ビエルサ、スパイ行為を認知 ランパードのダービーに偵察者を派遣2019.01.12 09:30 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リーズ・ユナイテッドを率いるマルセロ・ビエルサ監督がスパイ派遣疑惑を認知した。イギリス『メトロ』が報じた。チャンピオンシップ(イングランド2部相当)首位のリーズは11日、フランク・ランパード監督率いる6位のダービー・カウンティと対戦。上位対決を制したリーズが首位の座を堅持した。

だが、リーズを巡っては試合前日、ダービーのトレーニングに関係者を派遣させた疑いが…。これを受け、イングランドサッカー協会(FA)が調査に乗り出したという。

ビエルサ監督はその件について問われると、次のようにコメント。謝罪こそしなかったものの、一連のスパイ行為を潔く認めた。

「リーズ・ユナイテッドの誰かであったことは事実だ。その責任は私にある。私にとって、合法かどうか、正しいかどうかなんて関係ない」

「昨日、ランパードと話をして、私にフェアプレールールを尊重していないと言った。それについて、我々は異なる観点を持っているが、大事なことはランパードとダービーの考えだ」

「責任は私にある。リーズに許可を得ることなく、やらせたからだ。正当性を主張するつもりはない。アルゼンチン代表を率いたW杯予選以来、こういったことをやらせてきた」

「我々はこういった行為を公にしていて、マスコミにも話す。一部の人間は不正行為だとみなしているが、その他の中にそうじゃないという考えを持つ人間もいる」
コメント
関連ニュース
thumb

マドリーの第3GKカシージャがリーズへ完全移籍…4年半契約を締結

チャンピオンシップ(イングランド2部)のリーズ・ユナイテッドは17日、レアル・マドリーのスペイン人GKキコ・カシージャ(32)を完全移籍で獲得することを発表した。契約期間は2023年までの4年半。背番号は「33」となる。 カシージャは、マドリーの下部組織出身で、2007年にトップチームにエスパニョールの下部組織へ移籍。2008年にエスパニョールでトップチームに昇格した。その後は、カディスやカルタヘナでプレー。2011年からはエスパニョールで守護神を務めると、2015年7月に古巣のマドリーへと完全移籍した。 エスパニョールでは公式戦126試合に出場していたが、マドリーではGKケイロル・ナバスの牙城をなかなか崩せず。今シーズンはチェルシーからベルギー代表GKティボー・クルトワが加入したことで、出場機会がない状況が続いていた。マドリーでは公式戦43試合の出場にとどまっていた。 2019.01.17 19:55 Thu
twitterfacebook
thumb

“スパイ行為”の被害者・ランパード監督も脱帽…ビエルサ監督の会見内容に「びっくしりた」

スパイ行為が発覚したリーズ・ユナイテッドのマルセロ・ビエルサ監督が、自身が行わせていたことを公にする会見を突如実施。これを受け、被害者であるダービーのフランク・ランパード監督が見解を述べた。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ビエルサ監督は、11日に行われたダービーとの一戦の前日、トレーニングに関係者を派遣させた疑いがかけられていた。 この件に関して、ビエルサ監督は謝罪こそしなかったものの、“スパイ行為”を行わせていたことを認め、その釈明の会見を16日に急遽実施した。 会見では、チャンピオンシップ(イングランド2部)の全てのチームのトレーニングを偵察し、あらゆるパターンで選手の組み合わせやチームの戦い方を分析していたことを発表。パワーポイントを駆使して、事細かく手の内を明かし、1時間にわたるプレゼンテーションを行っていた。 これを受け、スパイ行為が発覚した相手であるダービーのランパード監督がコメント。ビエルサ監督の会見を見ていないとしながらも、その内容を把握しており、感服したことを明かした。 「びっくりした。それは凄かったよ」 「彼は印象を与えたね。私は、ジョゼップ・グアルディオラがその手の印象を与えるのは見たことがない。ユルゲン・クロップも、マウリシオ・ポチェッティーノもだ。彼らは確実に密室で行う。でも、彼らは公にはしない」 「誰もが研究をしているのは、本当にシンプルなことだ。ファンにとっては目を見張るようなことかもしれない。なぜなら、こういったことのほとんどが密室で起こるからだ」 「でも、彼らはいたるところで行っていた。フットボールに携わる人間からの驚きはないだろう」 「そして、今起きていることであり、我々は誰もが全面的に起きていることも知っている。それは、我々のリーグの問題だ。なぜなら、全てのチームが対象だからね。これから何が起こるかは彼ら次第だよ」 2019.01.17 12:59 Thu
twitterfacebook
thumb

リーズやバーリで活躍した元南アフリカ代表FWマシンガ氏が49歳で急逝

かつてリーズやバーリで活躍した元南アフリカ代表FWフィル・マシンガ氏(享年49)が逝去した。南アフリカ共和国サッカー協会(SAFA)が13日にレジェンドの訃報を伝えた。 現役時代に190cmを超える大型ストライカーとして活躍したマシンガ氏は、母国マメロディ・サンダウンズでの活躍を経てリーズやザンクト・ガレン、サレルニターナ、バーリ、アル・ワフダといった国外のクラブでプレー。 南アフリカ代表としては1992年から2001年までプレーし、通算58試合の出場で18ゴールを記録していた。 13日にSAFAのダニー・ジョーダン会長は、「南アフリカサッカー界にとって今日は悲しい一日となりました。マシンガ氏はピッチ内外でゲームに真摯に向き合う素晴らしい人物でした」と、マシンガ氏の訃報を伝えた。 なお、現時点でマシンガ氏の死因などに関する詳細は明かされていない。 2019.01.13 23:45 Sun
twitterfacebook
thumb

リーズファンが『スカイ・スポーツ』に罵詈雑言!「糞ったれ」

▽リーズ・ユナイテッドのファンが、イギリスの衛星放送局『スカイ・スポーツ』にかなり怒っているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽彼らが激怒している原因はキックオフ時間にあるようだ。イングランドでは『スカイ』が運営するスポーツ専門チャンネルである『スカイ・スポーツ』がプレミアリーグやチャンピオンシップ(イングランド2部相当)などの試合の中継を行っているのだが、リーズの試合キックオフ時間が『スカイ・スポーツ』の放送スケジュールのせいでたびたび変更になっているというのだ。 ▽これに不満が募っていたリーズファンはついに爆発。先月28日に行われたチャンピオンシップ第15節、ノッティンガム・フォレストとのホーム戦で、スタジアムのファンが『スカイ・スポーツ』を罵るチャントを歌ったようだ。「f***** s***」といったあまりに汚い言葉であったため、『スカイ・スポーツ』は放送中の音声をサイレントにするまでに至ったという。さらに同メディアを批判する罵詈雑言は試合後も続いたと伝えられている。 ▽今シーズンのリーズは、マルセロ・ビエルサ監督が就任し好成績を続けている。順位も首位のシェフィールド・ユナイテッドに次ぐ2位で、15年ぶりのプレミア昇格に向けてファンの期待も高まっているところだ。そんな中で、放送上の都合とはいえコロコロ開始時間が変更になっているようでは、怒るファンの気持ちも理解できなくはない。 2018.11.01 20:55 Thu
twitterfacebook
thumb

ビエルサのニューウェルス愛がすごい! 約3億円の練習場隣接ホテルを寄付

▽リーズ・ユナイテッドを率いるマルセロ・ビエルサ監督が母国の古巣ニューウェルス・オールドボーイズに練習場隣接の選手用ホテルを寄付した。アルゼンチン『Diario Olé』が伝えている。 ▽“エル・ロコ(変人)”の愛称で知られる鬼才は、これまでマルセイユやリール、ラツィオで電撃辞任するなどエキセントリックな性格で知られる。その一方で卓越した戦術指導、育成能力、並外れたクラブへの忠誠心など、非常に魅力のある人物だ。 ▽そのビエルサ監督は自身が選手、監督として最初のキャリアを歩んだニューウェルスを“心のクラブ”としており、これまでピッチ内外で惜しみない支援を行っており、2009年にはその功績が認められてホームスタジアムがエスタディオ・マルセロ・ビエルサに名称変更された。 ▽そして、この度ビエルサ監督は愛するクラブのために練習場隣接の選手用ホテルを寄付。その総額は250万ドル(約2億8000万円)程度になったようだ。また、5階建て2000平方メートルの同ホテルはビエルサ監督の兄妹で建築家のマリア・エウゲニア氏の監修で作られ、ガレージやオーディオルーム、ゲームルーム、ビデオルーム、バスルーム、バーベキューテラスが完備されているという。 ▽なお、ビエルサ監督の要望でクラブOBにして同監督の恩師であるホルヘ・グリッファ氏の名前が冠せられるこのホテルは、クラブ創設115周年目となる11月3日に開場予定だ。ただ、ビエルサ監督はリーズの試合が組まれているために家族が代理で出席する。 ◆結構奇抜です https://twitter.com/DiarioOle/status/1051517666471628801 2018.10.16 17:10 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース