スパーズMFムサ・デンベレの移籍先に捻じれ? 北京国安ではなく広州恒大加入へ!2019.01.15 03:44 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
今冬の中国スーパーリーグ移籍が決定的なトッテナムのベルギー代表MFムサ・デンベレ(31)だが、新天地は北京国安ではなく広州恒大となる模様だ。14日に同選手の北京国安行きを伝えたイギリス『スカイ・スポーツ』が最新情報として広州恒大行きを伝えた。

『スカイ・スポーツ』は既報でデンベレが900万ポンド(約12億5000万円)での北京国安移籍に向けて、香港に向かっていると伝え、同地でメディカルチェックを受診した後、正式契約にサインする見込みだと報じていた。

しかし、このレポートから数時間後、同メディアはデンベレが北京国安ではなく広州恒大移籍に向けてメディカルチェックを受診していると訂正した。

さらに、現時点でデンベレと広州恒大の間で正式な契約書へのサインは行われておらず、逆転での北京国安行きの可能性も否定できないと伝えている。

なお、デンベレの新天地が仮に広州恒大となった場合、トッテナムで2年間共にプレーしたブラジル代表MFパウリーニョと再タッグを組むことになる。

ここ数年、マウリシオ・ポチェッティーノ監督率いるトッテナムの中盤で主力を担ってきたデンベレだが、今季限りで切れる契約を更新せず、今冬あるいは今夏の移籍の可能性が盛んに報じられている。

昨夏には北京国安やインテル行きの可能性が報じられたが、最終的に交渉はまとまらず、クラブに残留する形となった。しかし、度重なる負傷によって戦線離脱が続く間にMFムサ・シソコ、新星MFオリヴァー・スキップらが台頭しており、トッテナム残留の可能性は低くなっていた。
コメント
関連ニュース
thumb

トッテナム、ペリシッチ獲得に動くか ミラノダービーにスカウト陣派遣?

トッテナムがインテルに所属するクロアチア代表FWイバン・ペリシッチ(30)への関心を強めているようだ。イタリア『FCInterNews』が伝えている。 インテルで好パフォーマンスを披露して続けているペリシッチには、今冬の移籍市場でアーセナルから関心を寄せられていた。選手本人もクラブに移籍の希望を伝えるなど、実現するかに思われたが、移籍期間を過ぎても発表はなく、破談に終わった。 そんな中、昨夏にも興味を抱いていることが伝えられていたトッテナムが再び動き出している模様。同クラブの指揮官であるマウリシオ・ポチェッティーノ監督も来シーズンの強化に向けた一手としてペリシッチ加入を望んでおり、17日に行われたセリエA第28節のミランvsインテルのミラノダービーにスカウトを派遣していたようだ。 しかし、30歳の選手にインテル側が求めているとされる移籍金3500万ユーロ(約44億円)を投じることにはまだ踏み切れていないという。以前にもプレミアリーグ行きが「夢」だと語っていたペリシッチだが、果たしてトッテナムは獲得に動くのだろうか。 2019.03.20 11:35 Wed
twitterfacebook
thumb

ポチェッティーノ、CL展望を語る「優勝候補はバルセロナ。しかし…」

トッテナムを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)の展望を語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ヨーロッパNO.1の座を争うCLもラウンド16が終わり、ベスト8が出揃った。4月9日から開催される準々決勝の対戦カードは、アヤックスvsユベントス、リバプールvsポルト、トッテナムvsマンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッドvsバルセロナに決定している。 そんな中、トッテナムのポチェッティーノ監督は優勝候補筆頭にバルセロナを挙げた。しかし、トッテナムが大会をかき乱す存在になることを期待している。 「優勝候補を挙げるとするならバルセロナだ。バルベルデは素晴らしい仕事をしている。それにバルセロナには驚異的な選手たちがいる。それに(リオネル・)メッシもいるからね」 「マンチェスター・シティやユベントスのようなチームにも常にチャンスはある。それを成し遂げるだけの力があるチームだ。ただ、CLには常にサプライズが起こる可能性がある。それがトッテナムであることを願っている」 「マンチェスター・ユナイテッドのここ数年の構築は、大きなことを成し遂げるためのものであったと思う。ただ、CLやプレミアリーグのような大きな大会は、常にディティールが分かれ目となる」 「もちろん彼らにもバルセロナを困難に陥れることができる選手たちがいる。しかし、バルセロナはユナイテッドより一個上にいると思っている」 2019.03.19 09:05 Tue
twitterfacebook
thumb

スパーズ、新スタジアムのこけら落としが4月3日のC・パレス戦に決定!

トッテナムの新スタジアムのこけら落としが4月3日に行われるプレミアリーグ第31節延期分のクリスタル・パレス戦に決定した。イギリス『ロンドン・イブニング・スタンダード』が伝えている。 トッテナムは1899年から使用していたホワイト・ハート・レーンを2016-17シーズンを最後に取り壊し、6万2000人収容の新たなスタジアム建設へ着手。当初の予定では昨年8月に完成し同9月から公式戦を戦う予定になっていた。 しかし、「セキュリティー・システムに重大な欠陥が見つかった」として数回にわたって工期の延期が伝えられてきた。その後、今月8日には新スタジアムの開場時期が4月上旬になる見込みであることを発表していた。 その開催日に関してトッテナムとパレス、ブライトン&ホーヴ・アルビオンの3者による話し合いが先週行われ、ブライトンがFAカップを勝ち上がった場合、4月3日に行われるプレミアリーグ31節延期分のパレス戦がこけら落としの一戦に。敗れた場合は4月7日に行われる33節のブライトン戦とすることで合意に至っていた。 そして、17日に行われたFAカップでブライトンがPK戦の末にミルウォールを破って準決勝進出を決めたことで、4月3日のパレス戦がこけら落としの一戦となることが決まった。 なお、正式開場に向けて今月24日と30日にテストイベントが開催される予定だ。24日のテストイベントでは、クラブの生え抜きで昨季限りで現役を引退した元イングランド代表MFのライアン・メイソン氏が率いるU-18チームがサウサンプトンのU-18チームと対戦する。 また、30日に行われる最終イベントではスパーズのレジェンドチームがインテルのレジェンドで構成される“インテル・フォーエバー”と対戦する。前者は3万人収容、後者は4万5000人収容の形で開催される。 2019.03.18 02:05 Mon
twitterfacebook
thumb

今夏アジアツアー実施のスパーズ、ユーベとユナイテッドと対戦へ

トッテナムは今夏、2019-20シーズンに備えたプレシーズンの一環で、2019年7月にシンガポールと上海へのツアーを行うが、その対戦相手はユベントスとマンチェスター・ユナイテッドの2チームになる見込みだ。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えている。 シンガポールでの一戦に関しては胸スポンサーでもある『AIA』の100周年記念式典への参加もツァーの目的に含まれており、『AIA』がシンガポール開催の『インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2019』のスポンサーを務めていることから、7月21日にICC2019の一戦としてセリエAの盟主ユベントスと対戦する見込みだ。 また、上海での一戦に関してはプレミアリーグのライバルチーム、ユナイテッドと7月25日に対戦するようだ。 なお、トッテナムは2月19日、2019-20シーズンに備えたプレシーズンの一環で、アジアツアーの実施を発表。 トッテナムがシンガポールを訪れるのは、1995年以来のこと。当時は、シンガポール・ライオンズと対戦していた。 中国本土への遠征は、2009年に北京で行われたバークレイズ・アジア・トロフィー以来のこと。最近では、2017年に香港を訪れ、キッチーと対戦していた。 2019.03.16 12:15 Sat
twitterfacebook
thumb

グアルディオラ、CL準々決勝で対戦のトッテナムを警戒「ソン、ケインらの良さを知っている」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、トッテナムと対戦することの決まったチャンピオンズリーグ準々決勝についてコメントした。<br><br>CLベスト16でシャルケに2試合合計で10-2と完勝を収めたマンチェスター・Cは、ベスト4進出を懸けてプレミアリーグのライバルであるトッテナムと対戦することが15日に行われた組み合わせ抽選会で決まった。これで4月9日、17日に行われるCL準々決勝に加え、20日のプレミアリーグで対戦することになる。<br><br>今シーズン、10月にすでに両チームは1度対戦。その際、敵地でマンチェスター・Cが1-0で勝利したものの、12日間という短期間でトッテナムと3試合を行うことが決まったグアルディオラ監督は、勝敗の行方は五分五分であると強調した。<br><br>「我々はお互いをよく知っていて、リスペクトし合っている。50-50の試合になるだろう。できる限りベストコンディションでプレーしたいと考えているし、良い試合にしたい。全てのチームが長所と短所を持っているように、我々にも同様のことが言える。ハードな一戦になるだろう」<br><br>「私は彼らのことをよく知っている。彼らは異なるシステムを使えるし、ソン(フンミン)、(ハリー)ケイン、デレ・アリ、そして(クリスティアン)エリクセンを擁する前線の良さも知っている。しかし、チャンピオンズリーグを戦う以上、いずれのチームと対戦しようと同じ事が言えるだろう」<br><br>提供:goal.com 2019.03.16 11:05 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース