アトレティコ、最終ラインに再び負傷者…サビッチが最低1カ月の離脱へ2019.01.15 02:22 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アトレティコ・マドリーは14日、前日に行われたリーガエスパニョーラ第19節のレバンテ戦で負傷交代したモンテネグロ代表DFステファン・サビッチが左足ハムストリングにグレード2の損傷を負ったことを発表した。アトレティコは リーグ15試合負けのない2位アトレティコ(勝ち点35)はホーム開催となったレバンテ戦をFWアントワーヌ・グリーズマンのPKによるゴールで1-0の勝利を収め、2019年のリーガ初白星を手にした。

しかし、同試合の立ち上がり9分には左足を痛めたサビッチがプレー続行不可能となり、DFホセ・ヒメネスとの負傷交代を強いられていた。

アトレティコはサビッチの離脱期間に関して言及していないものの、通常このケガでは完治に最低1カ月ほどを要する。そのため、サビッチは2月20日に行われるユベントスとのチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16初戦にギリギリ間に合うかどうかといったところだ。
コメント
関連ニュース
thumb

アトレティコ、コケ負傷を発表 全治1〜2週間か

アトレティコ・マドリーは22日、スペイン代表MFコケの負傷を発表した。 コケは19日に敵地で行われたリーガエスパニョーラ第20節のウエスカ戦(3-0でアトレティコが勝利)で1得点を記録。だが、72分に負傷交代した。 コケは検査を受けた結果、グレード1の右ハムストリング損傷が判明。スペイン『ムンド・デポルティボ』によれば、全治は1〜2週間だという。 アトレティコは次戦、27日に行われるリーガエスパニョーラ第21節でヘタフェをホームに迎え撃つ。 2019.01.22 19:45 Tue
twitterfacebook
thumb

「複数年延長しアトレティコで引退したい」退団噂のF・ルイスが母国メディアに吐露

ブラジル代表DFフィリペ・ルイス(33)は、契約を複数年延長し、アトレティコで引退することを望んでいるようだ。ブラジル『グローボ・エスポルチ』が伝えている。 2010年7月にデポルティボからアトレティコに加入したフィリペ・ルイス。2014-15シーズンにチェルシーへ完全移籍を果たしたが、1年で復帰し、これまで約8年間もアトレティコでプレーし続けている。 しかし、フィリペ・ルイスとアトレティコの契約は、今シーズン終了時まで。未だ契約延長の進展はなく、昨夏にパリ・サンジェルマン(PSG)への移籍を希望するも実現しなかったことや、フランス代表DFリュカ・エルナンデスの台頭による出場機会の減少から、引き続き退団の可能性が取り沙汰されている。 そんな中、フェリペ・ルイスは母国メディアでのインタビューに応じ、去就について言及。クラブ側との関係悪化も伝えられているフェリペ・ルイスだが、もう数年アトレティコでプレーし、引退することが理想であると明かした。 「チェルシーから復帰した時、僕はアトレティコで引退することを考えていたんだ」 「その時の僕は30歳。そして、33、34歳でその契約を終えることになる」 「契約を2年、もしくは3年間延長する。そしてアトレティコでプレーし続ける。それが僕にとってパーフェクトなんだ。ただ、フットボールでは物事が変わるということは理解しているし、30歳以上の選手には1年ずつしか契約を延長しないというアトレティコのルールも分かっている。ニコラ・カリニッチは30歳で3年契約、ディエゴ・ゴディンも32歳で3年間の契約を延長したけどね」 「彼らは移籍市場の終わりに契約を更新することを約束してくれた。アトレティコが2、3年間の契約延長オファーを提示してくれることを望んでいる。そうすれば僕はここでキャリアを終えることができるんだ。ただ、それはクラブ次第さ」 「(他クラブからの関心について)ドアを閉めるつもりはないよ。ただ、僕は14年間ここに住んでいたんだ。優先順位は、ヨーロッパの方が高いね」 2019.01.22 15:15 Tue
twitterfacebook
thumb

引く手数多のシメオネ、アトレティコと契約延長で合意か

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督が、クラブとの契約延長で合意に達したようだ。スペイン『アス』が報じた。 シメオネ監督は、マンチェスター・ユナイテッドやインテルなど、他クラブが新監督候補として常にリストアップする名将。アトレティコとの契約は2020年までとなっており、その興味が強くなっていたが、どうやらアトレティコで指揮を執り続けることになるようだ。 『アス』によると、シメオネ監督とアトレティコは、2021年までの契約で合意に達したとのこと。2011-12シーズンの途中から指揮を執り、チームをタイトル争いに定着させたシメオネ体制はまだ続くことになりそうだ。 今シーズンのアトレティコは、首位のバルセロナを5ポイント差で追う2位。第3節のセルタ戦(0-2)で敗れて以来、リーグ戦17戦無敗を継続している。 2019.01.22 10:07 Tue
twitterfacebook
thumb

イグアインのチェルシー移籍、22日に完了か

ミランに所属するアルゼンチン代表FWゴンザロ・イグアイン(31)のチェルシー移籍は22日にも実現しそうだ。 今冬のチェルシー移籍報道が取り巻くイグアイン。保有権を持つユベントスとチェルシーの間で1年間の期間延長オプションが付随した半年間のレンタル移籍で合意に達しているとみられる。 その中、イグアインは21日に敵地で行われるセリエA第20節のジェノア戦でメンバー外に。ミランを率いるジェンナーロ・ガットゥーゾ監督も「彼の決断を受け入れる」と話しており、もはや移籍濃厚だ。 そして、イギリス『エクスプレス』が21日付けで報じたところによれば、イグアインは22日にもロンドンに到着予定。そこで、契約書にサインを済ませ、晴れてチェルシーの一員になる見込みだという。 これにより、スペイン代表FWアルバロ・モラタ(26)がチェルシーからアトレティコ・マドリーへ。ミランもジェノアからポーランド代表FWクシシュトフ・ピョンテク(23)の加入が決まる模様だ。 2019.01.21 14:00 Mon
twitterfacebook
thumb

コケ、わずか27歳でアトレティコ400試合出場を達成…「ここであと400試合に出られたら」

アトレティコ・マドリーMFコケが、19日のリーガ・エスパニョーラ第20節、アウェーでのウエスカ戦(3&minus;0)で同クラブでの400試合出場を達成した。<br><br>アトレティコの下部組織出身コケは、2009年9月20日のバルセロナ戦で、17歳8カ月という若さでトップチームデビュー。それからすぐに定位置を手にして、バルセロナなどの名だたるクラブからのオファーに目もくれず、アトレティコ一筋でプレーし続けてきた。<br><br>そして今月8日に27歳となったコケは、ウエスカ戦で400試合目の出場を達成。同試合ではDFリュカ・エルナンデスの先制点をアシストし、さらにはチーム3点目も記録するなど、自ら祝砲を上げている。<br><br>チームの最高走行距離を記録することを常とする働き者のファンタジスタはウエスカ戦後、400試合出場について次のような感想を述べている。<br><br>「最も重要なのは、アウェーで再び勝てたことだ。自分の人生のクラブで400試合に出場できて幸せだし、あと400試合に出られたら。僕たちは何としてでも勝たなくてはいけなったし、素晴らしい試合を演じられた」<br><br>アトレティコで400試合以上に出場した選手は、これまで6選手存在する。最多出場記録はアデラルド・ロドリゲス氏が保持する550試合だが、コケは数シーズン以内に塗り替えることが可能だ。<br><br>「契約は2024年にまで残っているし、僕の考えはここでずっとプレーすることにある。フットボールでは何が起こるかわからないけど、僕の意思は何年もここで続けることにあるんだよ。アトレティコの伝説、アデラルドを超えることだってできるかもしれない。それは、とても難しいことだって分かっているけどね」<br><br><br>提供:goal.com 2019.01.20 23:01 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース