合展開は違えど、日本代表が抱えている問題は根本では解決していなかったと言わざるを得ない。 ベルギー戦はロストフの悲劇としてラスト14秒のシーンがクローズアップされてるが、日本と世界トップクラスの差は、カウンターの精度というよりも、その前の2失点の部分にある。あの試合、日本はしっかりとゲームに入り、カウンターから原口がネットを揺らし先制。さらに、ベルギーの守備陣が浮き足立っている間に乾貴士(ベティス)にもゴールが生まれ、2点のリードを得ることとなった。 ここまでの展開は完璧と言ってもいいが、ここからの展開は最悪だ。ベルギーは2点ビハインドでマルアン・フェライニ(山東魯能)を投入。明らかに高さを使ってくる意図が示され、結果的にそこから2得点を奪った。一方で、日本はこの場面で手を打てずに終わった。そして、ラストプレーで敗退に追いやられた。 日本代表という括りというよりは、日本人指揮官にありがちなことと言っても良いかもしれない。これはJリーグクラブでもしばしば見られる事象だが、相手を見てサッカーをするという部分が欠けているように思えてならない。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190202japan_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> Jリーグでは下位チームが上位チームの対策をし、準備を行なった結果、引き分けや勝利という結果を得ることはよくある。一方で、上位チームは下位チームとの対戦で取りこぼすことがよくあり、その大半は相手の準備にハメられ、自分たちのサッカーができないパターンだ。それでも勝ち切れるチームは、90分間に訪れる相手のミスやセットプレーを生かしたもの。また、個人のパフォーマンスで得点を取り切るパターンだ。 自分たちのサッカーを出し続けて戦いたいのであれば、プレーの再現性が求められる。攻撃にしても守備にしても、いくつかのパターンをピッチ内で状況に合わせて再現できるかだ。選手の立ち位置、相手の陣形、試合の状況に合わせて、パターンを用意することができるかどうか。その点でも、カタール代表にはパターンが用意されており、日本代表にはそのパターンが十分ではなかったと言わざるを得ない。 前半の戦い方で、相手の戦い方にアジャストせず、不安定なまま2失点を喫し、最後までこの失点が影響した。その点では、半年前のベルギー戦で2-2に追いつかれた展開から、積み上げられたものはないように思う。これは個人の責任というよりも、日本サッカー全体のもの。ロシア・ワールドカップで何を学び、何が必要と判断したのか。日本サッカー協会(JFA)の分析と反省が生かされているのかは、まだ見えてこない。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆収穫は個人の成長、課題は今後の強化</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190202japan_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 準優勝に終わったことで、アジアの覇権を取り戻すことはできず、目標も達成されたとは言えない。ただ、立ち上げから約半年のチーム、メンバーも入れ替わり、活動期間も短いチームとしては、一定の結果を残した。カタールがサンチェス体制下で、育成年代も含めて積み上げてきた年数を考えれば、チームとしての「差」が生まれることは当然であり、完成度にも差があることは致し方ない。 収穫だったのは、日本代表として初の公式大会に臨んだ冨安の目覚ましい成長や、これまで控えに甘んじていた遠藤の万能性が見て取れたことだろう。ともにシント=トロイデンに所属し、チームの主力としてベルギー・ジュピラー・プロ・リーグを戦っている両者。彼らが一定のパフォーマンスを出せたことは、この先の日本代表にとっても大きい。 一方で、大迫に代わる選手が見つからない攻撃陣、国内の親善試合では輝けていた南野、堂安の不発、クラブで出場機会が得られていない柴崎のコンディション問題と課題も出ている。そして、Jリーグ組と海外組の差も感じさせられる大会でもあった。 この1カ月の戦いで、全ての答えが出せるわけではないが、大会中に一定の結果を出せたことと、決勝で力の差を見せつけられて敗れた経験値は、この先の日本代表に影響するはずだ。3月には、コロンビア代表、ボリビア代表との親善試合がある。そして6月にも2試合の親善試合が組まれ、その後にコパ・アメリカに参戦する。9月から始まるカタール・ワールドカップに向けたアジア予選まで、どのようにチームを作り上げていくのか。今大会の経験と課題をしっかりと生かして、森保監督にはチーム作りをしてもらいたい。 《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》 2019.02.02 17:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ベストゲームの要因は取り戻した“アグレッシブさ”、カギは大迫、冨安の存在/日本代表コラム

初戦のトルクメニスタン代表戦から数えて6試合目。今大会の優勝候補にも挙げられ、アジアNo.1の呼び声も高かったイラン代表と決勝進出を懸けて戦った日本は、今大会最高の試合を見せた。 ここまでの5試合を全て1点差で勝ち上がって来た日本は、無失点で勝ち上がって来たイランに対し0-3と快勝。90分間を通して、試合にイニシアチブを握っていた。 苦戦続きだった日本が、最強の敵と言われたイランを相手に好ゲームを披露できた要因はどこにあるのか。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆あまりにも大きかった大迫勇也の存在</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190129_39_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>1つは、イラン戦でスタメンに復帰したFW大迫勇也(ブレーメン)だ。ロシア・ワールドカップで「大迫半端ない」がたちまち流行した大迫だが、初戦のトルクメニスタン戦以来の先発出場を果たすと、チームは見違える動きを見せた。 最前線でボールを受ける役回りとなった大迫だが、イランの守備は大迫の落としを受けるMF南野拓実(ザルツブルク)を狙いどころとしていた。立ち上がりはそのイランの読みがあたり、ロングボールを大迫が競り勝っても、イランがセカンドボールを拾うという展開が続いた。 しかし、大迫が1トップに入ったことで、2列目の南野、MF堂安律(フローニンヘン)、MF原口元気(ハノーファー)の動きが活性化。さらには、MF柴崎岳(ヘタフェ)、MF遠藤航(シント=トロイデン)も守備だけでなく攻撃にもアグレッシブさを出していった。 加えて、DF長友佑都(ガラタサライ)、DF酒井宏樹(マルセイユ)の両サイドバックも機を見て高い位置を取り、チーム全体がゴールに向かう推進力を取り戻した。 ベトナム戦でも指摘した通り、FW北川航也(清水エスパルス)のポジショニングや動き出しでは全体が連動できず、FW武藤嘉紀(ニューカッスル)が1トップに入っても、2列目との連携が上手くいかなかっただろう。 2ゴールという結果を残したことも去ることながら、チームを活性化させ、相乗効果をチームメイトに与えられる大迫の存在感の大きさをただただ感じさせられた。まさに「半端ない」活躍だったと言える。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆著しく成長する冨安健洋の伸び代</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190129_39_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>そして、大迫以上に「半端ない」活躍を見せたと言っても良いのが、DF冨安健洋(シント=トロイデン)だ。 ラウンド16のサウジアラビア代表戦では日本代表初ゴールも記録している20歳のセンターバック。今大会初戦のトルクメニスタン戦はボランチでの出場となり、良いパフォーマンスを出せたとは言えないものの、センターバックに入ってからは安定したパフォーマンスを披露した。 とりわけ、イラン戦では1トップのFWサルダール・アズムーンのマークを担当。ロングボールを蹴り込むイランを相手に、アズムーンとの競り合いではほぼ勝利。ロングスローやアーリークロス、セットプレーからのクロスなど、イランのハイボールにもしっかりと対応した。 冨安は修正力と吸収力に優れた選手であり、2017年のU-20ワールドカップでも、大会中に大きな成長を遂げていたが、今大会も試合を重ねるごとに安定感が増していっている印象だ。 特に判断力に優れており、アズムーンのマークに関しても動き出すタイミングや体を寄せるタイミング、ボールの落下点を含め、ほぼ完璧な対応。時間が経過するごとにアズムーンが苛立ちを隠せなかったことは、冨安の対応が素晴らしかったことの表れでもある。 長年日本代表のセンターバックを支えて来たDF吉田麻也(サウサンプトン)も試合後には冨安の対応を褒めるシーンも。大会を通じて隣で成長する冨安は、吉田のコンビ最右翼。決勝でもしっかりとゴールに鍵をかけてもらいたい。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆取り戻したアグレッシブさ、決勝でも出せるか</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190129_39_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>そして、前述の2人の活躍が大きく引き出したものが、アグレッシブさだ。 イランが日本を相手にしっかりと攻め込んで来たことも影響しているが、攻守に渡って最も良い入りをし、恐れることなく自信を持って、アグレッシブにプレーしていた。 森保監督はこれまでの試合と比べ「基本的にはあまり変わっていない」としながらも、「選手たちが戦う姿勢を持って試合の入りからアグレッシブにプレーしてくれた」と語った。 セカンドボールを拾えないという苦しい展開もあったが、イランのアンカーの脇を使う姿勢、そして、サイドバックがしっかりと攻撃に参加するという姿は、イラン戦がベストパフォーマンスだった。 最終ラインで冨安、吉田がしっかりとイランの攻撃を跳ね返したこと、そして大迫が前線に入ったことで、リスクを犯した攻撃とコンビネーションが生まれたことが、アグレッシブさを取り戻せた要因だろう。カタール、UAEのどちらが決勝に勝ち上がって来ても、イラン戦のようなパフォーマンスが期待される。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆コンディション調整に成功した森保ジャパン</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190129_39_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>大迫、冨安以外にも、この試合の選手たちのパフォーマンスは出色の出来だった。ダメ押しゴールを記録した原口も、攻守にわたり走り切った。また、3ゴールに絡んだ南野も、ゴールこそ生まれなかったが本来の良さを出せていた。 中盤の遠藤、柴崎も守備だけでなく、縦パスや持ち出しなど、攻撃にも絡む姿勢を見せていた。 UAEに滞在して3週間が経過。このタイミングで最高のパフォーマンスを出せたのは、コーチングスタッフを含め、日本代表チームとしての成功と言って良いだろう。 グループステージは「コンディションを整える」ということを何度も口にし、「総合力」で勝ち上がると語って来た森保監督。決勝トーナメントからは選手が固定されつつある中で、しっかりとマネジメントした結果が、イラン戦にも表れていた。 負傷により後半途中で遠藤がピッチを去ったが、森保監督は決勝トーナメントに入ってからMF塩谷司(アル・アイン)をボランチで起用。試合終盤のクローザーとして起用して来た結果、スクランブル投入となったイラン戦でも落ち着いたプレーを見せていた。 大会を通してのマネジメントを考えれば、森保一監督をはじめとする日本代表チームはここまで成功していると評価できる。残すはあと1試合。ここまで積み上げた自信を、確実なものにし、決勝で勝ち切ってこそ、このアジアカップが成功と言えるだろう。 《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》 2019.01.29 21:30 Tue
twitterfacebook
thumb

大迫勇也の復帰で見えた北川航也の課題/日本代表コラム

サウジアラビア代表戦から中2日。相手のベトナム代表よりも1日短い準備期間で迎えた準々決勝で、日本代表は0-1と勝利してベスト4に駒を進めた。 思えば、グループステージの初戦であるトルクメニスタン代表戦から、ここまでの5試合全てを1点差で勝ち抜いてきた日本。3試合目となるクリーンシートでの勝利は、結果としてチームには大きなプラス材料を与えた。 一方で、このベトナム戦でも多くの課題が浮き彫りに。目標である「優勝」を達成するには、まずは勝利することが大前提ではあるが、チームとしての完成度を上げなければ到達し得ないものでもあると、改めて感じさせられたはずだ。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆起点を作れず、攻め込まれる立ち上がり</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190125_19_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>立ち上がり、ベトナムは予想通りの5バックの守備ラインを引き、2列目はしっかりとセカンドボールを拾い、カウンターで攻めるという戦いを見せてきた。 日本はトレーニングには復帰したものの、FW大迫勇也(ブレーメン)がこの試合もベンチスタート。代わりに1トップに入ったのは、FW北川航也(清水エスパルス)だった。 これまでも途中出場、先発出場とチャンスを与えられてきた北川だったが、この試合でも1トップとして起点になることができない。MF柴崎岳(ヘタフェ)が縦パスのタイミングを窺うが、北川には出せず。トップ下のMF南野拓実(ザルツブルク)へと入れるボールは、ことごとくベトナム守備陣に狙われ、主導権を握られる展開となってしまった。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆北川の課題はポジショニングとタイミング</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190125_19_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>ベトナム戦では、FW武藤嘉紀(ニューカッスル)が出場停止ということもあり、1トップに入った北川。初先発となったオマーン戦、そして2度目の先発となったウズベキスタン戦に比べて、パフォーマンスは上がっていたが、決定機を迎えることもできず、不発のまま72分に大迫と交代した。 北川の課題は、立ち位置と動き出すタイミングだ。北川は、ボールホルダーを確認し、パスが出てくるタイミングを見計らって動こうとしていた。しかし、それでは相手もボールが出てくることを予測でき、結果的に手前でボールを奪われてしまう。 攻撃陣が活性化してきた後半にも、その課題が顕著に出ていたシーンがあった。トップ下の南野がフリーでボールを受ける。前線にいた北川は、最終ラインに近く、相手DFにも近い位置に立ち、南野のパスを出すタイミングを見計らっていた。 しかし、これではパスは出てこない。パスを出してもすぐに奪われる可能性が高く、仮にパスが通ったとしても、次のプレーに繋がる可能性が低いからだ。 また、MF遠藤航(シント=トロイデン)からのパスをMF堂安律(フローニンヘン)がダイレクトで流し、南野に通ったシーン。このシーンは、堂安のダイレクトプレーでベトナム守備陣に一瞬隙が生まれた。しかし、トップの北川はボールを持つ南野を見るだけで、動き出そうとはせず。結果、南野は少しドリブルで持ち上がり、追い越した堂安へのパスを選択した。 結果として、このプレーがVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)によってPKとなり、日本の決勝点には繋がったものの、堂安から南野にボールが入ったタイミングで北川が良いポジションを取って、動き出していれば、違った展開になっていただろう。 日本代表としてプレーする上では、北川には足りないものが多い。特に、大迫という絶対的なエースがいる状況において、そのクオリティに近づくことは簡単ではない。 それでも、ウズベキスタン戦で見せた反転シュートなど、北川にも良さはある。パスを受けてからのシュートまでの速度や、味方を見るが故に、周りを生かすプレーができることだ。プレスをかけてコースを限定する動きもできている。 しかし、シュートに関しても、自身のイメージが沸いているシーンでは良さが出るものの、国際舞台での判断力はまだまだ足りておらず、動き方やポジショニング、タイミングを磨く必要があるだろう。2019シーズンの清水エスパルスでどのような成長を遂げるのか。相棒であったFWドウグラスが不整脈で復帰時期未定の帰国を余儀なくされたこともあり、より期待が高まる中での成長が望まれる。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆短時間でも代えの効かないことを示した大迫勇也</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190125_19_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>北川の成長を望む一方で、改めて大迫の存在感を見せられることとなった。それは、大迫のファーストプレーでも見て取れた。 北川に代わって72分にピッチに入った大迫は、ボックスからやや離れた位置でパスを受ける。すると、その瞬間に右サイドに居るはずの堂安が裏を取り、南野は大迫の横にポジションを取る。結果としてゴールには繋がらなかったが、大迫の投入により周囲の選手の動きの質が変化した場面だ。 大迫はポストプレーだけではなく、出し手としてもケルン時代に色々なポジションを務めたことで、大きな成長を遂げている。その良さは、タイミングとポジショニングだ。 当然、キープする能力に差があるというのもあるが、大迫が入ってからは、周りの選手が大迫にボールを預けるプレーの選択が増えた。そして、堂安、南野の動きも変わり、結果としてチャンスも作り出していた。 北川が学ぶべきは、大迫のプレーではなく、そのポジショニングやタイミング。自身の特徴を生かすため、そして周りの選手を生かすための“感覚的”な部分を、代表活動中に学んでもらいたい。 日本としては、大迫への依存度が高くなりすぎる事態は避けたいところ。ケガを含め、大迫がフル稼働できる保証はなく、森保一監督としては、攻撃オプションを見つけてもらいたいものだ。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆VARに惑わされなかった日本</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190125_19_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>準々決勝のタイミングから導入されたVAR。日本は、その初戦で2度VARで判定を変えられることとなった。 24分、CKからの柴崎のクロスをDF吉田麻也(サウサンプトン)がヘディングで決めて、日本が先制したかに思われた。 しかし、VARによって、吉田がヘディング後にシュートが手に当たったと判定され、ゴールが取り消された。 53分、今度はドリブルを仕掛けた堂安がボックス内でビー・ティエン・ドゥンに倒された。PKの判定はなく、そのままプレーは続行したが、主審への連絡が入りVARが発動。結果、PKの判定に変わり、これを堂安が決めて日本が先制。そのゴールを守り、ベスト4へと駒を進めた。 VARによってゴールが取り消され、VARによって決勝点をもぎ取った日本。いずれの判定にもペースを乱されることはなく、我慢強く、終始落ち着いてプレーしていたのは、大きなプラス材料だろう。試合後に吉田は「初めて導入される試合だったし、審判も使いたがると思っていた」とコメント。南野も「難しいですけど、ルールはルールなので」と語っていた。 残り試合でも同様の場面は想定できるだけに、VARとの向き合い方も学びたいところ。落ち着いてプレーを続けられたことは良かったと言えるだろう。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆気になる最終ラインのミス</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190125_19_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>そして、試合中に気になったことは、最終ラインのミスだ。前半には吉田とGK権田修一(サガン鳥栖)の間で交換されたパスが、大ピンチを迎える事態に陥った。 ベトナムが前からプレスをかけることも影響し、日本は後方から繋げていきたいという狙いがあったこともあるが、最終ラインの判断ミスは、この先の戦いでは命取りになる。 また、マークを外してしまうような場面は少なかったが、センターバックが釣り出されてしまった時の対応には、まだまだ難がある。 今大会はサイドを相手に使われ、センターバックの1枚がボックスの外に釣り出された時、大きなピンチを迎えていた。相手が仕留められていないから助かっている部分はあるが、次の相手であるイランは決定力を兼ね備えている。一瞬でどん底に落とされる可能性は高いだろう。 最終ラインでは冨安の成長が著しく、空中戦の勝率も含めて、センターバックの一角を担える存在になりつつある。それだけに、つまらない判断ミスや連携ミスでの失点は避けていきたいところだ。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆焦れない心で最強の相手・イランに挑む</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190125_19_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>日本戦の後に行われた中国代表vsイラン代表では、イランが0-3と快勝を収めた。アジアで今最も力を持っているとされるイランが、日本の決勝進出を阻むべく立ち塞がった。 大迫がベトナム戦で久々にプレーしたことは大きなプラス材料。一方で、サウジアラビア戦から出場しているメンバーがほとんど同じ状況だ。 警告はここで一旦リセットされたため、日本は離脱した青山を除く全選手を起用することができる。しかし、過密日程に加え、負荷のかかる試合が続いているだけに、選手たちの疲労やコンディション面は心配だ。 イランはこれまでの5カ国と比べても、力を持っている相手。攻撃力もさることながら、ここまでの5試合で無失点を継続して居る守備力が驚異的だ。 日本は、全て1点差勝利で勝ち上がってきたものの、イランの守備力を考えれば、より守備面でのミスは許されない。ここまで見せてきた我慢強さと、焦れないメンタル面を、苦戦が予想されるイラン戦でも見せてほしいものだ。 チームとしての完成度はイランの方が高いが、森保監督が掲げた「総合力」で決勝へと駒を進められるか。まずは疲労の回復と、課題の修正に取り組んでもらいたい。 《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》 2019.01.25 12:00 Fri
twitterfacebook
thumb

発展途上のチームにとってはマイナスではない勝ち方/日本代表コラム

アジアでの戦いでここまで相手にボールを持たれたことはあっただろうか。21日に行われたアジアカップ ラウンド16のサウジアラビア代表戦、日本代表は1-0で勝利し、ベスト8に駒を進めた。 負ければ即大会が終了するノックアウトステージに突入。初戦は、アジアの中でも強敵であるサウジアラビアとなった。ここ数年で再び力をつけ、ロシア・ワールドカップにも出場。グループステージでの敗退となったが、エジプト代表に勝利していた。 フアン・アントニオ・ピッツィ監督の下、ポゼッションサッカーを確立してきたサウジアラビアは、日本を相手にもしっかりと自分たちのスタイルを出してきた。試合を通してのサウジアラビアのポゼッションは76.3%。後半は80%を超えており、日本は防戦一方だった。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆拙攻にも助けられた前半</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190123_14_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 試合は立ち上がりからボールを握るサウジアラビアに対し、日本は前線からしっかりと守備を構築。ポゼッションをされ、ボールを運ばれるシーンは多かったものの、アタッキングサードでの相手の稚拙な攻撃にも助けられ、失点をしないまま時間が経過して行く。 1トップに入ったアル・ムワラッドに対しても、DF冨安健洋(シント=トロイデン)が競り負けることなくケア。DF吉田麻也(サウサンプトン)との連携も向上し、危なげなく守っていた。 一方の攻撃は、1トップに入ったFW武藤嘉紀(ニューカッスル)にボールを入る機会が少なく、MF南野拓実(ザルツブルク)やMF堂安律(フローニンヘン)とのコンビネーションも、改善は見られたが、良い形は作れていなかった。 それでも20分、CKを獲得すると、MF柴崎岳(ヘタフェ)の絶妙なクロスを、冨安がヘディングで合わせてゴール。冨安の代表初ゴールで、日本が先制した。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆カギを握った先制点</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190123_14_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 立ち上がりからサウジアラビアは、先制点を目指して攻勢をかけていた。押し込む時間はあり、セットプレーも何度か獲得していただけに、自分たちが主導権を握っていたはず。しかし、日本の先制により、状況が一変した。 サウジアラビアは継続してポゼッションを高め、日本陣内でのプレー時間が長くなる。しかし、アタッキングサードでの精度は低く、日本ゴールに迫るシーンは多くなかった。 とりわけ、日本の最終ラインもDF酒井宏樹(マルセイユ)、DF長友佑都(インテル)を含めて集中を見せていた。サウジアラビアの揺さぶりにも大きく振られることはなく、前半は危なげなく戦えていただろう。 森保一監督も「少し守る時間が長かったですが、逆に粘り強く戦うというオプションができたとポジティブに考えたいと思います」と試合後にコメント。オプションと言うと少しポジティブすぎる気もするが、この展開で無失点に抑えられたことは大きい。 後半に入っても、サウジアラビアは立ち上がりからポゼッションを高めて行く。しかし、日本は最後まで大きく崩されたシーンは少なかった。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆したたかな勝ち方はマイナスではない</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190123_14_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ポゼッションされてしまったという点では、数字で見ても大きな差があり、日本の試合ではなかなか見られるものではなかった。しかし、そんな中でも無失点に抑え、90分で勝ち切ったことは、今のチーム状態を考えてもプラスだろう。 ポゼッションすれば勝てるのであれば話は変わってくるが、こういった展開の試合を勝ち切ったことは、経験値という点でも得たものは大きいはずだ。 3年後のカタール・ワールドカップまでには、6月のコパ・アメリカもあり、その後のアジア予選もある。世界との差を詰めるという課題はありながらも、何よりもアジアを勝ち抜かないことには、世界の舞台にすら立てない。 その中で、経験値の少ない選手たちを中心としたチームがしたたかに勝ち切ったことは、この先の決勝までの道のりを考えてもプラスだ。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆防戦を打開する追加点は課題</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190123_14_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> とは言え、サウジアラビア戦のような展開では、1点差は危険だ。どんな形でも、1点が入る可能性は少なくない。PKを取られる可能性もある。クロスやシュートがオウンゴールに繋がることもある。ブロックに入っていても、ディフレクトしてコースが変わることだって考えられる。 今大会の日本は、効果的な追加点を奪うことができていない。それは、1トップの一番手である大迫勇也(ブレーメン)が負傷で居ないことも少なからず影響しているだろう。しかし、どんな状況でもゴールを奪わなければ勝てないのは一緒だ。 サウジアラビア戦はあまりにもボールを持たせてしまったことは事実。そのため、攻撃陣が形を作ることさえできなかったことも事実だ。ポゼッションの数字というよりは、その局面を打開しきれなかったことを課題とすべきだろう。 カウンターのチャンスでは、MF原口元気(ハノーファー)のロングフィードをフリーで受けた武藤に通ったが、コントロールできずにシュートを打てなかった。 右サイドに途中から入ったMF伊東純也(柏レイソル)も、チャンスと思われるシーンがあったがファウルの判定で立ち消えに。少ないながらも得点のチャンスを作れて居た瞬間はあっただけに、次同じ展開となれば2点目、3点目の奪い方を準備しておきたい。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆発展途上のチームなりの戦い方</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190123_14_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ロシア・ワールドカップでベスト16まで勝ち進んだ日本だが、現在の日本代表は活動開始から5カ月目。メンバーも大きく変わり、国際大会での経験が少ない選手が多い。言わば発展途上のチームだ。 アジアの中では力があるとはいえ、特有の雰囲気や日本に対する相手国の出方など、初めて感じる選手も多いはず。メンバーの多くが初めてのアジアカップ出場であり、A代表の経験すら少ない選手が多い。 そんな中で、内容として満足するものはなくとも、ここまで4連勝。優勝まではあと3つという状況だ。課題を毎試合見つけ、次の試合までに改善する。その繰り返しをすることで、チームは成長し、力をつけていくもの。優勝という目標もさることながら、多くの試合を経験するというのも、今のチームには必要なことだ。 この4試合を見ても、冨安の成長は目覚しい。一方で、南野、堂安、北川、伊東などは結果を残せて居ないだけに、悔しいものを胸に抱えているはずだ。その力が結果として残ったとき、チーム、そして個人として、1つステージを上げることができるはずだ。 次はベトナム代表との対戦。これまでの4カ国とは、また大きくスタイルが異なるチームだ。試合数が増え、日程と移動を考慮すれば、選手たちの疲労もケアしていきたいところ。「総合力」で頂点に立つための準備に期待したい。 《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》 2019.01.23 14:09 Wed
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース