FC東京が新体制発表前にタイ人、ブラジル人の外国人2選手を補強!2019.01.12 12:23 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
FC東京は11日、バンコク・ユナイテッドFCからU-23タイ代表FWナッタウット・スクム(21)、CAヴォトゥポランゲンセからブラジル人MFアルトゥール シルバ(23)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。共に期限付き移籍期間は2019年2月1日から2020年1月1日までとなる。ナッタウットは、U-21、U-23タイ代表の選手。昨シーズンはトヨタ・タイリーグで3試合に出場していた。

アルトゥール・シルバは、サン・ジョゼやAAインテルナシオナル・ベベドウロ、CAヴォトゥポランゲンセなどブラジル国内のクラブでプレーしていた。両選手はクラブを通じてコメントしている。

◆FWナッタウット・スクム
「東京へ加入できることに、とてもワクワクしています。東京のような日本のビッククラブでプレーする機会を与えていただいた関係者の方々に感謝しています。今回の移籍は私にとって非常に大きなチャンスなので、全力を尽くしたいと思います。この経験を活かし、将来、より良い選手になれるように頑張ります。みなさんにお会いするのを楽しみにしています!」

◆MFアルトゥール・シルバ
「日本でプレーをする機会をいただき感謝しています。一日も早くチームに馴染み、出来る限りの力を発揮して勝利に貢献したいです。ビッククラブである東京のユニフォームを着てプレーすることを楽しみにしています。応援よろしくお願いします」
コメント
関連ニュース
thumb

無敗対決は永井の恩返し弾でFC東京に軍配! 名古屋の連勝は「3」でストップ《J1》

明治安田生命J1リーグ第4節のFC東京vs名古屋グランパスが、17日に味の素スタジアムで行われ、1-0でFC東京が勝利した。 前節サガン鳥栖を2-0で下して開幕無敗、連勝中のFC東京が、前節ガンバ大阪に3-2で競り勝ち同じく無敗で3連勝中の名古屋グランパスをホームに迎えた一戦。 FC東京は、1-2で敗北したミッドウィークのルヴァンカップ・グループB第2節のベガルタ仙台戦からスタメンを全員変更。最後尾にGK林、ディフェンスラインに室屋、チャン・ヒョンス、森重、小川、中盤に久保、高萩、橋本、東、前線にD・オリヴェイラ、永井を配置した。 対する名古屋も、2-1で勝利したミッドウィークのルヴァンカップ・グループC第2節の大分トリニータ戦からスタメンを全員変更。最後尾にGKランゲラック、ディフェンスラインに宮原、中谷、丸山、吉田、中盤にガブリエル・シャビエル、米本、シミッチ、和泉、前線にジョー、赤崎を起用した。 試合序盤からジョー、D・オリヴェイラといった両エースが積極的にミドルシュートを狙っていく中、5分にFC東京が大きなチャンスを迎える。名古屋陣内右での細かい連係から前を向いた東が、2CBの間を通す絶妙なスルーパスを供給。しかし、ボックス内右で一対一を迎えた永井は大きく枠を右に外し、決定機を逸する。 その後も、しばらくはFC東京が主導権を握る時間が続くが、中央のシミッチが低い位置でシンプルに捌く名古屋が左サイドを起点として盛り返し始める。すると17分、左サイドからのアーリークロスに反応したガブリエル・シャビエルがボックス右から左足で強烈なシュートを放つ。しかし、GK林のファインセーブに阻まれ得点とはいかない。 両者譲らない展開が続く41分、FC東京に再び決定機。右サイド高い位置で粘った永井がボックス右付近の高萩にボールを渡し、高萩がマイナス方向に折り返す。すると、得点とはならなかったが、ボックス手前中央に駆け込んだ東が放ったミドルシュートがポスト右を掠めた。 前半終了間際の45分、今度は名古屋がFC東京ゴールを脅かす。ピッチ中央付近でボールを持ったシミッチが最前線にフィードを送ると、ジョーが最終ラインの裏に抜け出す。しかし、ボックス内右から右足で放ったシュートはGK林がセーブ。一進一退の攻防が続く試合は、0-0のスコアで折り返しを迎える。 名古屋はハーフタイム中に選手交代を敢行。赤崎に代えてマテウスを投入した。マテウスは右サイドに入り、ガブリエル・シャビエルが2トップ下がり目の位置にポジションを移す。 すると、名古屋がボールを支配する時間を増やしていくが、FC東京が54分に一撃を浴びせる。東からのスルーパスに反応した永井が左サイドに抜け出し、快足を生かしてそのままボックス中央まで運ぶ。GKランゲラックとの一対一を迎えると、冷静に枠を捉え、古巣相手に先制弾を決め切った。 勢いに乗るFC東京は、続く56分にも永井のスルーパスに抜け出したD・オリヴェイラがボックス内左で一対一を迎える。しかし、この場面ではGKランゲラックに軍配が上がった。さらに、63分にも永井がボックス手前中央から強烈なミドルシュートを放ち、GKランゲラックがたまらず弾く。こぼれ球に反応した久保がボックス内右から放ったシュートは枠を右に外れたものの、FC東京が怒涛の攻撃を繰り出した。 1点を追う名古屋は、66分に右サイドバックの宮原に代えて攻撃のジョーカーでもある相馬を投入。対するFC東京は、久保に代えて大森を送り出し、中盤の圧力を高め直す。 反撃に出る名古屋はジョーをターゲットにし、サイドからのクロスを多用しつつ打開を図るが、FC東京の牙城を崩すには至らない。76分には和泉の右サイドからのクロスにジョーが頭で合わせたが、左ポストに阻まれた上、オフサイドの判定に。 結局、名古屋は最後までネットを揺らすことが出来ず、今シーズンの公式戦で初めて無得点で試合を終えることに。この結果、FC東京は無敗をキープして3連勝。一方の名古屋は連勝が「3」で途切れ、開幕からの無敗も維持することが出来なかった。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad">★スピードスター・永井謙佑の首位弾! <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=13ngwe2z5hki610ddstmfe0cml" async></script> </div> 2019.03.17 15:30 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】無敗で迎える首位攻防戦!名古屋の米本&丸山が古巣・FC東京の味スタに帰還《FC東京vs名古屋》

17日、明治安田生命J1リーグ第4節のFC東京vs名古屋グランパスが行われる。 開幕から2勝1分けの勝ち点7で2位につけるFC東京が、3連勝と勢いに乗る首位の名古屋グランパスを迎える一戦。無敗をかけた首位攻防戦が早くも訪れた。 ◆攻撃と守備のバランスが取れた好調同士の対決 昨シーズンは攻撃面での課題が見つかったFC東京は、今シーズンは攻撃面でも違いを見せている。開幕戦となった多摩川クラシコこそゴールレスドローに終わったものの、ゴールに迫るシーンは見せていた。そして迎えた第2節の湘南ベルマーレ戦は、打ち合いの末に2-3で勝利。第3節のサガン鳥栖戦は2-0で勝利している。 間に行われたルヴァンカップでも、メンバーを入れ替えながら2試合ともゴール。昨シーズンは無得点試合が15試合もあり、勝ち点を取りこぼし続けていたが、その点が改善されつつある。 対する名古屋は、守備面での改善が大きい。昨シーズンは出入りの激しい結果が続き、最終節で薄氷の勝利。特に、得点力と相反する守備力で失点がリーグ最多タイだった。しかし、今シーズンは3試合で9得点2失点。得点力が落ちずに、守備力が上がっている印象。チームとしての成長を見せるのはどちらのチームとなるか。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1100l3Pqd/adref:innews_j" terget="_blank">東京か名古屋か<br />Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ◆堅守をベースに得点を奪えるか~FC東京~ FC東京に求められるのは攻守のバランスだろう。対戦する名古屋の攻撃力はリーグ屈指。得意の守備面が力を発揮できなくては、勝機は見えてこない。 一方で、攻撃面を疎かにしては昨シーズンの二の舞だ。いかに守備を固めつつ、攻撃に転じられるか。攻守のバランス、切り替えが重要なファクターとなる。 複数得点を挙げていない選手がいることは気になる部分であり、これまでの3試合でもアタッキングサードの精度が高いとは言えない。チャンスの数に比べてゴールが少ないのは今シーズンも続いており、いち早く解決したい部分だろう。それでも、前節は終盤にゴール。勝負強さを見せられるかに注目だ。 ◆攻撃で圧倒するスタイルで4連勝を~名古屋グランパス~ 3試合で9得点は圧倒的と言っていいだろう。開幕から2試合はクリーンシートで連勝。そして前節のガンバ大阪戦は3-2と打ち合いを制した。 風間八宏監督が掲げる攻撃サッカーはさらに進化。的確な補強によりチームのバリエーションが増えると、昨シーズンはジョーやガブリエル・シャビエルに頼りきりだった攻撃が、相馬勇紀、赤﨑秀平、和泉竜司と日本人選手にも波及。さらに、途中出場からのゴールも増え、チームとして良い流れを感じられる。 中盤での守備も安定感を増し、最終ラインも昨シーズン途中に整備したメンバーが能力を発揮。FC東京以上に現在の名古屋はバランスが取れているチームだ。 ◆FC東京[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/jpt20190316_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>GK:林彰洋 DF:室屋成、チャン・ヒョンス、森重真人、小川諒也 MF:久保建英、橋本拳人、髙萩洋次郎、東慶悟 FW:ディエゴ・オリヴェイラ、永井謙佑 監督:長谷川健太<hr>開幕から3試合続けて同じメンバーを先発させているが、名古屋戦でも同じメンバーがピッチに立つと予想する。前節負傷した永井謙佑も起用には問題ないとのこと。好調を維持しているメンバーでしっかりと良いパフォーマンスを見せ、首位の名古屋を迎え撃ちたい。 ◆名古屋グランパス[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/jpt20190316_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>GK:ランゲラック DF:宮原和也、中谷進之介、丸山祐市、吉田豊 MF:ガブリエル・シャビエル、米本拓司、ジョアン・シミッチ、和泉竜司 FW:赤﨑秀平、ジョー 監督:風間八宏<hr>名古屋も大きなメンバー変更はなしと予想。前節と同じメンバーをピッチに送り出すだろう。FC東京が古巣戦となるDF丸山祐市、MF米本拓司には注目。慣れ親しんだ味の素スタジアムで、FC東京サポーターの前でどのようなプレーを見せるのか。好調を維持する赤﨑秀平にも注目だ。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1100l3Pqd/adref:innews_j" terget="_blank">注目の首位攻防戦!<br />Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 【注目選手】 ◆久保建英(FC東京)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/jpt20190316_1_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>FC東京の注目選手は右サイドで先発を続ける久保建英だ。昨シーズン途中から横浜F・マリノスへと武者修行に出た久保。復帰した今シーズンは右サイドのポジションを掴むと、チームの攻撃を活性化。独特のリズムとゲームビジョンで牽引している。ゴールこそまだないもの、FKの精度も高く、今季初ゴールも近づいていることを予感させる。ゴールに絡むプレーで、チームを勝利に導けるかに注目だ。 ◆米本拓司(名古屋グランパス)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/jpt20190316_1_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>4連勝を目指す名古屋の注目選手は、古巣対決となるMF米本拓司だ。ケガの多いキャリアでありながら、FC東京の中盤を支えていた米本は心機一転、新天地に名古屋を選んだ。その名古屋では、ジョアン・シミッチとともに中盤でボランチコンビを形成。攻守のバランスをとるとともに、前後のつなぎ役としても能力を発揮している。慣れ親しんだ味スタ帰還。昨季途中に名古屋へ移籍した丸山祐市とともに、古巣サポーターをがっかりさせることができるか。 ◆カギはサイドと中央の攻防 試合の見所は、サイド、そして中央での攻防だ。FC東京、名古屋ともにサイドバックが攻撃的な姿勢をとり、オーバーラップからのチャンスメイクが見ものだ。両サイドともに攻撃で主導権を握るのはどちらか。サイドハーフもテクニックがあり、攻撃面で違いを生み出せる選手が揃っているだけに、どちらが上回るかに注目だ。 また、中央の攻防も見もの。FC東京の橋本、髙萩、名古屋の米本、ジョアン・シミッチは攻撃のスイッチを入れる選手でもある。攻守のつなぎ役でもあるだけに、いかに機能するかがチームの出来を左右するだろう。 昨シーズンから変化を見せている両者。勝利し、首位に立つのはどちらか。試合は17日の13時30分にキックオフを迎える。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1100l3Pqd/adref:innews_j" terget="_blank">注目の首位攻防戦!<br />Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2019.03.17 12:15 Sun
twitterfacebook
thumb

FC東京DF室屋成「自分らしく、特長を発揮する」と意欲 《キリンチャレンジカップ2019》

日本サッカー協会(JFA)は14日、キリンチャレンジカップ2019に臨む日本代表メンバー23名を発表した。 日本代表は22日(金)に日産スタジアムでコロンビア代表と、26日(火)にノエビアスタジアム神戸でボリビア代表と対戦する。2017年12月に代表デビューしたFC東京のDF室屋成は、ワールドカップの出場は叶わなかったものの、森保ジャパンでは代表に定着し、ここまで5試合に出場。代表でも自身の特長を生かすと意欲を示している。 ◆室屋成 「今回も代表に選出していただき、非常に嬉しく思います。自分らしく、特長を発揮し、チームの力になれるように全力を尽くしたいと思います。熱い声援をお願いします」 2019.03.14 15:14 Thu
twitterfacebook
thumb

久保アシストからジャエル初弾のFC東京が連勝! 鳥栖はクエンカデビューも無得点3連敗…《J1》

明治安田生命J1リーグ第3節のFC東京vsサガン鳥栖が10日に 味の素スタジアムで行われ、2-0でFC東京が勝利した。 前節の湘南ベルマーレ戦を3-2で制したリーグ無敗のFC東京が、リーグ無得点かつ未勝利、連敗中の鳥栖をホームに迎えた一戦。 ホーム開幕戦となるFC東京は、1-2で敗北したミッドウィークのルヴァンカップ・グループB柏レイソル戦からスタメンを全員変更。最後尾にGK林、ディフェンスラインに室屋、チャン・ヒョンス、森重、小川、中盤に久保、橋本、高萩、東、前線に永井、ディエゴ・オリヴェイラを起用した。 公式戦初勝利を目指す鳥栖は、1-3で敗北したミッドウィークのルヴァンカップ・グループB第1節ベガルタ仙台戦からスタメンを6名変更。GK高丘、谷口、カルロ・ブルシッチ、樋口、安在、島谷に代えて、GK大久保、三丸、高橋祐、藤田、フェルナンド・トーレス、金崎を起用した。また、注目のクエンカが初めてベンチ入りしている。 両GKにとっての古巣対戦となったこの試合、早々の2分にFC東京がいきなりファーストシュートを放つ。最終ラインの裏に出されたスルーパスに反応した永井がボックス内左に入り込み、右足でファーを狙う。しかし、これはGK大久保に阻まれた。 誕生日が3日違いの2人の17歳、FC東京MF久保と鳥栖MF松岡が激しいマッチアップを繰り広げる中、14分に鳥栖がチャンスを作り出す。フィードに反応したF・トーレスがボックス内左で飛び上がり、中央に折り返すと、趙東建が飛び込んで足先でボールに触れる。これは枠を捉えなかったが、FC東京をヒヤリとさせた。 徐々に鳥栖がチャンスを掴み始めると、16分にFC東京にアクシデントが発生。永井がピッチ上で膝に手を当てて動けなくなり、プレー続行不可能と判断される。早くも1枚目のカードを切らざるを得なくなり、古巣対戦となる田川が投入された。 FC東京が前線までボールを運べずにいると、32分にも鳥栖がチャンスを得る。右サイド深い位置からのロングスローをボックス右のトーレスが頭でフリックすると、中央の趙東建が反応。しかし、至近距離からのシュートはGK林がストップする。 それでも36分、高橋秀からGK大久保へのバックパスをD・オリヴェイラがインターセプトしたものの、タッチが長くなってシュートまで持ち込めず。FC東京はリズムを取り戻すことが出来ない。 ゴールレスで折り返した後半も、FC東京はなかなか鳥栖ゴールを脅かせず。52分には左サイドをオーバーラップした高萩がクロスを供給し、田川が左足のボレーシュートを放ったが、枠を捉えない。 しかし、徐々に攻勢を強めるFC東京は、56分に田川が、58分に久保がボックス左の角度の無い所から立て続けにシュートを放つ。しかし、いずれもGK大久保が立ちはだかり、鳥栖が無失点を維持する。 そして、鳥栖は60分に最初の交代カードを投入。金崎に代えてクエンカをJリーグデビューさせた。しかし、直後の61分に高橋秀がD・オリヴェイラと交錯したシーンで2枚目の警告を提示され、古巣戦で痛恨の退場を命じられる。 すかさず動くFC東京は、途中出場の田川に代えて65分に新加入FWジャエルを投入。前線の圧力を高めていく。対する鳥栖も続け様に趙東建に代えて福田を送り込み、守備のバランスを整える。 数的不利を抱えている鳥栖は、クエンカとF・トーレスのみを前に残すより守備的な戦いにシフト。FC東京がポゼッションを増加させていくが、決定的な場面を作らせない。 FC東京は最後のカードで高萩に代えて大森を投入。停滞気味の試合を動かしにかかる。 すると、試合終了間際にドラマが待っていた。88分、右サイドからのクロスをボックス内のD・オリヴェイラが頭で落とし、ジャエルが鳥栖DFを背負いつつもボレーシュートを放つ。これもブロックに遭ったが、小川が左足を振り抜くと、クリアしに飛び込んだDF三丸に当たりネットを揺らした。 さらに、試合終了間際の93分にカウンターから左サイドに抜け出した久保が、GK大久保を引き付けて中央への折り返しを選択。そして、完璧なタイミング、軌道で出されたボールをジャエルが押し込んで自身の初得点としたところで試合が終了した。 この結果、FC東京は無敗を維持して連勝を飾ることに成功。対する鳥栖は、開幕から無得点の3連敗という泥沼に足を踏み入れている。 2019.03.10 16:10 Sun
twitterfacebook
thumb

FC東京が逆転で今季初勝利! 湘南は武富2戦連発も及ばず…《J1》

明治安田生命J1リーグ第2節の湘南ベルマーレvsFC東京が2日にShonanBMWスタジアム平塚で行われ、3-2でFC東京が勝利した。 開幕節の北海道コンサドーレ札幌戦を2-0で制した湘南が、川崎フロンターレと0-0で引き分けたFC東京をホームに迎えた一戦。湘南は前節からスタメンを1名変更し、中川に代えて菊池を起用した。対するFC東京は、スタメンを変更せず。ベンチには新加入のFWジャエルが名を連ねた。なお、先発した東と高萩にとっては記念すべきJ1通算250試合目となった。 試合の立ち上がり、永井を中心に前線からのプレスを敢行するFC東京が積極性を見せていくが、シュートまでは至らず。15分には湘南陣内中央付近の室屋がかなり遠い位置からミドルシュートを狙うが、枠を捉えることは出来ない。 すると17分、湘南が最初にチャンスを掴む。左サイドで得たFKのキッカーを担当した松田がゴール前にクロスを供給すると、密集地帯で頭に当てた大野がボールを前に送る。GK林の目の前で武富がシュートを放つと、高萩に当たったボールがゴールに吸い込まれた。 それでも27分、首都クラブの“新10番”が結果を残す。小川の浮き球のスルーパスに抜け出したディエゴ・オリヴェイラがクロスを供給し、東がニアに飛び込んで合わせる。体勢を崩しながら放ったシュートは、右ポストに当たりながらもネットを揺らした。東にとっては、自身のJ1通算250試合出場を記念する祝砲となっている。 さらに40分、小川がまたしても最終ラインの裏にフィードを送ると、快足を誇る永井が飛び出し一度はGK秋元が処理しかけたボールを奪う。ボックス右から中央に折り返すと、飛び込んだディエゴ・オリヴェイラのシュートはGk秋元に阻まれたが橋本がこぼれ球を押し込んだ。 前半終了間際の46分には、カウンターの場面でピッチ中央付近の久保がディエゴ・オリヴェイラに絶妙なスルーパスを通し、FC東京が3対2の数的優位を迎える。自らボックス右まで侵攻したディエゴ・オリヴェイラのクロスはシュートに繋がらなかったものの、2-1とリードするFC東京が優位な形で試合の折り返しを迎えた。 湘南は、前半終了間際に太もも付近を痛めて担架で運び出されていたDF坂に代えて、後半のスタートからMF小林を投入。岡本を一列下げ、小林は右のウイングバックに配された。 しかし後半開始早々、FC東京が前半の勢いそのままに攻勢に出る。47分にピッチ中央付近でボールを奪取した永井がドリブルで長い距離を運んでシュートに持ち込めば、直後にはディエゴ・オリヴェイラのスルーパスに反応した室屋が右サイドからクロスを供給。飛び込んだ久保には合わなかったものの、DF岡本の手に当たりPKの判定となり、キッカーのディエゴ・オリヴェイラが落ち着いて今シーズンの初弾を決め切ってリードを3点に広げた。 それでも、逆転されて突き放された湘南も意地を見せる。55分に右サイド浅い位置の松田がクロスを入れると、ボールはファーのDF室屋とGK林の間でワンバウンド。やや見合った隙に頭から飛び込んだ武富が押し込み、1点差に詰め寄る。武富にとっては、2試合連発の今シーズン3点目となった。 激化している試合、今度はFC東京が湘南ゴールに迫る。60分、ボックス手前中央でFKを獲得すると、キッカーの森重が枠の右端を捉えたシュートを放つ。しかし、ゴールラインを越える寸前でGK秋元のファインセーブに阻まれる。 もう1点以上が欲しい湘南は67分に菊池に代えて指宿を投入。その後、湘南はクロスの本数を増やしていき、70分には杉岡が左サイド深い位置からボックス内に折り返す。すると、この場面でボールがFC東京DFの手に当たったとして湘南の選手陣が抗議。しかし、その訴えは受け入れられずスコアをイーブンに持ち込むことは出来ない。 勝ち切りたいFC東京は75分に二枚替えを敢行。疲れの見える永井、久保に代えて、ナ・サンホ、大森を送り出した。対する湘南も山崎に代えて野田を起用し、3枚のカードを使い切る。 終盤に突入している79分、湘南はボックス手前右の良い位置でFKを獲得。しかし、キッカーの杉岡が左足で狙った精度の高いシュートはGK林が弾き出す。結局、2-3のスコアが再び動くことはないまま終了の笛を迎えた。 この結果、FC東京は今シーズンの初白星を飾ることに成功。対する湘南は、連勝とはいかなかった。 2019.03.02 17:59 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース