アンリ監督&セスクと再会へ…バチュアイ、モナコへのレンタルが合意間近に2019.01.14 09:15 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バレンシアに所属するベルギー代表FWミッチー・バチュアイ(25)のモナコ移籍が間近に迫っているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

バチュアイは2018年8月にチェルシーからレンタルでバレンシアに加入した。しかし、ここまで公式戦23試合3ゴールと結果を出せず放出の噂が浮上。最近ではバレンシアのゼネラルマネージャー(GM)を務めるマテウ・アレマニー氏も同選手が他クラブと交渉中であることを明かし、退団は決定的とみられていた。

そんな中、『スカイ・スポーツ』はバチュアイがモナコへのレンタル移籍で合意寸前であると報道。実現すればバチュアイはマルセイユに在籍していた2016年以来のリーグ・アン復帰となる。

モナコには最近チェルシーから元スペイン代表MFセスク・ファブレガスが加入。チームは元ベルギー代表のアシスタントコーチであるティエリ・アンリ監督が率いており、バチュアイをよく知る監督の下で再び輝けるか注目だ。
コメント
関連ニュース
thumb

モナコがヴァシリエフ副会長を解任! 今季の成績&財政不振の責任負う

モナコは14日、ヴァディム・ヴァシリエフ副会長兼ゼネラル・マネージャー(53)を解任したことを発表した。 2013年にオーナーのドミトリー・リボロフレフ氏の誘いを受けてモナコの副会長に就任したヴァシリエフ氏は、レオナルド・ジャルディム監督の招へいや世界最高の代理人、ジョルジュ・メンデス氏のサポートを受けてFWラダメル・ファルカオらワールドクラスのタレントの獲得。また、クラブが育成路線にシフトした中、多くの有望なタレント獲得と高額な移籍金での売却というサイクル構築の礎を築き、2016-17シーズンには17年ぶりのリーグ制覇の立役者の1人となった。 しかし、今季はMFトマ・レマル、MFファビーニョらの後釜として獲得した新戦力の不振やジャルディム監督の解任、ティエリ・アンリ監督の招へい後に解任。ジャルディム監督の再登板と多くの混乱を招き、チームはリーグ戦24試合を終えた段階で降格圏と1ポイント差の18位に低迷している。 そして、クラブは成績不振と財政不振を受けてヴァシリエフ氏の解任に踏み切った。なお、後任人事に関しては今月22日に行われる理事会で候補者の選定を行う予定だ。 2019.02.15 02:38 Fri
twitterfacebook
thumb

セスク移籍後初ゴールでモナコがリーグ7試合ぶり勝利! 今季ホーム初勝利に指揮官は「怖かった」

モナコは2日、リーグ・アン第23節でトゥールーズと対戦し、2-1で勝利した。リーグ戦7試合ぶりの勝利に、指揮官のレオナルド・ジャルディム監督は奮闘した選手たちを称えている。 日本代表DF昌子源がフル出場したモナコvsトゥールーズ。モナコは15分にMFアレクサンダー・ゴロビンのカウンターからのゴールで先制すると同点で迎えた62分に、今冬に加入したMFセスク・ファブレガスに移籍後初ゴールが生まれ、これが決勝点となり白星を挙げた。 先月25日に、前任のティエリ・アンリ監督に代わって昨年10月ぶりに再就任したジャルディム監督は就任2戦目での勝利に胸をなでおろした。フランス『レキップ』が試合後コメントを紹介している。 「選手たちを祝福したい。彼らは団結してコンパクトに戦った。長いことホームで勝てていなかったから選手たちは嬉しかったことだろう」 「ラスト数分間は難しかった。過去を忘れろと言っても、我々は人間だ。ホームで勝てていなかったことを思い出してしまう。それが恐怖を与えていたよ」 2019.02.03 14:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ティーレマンスとアドリエン・シウバのレンタルでのトレードが成立!

レスター・シティは1月31日、モナコに所属するベルギー代表MFユーリ・ティーレマンス(21)を今季終了までのレンタルで獲得したことを発表した。一方でレスターのポルトガル代表MFアドリエン・シウバ(29)が同じく今季終了までのレンタルでモナコに移籍することが発表されている。 アンデルレヒト下部組織出身のティーレマンスは、2013年に16歳という若さでプロデビュー。正確なパスに加え強烈なシュートが持ち味の同選手は、”スナイデル2世”とも評されており、2017年にモナコに引き抜かれると、今シーズンは低迷するチームでここまで公式戦30試合5ゴールを記録している。 また、トレード要員となったレスターのアドリエン・シウバは2017年8月にスポルティング・リスボンからレスターへ加入。しかし、移籍手続きが14秒遅れたために、6カ月プレーできず。今シーズンはここまでリーグ戦2試合に出場していたが、第7節以降はベンチ外が続いていた。それでもモナコのレオナルド・ジャルディム新監督は、ポルトガル代表MFを高評価したようだ。 2019.02.01 05:11 Fri
twitterfacebook
thumb

再建図るモナコ、トッテナムからエンクドゥをレンタルで獲得

モナコは1月31日、トッテナムのフランス人FWジョルジュ=ケヴィン・エンクドゥ(23)を今季終了までのレンタルで獲得したことを発表した。 パリ・サンジェルマンの下部組織に在籍していた経歴を持つエンクドゥは、U-17からU-21までアンダー世代のフランス代表に選出されていたウインガー。2016年夏にマルセイユからトッテナムに完全移籍で加入したエンクドゥだが、トッテナムでは主力になりきれず、昨年冬にはバーンリーにレンタル移籍。そして、トッテナムに復帰した今季は公式戦3試合の出場に留まっていた。 先日に、ティエリ・アンリ前監督を解任し、レオナルド・ジャルディム氏の再就任を発表したモナコは、今冬の移籍市場でMFセスク・ファブレガス、MFウィリアム・バンクール、DFナウド、FWジェウソン・マルティンス、DFファド・バロ=トゥーレを獲得し、リーグ19位からの巻き返しを図ろうとしている。 2019.02.01 00:07 Fri
twitterfacebook
thumb

ニューカッスル、モナコのイタリア人SBバレッカを買い取りOP付きレンタルで獲得

ニューカッスルは1月31日、モナコのイタリア人DFアントニオ・バレッカ(23)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。『フットボール・イタリア』によれば今季終了後に買い取る際の移籍金は900万ユーロ(約11億2000万円)とのことだ。 トリノの下部組織出身である左サイドバックのバレッカは、チッタデッラやカリアリへのレンタル移籍を経て、2016年夏にトリノに復帰。トリノでは公式戦通算39試合に出場し、今季5年契約でモナコに加入していた。 しかし、モナコではリーグ・アン7試合の出場に留まり、戦力になりきれていなかった。 ニューカッスルではラツィオのベルギー代表DFジョルダン・ルカクの獲得に迫っていたが、メディカルチェックで問題があり破談となっていた。 2019.01.31 23:02 Thu
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース