ラムジー、遅かれ早かれユーベ移籍か ロンドンでメディカル通過2019.01.14 21:45 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アーセナルに所属するウェールズ代表MFアーロン・ラムジー(28)にユベントス移籍の可能性が高まっている。

イタリア『トゥットスポルト』によれば、ラムジーはロンドンでユベントスの一部メディカルチェックを通過。これにより、アーセナルとの契約満了となる今シーズン終了後のユベントス入りがほぼ確定した状態だという。

次なる焦点はユベントスにいつ加入するかどうか。アーセナルは売却希望額として2000万ユーロ(約24億7000万円)を要求しているが、今冬の加入を望むユベントス側に同額を支払う意思はない模様だ。

遅かれ早かれ、今シーズン終了後のアーセナル退団が決定的なラムジー。果たして、ユベントスのユニフォームをまとう日はいつになるのか。今後も動向から目が離せない。
コメント
関連ニュース
thumb

アーセナル、チェフ後釜にサンプドリアの若き守護神をリストアップ!

アーセナルがサンプドリアに所属するU-21イタリア代表GKエミール・アウデーロ(22)の獲得に興味を示しているようだ。イタリア『gianlucadimarzio.com』が伝えている。 先日に元チェコ代表GKペトル・チェフ(36)が今シーズン限りでの現役引退を発表したアーセナルでは、現守護神のGKベルント・レノとポジションを争えるセカンドGKの獲得が今夏に向けた課題となっている。 そして、『gianlucadimarzio.com』が伝えるところによれば、現在アーセナルはサンプドリアで活躍するアウデーロの獲得に興味を示しているという。 インドネシア人の父とイタリア人の母を持つアウデーロは、ユベントスの下部組織出身で2015-16シーズンにトップチームに昇格。2016-17シーズンは第3GKとして出番を待ち、2017年5月のボローニャ戦でプロデビューを飾っていた。 その後、昨季はセリエBのヴェネツィアへの武者修行を経験し、昨夏にはサンプドリアに買い取りオプション付きのレンタル移籍で加入。ここまでセリエA全試合に出場し、インテルGKサミール・ハンダノビッチの11試合に次ぐリーグ2位の7試合でクリーンシートを記録するなど印象的なパフォーマンスを見せている。 なお、獲得に動く時期に関してはクラブの財政面の影響もあり、今シーズン終了後になる模様だ。 2019.01.23 15:12 Wed
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドが罰金&懲役に合意…退去時には「オール・パーフェクト」 シャビ・アロンソも同日出廷

ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、自身の脱税を認めた。スペイン『マルカ』が報じている。 2011年から2014年にかけての4件の脱税が疑われ、スペイン検察に告発されていたC・ロナウド。総額で1470万ユーロ(約18億3000万円)の肖像権収入を申告しなかったとされており、事前に当人が認めていることも報じられていた。 そして、C・ロナウドは妻のジョージナ・ロドリゲスさんとスペインに赴き、現地22日の朝にマドリッド裁判所に出廷。容疑に関して税務当局と正式に合意に至り、罰金1880万ユーロ(約23億4000万円)と23ヵ月間の懲役刑が科されることとなった。とはいえ、スペインの法律では初犯で2年以内の懲役であれば収監を免れることが可能だ。 また、『マルカ』によるとC・ロナウドは裁判所を出入りする際に裏口の使用を求めていたが、これは却下に。そのため、メディア陣の集まった正面玄関を通らざるを得なくなり、退去時に「大丈夫か? 」と声をかけられた際には「オール・パーフェクト」と返答したという。 さらに、同日には元スペイン代表のシャビ・アロンソ氏も200万ユーロ(約2億5000万円)の脱税容疑で初めて出廷。スペイン検察は、脱税額全額の納税と罰金400万ユーロ(約5億円)、懲役5年を求刑しているが同氏は認めておらず、罪は確定していない。 2019.01.23 14:05 Wed
twitterfacebook
thumb

ダルミアンのユーベ移籍が破談か

マンチェスター・ユナイテッドに所属するイタリア代表DFマッテオ・ダルミアン(29)の母国復帰は実現しないようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 2015年にトリノからユナイテッドに移籍したダルミアンは、加入初年度はコンスタントに出場機会を得られていたものの、年々その数を減らし、今季はここまでリーグ戦5試合とFAカップ1試合の出場にとどまっている。 不遇の時を過ごすイタリア代表を巡って、母国のビッグクラブが関心を寄せていた。先日に『カルチョメルカート』を始めとするイタリア各紙が、ユベントスが買い取りオプション付きでダルミアン獲得に合意したと報じ、その具体的な移籍金も伝えられていた。 ところが、今回の報道により、イタリアの有力ジャーナリストのジャンルカ・ディ・マルツィオ氏の情報をもとに、この移籍が破談となったことがわかった。既報ではユベントスが300万から400万ユーロのレンタル料と、およそ800万ユーロの買取りオプションが付いた契約でユナイテッドと合意に達していたものの、ここにきてユナイテッド側がレンタル料に600万ユーロ(約7億5000万円)を要求したことから、ビアンコネッロは手を引いたようだ。 また、同じようにダルミアンに関心を寄せていたとされるインテルもこの額を用意する意思はないという。 2019.01.23 13:47 Wed
twitterfacebook
thumb

元マドリー指揮官がベイルにアドバイス「CR7をコピーするべき」

ウェールズ人指揮官のジョン・トシャック氏が、レアル・マドリーに所属するウェールズ代表MFガレス・ベイルに見習うべき存在が居ると語っている。イギリス『アス』が伝えた。 現役時代にリバプールやウェールズ代表で活躍したトシェック氏は、1978年からプレイングマネージャーとしてスウォンジー・シティで監督キャリアをスタート。その後、数々のクラブを渡り歩き、マドリーとウェールズ代表を二度ずつ指揮している。 様々な選手を見極め続けてきたトシェック氏は、母国の現エースに以下のようなアドバイスを送っている。 「クリスティアーノ(・ロナウド)はウィンガーとしてプレーし、他の人々のために目標を設定し、得点を記録する」 「ガレス(・ベイル)が歴代でも最高の選手の1人であるということは間違いない。彼がそこに居続けたいと望むのならば、クリスティアーノがやることにトライしてコピーするべきだ」 「彼が獲得してきたものを目にすれば、もし不運な負傷さえなければどれだけのものを手に入れていたか疑問を抱かせられる」 なお、2013年からマドリーに所属するベイルはこれまでの公式戦通算で212試合98ゴール63アシストと決して地味ではない数字を記録。しかし、目標に挙げられているC・ロナウド(現ユベントス)は2009年から2018年までの在籍期間中に公式戦通算438試合450ゴール131アシストと途方もない成績を残している。 2019.01.22 18:50 Tue
twitterfacebook
thumb

アッレグリ、CR7のPK失敗で笑いを誘う 「彼は朝練でも…」

ユベントスを率いるマッシミリアーノ・アッレグリ監督がポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドのPK失敗に言及した。イタリア『カルチョメルカート』が報じた。 セリエA開幕20戦無敗で首位に立つユベントスは21日に本拠地で行われた第20節でキエーボと対戦。3-0の勝利を収め、勝ち点を「56」に伸ばした。 ただ、先発したC・ロナウドは、この試合の後半に到来したPKの機会を不意に…。アッレグリ監督は試合後、そのC・ロナウドについて、冗談を交えながら次のように触れた。 「私はPKの場面を見ない主義。だが、彼は今朝のトレーニングでも同じような形でPKを外していたよ」 なお、今シーズンからユベントスでプレーするC・ロナウドは過去のセリエAで4回のPK機会を全て成功。今回のPK失敗は初となる。 2019.01.22 18:00 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース