キエッリーニ、C・ロナウド加入で「CL制覇は夢から目標に」2019.01.16 10:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスに所属するイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニが、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの加入でヨーロッパ制覇が夢ではないと語っている。ユベントスは近年チャンピオンズリーグ(CL)優勝を目標に掲げ、ヨーロッパ王者を目指してきたが、ここ2年間レアル・マドリーによってそれを阻まれてきた。中でも当時マドリーに所属していたC・ロナウドには、2016-17シーズンの決勝(4-1でマドリーが勝利)で2得点、2017-18シーズンの準々決勝(2戦合計スコア4-3でマドリーが勝利)で3得点を奪われるなど、苦汁を飲まされてきた。

そんなユベントスは、今シーズンそのC・ロナウドを獲得。キエッリーニは、これでCL制覇への準備が整ったと主張した。

「クリスティアーノは、何度も何度も僕らに対してゴールを奪ってきた。そして何度も僕らの夢を打ち砕いてきた。カーディフ、マドリッド、トリノでね」

「以前までチャンピオンズリーグは夢だった。けど今は、目標さ。なぜなら世界最高の選手であるクリスティアーノが加入したんだからね。彼は僕らが最後のステップに進むために必要なことだったのさ」
コメント
関連ニュース
thumb

クリバリ代理人「重要なステージからオファーが届いたら…」

ナポリに所属するセネガル代表DFカリドゥ・クリバリ(27)の代理人が口を開いた。イギリス『メトロ』が報じた。 セリエA屈指のセンターバックとして評価を高めるクリバリ。ナポリは9000万ポンド(約129億9000万円)以上の値をつける強硬姿勢を際立たせており、マンチェスター・ユナイテッドやユベントスをはじめとする有力クラブの関心を断ち切ろうとしている。 ただ、クリバリを巡ってはユナイテッド行き希望の報道も…。代理人を務めるブルーノ・サティン氏はイタリア『Radio Kiss Kiss』でクリバリの去就について、「重要なステージ」からオファーが届いた場合、移籍の可能性と主張した。 「クリバリがユベントスに? 彼はナポリのクラブと街にすごく密接だ」 「だから、ユベントスに行くために彼らを裏切ることは絶対にないはずさ。でも、プロの選手であることも忘れちゃダメだ」 「選手に重要なステージでプレーするチャンスが巡ってきたら、話は聞く。彼がいくらナポリと密接な関係であってもね」 クリバリは2014年夏、ヘンクからナポリに加入。今シーズンも鉄壁のセンターバックとして活躍を続けており、公式戦32試合に出場している。 2019.02.22 12:10 Fri
twitterfacebook
thumb

約10日で2度ゴール取り消し…モラタをコケが気遣う「いつかはVARも認めるよ」

アトレティコ・マドリーMFコケが、チームメイトのFWアルバロ・モラタを気遣っている。<br><br>20日にチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグで、ユベントスと対戦したアトレティコ。中々相手ゴールをこじ開けることができなかったが、後半にセットプレーから2ゴールを奪い、2-0で勝利を挙げた。<br><br>この一戦で58分から出場したモラタは70分、フィリペ・ルイスのクロスを頭で合わせてネットを揺らしていた。しかし、ポジション取りの際にDFジョルジョ・キエッリーニを手で押したとして、ビデオ判定の結果ゴールは取り消しになっていた。<br><br>モラタは9日に行われたリーガ第23節レアル・マドリー戦でも、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)によってゴールが無効に。冬のマーケットでアトレティコに加わったスペイン人FWは、およそ10日間で2度ビデオ判定によってゴールが取り消されている。<br><br>試合後、コケはチームメイトを気遣っている。<br><br>「結局、いつかはVARもモラタのゴールを認めるだろうね」<br><br>「彼は2つのゴールが取り消された。取り消すことがあるのならば、時には得点になり、時にはそうならないということ。決定はリスペクトしなければね。僕らは審判をリスペクトしている。ゴールが無効になった場合に備え、試合に勝つための得点をより奪うためにトライし続けるよ」<br><br>また、3月12日のユベントスとの2ndレグに言及。1stレグの結果に満足感を示しつつ、気を引き締めている。<br><br>「勝利はとても嬉しいが、まだ何も成し遂げていない。ユベントスのクオリティとポテンシャルはわかっているよ&hellip;&hellip;彼らは世界最高のチームの1つだ。結果には満足しているが、まだ何も決まっていない。トリノでは素晴らしい戦いになるだろう。突破するためには最高のプレーが必要だ」<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.22 04:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ユーべがベスト16敗退の危機も…アッレグリ監督「0-2からの逆転は可能だ」

ユベントスを率いるマッシミリアーノ・アッレグリ監督が、アトレティコ・マドリー戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 ユベントスは20日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグでアトレティコと敵地で対戦。しかし、78分にホセ・ヒメネスに決められ、アトレティコに先制点を与えてしまうと、83分にもゴディンに押し込まれて0-2で敗れた。 ベスト8進出に向けて苦しい状況となったユベントスのアッレグリ監督が試合を回想。それでも2-0からの逆転は可能だと、2ndレグにまだ可能性が残されていると主張した。 「リスクを冒した上に、枠内シュートは1本もなかった」 「アトレティコは私たちよりも、こうした試合になれている。相手はうまく試合に留まり、私たちはミスを犯した。しかし後半よりも悪くなることはないので、第2戦に向けて自信を失ってはいけない。アトレティコは相手に良いプレーをさせないことは分かっているので、勝つためには相手を上回らないといけない」 「失望はしているが、逆転できると信じる必要がある。簡単ではないし、もっと試合を動かす素晴らしいパフォーマンスが必要になる。今夜は2失点後もリスクを冒すなど、冷静さを欠いていた。しかし2-0からの逆転は可能だし、泣いても仕方がない」 2019.02.21 10:50 Thu
twitterfacebook
thumb

C・ロナウド、相手サポに反撃! 「僕はCLを5度も制したが、アトレティコはゼロだ」

ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、アトレティコ・マドリーのサポーターからの挑発に応戦した。スペイン『マルカ』が伝えている。 ユベントスは20日、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグでアトレティコと敵地で対戦し、0-2で敗戦。ベスト8進出に向けて苦しい状況となった。 この日、先発出場したC・ロナウドだが、レアル・マドリー時代からの宿敵であるアトレティコ・サポーターからは強烈なブーイングが浴びせられていた。これに対して、C・ロナウドは右手を広げて5本指を開いた後に、グーにするジェスチャーを披露した。 試合後、C・ロナウドがミックスゾーンに登場。すると、試合中と同じようなジェスチャーしながら「僕はチャンピオンズリーグを5度制したが、アトレティコはゼロだ。2回戦に何が起きるか見てみよう」とコメントを残して立ち去った。 アトレティコ・サポーターからの激しいブーイングへの反撃と思われるが、3月13日に行われる2ndレグでチームを逆転に導けるか注目だ。 2019.02.21 09:55 Thu
twitterfacebook
thumb

心房性不整脈のケディラが手術成功を報告

ユベントスに所属するドイツ代表MFサミ・ケディラが心房性不整脈の手術が成功したことを報告した。 ユベントスは20日にケディラが心房性不整脈と診断されたことを発表。心房性不整脈は、不規則で異常に素早い心拍数が引き起こされることで、めまいや息切れ、疲労などの問題を起こすもので、離脱期間は約1カ月になることが伝えられていた。 これにより、20日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦のアトレティコ・マドリー戦のメンバーからは外れていたが、ケディラは同日に手術を行ったことをツイッター(@SamiKhedira)で報告している。 「今日の午前中に心房性不整脈の治療のため、手術を行った。無事成功したし、少しだけ休みをとってからピッチに戻るよ。みんなメッセージをありがとう」 2019.02.21 08:30 Thu
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース