サラーのしたたかなPK弾でリバプールが辛勝! 公式戦連敗ストップで2019年初白星!《プレミアリーグ》2019.01.13 01:58 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第22節、ブライトン&ホーヴ・アルビオンvsリバプールが12日にアメリカン・エクスプレス・スタジアムで行われ、アウェイのリバプールが1-0で勝利した。2019年初戦となったマンチェスター・シティとの大一番を1-2で落とし今季リーグ戦初黒星を喫した首位のリバプール。さらに、主力を温存したFAカップではウォルバーハンプトンに敗れて今季初めての公式戦連敗となった。

バウンスバックが求められる13位のブライトンとのアウェイゲームに向けてはシティ戦から先発2人を変更。負傷のロブレンに代わってサイドバックの経験はあるものの、センターバックでのプレー経験は直近のウルブス戦が初めてだったファビーニョ、ミルナーに代わってシャキリが起用された。なお、負傷者続出のセンターバックではマティプがベンチに復帰した。

立ち上がりからボールを保持するリバプールだったが、マーレイを前線に残して9人が自陣で堅固な守備ブロックを構築する相手を前になかなか効果的な攻めを見いだせない。9分には左サイドの高い位置に侵入したロバートソンのグラウンダーの高速クロスにマネ、フィルミノと飛び込むが、わずかに合わない。

その後も中盤の低い位置やサイドを起点に相手守備攻略を目指すリバプールだが、中央をきっちり締める相手の守備をなかなかこじ開けられない。27分には右サイドへの流麗な展開からアーノルドが左足で精度の高いインスウィングのクロスを入れるが、シャキリのヘディングシュートはわずかに枠の左へ外れた。

その後も攻めあぐねる状況が続いたリバプールは結局ゴールレスで試合を折り返す。それでも、後半立ち上がりの47分にはマネのスルーパスに抜け出したサラーがボックス左から際どいシュートを放ちいきなり決定機を創出。すると、直後の50分にはボックス左から内に切り込んだサラーが後ろからグロスに手をかけられると、ここでややあっさりと倒れてPKを獲得。これを自らゴール右隅に突き刺して待望の先制点を奪った。

粘り強く守りながらもサラーの“巧さ”にしてやられたホームチームはここからリスクを冒して前に出る。サイドを起点に前線のマーレイにボールを集める中、58分には右サイド深くに侵攻したモントーヤのグラウンダークロスを中央のグロスがシュートするが、これはDFファビーニョのシュートブロックに遭う。さらに右サイドのモントーヤを起点に攻勢を強めていくが、前半同様に最後の場面で精度を欠く。

その後、ノッカール、アンドネを同時投入して前がかるブライトンに対して、リバプールはシャキリを下げてミルナーを送り込み試合を締めにかかる。そのリバプールはカウンターからフィルミノやサラー、マネらに幾度か決定的な場面が訪れるが、この日は対戦相手同様にフィニッシュの精度を欠く。それでも、試合終盤の相手のパワープレーを守備陣が身体を張った守りで凌ぎ切った。

サラーのしたたかなPKで辛勝のリバプールが公式戦の連敗をストップすると共に2019年初白星を手にした。
コメント
関連ニュース
thumb

ジダン監督がマネ獲得をクラブに希望! 昨夏には加入合意報道も

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が、リバプールのセネガル代表FWサディオ・マネ(26)の獲得をクラブ側にリクエストしたようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 先日にジダン監督が再任したマドリーでは、フロレンティーノ・ペレス会長が今夏の補強予算として推定3億ポンド(約441億5000万円)を上回る巨額の費用を準備している模様。 その中でここまではパリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペ、チェルシーのベルギー代表MFエデン・アザール、トッテナムのデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンら前線の選手の獲得の可能性が伝えられているが、ジダン監督はリバプールの背番号10の獲得をクラブ側にリクエストしているようだ。 『フランス・フットボール』が昨夏に伝えたところによれば、マネは昨夏にマドリー移籍に合意していたものの、ジダン監督が退任した影響によって最終的にリバプール残留を選択したという。しかし、ジダン監督が再び獲得を望んだことで、移籍成立の可能性は十分にありそうだ。 ただ、マドリーにとってネックになるのが、昨年11月に2023年までの新契約にサインしたマネの移籍金だ。 ドイツ『Transfermarkt』でのマネの評価額は8500万ユーロ(約106億円)と、近年高騰する移籍市場においては比較的安価な金額となっているが、実際に獲得に動くとなれば、ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョがバルセロナに移籍した際に支払われた1億5000万ユーロ(約187億円)程度の金額が必要になる模様だ。 ただ、今季の公式戦20ゴールという得点力に加えて、攻撃的なポジションであればどこでもプレーできるユーティリティー性と、守備面の貢献度も少なくないマネ獲得のためならば、前述の潤沢な資金を投下してくるはずだ。 2019.03.25 18:51 Mon
twitterfacebook
thumb

元スコットランド代表MFマカリスター氏が路上で襲撃に遭う…リーズやリバプールで活躍

かつてレスター・シティやリーズ・ユナイテッド、リバプールで活躍した元スコットランド代表MFガリー・マカリスター氏(54)が24日にリーズ市内で襲撃事件に遭い、入院を余儀なくされたようだ。イギリス『サン』が伝えている。 『サン』が伝えるところによれば、現在レンジャーズで元同僚のスティーブン・ジェラード監督をチームスタッフとして支えているマカリスター氏は24日、妻と共にかつて在籍したリーズ・ユナイテッドの本拠地があるリーズ市内を訪れた際、町の中心部で襲撃事件に巻き込まれたという。 そして、顔を強かに殴りつけられた同氏は近くの病院に緊急搬送されて唇を10針縫うなどの治療を受けたという。 『サン』が伝える事件の詳細に関しては、同氏が妻のヘイリーさんとタクシー乗り場でタクシーを待っていた際に、何者かの襲撃を受けると罵詈雑言を浴びながら何発もの打撃を顔面に受けたという。また、犯人は警察や周囲の助けが来る前にその場から逃亡を図っており、現時点でその行方はわかっていないとのことだ。 なお、現場に居合わせた匿名の情報提供者によると、犯人はマカリスター氏が元プロフットボーラーだったことを知っており、そのことを理由に犯行に及んだ可能性があるようだ。 現役時代にテクニカルなセントラルMFとして活躍したマカリスター氏は、リーズのリーグ優勝やリバプールのカップ・トレブルなどにも貢献した名選手。現役引退後は古巣コヴェントリーやリーズ、アストン・ビラで短期間ながら監督を務めた経験もある。 2019.03.25 17:21 Mon
twitterfacebook
thumb

クロップ、ついにケイタに見切りか…移籍金20%減での売却を準備

リバプールに所属するギニア代表MFナビ・ケイタ(24)が、今夏に売却される可能性が高くなっているようだ。イギリス『TEAM talk』が伝えている。 昨年の夏にライプツィヒから5200万ポンド(約75億円)の移籍金で加入したN・ケイタ。当時のクラブ史上最高額での移籍となったが、ここまでその移籍金に見合った活躍は見せられていない。 リーグ戦21試合を含め、公式戦27試合に出場しているN・ケイタだが、その成績は1アシストのみ。さすがのユルゲン・クロップ監督も見切りをつけたようで、今夏にわずか1年で売却される可能性が高まってきているという。また、今季のパフォーマンスにより、市場価値も1000万ポンド(約14億5000万円)ほど下がっているようだ。 なお、N・ケイタにはバイエルンやドルトムントが関心を示している模様。 2019.03.25 14:28 Mon
twitterfacebook
thumb

ドイツを侮るなかれ! ビッグマッチに臨むファン・ダイクが警戒

リバプールに所属するオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクが、ドイツ代表との一戦に気を引き締めている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 オランダは24日、ユーロ2020予選グループC第2節でドイツと対戦する。オランダは先日の第1節ベラルーシ代表戦を4-0と快勝しており、勢いそのままに臨むビッグマッチだ。 一方のドイツは、昨年のロシア・ワールドカップ(W杯)ではグループステージで敗退しており、UEFAネーションズリーグでもまさかのグループB降格と不振が続いている。しかし、ファン・ダイクは元世界王者との一戦を前に気を引き締め直した。以下のように語っている。 「現時点で彼らが最高の時期にあるわけではないが、素晴らしい選手を擁していることを忘れてはいけない」 「彼らは個の力のあるハイクオリティーなチームだ。それを捨ておくことは出来ない」 2019.03.24 10:55 Sun
twitterfacebook
thumb

もう帰りたい…リバプールから出向中のカリウスがベシクタシュ退団を希望

ベシクタシュのドイツ人GKロリス・カリウスが、レンタル元のリバプールへの早期帰還を求めているようだ。イギリス『サン』が伝えている。 昨夏からベシクタシュにレンタル移籍しているカリウスだが、どうやら新天地で上手くいっていないようだ。正GKとしてここまで公式戦27試合に出場しているが、最近の試合ではサポーターからブーイングを受け、さらにクラブからの給与未払いが続いていることもあり、カリウスは2年契約を早めてリバプールへ戻りたがっているようだ。 しかし、リバプールにカリウスを戻すつもりはなく、ベシクタシュも新たなGKを探していると伝えられ、同選手にとっては板挟み状態。そのため、ドイツ人GKは次のクラブを探さなければならないと『サン』は指摘している。 2019.03.23 17:00 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース