ドローの開催国UAEとタイが仲良く決勝T進出! 土壇場PK弾でインド沈めたバーレーンが3位で決勝T進出《AFCアジアカップ2019》2019.01.15 03:21 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
AFCアジアカップ2019グループA第3節、UAE代表vsタイ代表が14日に行われ、1-1のドローに終わった。この結果、UAEの首位通過及びタイの2位通過が決定した。

前節、インド代表相手に今大会初勝利を手にして首位に立つ開催国UAE(勝ち点4)と、同じくバーレーン代表相手に初勝利を挙げた3位のタイ(勝ち点3)によるグループステージ突破を懸けた重要な一戦。

元日本代表指揮官のザッケローニ監督率いるUAE、Jリーグプレー経験のあるチャナティップ、ティーラトン、ティーラシンが先発を飾ったタイ、その試合を裁くのは佐藤隆治主審と日本にとっても馴染み深いメンバーが揃った試合は開始早々に動く。

7分、ボックス左に抜け出したI・アルハマディのループシュートがクロスバーを叩くと、この跳ね返りにいち早く反応したマブフートが頭で押し込み、UAEが先制に成功した。

早い時間帯のリードで勢いづくUAEに対してタイはチャナティップの果敢な仕掛けを起点に反撃を試みるが、なかなか敵陣深い位置でのシュートチャンスを作れない。すると、30分には空中戦の競り合いで頭部を打ったチャヌオンシーがプレー続行不可能となり担架でピッチを後に。急遽、クルケーウの投入を余儀なくされる。

それでも、粘り強い戦いを続けるタイはJリーグ経験者のホットライン開通で同点に追いつく。42分、相手陣内中央でルーズボールを奪ってカウンターに転じると、チャナティップの絶妙な浮き球スルーパスにティーラシンが反応。自身はフィニッシュまで持ち込めなかったものの、このこぼれ球を拾ったチティパン・プンチャーンが泥臭く押し込み、前半のうちに試合を振り出しに戻した。

迎えた後半はUAEがマブフート、タイがチャナティップと前線の個の力を武器に相手ゴールに迫っていくが、共に最後の局面で高い集中力を発揮する守備陣を崩し切るまでには至らず。試合は徐々にこう着状態に陥っていく。

後半半ばを過ぎて選手交代をキッカケに流れを変えたい両者だったが、ドローでも決勝トーナメント進出が濃厚という事情から互いにリスクを冒すまでには至らず。試合終盤はややUAEが攻め気を見せたものの、試合はこのまま1-1でタイムアップ。

また、同時刻開催となった2位のインド(勝ち点3)と、最下位のバーレーン(勝ち点1)の一戦は、バーレーンが1-0で勝利した。

共に自力での決勝トーナメント進出が可能な状況とあってがっぷり四つの攻防を序盤から繰り広げたが、互いに最後の精度を欠きゴールレスのまま試合は最終盤へ。

すると、逆転突破には勝利が必須のバーレーンが決死の猛攻を仕掛けていくと、土壇場の90分にPKを獲得。これをキッカーのジャマル・ラシードが豪快に中央へ蹴り込み、先制に成功。そして、このゴールを守り切ったバーレーンが1-0で勝利した。

なお、グループA最終節の結果を受けて勝ち点5を積み上げた開催国UAEの首位通過が決定し、UAEは決勝トーナメント1回戦でグループC、D、Eの3位通過チームのいずれかと対戦する。また、タイとバーレーンは共に勝ち点4で並んだものの、当該成績で上回るタイの2位通過が決定。そのタイは決勝トーナメント1回戦でグループCの2位通過チームと対戦する。

さらに勝ち点4を挙げた3位のバーレーンも各グループ3位の上位4チーム以内に入ることが確定しており、前述の2チームと共に決勝トーナメント行きが決定した。
コメント
関連ニュース
thumb

発展途上のチームにとってはマイナスではない勝ち方/日本代表コラム

アジアでの戦いでここまで相手にボールを持たれたことはあっただろうか。21日に行われたアジアカップ ラウンド16のサウジアラビア代表戦、日本代表は1-0で勝利し、ベスト8に駒を進めた。 負ければ即大会が終了するノックアウトステージに突入。初戦は、アジアの中でも強敵であるサウジアラビアとなった。ここ数年で再び力をつけ、ロシア・ワールドカップにも出場。グループステージでの敗退となったが、エジプト代表に勝利していた。 フアン・アントニオ・ピッツィ監督の下、ポゼッションサッカーを確立してきたサウジアラビアは、日本を相手にもしっかりと自分たちのスタイルを出してきた。試合を通してのサウジアラビアのポゼッションは76.3%。後半は80%を超えており、日本は防戦一方だった。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆拙攻にも助けられた前半</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190123_14_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 試合は立ち上がりからボールを握るサウジアラビアに対し、日本は前線からしっかりと守備を構築。ポゼッションをされ、ボールを運ばれるシーンは多かったものの、アタッキングサードでの相手の稚拙な攻撃にも助けられ、失点をしないまま時間が経過して行く。 1トップに入ったアル・ムワラッドに対しても、DF冨安健洋(シント=トロイデン)が競り負けることなくケア。DF吉田麻也(サウサンプトン)との連携も向上し、危なげなく守っていた。 一方の攻撃は、1トップに入ったFW武藤嘉紀(ニューカッスル)にボールを入る機会が少なく、MF南野拓実(ザルツブルク)やMF堂安律(フローニンヘン)とのコンビネーションも、改善は見られたが、良い形は作れていなかった。 それでも20分、CKを獲得すると、MF柴崎岳(ヘタフェ)の絶妙なクロスを、冨安がヘディングで合わせてゴール。冨安の代表初ゴールで、日本が先制した。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆カギを握った先制点</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190123_14_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 立ち上がりからサウジアラビアは、先制点を目指して攻勢をかけていた。押し込む時間はあり、セットプレーも何度か獲得していただけに、自分たちが主導権を握っていたはず。しかし、日本の先制により、状況が一変した。 サウジアラビアは継続してポゼッションを高め、日本陣内でのプレー時間が長くなる。しかし、アタッキングサードでの精度は低く、日本ゴールに迫るシーンは多くなかった。 とりわけ、日本の最終ラインもDF酒井宏樹(マルセイユ)、DF長友佑都(インテル)を含めて集中を見せていた。サウジアラビアの揺さぶりにも大きく振られることはなく、前半は危なげなく戦えていただろう。 森保一監督も「少し守る時間が長かったですが、逆に粘り強く戦うというオプションができたとポジティブに考えたいと思います」と試合後にコメント。オプションと言うと少しポジティブすぎる気もするが、この展開で無失点に抑えられたことは大きい。 後半に入っても、サウジアラビアは立ち上がりからポゼッションを高めて行く。しかし、日本は最後まで大きく崩されたシーンは少なかった。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆したたかな勝ち方はマイナスではない</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190123_14_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ポゼッションされてしまったという点では、数字で見ても大きな差があり、日本の試合ではなかなか見られるものではなかった。しかし、そんな中でも無失点に抑え、90分で勝ち切ったことは、今のチーム状態を考えてもプラスだろう。 ポゼッションすれば勝てるのであれば話は変わってくるが、こういった展開の試合を勝ち切ったことは、経験値という点でも得たものは大きいはずだ。 3年後のカタール・ワールドカップまでには、6月のコパ・アメリカもあり、その後のアジア予選もある。世界との差を詰めるという課題はありながらも、何よりもアジアを勝ち抜かないことには、世界の舞台にすら立てない。 その中で、経験値の少ない選手たちを中心としたチームがしたたかに勝ち切ったことは、この先の決勝までの道のりを考えてもプラスだ。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆防戦を打開する追加点は課題</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190123_14_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> とは言え、サウジアラビア戦のような展開では、1点差は危険だ。どんな形でも、1点が入る可能性は少なくない。PKを取られる可能性もある。クロスやシュートがオウンゴールに繋がることもある。ブロックに入っていても、ディフレクトしてコースが変わることだって考えられる。 今大会の日本は、効果的な追加点を奪うことができていない。それは、1トップの一番手である大迫勇也(ブレーメン)が負傷で居ないことも少なからず影響しているだろう。しかし、どんな状況でもゴールを奪わなければ勝てないのは一緒だ。 サウジアラビア戦はあまりにもボールを持たせてしまったことは事実。そのため、攻撃陣が形を作ることさえできなかったことも事実だ。ポゼッションの数字というよりは、その局面を打開しきれなかったことを課題とすべきだろう。 カウンターのチャンスでは、MF原口元気(ハノーファー)のロングフィードをフリーで受けた武藤に通ったが、コントロールできずにシュートを打てなかった。 右サイドに途中から入ったMF伊東純也(柏レイソル)も、チャンスと思われるシーンがあったがファウルの判定で立ち消えに。少ないながらも得点のチャンスを作れて居た瞬間はあっただけに、次同じ展開となれば2点目、3点目の奪い方を準備しておきたい。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆発展途上のチームなりの戦い方</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190123_14_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ロシア・ワールドカップでベスト16まで勝ち進んだ日本だが、現在の日本代表は活動開始から5カ月目。メンバーも大きく変わり、国際大会での経験が少ない選手が多い。言わば発展途上のチームだ。 アジアの中では力があるとはいえ、特有の雰囲気や日本に対する相手国の出方など、初めて感じる選手も多いはず。メンバーの多くが初めてのアジアカップ出場であり、A代表の経験すら少ない選手が多い。 そんな中で、内容として満足するものはなくとも、ここまで4連勝。優勝まではあと3つという状況だ。課題を毎試合見つけ、次の試合までに改善する。その繰り返しをすることで、チームは成長し、力をつけていくもの。優勝という目標もさることながら、多くの試合を経験するというのも、今のチームには必要なことだ。 この4試合を見ても、冨安の成長は目覚しい。一方で、南野、堂安、北川、伊東などは結果を残せて居ないだけに、悔しいものを胸に抱えているはずだ。その力が結果として残ったとき、チーム、そして個人として、1つステージを上げることができるはずだ。 次はベトナム代表との対戦。これまでの4カ国とは、また大きくスタイルが異なるチームだ。試合数が増え、日程と移動を考慮すれば、選手たちの疲労もケアしていきたいところ。「総合力」で頂点に立つための準備に期待したい。 《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》 2019.01.23 14:09 Wed
twitterfacebook
thumb

アラウィの直接FK弾で逃げ切ったカタールが8強に駒を進める!《AFCアジアカップ2019》

AFCアジアカップUAE 2019決勝トーナメント・ラウンド16のカタール代表vsイラク代表が22日に行われ、1-0でカタールが勝利した。 グループEを3連勝で首位通過したカタールと、グループDを2位で通過したイラクの一戦。立ち上がりからボールを保持したカタールは4分に決定機。左サイドで獲得したFKからクロスを供給すると、ファーサイドのブアーラームがダイレクトで折り返したボールをアブデルカリム・ハッサンが右足で合わせたが、これはクロスバーを直撃した。 対するイラクは、23分にチャンス。自陣でコントロールミスを冒したアクラム・アフィフからボールを奪ったアリ・カディムがドリブルでボックス右から侵入。しかし、コントロールが大きくなったボールは飛び出したGKアル・シーブのセーブに防がれた。 膠着状態が続く中、カタールは前半アデショナルタイム4分にアフィフの左CKからゴール前のバサム・アラウィがヘディングシュートを合わせたが、これはゴール右に外れた。 ゴールレスで迎えた後半も立ち上がりから一進一退の攻防が続いたが、カタールは62分にセットプレーから試合を動かす。バイタルエリア左から仕掛けたアフィフが倒されFKを獲得すると、バサム・アラウィの直接FKがゴール左に突き刺さった。 先制に成功したカタールは68分にも、アフィフのスルーパスでゴールエリア左付近まで抜け出したハッサンが決定機を迎えたが、シュートはGKジャラル・ハッサンに阻まれた。 試合終盤にかけてイラクの猛攻を受けたカタールだが、バサム・アラウィの決勝ゴールを守り切り1-0で勝利。この結果、カタールが韓国の待つ準々決勝に駒を進めた。 2019.01.23 02:57 Wed
twitterfacebook
thumb

途中出場キム・ジンスの決勝弾でバーレーンを下した韓国がベスト8進出!《AFCアジアカップ2019》

AFCアジアカップUAE 2019決勝トーナメント・ラウンド16の韓国代表vsバーレーン代表が22日に行われ、2-1で韓国が勝利した。 グループCを首位通過した韓国とグループAを3位で通過したバーレーンの一戦。16日に行われた中国代表戦を2-0で勝利し、グループ3連勝を飾った韓国は、バーレーン戦に向けて先発2人を変更。GKにキム・スンギュ、最終ラインはイ・ヨン、キム・ミンジェ、キム・ヨングォン、ホン・チョル。中盤はファン・インボム、チョン・ウヨンの2センターに2列目はファン・ヒチャン、ソン・フンミン、イ・チョンヨン、最前線にファン・ウィジョが入った。 一方、15日に行われたインド代表を1-0で勝利したのバーレーンは、その試合からアフメド・ジュマに代えてマルフーンを先発、それ以外はインド戦と同じ先発メンバーで試合に臨んだ。 試合はバーレーンが立ち上がりから積極的な入りを見せると4分、GKサイード・アラウィのロングフィードを前線で繋ぐとマルフーンが強烈なミドルシュートを放ったが、これはゴール右に外れた。 一方、高いポゼッションでバーレーン陣内に攻め込む韓国だが、集中した守りを見せるバーレーンを前になかなかシュートは打たせてもらえない。32分には、バイタルエリアでボールを受けたソン・フンミンのスルーパスからファン・ウィジョがゴール前に迫ったが、これは飛び出したGKがボールをキャッチした。 それでも韓国は43分、ソン・フンミンのサイドチェンジをボックス右横で受けたイ・ヨンがダイレクトで折り返すと、飛び出したGKの弾いたボールをゴール前のファン・ヒチャンが流し込み、待望の先制点を奪った。 迎えた後半は1点をリードする韓国が立ち上がりから主導権を握ると55分、ペナルティアーク手前でファン・ヒチャンが倒されFKを獲得。チョン・ウヨンはジャンプした壁の下を狙ったが、これは相手DFに当たりゴール左に外れた。 1点を追うバーレーンは70分、左CKのこぼれ球をボックス手前で拾ったジャマル・ラシードがコントロールショットで狙ったが、これはGKキム・スンギュのファインセーブに阻まれた。 すると、バーレーンは77分にも決定機。サイード・ジヤがバイタルエリアからロングシュートを狙うと、ゴール前でボールを収めたアル・フマイダンが反転から素早くシュート。これはホン・チョルにゴールライン手前でブロックされるも、こぼれ球をアリ・ロマイヒが押し込んだ。 同点に追いつかれた韓国だが、後半アデショナルタイムに決定機。49分、ロングフィードを対応したワリード・アル・ハヤムのバックパスを奪ったファン・ウィジョがボックス左からシュートを放ったが、これはゴール右に外れた。結局、試合は1-1のまま延長戦に突入した。 迎えた延長前半、韓国は96分にホン・チョルを下げてキム・ジンスを投入し4枚目の交代カードを切る。対するバーレーンは、102分に足を負傷したGKサイード・アラウィに代えて、A代表初出場となるGKファルダンをピッチに送り出した。 すると韓国は、延長前半アデショナルタイムに決定機。107分、右サイドをドリブルで突破したイ・ヨンのクロスをファーサイドで待っていたキム・ジンスがダイビングヘッドでゴール右に突き刺し、勝ち越しに成功。 結局、このゴールが決勝点となり2-1で勝利した韓国が準々決勝に進出を決めた。なお、韓国は準々決勝で同日に行われるカタール代表vsイラク代表の勝者と対戦する。 2019.01.23 00:40 Wed
twitterfacebook
thumb

南野拓実に55万円の罰金命令 AFCがアジアカップGS対象の処分発表

アジアサッカー連盟(AFC)は22日、UAEで開催されているAFCアジアカップ2019グループステージで警告や退場を受けた各選手の処分を発表した。 日本代表FW南野拓実は13日に行われたグループF第2節のオマーン代表戦(1-0で日本代表が勝利)で警告を受けた。これにより、AFCから5000USドル(約55万円)の罰金処分が下っている。 今回の罰金最高額は北朝鮮代表の計1万3000USドル(約143万円)。2名の退場者や、1試合で6度の警告を受ける荒れ試合を演じたことで、北朝鮮サッカー協会にも罰金処分が決定した。 2019.01.22 18:55 Tue
twitterfacebook
thumb

【アンケート結果】薄氷勝利のサウジ戦 ユーザーも日本の若きCBを最高点に

超WS有料版で実施した21日に行われたAFCアジアカップ2019決勝トーナメント1回戦のサウジアラビア代表戦におけるユーザー採点アンケート結果を発表します。 現状のベストメンバーをサウジアラビア代表戦にぶつけた森保ジャパンだが、キックオフからポゼッションで圧倒されたが、20分にセットプレーからDF冨安健洋の代表初ゴールで先制。その後も守勢に回ったが、チーム全体で守り抜き、2大会ぶりのベスト8進出に駒を進めた。 最高点はゴールだけでなく、肝心の守備面でも光った冨安の「7.1」。最低は負傷欠場のFW大迫勇也に代わる1トップとして活躍が期待されながら不発に終わったFW武藤嘉紀の「4.3」だった。また、声は一発勝負の戦いということもあり、結果に安堵する内容が多数を占めた。 ◆サウジアラビア戦のユーザー採点結果 GK 権田修一 5.6 DF 酒井宏樹 5.5 冨安健洋 7.1 吉田麻也 6.2 長友佑都 5.5 MF 遠藤航 6.6 柴崎岳 5.4 堂安律 5.1 →塩谷司 - 南野拓実 4.4 →伊東純也 - 原口元気 5.4 FW 武藤嘉紀 4.3 →北川航也 - 監督 森保一 5.5 ◆皆様の声(一部) ・あと3つ。走れ! ・内容より結果が全て ・無失点勝利で言うことなし ・結局、大迫待ち ・準々決勝は圧勝してほしい ・もう少し攻撃的に ・勝ったことは素晴らしい! 2019.01.22 15:20 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース