ボローニャ、チリ代表MFプルガルと2022年まで契約延長2019.01.12 05:25 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ボローニャは11日、チリ代表MFエリック・プルガル(24)との契約を2022年6月30日まで延長したことを発表した。

母国のアントファガスタでプロデビューしたプルガルは、2014年の夏にウニベルシダ・カトリカに移籍すると、翌年8月にボローニャに加入。ボローニャでは在籍3年半で公式戦87試合に出場し4ゴール3アシストをマーク。今季もここまで公式戦11試合に出場している。

また、2015年1月にデビューしたチリ代表では、これまで13試合に出場している。
コメント
関連ニュース
thumb

アトレティコ戦の敗戦引きずったユーベ、途中出場ディバラ弾で辛勝《セリエA》

ユベントスは23日、セリエA第25節でボローニャとのアウェイ戦に臨み、1-0で辛勝した。 前節フロジノーネ戦を3-0と快勝して2位ナポリとの勝ち点差を13に拡大させた首位ユベントス(勝ち点66)は、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のアトレティコ・マドリー戦では0-2と完敗し、ベスト8進出が厳しい状況となった。心身ともに大きなダメージを負った中、アトレティコ戦のスタメンから4選手を変更。ディバラ、キエッリーニ、ピャニッチ、GKシュチェスニーに代えてベルナルデスキ、カンセロ、ルガーニ、GKペリンを起用した。 前節ローマに善戦した18位ボローニャ(勝ち点18)に対し、[4-3-3]を採用したユベントスは3トップに右からカンセロ、マンジュキッチ、C・ロナウド、中盤アンカーにベンタンクール、インサイドにベルナルデスキとマテュイディを配した。 そのユベントスに対し、アグレッシブな入りを見せたボローニャに11分、サンソーネのミドルシュートでゴールを脅かされる。 その後も圧力を受けるユベントスはペースを掴めない状況が続くと、24分にはエデラに際どいミドルシュートを打たれてしまう。続く29分にもサンタンデールに決定的なシュートを打たれたユベントスは、32分にようやく決定機。ボックス右からベルナルデスキの放ったコントロールシュートがわずかに枠の左上に外れた。 結局、劣勢を強いられたユベントスは前半2本のシュートに終わり、ゴールレスで後半へ折り返した。 迎えた後半も流れの悪いユベントスは55分、CKの流れからエムバイェに決定的なシュートを許すも、アレックス・サンドロがゴールライン前でブロック。 そこで59分、アレックス・サンドロに代えてディバラをトップ下に投入。[4-2-3-1]に変更し、カンセロを右サイドバックに下げ、デ・シリオが左サイドバックに回った。 すると67分、苦しむユベントスが先制した。ディバラのパスを受けた左サイドのマテュイディがクロスを上げると、DFがクリアし損なったルーズボールをボックス中央のディバラがゴール右へ蹴り込んだ。 ディバラのリーグ戦2試合連続ゴールで先手を取ったユベントスは終盤、キエッリーニを投入して逃げ切りを図る。そして追加タイム1分のサンソーネのミドルシュートが右ポストに直撃して助かり、1-0で逃げ切り。 アトレティコ戦の敗戦を引きずったユベントスだったが、何とか勝利を取り戻した。 2019.02.25 00:59 Mon
twitterfacebook
thumb

守護神オルセンが低調ローマを救う! セットプレー2発でボローニャに競り勝ち公式戦3連勝《セリエA》

セリエA第24節、ローマvsボローニャが18日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのローマが2-1で勝利した。 熾烈なトップ4争い、残留争いに身を置く6位のローマと、18位のボローニャによるマンデーナイト開催の一戦。 前節、キエーボ相手に3試合ぶりの勝利を手にしたローマは、ミッドウィークに行われたホーム開催のチャンピオンズリーグ(CL)ポルト戦も2-1で先勝。公式戦3連勝を目指す一戦に向けては先発3人を変更。負傷明けのGKオルセンが復帰した他、デ・ロッシ、エル・シャーラウィに代わってエンゾンジ、クライファートが起用された。 前回対戦で敗戦を喫したボローニャ相手にリベンジを目指すローマは、立ち上がりからハイプレスを仕掛けて主導権を奪いにかかる。良い形でショートカウンターを繰り出すも、8分にはロベルト・ソリアーノに強力なミドルシュートでゴールを脅かされる。 ボール保持率を高めて再度を起点に相手を崩しかける場面を増やすも決定機まで持ち込めないローマは、22分に再びピンチ。自分たちのCKの場面でクライファートがボールを失い数的不利でロングカウンターを許すと、ボックス内でソリアーノに2度のシュートを打たれる。 さらに36分にはサンタンデールの頭の落としに反応したソリアーノにゴール前に抜け出されるが、ここはGKオルセンのビッグセーブで凌ぐ。流れが悪いローマは43分にもポーリのクロスに対してDFファシオの緩慢な対応でGKオルセンが無理な体勢でクリアを強いられると、ゴール右で拾ったエデラにフリーでシュートを許すが、これもオルセンがファインセーブ。そして、前半ラストプレーではサンタンデールの落としからソリアーノにこの試合3度目のビッグチャンスも今度はクロスバーを叩き、守護神と相手の決定力に助けられたホームチームは辛くも無失点で前半を終えた。 流れを変えたいローマは精彩を欠き警告ももらっていたクリスタンテを下げてハーフタイム明けにエル・シャーラウィを投入。この交代で[4-2-3-1に並びを変えて2列目は右からクライファート、ザニオーロ、エル・シャーラウィとなった。 すると、この選手交代がローマに先制点をもたらす。55分、ボックス内でジェコと短いパス交換を試みたエル・シャーラウィがDFヘランデルに倒されてPKを獲得。これをキッカーのコラロフが冷静に流し込んだ。 このゴールをキッカケに試合は一気に開かれた展開に。57分にはボックス手前でポーリが放った強烈なボレーシュートがDFにディフレクトして枠の右隅を捉えるが、ここはGKオルセンがビッグセーブ。直後にはボローニャのCKからロングカウンターに転じたローマがボックス左角度のないところからザニオーロが左足のシュートを枠に飛ばすが、古巣対戦のGKスコルプスキが見事なワンハンドセーブではじき出した。 行ったり来たりの展開を落ち着けたいローマは67分、クライファートを下げて頼れるカピターノを投入。すると、またしてもこの選手交代がゴールをもたらす。73分、左CKの場面でキッカーのコラロフがアウトスウィングのボールを入れると、ニアで競り勝ったデ・ロッシが頭でフリック。ファーでフリーのファシオが抑えの利いたダイレクトボレーで流し込んだ。 この2点目で大きく勝利に近づいたローマだが、攻撃的なカードを切ってゴールを目指すボローニャの反撃を受ける。82分にはゴール左に抜け出したファルチネッリに決定機を許すが、GKオルセンが一対一のピンチを凌ぐ。しかし、直後の84分には左サイドから強引に中央へ切れ込んだサンソーネにゴール前の密集を抜ける見事なシュートを決められて点差を縮められる。 それでも、デ・ロッシ、オルセンを中心とする守備陣がこれ以上の失点を許すことなく試合をクローズ。守護神オルセンの圧巻のセービングとセットプレー2発で勝ち切ったローマが辛くもボローニャを退けて公式戦3連勝を飾った。 2019.02.19 06:32 Tue
twitterfacebook
thumb

ボローニャのナイジェリア人FWオケウォンクウォがレンタルでモントリオールに移籍

メジャーリーグサッカー(MLS)のモントリオール・インパクトは12日、ボローニャのナイジェリア人FWオリジ・オケウォンクウォ(21)を2019年12月までのレンタルで獲得したことを発表した。 U-20ナイジェリア代表歴のあるウインガー兼ストライカーのオケウォンクウォは、2016年8月に母国のアブジャからボローニャに移籍。これまでボローニャでは公式戦30試合に出場して3ゴール2アシストを記録。今季はセリエAで8試合に出場していたが、ゴールはなかった。 2019.02.13 02:13 Wed
twitterfacebook
thumb

低調続くインテル、ホームで監督交代のボローニャに痛恨黒星で連敗《セリエA》

インテルは3日、セリエA第22節でボローニャをホームに迎え、0-1で敗れた。 前節サッスオーロ戦では3バックへのシステム変更が全く実らず攻撃陣が不発に終わってトリノに0-1と敗れた3位インテル(勝ち点40)は、3日前に行われたコッパ・イタリア準々決勝のラツィオ戦をPK戦の末に敗れた。そのインテルはナインゴランや、この冬の移籍市場でトランスファーリクエストを提出したペリシッチが先発となった。 F・インザーギ監督を解任した18位ボローニャ(勝ち点14)に対し、最前線にイカルディ、2列目に右からカンドレーバ、ナインゴラン、ペリシッチと並べる[4-2-3-1]を採用したインテルは開始1分に相手のバックパスをカットしたイカルディが決定的なシュートに持ち込んだ。 しかし8分にオルソリーニの強烈なボレーシュートでゴールを脅かされると、12分にもサンタンデールに際どいヘディングシュートを許してしまう。 イマイチ波に乗り切れないインテルはポゼッションしてサイドから打開を図るも、28分にもピンチ。ロベルト・ソリアーノのスルーパスをボックス中央で受けたサンタンデールに決定的なシュートを打たれた。だが、GKハンダノビッチがファインセーブを見せ凌ぐ。 しかし32分、左CKからニアサイドのサンタンデールに頭で合わせられたシュートがネットを揺らした。 まずい流れのまま失点したインテルは36分にビッグチャンス。だが、ダウベルトの左クロスをダイレクトで合わせたヴェシーノのシュートは枠を外してしまった。 低調な前半を1点ビハインドで終えて迎えた後半、カンドレーバに代えてL・マルティネスを投入したインテルは、51分に決定機。FKの流れからボックス手前のナインゴランが強烈なボレーシュートを放ったが、GKスコルプスキの好守に阻まれた。 その後も押し込むインテルだったがシュートに持ち込めずにいると、68分にナインゴランに代えてジョアン・マリオを投入。すると71分、イカルディがボックス内から左足ボレーでゴールに迫るも、その後はチャンスを生み出せない。 87分にようやくラノッキアのボレーシュートでオンターゲットを記録したが、1点が遠くそのまま0-1で敗戦。ボローニャに4カ月ぶりの白星を献上したインテルは、2戦連続での無得点敗戦となった。 2019.02.04 03:59 Mon
twitterfacebook
thumb

ボローニャがF・インザーギ監督を解任! 後任にはミハイロビッチ氏が復帰

ボローニャは28日、フィリッポ・インザーギ監督を解任し、後任にシニシャ・ミハイロビッチ氏(49)を招聘したことを発表した。契約は今季終了までとなっているが、1年間の契約延長オプションが付いている。 今シーズンのボローニャは、3シーズン連続でセリエA残留に導いたロベルト・ドナドーニ監督との契約満了を迎え、新たにインザーギ監督を招へい。2016-17シーズンには当時セリエCのヴェネツィアをセリエBに昇格させ、2017-18シーズンにはセリエA昇格プレーオフに導く手腕を見せていたが、ボローニャではリーグ第21節を終えた時点で2勝8分け11敗で降格圏の18位に落ち込んでいた。 昨年12月26日に行われたセリエA第18節では、弟のシモーネ率いるラツィオと対戦し、インザーギ兄弟初対決として注目を集めたが、0-2で敗北。弟に苦杯を嘗めさせられた形となった。 新しくボローニャを率いることになったミハイロビッチ氏は2008年11月から翌年4月までボローニャを率いた経歴がある。これまでにセルビア代表のほか、フィオレンティーナやミラン、トリノといったイタリアクラブで指揮棒を振るってきたセルビア人監督は、直近では昨夏にスポルティング・リスボンの監督に就任したものの、サポーターによる選手襲撃など混乱のさなかにある中で、就任から9日後に解任となることが発表されていた。 2019.01.29 05:33 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース