プレミア再デビューのナスリの恩返しアシストからライスが初ゴール! ハマーズがアーセナルを撃破!《プレミアリーグ》2019.01.12 23:28 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第22節、ウェストハムvsアーセナルのロンドン・ダービーが12日にオリンピックスタジアムで行われ、ホームのウェストハムが1-0で勝利した。10位のウェストハム(勝ち点28)と、5位のアーセナル(勝ち点41)によるロンドン・ダービー。リーグ戦2試合勝利がないウェストハムはこの試合に今冬加入で直近のFAカップのバーミンガム戦でデビューを飾ったナスリを古巣戦でリーグデビューさせた。

一方、新年初戦のフルアム戦を快勝し直近のFAカップのブラックプール戦も快勝したアーセナルは、前節のフルアム戦と同じ先発を起用。前線はオーバメヤン、ラカゼット、イウォビが起用された。

立ち上がりから拮抗した展開が続く中、共にボールを保持した遅攻ではなかなか決定機を作れないが、攻守の切り替えを生かしたショートカウンターからフィニッシュに持ち込んでいく。ウェストハムはノーブル、フェリペ・アンデルソン、アーセナルはラカゼット、グエンドウジがミドルレンジからゴールを狙うが、相手守備陣を脅かすまでには至らず。

前半も半ばを過ぎても試合展開に大きな変化はなし。前半終盤にはボックス左に抜け出したコラシナツに決定機が訪れるも、ここはシュートを打たずに中への折り返しを選択したことが仇となり、相手守備のクリアに阻まれた。

ゴールレスで折り返した試合は後半立ち上がりに動く。48分、ウェストハムのCKの二次攻撃から右サイド深くで仕掛けたF・アンデルソンが折り返す。これはジャカのクリアに遭うも、ボックス右で拾ったナスリの丁寧な落としをライスが冷静にゴール右隅に蹴り込み、19歳の守備的MFのプレミアリーグ初ゴールで先手を奪った。

早い時間帯の先制点で勢いづくウェストハムはナスリのゲームメーク、F・アンデルソンの果敢な仕掛けを軸に完全に試合の流れを掌握。アントニオやオグボンナが2点目のチャンスに絡んでいく。

一方、後半に入って劣勢が続くアーセナルは59分、ムスタフィ、ジャカを下げてトレイラ、ラムジーを同時投入。この2枚替えでシステムを[4-2-3-1]に変更した。

この交代をキッカケに盛り返したアーセナルは63分にボックス左へ抜け出したオーバメヤンに絶好機もここはシュートを枠外に外す。直後の67分にはラムジーのパスに抜け出したイウォビがボックス左角度のないところからシュートを狙うが、これはわずかに枠の右に外れた。

やや相手の勢いに押され始めたホームチームは71分に殊勲のナスリ、アルナウトビッチに代えてスノッドグラス、キャロルを同時投入。さらに中盤のハードワーカー、オビアンを最後のカードとして切り、中盤の強度を上げていく。

試合終盤にかけては攻め手を欠くアーセナルに対してウェストハムのカウンターが幾度も炸裂するが、F・アンデルソンやキャロルが最後の場面で仕留めきれない。後半アディショナルタイムには前線に上がったコシエルニーがネットを揺らすが、ここはクロスを入れたコラシナツがオフサイドとなりゴールは認められず。

結局、試合はこのままタイムアップ。今季プレミア初先発のナスリの恩返しアシストからライスのプレミア初ゴールが生まれたウェストハムがダービーを制して2019年のリーグ初白星を手にした。一方、スコア以上の内容の差で敗れたアーセナルは2019年初黒星と共にトップ4が遠のく痛恨の敗戦となった。
コメント
関連ニュース
thumb

アーセナルがイタリアの逸材バレッラに関心? 23日のユーロ予選にスカウト派遣か

アーセナルがカリアリに所属するイタリア代表MFニコロ・バレッラ(22)の獲得に動き出す可能性があるようだ。イギリス『デイリー・メール』がイタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』を引用して伝えている。 カリアリの下部組織で育ち、2014年にトップチーム昇格を果たしたバレッラは、豊富な運動量とボール奪取能力、テクニックを兼ね備えた期待の逸材だ。今シーズンもここまで公式戦29試合1ゴール2アシストを記録している。今冬の移籍市場ではインテルやナポリ、チェルシーなどからの関心が伝えられていた。 今回伝えられるところによると、そんなバレッラに対して新たにアーセナルが関心。同クラブを率いるウナイ・エメリ監督も今夏の強化に向けた一手として考えており、クラブもバレッラが先制点を奪った23日のユーロ2020予選・グループJ第1節、イタリア代表vsフィンランド代表にもスカウトを送り込んでいたようだ。 同メディアは現在、バレッラの移籍金が3900万ポンド(約56億円)から4300万ポンド(約62億円)と予測しているが、ここ最近の好パフォーマンスから高騰する可能性は十分にあると見解を示している。 2019.03.25 17:05 Mon
twitterfacebook
thumb

アーセナル、テュラム息子の獲得に関心か? フランスで躍動する新進気鋭のアタッカー

アーセナルがギャンガンに所属するフランス人FWマルクス・テュラム(21)の獲得に関心を示しているようだ。フランス『Le 10 Sport』が伝えている。 今夏の移籍市場で個での打開力に長けたドリブラーの獲得を目指すアーセナルでは、リールのコートジボワール代表FWニコラ・ペペ(23)やローマのトルコ代表MFジェンギズ・ウンデル(21)ら逸材レフティの獲得を目指している。 しかし、競合クラブの存在や高騰する移籍金の影響もあってオペレーション実現には相当な努力や運が必要となる。 そのため、前述の2選手に代わる選手の発掘に余念がないアーセナルは、パリ・サンジェルマン監督時代の経験からリーグ・アンに精通しているウナイ・エメリ監督のツテを使って、より獲得が容易な21歳のアタッカー獲得に関心を強めているようだ。 現役時代にパルマやユベントス、バルセロナで活躍した元フランス代表DFのリリアン・テュラム氏を父親に持つマルクスは、190cm近い恵まれた体躯とスピード、テクニックに優れた右利きのアタッカー。 2015年にリーグ・ドゥ(フランス2部)のソショーでプロデビューを飾ると、2017年にはギャンガンに加入。今季は本職の左ウイングとセンターフォワードを主戦場に公式戦29試合に出場し11ゴールを挙げる活躍を見せている。また、フランスの年代別代表チームでは常に主力を担ってきた逸材だ。 なお、アーセナルはマルクス獲得に向けて順調に準備を進めている一方、同選手に対してはドルトムントなどブンデスリーガ勢も熱視線を送っているようだ。 2019.03.25 16:49 Mon
twitterfacebook
thumb

ジャカにとってアーセナルは通過点? 「アーセナルが終着点である必要はない」

アーセナルに所属するスイス代表MFグラニト・ジャカ(26)が同クラブからのステップアップの可能性を示唆した。スイス『Tagblatt』が同選手のコメントを伝えた。 2016年にボルシアMGからアーセナルに加入したジャカは、軽率なファウルやポカが目立つものの、正確且つパワフルな左足のキックを武器にセントラルMFの主力として活躍。 今季もMFルーカス・トレイラやMFマテオ・グエンドウジと逸材MFとのポジション争いを制して公式戦32試合に出場し、4ゴール3アシストの数字を残している。 しかし、チャンピオンズリーグ(CL)でのプレーやより多くのタイトル獲得を目指すジャカは、アーセナルからのステップアップを考慮しているようだ。 現在、スイス代表としてユーロ2020予選に参加しているジャカは地元メディアのインタビューで移籍の可能性を示唆している。 「僕はとても野心的な人間だ。そして、次のステップに進みたい」 「アーセナルが自分にとって終着点である必要はないと思っているよ」 移籍市場における人気は別として、アーセナルが今季もCL出場権獲得を逃す場合、ジャカがクラブを離れる決断をする可能性もあるかもしれない。 2019.03.24 16:45 Sun
twitterfacebook
thumb

アーセナルなど英複数クラブがジェネ獲得を検討か

プレミアリーグの複数クラブが、ヘタフェに所属するトーゴ代表DFジェネ・ダコナム(27)を注視しているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 2017年夏にベルギーのシント=トロイデンからヘタフェに加入したジェネは、180cmに満たないサイズながらも圧倒的な身体能力やスピードを武器に、世界屈指のアタッカー陣との一対一にことごとく勝利。さらに、フィジカル能力に長けた選手にありがちな集中力を欠く無謀なプレーも少なく、チームの組織的な守備にも順応し、リーガエスパニョーラ第28節終了時点でチャンピオンズリーグ(CL)圏内4位に位置するヘタフェの、堅守構築の中心を担っている。 当然、ジェネの能力は高く評価されており、欧州の数々のクラブからの注目を浴びている。しかし、同選手の契約解除金3500万ユーロ(約44億円)がネックになっており、リーガではバルセロナ、レアル・マドリー、アトレティコ・マドリーだけがそれだけの資金力を有しているが、それらのクラブは獲得を考えていない。 しかし、プレミアリーグであればジェネの契約解除金を支払うことが可能だ。『マルカ』によれば、アーセナルを初めエバートン、レスター・シティが同選手の今夏獲得を考えており、ヘタフェにとっては中心選手の引き抜きに怯える憂鬱なプレシーズンとなるかもしれない。 2019.03.24 13:45 Sun
twitterfacebook
thumb

リヒトシュタイナーがアーセナル退団を示唆「レギュラーでプレーしたい」

アーセナルのスイス代表DFシュテファン・リヒトシュタイナー(35)が今シーズン限りでの退団を示唆している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 昨夏にユベントスからフリーで加入したリヒトシュタイナーは、今季はここまで公式戦21試合に出場している。35歳という年齢から出場機会が限られることは予想できたことだが、スイス代表DFは2020年のユーロに出場するためレギュラーでプレーすることを望んでいる。 契約は今季限りとなっているが、伝えられるところによると、すでに契約延長に向けた会談は始まっているとのこと。しかし、リヒトシュタイナーは時間をかけて将来の正しい選択をしたいと語る。 「これには時間が必要だね。35歳という年齢でトップクラブでプレーしているのはそれだけで十分なことだ。交渉は始まっている。両者が納得のいく結果を探さなければならない」 「アーセナルはビッグクラブだ。大きな幸せを感じているよ。だけど僕はもっとプレーしたい。ユーロに出るためにね」 「今季は良いシーズンだ。だけど、もし監督が僕を必要じゃないと言うのなら、将来のことを改めて考えなければならない」 2019.03.23 17:30 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース