フェイクニュースだ! ネイマール父が息子のバルサ復帰懇願説をバッサリ2019.01.12 10:55 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールのバルセロナ復帰は実現しそうにない。

2017年夏、史上最高額の移籍金2億2200万ユーロでバルセロナからPSGに移ったネイマール。新天地フランスでも抜群の攻撃性能を発揮し続けているが、世紀の移籍から間もなくしてバルセロナ復帰説がたびたび取り沙汰され、落ち着かない日々が続いている。

そうした中、スペイン『エル・ムンド』は先日、代理人を務めるネイマール父がバルセロナ会長のジョゼップ・マリア・バルトメウ氏と5度も接触を図ったと報道。その席でPSG行きを後悔しており、バルセロナ復帰を認めるよう懇願したという。

だが、この報道にすぐさま反応したネイマール父が11日、自身のインスタグラム(neymarpai_)で反発。赤字で『フェイクニュース』のレッテルを貼り付けた記事画像を投稿して、事実無根を主張した。
コメント
関連ニュース
thumb

PSG、トゥヘルと契約更新へ

フランス『Telefoot』が、パリ・サンジェルマン(PSG)とトーマス・トゥヘル監督(45)が新契約を締結したと報じている。 昨年5月に前任のウナイ・エメリ監督の後を引き継いでフランス王者の指揮官に就任したトゥヘル監督。フランス初挑戦ながら、元ドルトムント指揮官はここまでの公式戦43試合で35勝4分け4敗という好成績を記録。その勝率はエメリ政権下よりもわずかに高いという。 クラブの悲願であるチャンピオンズリーグでは、今季はマンチェスター・ユナイテッドにまさかの逆転負けを喫し、その夢はベスト16で潰えることになった。とはいえ、リーグ戦では28戦25勝2分け1敗と、2連覇をほぼ手中に。また、前任者が問題視されていた選手やクラブとの関係も良好な点を鑑みて、首脳陣は契約を1年延長することを決意。この度、2021年までの新契約を結んだようだ。 伝えられるところによると、今後数日のうちに公式発表がなされる見込みで、トゥヘル監督招へいに興味を示していたとされるバイエルンもこれで手を引かざるを得なくなったようだ。 2019.03.25 15:08 Mon
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドに今夏クロース獲得の可能性!

マンチェスター・ユナイテッドが、今夏の移籍市場でレアル・マドリーに所属するドイツ代表MFトニ・クロース(29)を獲得する可能性があるようだ。イギリス『サン』が報じた。 2014年夏にバイエルンからマドリーに移籍したクロース。現在ではマドリーでも重要な選手の1人となっており、“メトロノーム”とも称される正確無比なプレーでチャンピオンズリーグ(CL)3連覇にも大きく貢献した。 しかし、今シーズンのマドリーは既にCL、コパ・デル・レイを敗退しており、リーガエスパニョーラでも首位バルセロナと勝ち点差12の3位と優勝は絶望的。今シーズンの低迷を味わったクロースは、他のクラブでキャリアの再建を図ろうとしているという。そして、『サン』によれば、ユナイテッドに移籍金5000万ポンド(約73億円)でのクロース獲得の可能性があるとのことだ。 ユナイテッドは、以前にもクロース獲得に接近。2013-14シーズンに同クラブを率いていたデイビッド・モイーズ氏が、「トニ・クロースは、私と共にマンチェスター・ユナイテッドに加入することに同意しており、彼と彼の妻にも会った。私たちは全ての面で合意に至っていた」と明かしており、2013夏に加入一歩手前まで交渉が進められていたことを示唆している。 そして、現指揮官のオーレ・グンナー・スールシャール暫定監督もクロースの獲得を標榜。同選手のサラリーを確保するために、スター選手3人の放出を計画していることも伝えられている。 とはいえ、クロースにはパリ・サンジェルマン(PSG)も注視。6800万ポンド(約99億円)の高額な移籍金に加え、現行の1.5倍という魅力的な年俸でのオファーを打診していると見られている。 2019.03.23 16:45 Sat
twitterfacebook
thumb

チアゴ・モッタ、将来的なPSG監督を熱望

元イタリア代表MFチアゴ・モッタ氏(36)が、将来的なパリ・サンジェルマン(PSG)での指揮を望んでいることを明かした。フランス『Le Parisien』が伝えている。 2017-18シーズンを最後に、PSGで現役生活に幕を下ろしたモッタ氏は、引退から2カ月もしないうちに、同クラブのU-19チームを率いることが発表された。 U-19では現在リーグ戦グループAで首位カーンを勝ち点差「2」で追う2位に位置。また、UEFAユースリーグでは、グループステージを勝ち上がり決勝トーナメントプレーオフまで進んだものの、ヘルタ・ベルリンに敗れ敗退している。 着実に指導者としての経験値を積んでいるモッタ氏は、フランス『RMC Sport』のインタビューで将来的な野望を語った。 「99%の監督がPSGで指揮を執りたいと思っているよ。このクラブはビッグクラブだからね。そうでない1%はトーマス・トゥヘルさ。もし彼がいなくなった時は私はトップチームの監督になることを切望するだろう」 2019.03.23 14:52 Sat
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、サンチョ代理人に接触か

マンチェスター・ユナイテッドが、ドルトムントに所属するイングランド代表MFジェイドン・サンチョ(18)の代理人と接触したようだ。イギリス『メトロ』が報じた。 マンチェスター・シティ下部組織出身のサンチョは、トップチームに昇格することなく、2017年夏にドルトムントに完全移籍。加入1年目となった昨シーズンはブンデスリーガで12試合1ゴール4アシストに留まったが、今シーズンはここまで公式戦35試合9ゴール17アシストとブレイクを果たした。 また、昨年10月にイングランド代表デビューを飾ると、11月には初ゴールをマーク。さらに、今月22日に行われたユーロ2020予選グループA第1節のチェコ代表戦ではアシストを記録し、5-0での快勝に貢献した。 様々な舞台で存在感を発揮しているサンチョを巡っては、多くの有力クラブが興味を示している。そうした中、ユナイテッドも手を挙げていることが、報じられていた。 今回の『メトロ』によれば、ユナイテッドは夏の移籍市場開幕に先駆けて、既にサンチョの代理人に接触。予備協議を持ち、獲得の可能性を探ったという。とはいえ、サンチョを獲得するのであれば豊富な資金力を持つパリ・サンジェルマン(PSG)と競う必要があり、その上で1億ポンド(約145億円)近い移籍金の支払いを求められる可能性が高いようだ。 2019.03.23 14:00 Sat
twitterfacebook
thumb

UEFAがユナイテッド戦で審判批判のネイマールを処分へ! 来季CLで最大3試合停止か

欧州サッカー連盟(UEFA)は22日、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールに対し、処分を科すことを発表した。 ネイマールは6日に行われ、1-3で敗戦して痛恨のベスト16敗退に終わったチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグのマンチェスター・ユナイテッド戦後、審判団を批判していた。 負傷離脱中のため、この一戦をスタンドから観戦していたネイマールは、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の結果、後半アディショナルタイムに献上したPKを引き合いに出し、インスタグラムのストーリー機能を利用して、「恥ずべきこと。サッカーを知らない4人がVARを担当した。キンペンベはどうやって背中でハンドをするんだ! 消え失せろ!」と審判団に怒りをぶちまけていた。 UEFAはこの発言が規則に反すると判断し、ネイマールに対し何らかの処分を科すことを決めた。報道では来シーズンのCLで最大3試合の出場停止処分が科される可能性があるとのことだ。 2019.03.23 02:01 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース