フルアム、オランダ代表FWバベルの獲得を正式発表! 今季終了までのレンタルで背番号は12を着用2019.01.16 04:35 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フルアムは15日、ベシクタシュからオランダ代表FWライアン・バベル(32)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。なお、背番号は12を着用することを合わせて発表している。

バベルはクラブ公式サイトで喜びを示している。

「僕はフルアムが現状から立ち直ることができると確信しているし、それがここに来た一つの理由だ。僕はすでにプレーする準備ができている。今は興奮しているしプレーするのが待ち遠しいよ」

かつてアヤックスやリバプールなどで活躍したバベルは、2017年1月にデポルティボからベシクタシュに加入。同クラブでは在籍2年間で公式戦89試合に出場し29ゴールを記録。今季ここまでは公式戦19試合に出場し6ゴールを挙げている。

そして、ベシクタシュでの印象的なパフォーマンスが評価されて2017年に6年ぶりの代表復帰を果たすと、現在は頼れるベテランとしてロナルド・クーマン監督率いる新生オランイェの中心選手として活躍している。

現在残留争いの真っ只中にいる19位のフルアムは、ここまで19ゴールと深刻な得点力不足を解消するため、バベルの獲得に動いたようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

フルアムのイングランド代表GKベッティネッリ、ヒザの手術を受け今季終了

フルアムのイングランド代表GKマーカス・ベッティネッリがヒザの手術を受け、今季終了となったようだ。イギリス『イブニング・スタンダード』が報じている。 昨年9月にイングランド代表入りしたベッティネッリは、今季のプレミアリーグで7試合に出場。第10節以降は今季セビージャから加入したスペイン代表歴のあるGKセルヒオ・リコの前に第2GKの立ち位置に甘んじていた。 そのベッティネッリは1月6日に行われたFAカップのオールダム戦でフル出場したのを最後に出場機会はなく、同29日のプレミアリーグ第24節ブライトン戦までベンチ入りしていたが、2月2日のクリスタル・パレス戦からベンチを外れていた。 2019.02.15 23:16 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、フルアムの逸材セセニョン獲得へ約71億円を用意?

マンチェスター・ユナイテッドが、フルアムに所属するU-21イングランド代表MFライアン・セセニョン(18)に注目しているようだ。イギリス『エクスプレス』が伝えている。 サンダーランドやWBAでプレーしたベナン代表MFステファン・セセニョンの従兄弟としても知られるセセニョンは、2008年に双子のスティーブンと共にフルアムのアカデミーに加入した。2016年に16歳でトップチームデビューを飾った逸材は昨季、公式戦52試合16得点でチームのプレミアリーグ昇格に貢献。今シーズンもここまで公式戦26試合2ゴール5アシストを記録している。 セセニョンとフルアムの現行契約は2020年6月まで。伝えられるところによると、ユナイテッドはセセニョン獲得に向けて5000万ポンド(71億円)を支払う準備をしているようだ。また、セセニョンも仮にフルアムがチャンピオンシップに降格することになった場合、フルアムを退団し、プレミアリーグに留まることを希望する可能性があるという。 2019.02.10 20:30 Sun
twitterfacebook
thumb

絶好調ポグバの2ゴールなどでフルアムに快勝! 赤い悪魔の無敗続く《プレミアリーグ》

マンチェスター・ユナイテッドは9日、プレミアリーグ第26節でフルアムと対戦し、3-0で勝利した。 12月末に就任したスールシャール暫定監督の下、公式戦10試合無敗を続けるユナイテッド(勝ち点48)。猛烈な勢いで勝ち点を重ね、前節ついにアーセナルを抜いて5位に浮上した。チャンピオンズリーグ出場圏内の4位にも勝ち点差「2」で迫る中、連勝を目指す今節は前節のレスター戦からスタメンを6選手変更。ジオゴ・ダロト、スモーリング、ィル・ジョーンズ、マタ、ルカク、マルシャルらが先発に名を連ねた。 先にチャンスを迎えたのはホームのフルアム。2分、ユナイテッドのCKを撥ね返しカウンターに転じて右に展開。シュールレのアーリークロスをファーサイドでビエットが右足ハーフボレーで狙っていったが、上手くミート出来ず、至近距離で枠を外してしまった。 序盤からユナイテッドと互角以上の戦いを見せるフルアムは、4分には今度は左サイドを攻略し、ブライアンのクロスにミトロビッチが頭で飛び込んだ。 フルアム優勢で進むなか迎えた14分、ここまでシュート0のユナイテッドは、アタッキングサードでエラーラがボールを奪い、左サイドのルカクを経由してポグバへ。ポグバはボックス左の角度のないところから左足でGKセルヒオ・リコの守るゴールニアを貫き先制点を奪った。 ポグバの8試合7ゴール目で先制したユナイテッドはさらに畳みかける。23分、フィル・ジョーンズからボールを受けたマルシャルがカウンターで左サイドを爆走。オドイの追走をもろともせず、ボックス内で冷静に一人DFを躱してゴール右隅に流し込んだ。 シュート2本で2点を奪い、ユナイテッドが完全に試合の主導権を握る。フィル・ジョーンズやジオゴ・ダロトのシュートなどでシュート数を5本まで伸ばし、前半を終えた。 後半もユナイテッドが主導で試合を進める。フルアムは早い時間帯に選手交代でテコ入れを図るが、65分にポグバの右サイドの突破から中のマタへパスが送られると、マタはトラップの際にル・マルシャンと衝突。これがPK判定となり、ポグバが沈めて決定的な3点目を奪った。 その後、マルシャルを代えてサンチェスを投入。すると直後に、ルカクのポストプレーからサンチェスにシュートシーンが生まれ早々にチャンスを迎えると、74分には相手の最終ライン間のパスを奪ってGKと一対一に。ビッグチャンスだったが、シュートはGKリコに防がれた。 試合を締めにかかるユナイテッドは、ポグバを下げてマクトミネイ、エレーラを下げてバイリーを投入する。終盤には、デ・ヘアとミトロビッチによるイザコザがあったものの、ユナイテッドは失点を許すことなく3-0で完勝。リーグ戦2連勝、公式戦11試合無敗を維持した。 2019.02.09 23:20 Sat
twitterfacebook
thumb

マルコビッチがフルアムで再起! 不遇リバプールから脱出

フルアムは1月31日、リバプールに所属する元セルビア代表FWラザール・マルコビッチ(24)のフリー加入を発表した。加入期間は半年間となる。 マルコビッチはパルチザンでプロデビュー後、ベンフィカを経て、2014年夏にリバプール入り。だが、リバプールで定位置を掴み取れず、近年はレンタル生活が続き、フェネルバフチェやスポルティング・リスボン、ハル・シティ、アンデルレヒトを転々した。そして、今シーズンからリバプールに復帰。ただ、トップチームで出番がなく、アンダーカテゴリーで過ごす日々が続いた。 今シーズンのフルアムはプレミアリーグ復帰元年だが、ここまで4勝5分け15敗の19位。2日に行われる次節、クリスタル・パレスとアウェイで対戦する。 2019.02.01 13:40 Fri
twitterfacebook
thumb

フルアムのラニエリ監督、愛弟子ドリンクウォーター獲得を考慮か

フルアムのクラウディオ・ラニエリ監督が、チェルシーの元イングランド代表MFダニー・ドリンクウォーター(28)を連れ戻すことを望んでいるようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 フルアムは、MFステファン・ヨハンセンのフェネルバフチェ移籍が近づいていることから、後釜としてドリンクウォーターに注目しているようだ。ラニエリ監督と同選手は、レスター・シティで2015-16シーズンに奇跡のプレミアリーグ優勝を成し遂げた師弟関係にある。 ドリンクウォーターは2017年にレスターからチェルシーに移籍したが、レギュラーの座をつかむことはできず、今季は公式戦出場はここまでない。チェルシーのマウリツィオ・サッリ監督も現在は起用することがないことを認めており、正式なオファーが届けば移籍は実現する可能性は高いとみられている。 2019.01.31 04:08 Thu
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース