【リーガエスパニョーラ前半戦総括】超WS選出の最優秀選手はメッシ!2019.01.15 18:00 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
★バルサが連覇に向け視界良好! 新生マドリー巻き返しは?

今季もバルセロナ、レアル・マドリー、アトレティコ・マドリーの3強による三つ巴のタイトルレースが予想された中、ここまでは連覇を目指すバルセロナが勝ち点5差で首位をキープ。ここに続くのが昨夏の大型補強で覇権奪還を目指すアトレティコ。その一方で、チャンピオンズリーグ(CL)3連覇中の欧州王者レアル・マドリーは監督交代や絶対的エース退団の影響で出遅れている。

開幕4連勝と好スタートを切ったバルセロナ(勝ち点43)はその後、序盤戦の大きな課題だった守備の問題で1敗3分けの4戦連続勝ちなしの急失速。それでも、絶対的エースのFWメッシ不在の中で臨んだ今季最初のクラシコで宿敵を5-1で粉砕するなど地力を見せると、メッシ復帰以降は自慢の攻撃力が爆発。さらに、2年目のMFデンベレ、新加入のMFアルトゥール、MFビダルと新たな主力候補が順調にフィットしており、直近の数試合では4試合連続クリーンシートを飾るなど、結果内容ともに改善傾向だ。

昨夏、エースFWグリーズマン、守護神オブラクの慰留に成功したうえ、MFロドリゴ・エルナンデス、MFレマル、FWジェウソン・マルティンスなど前線を中心に積極的な補強を敢行した2位のアトレティコ(勝ち点38)だが、ここまでは堅守速攻のチームスタイルに大きな変化はなく引き分けこそ多いものの、リーグ最少の1敗と“負けない”試合運びでバルセロナに食らいついている印象だ。ここまで27得点と前線の積極補強の影響は出ておらず、期待されたレマルやG・マルティンスらもチームスタイルの適応に苦しんでいる。その一方で、誰かが戻れば誰かが居なくなるという悪循環に陥った最終ラインは時にMFサウールがサイドバックを務めるなど苦しい台所事情を強いられたが、オブラクを中心にリーグ最少失点(13)をキープしている点はさすがの一言だ。

首位バルセロナと勝ち点10差の4位に甘んじているレアル・マドリーは、ジダン監督の退任及びユベントスへ旅立ったFWクリスティアーノ・ロナウドの不在を強く感じさせられる前半戦となった。ロシア・ワールドカップ(W杯)開幕直前に引き抜いたロペテギ前監督の下、開幕3連勝と上々の滑り出しを見せたが、第6節のセビージャ戦で0-3の大敗を喫すると、ここから公式戦4試合連続無得点という不名誉記録を樹立するなど、大エース不在による深刻な得点力不足に陥り低迷。クラシコの大敗を受けてロペテギ前監督が更迭されると、後任にはリザーブを率い、暫定政権で結果を残したソラーリ監督を正指揮官に任命。以降はクラブ・ワールドカップ3連覇を達成するなど徐々に復調傾向を見せているが、今冬の大型補強なしに2強をまくることは難しい情勢だ。

前述の3強以外ではマチン新監督を招へいした3位のセビージャ(勝ち点33)、セティエン体制2年目の7位ベティス(勝ち点26)のアンダルシア勢と、ここまで5位と前半戦最大のサプライズを起こしているアラベス(勝ち点32)の3チームがすこぶる元気だ。

マチン監督体制で[3-4-2-1]、[3-3-2-2]の布陣を併用するセビージャでは新守護神バシリク、DFセルジ・ゴメスを加えた守備陣の安定感と、マチン監督仕込みのハイインテンシティのスタイルが見事に機能。また、MFバネガ、MFサラビアの気の利くテクニシャンコンビを起点にFWアンドレ・シウバ、FWイェデルのストライカー2人も決定的な仕事を見せており、チーム全体の機能美が光る。後半戦に向けては手薄な守備的MFにテコ入れができれば、トップ4フィニッシュは堅い。

セティエン体制2年目でポジショナルプレーを極めるベティスは高いボール支配率による守備の安定が際立つ一方、昨季同様に絶対的なストライカー不在による決定力不足が顕著だ。それでも、DFバルトラを中心とする最終ライン、MFカナレス、MFロ・セルソ、MFウィリアム・カルバーリョの中盤に、新進気鋭の左ウイングバックのジュニオル・フィルポと個々のパフォーマンスは高く、今冬にメインストライカーを獲得できれば、逆転でのトップ4フィニッシュも十分に成し遂げられるはずだ。

ヨーロッパリーグ(EL)出場権、残留争いでは昨季同様に中位以下の団子状態が続いており、最後まで熾烈な争いが予想される。今季ここまではヘタフェ、エスパニョール、バレンシアを軸とする堅守型、セルタ、レバンテの攻撃型と明確な線引きがなされている中で最終的に目標を達成するのはどちらのスタイルとなるか。残留争いに関しては戦力的に大きく劣る最下位のウエスカの浮上は厳しいが、19位のビジャレアルは今後順位を上げてくるはずだ。

最後にベティスのMF乾貴士とヘタフェのMF柴崎岳と2人の日本人選手に関しては共に前半戦でゴール、アシストという目に言える結果を残せなかったばかりか、出場機会自体を得ることができず、想定以上に厳しい立場を強いられた。共にアジアカップ参戦に伴い、1月中の出場は難しい中、2月以降の巻き返しに期待したいところだ。

【最優秀選手&監督】
★最優秀選手
◆FWリオネル・メッシ(バルセロナ)
Getty Images
前半戦のMVPは首位バルセロナを今季もけん引する絶対的エース以外にいない。前半戦終了時点でリーグダントツトップの17ゴール11アシストと異次元の得点力、チャンスメーク能力は健在だ。[4-4-2]の2トップの一角やトップ下を主戦場とした昨季と異なり、今季は[4-3-3]の右ウイングをメインポジションとして免除されている守備的なタスクを除き、ゲームの組み立てから崩しの局面、仕上げの仕事と攻撃に関わるすべての役割をハイレベルでこなしている。セビージャ戦で負った腕の骨折で2試合を欠場したものの、代表招集辞退によりバルセロナでのプレーに専念できている影響が大きく前半戦を通してコンディションも良好だ。さらに昨季から精度が増す直接フリーキックに関しては今季ここまでですでに3ゴールを記録するなど、30歳を過ぎても進化を続けている。

★最優秀監督
◆パブロ・マチン(セビージャ)
Getty Images
伏兵アラベスを躍進させているアベラルド監督も捨てがたいが、就任1年目でセビージャを見事に掌握しているマチン監督を最優秀監督に推したい。サンパオリ監督退任後、ベリッソ、モンテッラとパス志向の強い指揮官の下で低迷を強いられた中、昨季ジローナでの仕事が評価されてセビージャの新指揮官に就任した43歳の若手指揮官は前半戦を通して自身の志向するハイプレスのトランジションスタイルをチームに落とし込んだ。MFエンゾンジやDFラングレら絶対的主力の流出を強いられたものの、昨季暫定指揮官を務めFDに就任したホアキン・カパロスとの密なコミュニケーションで自身のスタイルに合う後釜候補をチームに迎え入れ、ミランで不遇をかこった新戦力のFWアンドレ・シウバや前体制で思うように活躍できなかったMFフランコ・バスケスらを再生させた手腕も見事だった。

【期待以上】
★チーム
◆アラベス
Getty Images
プリメーラ復帰3年目のバスク3番手のクラブが前半戦最大のサプライズに。2017年12月に途中就任したアベラルド監督の下で昨季を14位でフィニッシュしたアラベスは昨夏目立った補強がなかったこともあり、今季もプリメーラ残留が最大の目標となった。しかし、今季は初勝利を挙げた第3節から第10節までに2度の3連勝を記録するなど、開幕から圧巻のスタートを切った。[4-4-2]と[4-3-3]のシステムを併用しながら攻守両面でピッチ上の11人がハードワーク、規律を遵守し5-1で大勝したラージョ戦を除く8勝すべてが1点差での接戦をモノにしたものだった。連敗が一度もなく、最多得点者が4ゴールのFWカジェリと個に依存しない組織的サッカーによって大崩れしない点も躍進のカギとなっている。前半戦のハイライトは0-0で迎えた後半ラストプレーのCKでMFマヌ・ガルシアが決勝点を決めて勝利したレアル・マドリー戦。この劇的過ぎるホームでの大金星は対マドリー相手の87年ぶりの勝利に。

★選手
◆FWアンドレ・シウバ(セビージャ)
Getty Images
初挑戦のリーガで完全復調。昨季、大きな期待を背負ってミランに加入もリーグ戦わずかに2ゴールと大きく期待を裏切った23歳は昨夏にセビージャに買い取りオプション付きのレンタル移籍で加入。リーガデビュー戦となった開幕節のラージョ戦でいきなりハットトリックを記録する鮮烈なデビューを飾ると、以降もコンスタントにゴールを重ねてチームトップの8ゴールを記録している。さらに第6節のレアル・マドリー戦では2ゴールを記録し、ポルト時代に指導を受けたロペテギ前監督の解任劇のキッカケとなる活躍も見せた。さらにセビージャ移籍をキッカケにポルトガル代表でも好調を維持しており、後半戦の更なる爆発が期待される。

【期待外れ】
★チーム
◆バレンシア
Getty Images
深刻な得点力不足で一時降格圏を彷徨う体たらくの前半戦に。昨季、マルセリーノ監督の下で素早い攻守の切り替えを生かしたトランジションスタイルで4位に躍進したバレンシア。古豪復活を印象付けるシーズンを経て今季は更なる躍進が期待されたものの、前半戦を期待外れの11位で終えることになった。FWゴンサロ・ゲデスの買い取りに成功するなど、昨季の主力をほぼ残留させたうえ、手薄な前線にFWガメイロ、MFチェリシェフといったリーガで実績のある選手、チェルシーからFWバチュアイを獲得も、前半戦ではその攻撃陣が低迷の最大の要因に。昨季16ゴールを記録したエースFWロドリゴはわずか2ゴールに留まり、ゲデスも指揮官と衝突するなど散々な出来に。昨季同様にソリッドなパフォーマンスを見せる守備陣は1試合平均1失点以下の好パフォーマンスを披露も、わずか16得点では上位進出は不可能だ。後半戦に向けてはリーグ最多の11引き分けをいかに勝ち点3に繋げられるかが重要となる。

★選手
◆MFルカ・モドリッチ(レアル・マドリー)
Getty Images
ロシアW杯MVPとバロンドールの2冠獲得もマドリー加入以降最低の前半戦に。昨季、CL3連覇の大きな原動力となったモドリッチはロシアW杯でも鬼気迫る圧巻のパフォーマンスを披露し、クロアチア史上最高位となる準優勝に貢献。この活躍を受けて、ロペテギ新体制の牽引車としての活躍が期待されたが、昨夏のインテル移籍を巡るゴタゴタやW杯での消耗の影響もあり、まるで燃え尽き症候群のようにも映る覇気のないプレーに終始。もちろん、チームの不調の原因は前線の得点力不足や最終ラインの集中力の欠如もあるが、攻守両面で存在感に欠ける大黒柱不振の影響が大きかった。

【後半戦展望】
★バルサ優位もアトレティコ逆転もあるか

後半戦に向けては首位を走るバルセロナの優位は間違いないが、最終的にはアトレティコ、セビージャ、レアル・マドリーの4強による争いになりそうだ。

今冬の移籍市場で負傷者続出の最終ラインにバレンシアからDFムリージョを獲得したバルセロナはメッシやスアレス、ブスケッツらに大きなケガがなければ大崩れの可能性は低い。覚醒の気配を見せるデンベレに触発される形でここまで今一つのコウチーニョがより存在感を示せば、前線の攻撃力は増すはずだ。さらに中盤ではブスケッツの勤続疲労が懸念されるが、インテリオールに関してはビダル、アルトゥールのフィットに加え、大器リキ・プイグ、アレーニャらカンテラーノの台頭が期待されており、質の高いターンオーバーが期待できそうだ。

アトレティコに関しては後半戦で最も伸びしろが期待できるチームだ。前半戦にフィットし切れなかった前線の新戦力、2月以降に復帰予定のジエゴ・コスタの復調、最終ラインのケガ人の問題を解決できれば、バルセロナをまくってワンダ・メトロポリターノでの初戴冠の可能性も十分にあるはずだ。

セビージャとレアル・マドリーに関しては今冬の移籍市場での補強や若手のブレイクなど、何らかの刺激が加わらなければ、逆転での優勝は難しい。セビージャに関してはバネガらの守備負担を減らせる守備的MFと前線の補強、レアル・マドリーに関してFWヴィニシウスやMFマルコス・ジョレンテの覚醒、FWアセンシオの復調、マンチェスター・シティから加入したFWブラヒム・ディアスら若手のプレーがカギを握りそうだ。

最後に2人の日本人選手に関してはひとまずアジアカップでいかに印象的なパフォーマンスを見せられるかが重要になりそうだ。とりわけ、ヘタフェからの移籍が噂される柴崎に関してはより好条件の移籍先を選ぶためにW杯のような活躍を期待したい。また、ドルトムントで構想外のMF香川真司に関して今冬のリーガ移籍の可能性が期待されており、仮に移籍が実現した場合、初のリーガでのプレーに注目が集まるところだ。
コメント
関連ニュース
thumb

【J1開幕直前クラブガイド】昨季の教訓生かせるか、戦力アップで安定した戦いを!《サンフレッチェ広島》

2019シーズンも“蹴”春がいよいよ到来! 新シーズンの幕開けを告げるFUJI XEROX SUPER CUP 2019に先駆け、超ワールドサッカー編集部はJ1全18クラブを徹底分析。チームのノルマや補強達成度、イチオシ選手、そして、東京オリンピックを翌年に控える注目の五輪候補をお届けする。第16弾はサンフレッチェ広島を紹介。 <span style="font-weight:700;">◆ノーマークだった昨季から徹底マークへ</span>《ACL出場権争い》 <span style="font-size:0.8em;">※残留/ひと桁順位/上位争い/ACL出場権争い/優勝争いから選択</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190215_hiroshima_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>今季は城福浩体制の真価が問われる2年目となる。昨季は20ゴールを記録したFWパトリックの覚醒に助けられた広島は、前半戦に貯めた勝ち点でラスト9試合未勝利という大砂漠を何とか乗り越え、上出来すぎる2位フィニッシュを果たした。 しかし、今季はそう甘くない。新たに背番号「10」に変更したパトリックが昨季後半戦同様に執拗なマークを受けることは確実で、さらにアジア・チャンピオンズリーグと並行して戦わなくてはならないため、城福監督には昨季以上の知恵が必要となる。目標は良くて2年連続のACL出場権獲得といったところだ。 去年と同じような戦いをしていれば残留争いに巻き込まれかねない。だがそこはクラブも重々承知。広島は移籍期間にパトリックの競争相手、もしくは相棒として東京ヴェルディからFWドウグラス・ヴィエイラを獲得。2017年はJ2リーグで18ゴール、2018年は13ゴールを挙げており、昨季はパトリックの一本槍だった攻撃陣に頼れる仲間が増えた印象だ。また、同じく東京Vからは昨季J2で全試合に出場したDF井林章を迎え入れ、DF千葉和彦の抜けた穴をカバーした。 その他では、DF馬渡和彰の川崎フロンターレへの移籍を受けて、スウェーデンからDFエミル・サロモンソンを呼び寄せた。前所属のIFKヨーテボリでは通算244試合に出場し27ゴール39アシストを記録しているが、海外初挑戦となる元スウェーデン代表の実力は未知数だ。また、およそ2年半の武者修行を終えて帰ってきたMF野津田岳人や、清水エスパルスから期限付きで復帰したMF清水航平にも即戦力として期待したい。 今年のストーブリーグでは、タイと鹿児島で2度のトレーニングキャンプを実施し、時間をかけて調整を行った。鹿児島キャンプではジュビロ磐田と45分×4本のトレーニングマッチを行い、合計スコア3-2で勝利。11日に行われたレノファ山口とのプレシーズンマッチも1-0で勝利するなど、「昨年よりも1週間早くコンディションが仕上がってきた」と城福監督が語るように、新シーズン開幕に向けて準備は整ってきているようだ。 Jリーグ開幕に先駆けて、広島は19日にACLプレーオフでチェンライ・ユナイテッド(タイ)とのホーム戦を戦う。昨シーズンよりも厳しい1年の始まりはもうそこに迫っている。「タイ、鹿児島とやるべきことをやってきた自負がある」と自信を覗かせてくれた監督を信頼し、どこまで突き進めるか…。 <span style="font-weight:700;">◆補強動向</span>《B》<span style="font-size:0.8em;">※最低E~最高S</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190215_hiroshima_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>【IN】 DF荒木隼人(22)←関西大学/新加入 DF井林章(28)←東京ヴェルディ/完全移籍 DFエミル・サロモンソン(29)←IFKヨーテボリ(スウェーデン)/完全移籍 DF高橋壮也(22)←ファジアーノ岡山/復帰 MF清水航平(29)←清水エスパルス/期限付き移籍 MF野津田岳人(24)←ベガルタ仙台/復帰 MF東俊希(18)←サンフレッチェ広島ユース/昇格 MF松本大弥(18)←サンフレッチェ広島ユース/昇格 FW皆川佑介(27)←ロアッソ熊本/復帰 FWドウグラス・ヴィエイラ(31)←東京ヴェルディ/完全移籍 FWパトリック(31)←サルグエイロ(ブラジル)/完全移籍 【OUT】 GK増田卓也(29)→FC町田ゼルビア/期限付き移籍 DF馬渡和彰(27)→川崎フロンターレ/完全移籍 DF千葉和彦(33)→名古屋グランパス/完全移籍 DF宮原和也(22)→名古屋グランパス/完全移籍 DFイヨハ理ヘンリー(20)→FC岐阜/期限付き移籍延長 MF長沼洋一(21)→愛媛FC/期限付き移籍 MF川村拓夢(19)→愛媛FC/期限付き移籍 MF森崎和幸(37)→現役引退 MF茶島雄介(27)→ジェフユナイテッド千葉/期限付き移籍延長 MFフェリペ・シウバ(28)→セアラ(ブラジル)/完全移籍 FW工藤壮人(28)→レノファ山口FC/期限付き移籍 FWティーラシン(30)→ムアントン・ユナイテッド(タイ)/期限付き移籍満了 <span style="font-weight:700;">◆超WS編集部イチオシ選手</span> FWドウグラス・ヴィエイラ(31)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190215_hiroshima_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>昨季と同じように[4-4-2]を基本フォーメーションとするのなら、おそらくレギュラーは堅いであろうパトリックの横には新加入のドウグラス・ヴィエイラが並ぶ可能性が高い。東京V在籍3年間で通算113試合38得点のブラジル人助っ人には、退団したFWティーラシンやFW工藤壮人をカバーするだけでなく、パトリックすら飲み込んでしまうような活躍を見せてほしい。昨季は不甲斐なかったパトリックの“相棒枠”をかけて、新ブラジル人を中心に激しい競争が巻き起こることを期待したい。 <span style="font-weight:700;">◆注目の東京五輪世代!</span> MF森島司(21)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190215_hiroshima_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>広島の東京五輪世代で注目の選手は森保一監督お気に入りのMF森島司だ。2016年に広島に入団した森島は、高校生だった2015年にU-18日本代表に招集を受けて以降、各年代の代表に選ばれ続けてきた。本職はセントラルMFやアタッキングMFだが、代表ではFWも務めたこともあり、サイドもこなせるポリバレントな選手だ。昨季はルヴァンカップの出場がメインだったが、プロ4年目の今季、広島の中盤ではMF稲垣祥が右肩鎖関節亜脱臼で開幕には間に合わない。このチャンスを森島が生かすことが出来れば、2019年は飛躍の年にできるかもしれない。 2019.02.15 18:16 Fri
twitterfacebook
thumb

【J1開幕直前クラブガイド】主力流出もロティーナ&イバン新体制に期待膨らむ《セレッソ大阪》

2019シーズンも“蹴春”がいよいよ到来! 新シーズンの幕開けを告げるFUJI XEROX SUPER CUP 2019に先駆け、超ワールドサッカー編集部はJ1全18クラブを徹底分析。チームのノルマや補強達成度、イチオシ選手、そして、東京オリンピックを翌年に控える注目の五輪候補をお届けする。第14弾はセレッソ大阪を紹介。 <span style="font-weight:700;">◆タイトル争いに向けたカギは戦術の浸透</span>《ACL出場権争い》 <span style="font-size:0.8em;">※残留/ひと桁順位/上位争い/ACL出場権争い/優勝争いから選択</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190214_cerezo_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>一昨シーズンにルヴァンカップ、天皇杯の国内カップ戦二冠を成し遂げたC大阪だが、昨季はACL出場圏外の7位に甘んじるなど、一転して無冠という厳しいシーズンとなった。さらに、一部選手やクラブとの確執も噂された中、クラブに初タイトルをもたらした尹晶煥監督と袂を分かつことに。この監督人事の影響か、MF山口蛍とFW杉本健勇というユース出身の生え抜き、MF山村和也という3人の主力中の主力が揃ってヴィッセル神戸、浦和レッズ、川崎フロンターレというライバルクラブに流出する異例の事態となった。 そして、過渡期を迎える関西の名門の立て直しを託されたのが、スペイン時代にチャンピオンズリーグ(CL)やリーガエスパニョーラで指揮を執り、コパ・デル・レイの優勝経験もある名将ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督。バルセロナの流れを組む副官イバン・パランココーチと共に前所属先の東京ヴェルディでは就任前J2で18位に低迷したクラブを1年目に5位に躍進させ、昨シーズンは6位も昇格プレーオフを勝ち抜き、あと一歩でJ1昇格に導いていた。 クラブはそのスペイン人指揮官就任に際して、前述の主力3選手の穴を埋める補強としてヴィッセル神戸からMF藤田直之、ベガルタ仙台からMF奥埜博亮、北海道コンサドーレ札幌からFW都倉賢を補強。さらに、中盤にブラジル屈指の名門ヴァスコ・ダ・ガマで主力を務めたアルゼンチン人MFレアンドロ・デサバト、前線に昨季ブラジルのグアラニで16ゴールを記録したブラジル人FWブルーノ・メンデスという実力者を確保した。全体的な戦力ダウンは否めないが、若手の積極的な登用と選手の新たな可能性を見いだす慧眼を持つ知将の下でニューヒーローやコンバートによる覚醒が期待される。 今季のチーム目標はタイトル奪還に定められているが、現実的には一桁順位フィニッシュとACL出場権争いに絡むことだ。そのカギを握るのが、ポジショナルプレー、5レーン理論という欧州最先端の戦術への適応だ。とりわけ、徹底したライン統制を基調としたゾーン守備、GKを交えて後方からショートパスを繋ぐスタイル、試合中にも複数システムを使い分ける新たな試みにいかに早く馴染めるか。東京V時代は守備からチームを構築し徐々に攻撃に比重をかけるアプローチをしていたため、序盤戦は勝ち切れない試合が多くなることが想定されるだけに前線の個の力が重要となる。一方、スカウティングのスペシャリストであるイバンコーチの存在はチームの大きな助けとなるはずだ。 <span style="font-weight:700;">◆補強動向</span>《C》<span style="font-size:0.8em;">※最低E~最高S</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190214_cerezo_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>【IN】 GK圍謙太朗(27)←アビスパ福岡/期限付き復帰 MF藤田直之(31)←ヴィッセル神戸/完全 MFレアンドロ・デサバト(28)←ヴァスコ・ダ・ガマ/完全 MF奥埜博亮(29)←ベガルタ仙台/完全 MF丸岡満(23)←レノファ山口FC/期限付き復帰 FW都倉賢(32)←北海道コンサドーレ札幌/完全 FWブルーノ・メンデス(24)←デポルティーボ・マルドナド/期限付き 【OUT】 GK永石拓海(22)→レノファ山口FC/期限付き DF酒本憲幸(34)→鹿児島ユナイテッドFC/完全 DF田中裕介(32)→ファジアーノ岡山/完全 DF茂庭照幸(37)→FCマルヤス岡崎/完全 DF森下怜哉(20)→栃木SC/期限付き MF山口蛍(28)→ヴィッセル神戸/完全 MF山村和也(29)→川崎フロンターレ/完全 MFチャウワット(22)→バンコク・グラスFC/期限付き満了 MFオスマル(30)→FCソウル/期限付き満了 MF沖野将基(22)→ブラウブリッツ秋田/完全 MF喜田陽(18)→アビスパ福岡/期限付き FW杉本健勇(26)→浦和レッズ/完全 FW米澤令衣(22)→鹿児島ユナイテッドFC/完全 <span style="font-weight:700;">◆超WS編集部イチオシ選手</span> MF清武弘嗣(29)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190214_cerezo_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>イチオシ選手は、新指揮官が最も期待する新キャプテンの清武だ。2017年の復帰以降、度重なる負傷の影響もありトップフォームを取り戻すのに苦労している清武だが、その高い戦術眼とテクニックはポジショナルプレーを志向するロティーナ監督のスタイルに間違いなく合致するはずだ。また、セビージャ時代にはややスタイルは異なるものの、戦術的に難度が高いサンパオリ監督の下でプレーしており、スタッフと選手の間に入って戦術の浸透を促す役割も期待される。複数のシステムを併用する中、主戦場は2列目あるいはインサイドハーフとなる見込みだ。その中で攻撃の起点となるハーフスペースの支配者として存在感を示したい。 <span style="font-weight:700;">◆注目の東京五輪世代!</span> DF瀬古歩夢(18)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190214_cerezo_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>C大阪で注目する東京オリンピック世代は18歳の若手センターバックの瀬古だ。2017年にクラブ最年少となる16歳11カ月でトップデビューを飾った生え抜きの瀬古は高い身体能力、安定した足元のテクニック、リーダーシップに優れる日本のアンダー世代屈指の守備者。ここまでJ3に所属するセレッソ大阪U-23が主戦場だが、東京V時代から若手の積極登用の実績があるロティーナ監督は戦術理解さえ進めば、躊躇なくJ1デビューさせるはずだ。 2019.02.14 17:01 Thu
twitterfacebook
thumb

【J1開幕直前クラブガイド】ガンバらしくの宮本政権第二章 救世主から復権の先導者になれるか《ガンバ大阪》

2019シーズンも“蹴”春がいよいよ到来! 新シーズンの幕開けを告げるFUJI XEROX SUPER CUP 2019に先駆け、超ワールドサッカー編集部はJ1全18クラブを徹底分析。チームのノルマや補強達成度、イチオシ選手、そして、東京オリンピックを翌年に控える注目の五輪候補をお届けする。第13弾はガンバ大阪を紹介。 <span style="font-weight:700;">◆「本来いるべき位置に」</span>《ACL出場権争い》 <span style="font-size:0.8em;">※残留/ひと桁順位/上位争い/ACL出場権争い/優勝争いから選択</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190214_gambaosaka_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>レヴィー・クルピ氏の下でスタートを切ったガンバ大阪の2018シーズンは激動の1年だった。シーズンの折り返しとなる第17節終了時で16位に低迷したが、シーズン途中に就任したG大阪育成一期生で大レジェンドの宮本恒靖監督が復活劇の先導者に。FWファン・ウィジョの再合流やMF今野泰幸の復帰、アデミウソンの復調、そして夏場の補強も相まって、21年ぶりとなるクラブ記録の9連勝で9位に滑り込み、J1残留という最大のミッションを達成した。 G大阪の黄金期を知り、G大阪のDNAを熟知する宮本監督の下でスタートする今年はチームスローガンとして『GAMBAISM』を掲げ、目標を「ACL圏内」に設定。その今オフ、8名が加わった。全体的な総評は、成長の可能性を秘めた若手有望株の台頭にも賭けた強化策もあり、やや地味。ただ、確実にポイントを抑えた補強が光り、退団したDFファビオを除けば昨年の主力からの流失もなく、若手の成長次第で期待感の高まるチーム編成だ。 今オフにファビオが抜け、懸念に挙がるポジションの1つだったセンターバック陣だが、タイ挑戦から4年ぶりのJリーグ復帰となるDF青山直晃が加わり、先のアジアカップを戦った韓国代表で主力を務めるDFキム・ヨングォンの獲得にも成功。中でも、アジア屈指のセンターバックであるキム・ヨングォンを獲得できたことは大きく、日本代表DF三浦弦太を擁するセンターバック陣は強化に成功したと言って良い。 G大阪ユース出身の五輪世代として期待がかかったDF初瀬亮を失ったサイドバックだが、大学No1の呼び声高いDF高尾瑠を獲得。昨年にロアッソ熊本から加入したドリブルが魅力のMF田中達也もキャンプでのプレーエリアを見る限り、サイドバック起用が主になりそう。昨年、一定のプレー機会がありながらアピールできずに伸び悩んだ初瀬の出来と新戦力の顔ぶれを比較すると、大きな痛手にはならないだろう。 攻撃陣の補強は昨年途中にFW渡邉千真を獲得したことで、FW呉屋大翔のレンタルバックに動いた程度。欧州挑戦の可能性が浮上した昨年のチーム得点王であるファン・ウィジョの残留は補強の意味合いが強く、アデミウソンや渡邉によるFW陣に不安材料はない。さらに、FW中村敬斗とFW食野亮太郎らホープがブレイクを遂げれば、MF倉田秋やMF小野瀬康介らサイドハーフを含めた攻撃陣の層もより厚くなってくる。 気がかりなのが、いまだMF遠藤保仁と今野の元日本代表コンビに頼りっきりなボランチの陣容だ。今年で、遠藤は39歳、今野は36歳。今年は補強がなく、MF矢島慎也をレンタルバックしたぐらいだ。キャンプ中は遠藤&今野の黄金コンビを使わず、矢島とMF高宇洋のどちらかを相方として起用する試運転を継続。矢島や高が遠藤と今野の存在を揺るがす存在になれれば、チームとしての戦力アップに繋がってくる。 2年目の意気込みとして「本来いるべき位置に」と語った宮本監督は昨年と異なり、準備期間を経て、開幕から指揮を執るシーズンになる。蒼黒の血が流れる求心力十分のカリスマは、選手と共に賢く、強く、ガンバらしく、『GAMBAISM』を築き上げ、復権の先導者になれるか。2年目は個人としても昨年の救世主ぶりが本物だったのかどうかが試される。 <span style="font-weight:700;">◆補強動向</span>《B》<span style="font-size:0.8em;">※最低E~最高S</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190214_gambaosaka_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>【IN】 GK田尻健(25)←ツエーゲン金沢/復帰 DF高尾瑠(22)←関西学院大学/新加入 DF青山直晃(32)←ムアントン・ユナイテッド(タイ)/完全 DFキム・ヨングォン(28)←広州恒大(中国)/完全 MF奥野耕平(18)←ガンバ大阪ユース/昇格 MF田中達也(26)←ロアッソ熊本/完全 MF矢島慎也(25)←ベガルタ仙台/復帰 FW呉屋大翔(25)←徳島ヴォルティス/復帰 【OUT】 GK鈴木椋大(24)→ジェフユナイテッド千葉/期限付き DF平尾壮(22)→FC町田ゼルビア/完全 DFペ・スヨン(20)→カマタマーレ讃岐/期限付き DFファビオ(29)→未定 DF初瀬亮(21)→ヴィッセル神戸/完全 DF西野貴治(25)→カマタマーレ讃岐/完全 MF泉澤仁(27)→ポゴニ・シュチェチン(ポーランド)/完全 MF二川孝広(38)→FCティアモ枚方(関西1部)/完全 MF妹尾直哉(22)→AC長野パルセイロ/完全 MF森勇人(23)→水戸ホーリーホック/完全 MF井出遥也(24)→モンテディオ山形/完全 FW長沢駿(30)→ベガルタ仙台/完全 FW一美和成(21)→京都サンガF.C./期限付き <span style="font-weight:700;">◆超WS編集部イチオシ選手</span> MF矢島慎也(25)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190214_gambaosaka_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>イチオシ選手は宮本監督のラブコールを受け、G大阪に復帰した矢島だ。昨年、古巣の浦和レッズと長らく凌ぎを削るG大阪に“覚悟の移籍”を決断した元リオ・デジャネイロ五輪代表の司令塔だが、レヴィー・クルピ前監督の下で出場機会を得られず、シーズン半ばにベガルタ仙台に期限付き移籍。天皇杯決勝のピッチに立ったが、ケガに苦しみ、悔しい1年を過ごした。その矢島はキャンプ中、遠藤&今野の偉大過ぎる不動コンビに割って入るべく、チーム全体で世代交代が叫ばれるボランチとしてアピール。宮本監督も高を含めた4人でボランチを回すことを示唆しているだけに、真価を見せるべきシーズンとなる。 <span style="font-weight:700;">◆注目の東京五輪世代!</span> FW中村敬斗(18)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190214_gambaosaka_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>注目の五輪世代はプロ2年目の中村だ。アカデミー出身以外で初の飛び級入団者として注目を集めた昨年は、レヴィー・クルピ前監督に能力を評価され、開幕ゲームでトップチームデビューを飾ったが、シーズンが進むに連れて、シニア選手とオフ・ザ・ボールの動きの差が如実となり、J3リーグを戦うU-23に“降格”。だが、シーズン最終盤に先発起用されると、Jリーグ初ゴールを挙げ、成長の跡を示した。プロ2年目の今年はトップチームでの熾烈な定位置争いを勝ち抜くことがテーマ。そこで逞しく台頭を遂げることができれば、今年のU-20ワールドカップだけでなく、その先に待つオリンピック出場も近くなる。 2019.02.14 17:00 Thu
twitterfacebook
thumb

【J1開幕直前クラブガイド】昨季の失敗を糧にACL出場権獲得がノルマ《名古屋グランパス》

2019シーズンも“蹴春”がいよいよ到来! 新シーズンの幕開けを告げるFUJI XEROX SUPER CUP 2019に先駆け、超ワールドサッカー編集部はJ1全18クラブを徹底分析。チームのノルマや補強達成度、イチオシ選手、そして、東京オリンピックを翌年に控える注目の五輪候補をお届けする。第12弾は名古屋グランパスを紹介。 <span style="font-weight:700;">◆風間体制3年目でACL出場権獲得へ</span>《ACL出場権争い》 <span style="font-size:0.8em;">※残留/ひと桁順位/上位争い/ACL出場権争い/優勝争いから選択</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190213_grampus_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>風間体制1年目に1年でのJ1復帰を果たし、2年目は飛躍が期待された中で15位での薄氷の残留となった。そして、3年目となる今季の目標はACL出場権獲得だ。今冬の移籍市場では昨季得点王であるFWジョー、FWガブリエル・シャビエルという攻撃の核を含め、昨シーズンの7連勝に貢献した主力の流出阻止に成功した。 さらに、残留争いに巻き込まれた最大の要因だったリーグワーストタイの59失点を喫した脆弱な守備面を改善するため、サンフレッチェ広島からDF千葉和彦、サガン鳥栖からDF吉田豊、FC東京からMF米本拓司と、J1で堅守を誇る3クラブから実力者を獲得。とりわけ、3バックと4バックのセンターバックを遜色なくこなしビルドアップ能力にも長けた千葉、選手層に問題を抱えていたサイドバックに両サイドバックでプレー可能な吉田を迎え入れられた効果は大きい。 また、昨季選手層の薄さに苦しんだチームは大宮アルディージャの韋駄天FWマテウス、川崎フロンターレからジョーのバックアップを担うFW赤崎秀平、中盤にMFジョアン・シミッチ、ジュビロ磐田のMF伊藤洋輝らを獲得。さらに、昨季も特別指定や2種登録で活躍したMF相馬勇紀、DF菅原由勢ら高卒、大卒の逸材を加えて選手層の拡充に成功した。スカッドで唯一の懸念はGK楢崎正剛の現役引退を始め、FW佐藤寿人、FW玉田圭司という百戦錬磨の経験、リーダーシップを失った点だ。新キャプテンに任命されたDF丸山祐市、MF和泉竜司らを中心に中堅選手がチームを引っ張っていきたい。 今季も風間監督が志向する“攻守一体の攻撃サッカー”を継続していく中、注目はシステムを含めて攻守のバランスの落としどころだ。前述の千葉の加入、ワイドに多くの選手を抱えている事情から[3-4-2-1]、[4-4-2]をベースにしていくと思われるが、吉田や米本ら守備を特長とする新加入選手を中心に、変幻自在の攻撃スタイルのウィークポイントでもある被カウンター時のリスク管理など、攻守のバランスを早い段階で見出したい。昨シーズンに証明したリーグ屈指の爆発力にバランス感覚が備われば、ACL出場権獲得と共に優勝争いに絡めるチームに成長する可能性は大いにあるはずだ。 <span style="font-weight:700;">◆補強動向</span>《B》<span style="font-size:0.8em;">※最低E~最高S<hr></span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190213_grampus_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>【IN】 DF千葉和彦(33)←サンフレッチェ広島/完全 DF吉田豊(28)←サガン鳥栖/完全 DF菅原由勢(18)←名古屋グランパスU-18/昇格 DF成瀬竣平(18)←名古屋グランパスU-18/昇格 DF藤井陽也(18)←名古屋グランパスU-18/昇格 MF伊藤洋輝(19)←ジュビロ磐田/期限付き MF米本拓司(28)←FC東京/完全 MF杉森考起(21)←FC町田ゼルビア/復帰 MFジョアン・シミッチ(25)←リオ・アヴェ/完全 MF相馬勇紀(21)←早稲田大学/新加入 MF渡邉柊斗(22)←東海学園大学/新加入 FWマテウス(24)←大宮アルディージャ/完全 FW赤崎秀平(27)←川崎フロンターレ/期限付き FW榎本大輝(22)←東海学園大学/新加入 【OUT】 GK楢崎正剛(42)→引退 DFホーシャ(29)→グアラニFC/期限付き満了 DF新井一耀(25)→ジェフユナイテッド千葉/期限付き MF八反田康平(29)→鹿児島ユナイテッドFC/完全 FW深堀隼平(20)→ヴィトーリアSC/期限付き FW佐藤寿人(36)→ジェフユナイテッド千葉/完全 FW玉田圭司(38)→V・ファーレン長崎/完全 <span style="font-weight:700;">◆超WS編集部イチオシ選手</span> FWジョー(31)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190213_grampus_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>イチオシ選手は、FW大久保嘉人(3年連続)以来の2年連続得点王獲得が期待されるジョーだ。ブラジル全国選手権MVP&得点王という肩書を引っ提げて鳴り物入りで加入した昨季は24ゴール4アシストと、チーム総得点(52ゴール)の半分以上に絡む圧巻のパフォーマンスを披露した。今季はより一層相手の徹底マークが予想される中、盟友ガブリエル・シャビエルやMF前田直輝、新加入のマテウスら多士済々のアタッカー陣のまとめ役としてチームを勝利に導く働きを見せたい。また、センターフォワードのバックアップが心もとないこともあり、第一にシーズンフル稼働が求められる。 <span style="font-weight:700;">◆注目の東京五輪世代!</span> MF伊藤洋輝(19)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190213_grampus_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) J.LEAGUE PHOTOS<hr></div> 相馬、菅原と昨季才能の片鱗を見せた高卒、大卒の有望株も捨てがたいが、ポテンシャルの高さでは随一の伊藤を推したい。ジュビロ磐田生え抜きの188cmの大型レフティはトップチームで思うように出場機会を得ることができなかったが、U-19日本代表として臨んだ2017年のトゥーロン国際大会や、U-21日本代表として臨んだ昨年のAFC U-23選手権で大きな存在感を放った。恵まれた体躯を生かした対人守備に加え、高精度の左足を生かした展開力、ダイナミックな攻め上がりといった特長は世界基準のセントラルMFに求められる部分だ。タレント揃いの名古屋でポジションを掴むのは容易ではないが、Jリーグ屈指の知将の下で今季こそそのポテンシャルを開花させたい。 2019.02.13 18:01 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1開幕直前クラブガイド】昨季長期離脱者がカギ! 名波イズム浸透で“再躍進”を《ジュビロ磐田》

2019シーズンも“蹴”春がいよいよ到来! 新シーズンの幕開けを告げるFUJI XEROX SUPER CUP 2019に先駆け、超ワールドサッカー編集部はJ1全18クラブを徹底分析。チームのノルマや補強達成度、イチオシ選手、そして、東京オリンピックを翌年に控える注目の五輪候補をお届けする。第11弾はジュビロ磐田を紹介。 <span style="font-weight:700;">◆補強乏しくも再躍進の可能性アリ</span>《ひと桁順位》 <span style="font-size:0.8em;">※残留/ひと桁順位/上位争い/ACL出場権争い/優勝争いから選択</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190213_jubilo_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>2017年の6位躍進から一転、2018シーズンは降格の危機に瀕した磐田。開幕前に「トップ5入り」を目標に掲げたが、シーズン序盤にMFアダイウトンとMFムサエフがケガによる長期離脱を余儀なくされ、MF中村俊輔もフル稼働できず、チームバランスを崩した。 さらには、DFギレルメが試合中の暴力行為で退団するなど、チームとして様々な壁に直面。夏には川崎フロンターレからFW大久保嘉人を獲得するも、持ち前の得点力は発揮できず、最終節に得失点差で16位に転落する悲劇に見舞われた。東京ヴェルディとのプレーオフ決定戦を辛くも制してJ1残留を決めたが、あわやJ2降格という苦しいシーズンを送った。 名波浩体制6年目を迎える今シーズンは、チームの立て直しが求められる中、オフシーズンの動きは極めて少なかった。主力の退団はMF松浦拓弥(→横浜FC)のみに抑えた一方で、獲得したのは期限付き移籍から復帰したDF石田崚真(←ツエーゲン金沢)を含めてわずか4名。川崎フロンターレから加入したMF森谷賢太郎は昨シーズン控えに甘んじ、モンテディオ山形から加入したFW中山仁斗はJ1初挑戦。シェリフ・ティラスポリ(モルドバ)から加入したFWロドリゲスもJリーグ初挑戦と未知数な部分が多く、どちらに転ぶか分からない補強に終わった。 それでも、ロドリゲスと中山が練習試合で結果を残すなど、明るい話題も聞こえてくる。屈強なフィジカルと推進力が武器のロドリゲスと、高い身体能力を持つ中山がフィットすれば、昨シーズンは35得点とリーグ2番目に少ない得点力の改善につながる可能性はある。 一方で、挽回を図るチームとしては、乏しい補強となったが、昨シーズン長期離脱で苦しんだ主力選手たちが復帰することを考えれば、必要以上にネガティブになることはないだろう。負傷離脱によって戦力はダウンしたものの、MF上原力也やMF荒木大吾、FW小川航基ら若手が一定の経験を積んだ。また、MF田口泰士を筆頭にDF新里亮やFW大久保嘉人らも奮闘。名波サッカーを知る昨シーズン稼動できなかった選手たちの復帰が、大きな補強とも言える。今後を見据えても、「競争」と「成長」の両軸でシーズンを進められるかが、チームの結果を左右することになるだろう。 <span style="font-weight:700;">◆補強動向</span>《D》<span style="font-size:0.8em;">※最低E~最高S</span><div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190213_jubilo_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>【IN】 DF石田崚真(22)←ツエーゲン金沢/復帰 MF森谷賢太郎(30)←川崎フロンターレ/完全 FW中山仁斗(27)←モンテディオ山形/完全 FWロドリゲス(23)←シェリフ・ティラスポリ(モルドバ)/完全 【OUT】 GK牲川歩見(24)→アスルクラロ沼津/完全 MF松浦拓弥(30)→横浜FC/完全 MF伊藤洋輝(19)→名古屋グランパス/期限付き <span style="font-weight:700;">◆超WS編集部イチオシ選手</span> MFアダイウトン(28)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190213_jubilo_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>今シーズンの注目は、アダイウトンだ。2017年に8ゴールを記録したブラジル人アタッカーは、スピードとパワフルなドリブルを武器に脅威を与え続け、チームの躍進に貢献した。 しかし、昨シーズンは第4節のサンフレッチェ広島戦で右ヒザ前十字じん帯断裂及び半月板損傷の重傷を負ったことで、その後のシーズンを棒に。チームも不振に陥り、悔しい思いをした。 降格危機が迫ったJ1参入プレーオフ決定戦の東京ヴェルディ戦で復帰すると、万全なコンディションではなかったといえ、必要性を感じるパフォーマンスを見せた。今シーズン、アダイウトンの活躍は挽回を図る磐田にとって欠かせないピースであり、自身の復活でチームを上に引き上げられるか注目だ。 <span style="font-weight:700;">◆注目の東京五輪世代!</span> DF大南拓磨(21)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190213_jubilo_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>J1参入プレーオフ決定戦の東京V戦でPKを獲得し、自らゴールを奪ってチームを残留に導いた小川航基も注目だが、昨シーズン終盤に磐田の後方を支えた大南を推したい。 2016年から磐田でプレーする大南は昨シーズン、明治安田生命J1リーグ第4節の広島戦でリーグ戦初出場。その後リーグ戦からは遠ざかったものの、シーズン終盤は4試合連続先発でフル出場を果たすと、J1参入プレーオフ決定戦でもピッチに立ち、プレッシャーのかかる舞台も経験した。 U-21日本代表ではドバイカップU-23に出場したが、まだその地位は確立されていない。クラブではDF大井健太郎やDF高橋祥平に加え、長期離脱から復帰したDF新里亮ら実力者が存在するが、昨シーズンの経験を生かし、この牙城を崩すことができれば、U-21日本代表の主力にも割って入ることができるだろう。 2019.02.13 18:00 Wed
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース