モナコ、チェルシーからスペイン代表MFセスクの獲得を発表! アンリ監督とは12年ぶりの共闘2019.01.12 04:15 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
モナコは11日、チェルシーに所属するスペイン代表MFセスク・ファブレガス(31)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までとなる。

セスクはモナコの公式サイトで以下のコメントを残している。

「モナコに加入できたことをとてもうれしくよ。モナコには優秀な若手選手や若いコーチが揃っているね」

「僕はチームを助けるためにここに来た。いまからスタートを切ることを楽しみにしているし、日曜日(13日)にはマルセイユとのビッグマッチがある。とてもワクワクしているよ」

バルセロナのカンテラ(下部組織)で育ったセスクは、16歳だった2003年にアーセナルへ移籍。8シーズンにわたって同クラブで活躍すると、2011年にバルセロナへ復帰。

その後、2014年夏にバルセロナから5年契約でチェルシーに加入したセスク。チェルシーとの現行契約が今シーズン限りまでとなっていたが、クラブ側から契約延長への動きは伝えられておらず、マウリツィオ・サッリ新体制の下でも出場機会が減少していることから、今冬での移籍が有力視されていた。

なお、モナコを指揮するティエリ・アンリ監督とは、アーセナルでチームメイトだった2006-2007シーズン以来の共闘となる。
コメント
関連ニュース
thumb

チェルシー、ハドソン=オドイ慰留に巨額サラリー提示へ!

チェルシーが、U-19イングランド代表FWカラム・ハドソン=オドイ(18)の慰留に向けて高額サラリーを準備しているようだ。イギリス『メトロ』が報じた。 イングランド屈指の若手として注目を集めているハドソン=オドイ。しかし、チェルシーで出場機会を掴む難しさから移籍が取り沙汰されており、バイエルンが獲得に接近していることが伝えられている。バイエルンは4度のオファーを提示し、提示される移籍金は3500万ポンド(約50億円)にまで到達。また、選手当人もバイエルン行きに前向きであると見られている。 流出寸前という状況だが、慰留に努めるチェルシーは新契約を準備。その契約では、基本週給5万ポンド(約700万円)+出来高2万ポンド(約280万円)で計7万ポンド(約980万円)というサラリーが設定されており、10代のプレミアリーグの選手の中ではかなり高額なものとなる。 しかし、このオペレーションが順調に進んでいるとは伝えられていない。今回がチェルシーからの最終オファーともされているが、ハドソン=オドイは変わらずバイエルンであればより出場機会を増加させられると考えているようで、給与以上にその点を重視しているとのこと。記事は、チェルシーが“マンモス・ディール”を成立させるためには出場時間の保証が必要になるだろう、と締められている。 2019.01.18 19:15 Fri
twitterfacebook
thumb

イグアインがロンドンへ 19日アーセナル戦でチェルシーデビューか

ミランに所属するアルゼンチン代表FWゴンザロ・イグアイン(31)のチェルシー移籍が間近の様相だ。 イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』によれば、イグアインは18日にもチェルシー移籍に向け、ロンドン入りし、メディカルチェックへ。ユベントスとの話もまとまっており、契約書にサインを交わすのみだという。 また、イギリスのロンドン地元紙『イブニング・スタンダード』もイグアインのチェルシー移籍を報道。19日に行われるプレミアリーグ第23節のアーセナル戦に間に合わせるべく、締め切りの18日午後12時までにメンバー登録したい模様だ。 なお、チェルシーとユベントスは、3200万ポンド(約45億4000万円)の買取オプションが付随したレンタルで合意。イグアインはチェルシーで週給15万ポンド(約2100万円)の契約を結ぶとみられる。 2019.01.18 12:20 Fri
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ「監督がしたい。引退には若過ぎる」

ジョゼ・モウリーニョ氏(55)が今後に言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 モウリーニョ氏は昨年末、マンチェスターユナイテッド監督就任3年目の今シーズン途中に退任。その後、監督業“出発の地”ベンフィカからオファーを受けたが、第一線での指揮続投を望み、古巣復帰は実現に至らなかった。 モウリーニョ氏はイギリス『beIN SPORTS』のインタビューに対して、注目を集る去就について触れ、トップレベルでの指揮希望を口にしたという。 「監督がしたい」 「長くフットボール界に携わってきた私はあと2週間足らずで56歳の誕生日を迎えるが、若過ぎる。引退にはね」 「私はこれから先もいるつもりだ。フットボール界のトップレベルにね。そこが私の居場所だ」 2019.01.18 10:20 Fri
twitterfacebook
thumb

モウリーニョがサラーのチェルシー時代を巡り潔白を主張

ジョゼ・モウリーニョ氏がリバプールでブレイクを遂げたエジプト代表FWモハメド・サラーのチェルシー時代に言及した。イギリス『メトロ』が報じた。 2014年1月にバーゼルからチェルシーに移籍したサラーだが、当時のモウリーニョ政権下で出番に恵まれず、2015年1月にフィオレンティーナにレンタル。同年夏から買取オプション付きのレンタルでローマに移籍すると、2017年夏から加わったリバプールでプレミアリーグ得点王に輝き、さらなる飛躍を遂げた。 そうしたサラーの成り上がりを受け、不遇をかこったチェルシー時代がフォーカスされることが多々あり、当時の監督であるモウリーニョ氏に対しても才能を見いだせなかった指導者としてのレッテルが…。そのモウリーニョ氏はサラー売却の真実として次のように語り、“売った監督”であることを否定した。 「ありとあらゆる真実じゃないことを言われてきたサラーについて話をしよう」 「人々はサラーを売った監督として、私を見ている。だが、実際のところ、私はサラーを買った監督だ」 「間違った見方でしかない。私はチャンピオンズリーグのバーゼル戦でまだ若かった頃のサラーを見つけ、そのときの分析で彼に恋をした」 「そして、私からクラブに勧め、獲得した。だが、既にアザールとウィリアンといった素晴らしい選手がいた。最高のタレントがね」 「それでも、私は少年だった彼を買うようクラブに進言した。ロンドンという新たな世界で迷子になったが、我々はさらなる成長を願っていた」 「だが、彼に待つ考えはなく、プレーを希望した。だから、我々は大きなプレッシャーがかかることなくプレーできるフィオレンティーナに貸し出した」 「クラブが売却を決めたとき、私は嫌がった。彼との関係性は良かったのだ。今の彼に後悔はないだろう。うまくいっているのだからね」 「だが、あの当時だけでいけば、彼は毎週、毎分のようにプレーを望む少年だった。そして、我々はその希望に応えることができなかった」 2019.01.18 09:35 Fri
twitterfacebook
thumb

チェルシーのイグアイン獲得報道で、モラタのアトレティコ移籍が加速

チェルシーを巡るストライカーの去就が慌ただしくなっている。 先日、チェルシーのミラン所属アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアイン獲得合意報道が流れた。昨夏から興味を示していたマウリツィオ・サッリ監督の愛弟子の獲得にようやく漕ぎ着けた模様だ。 一方で、イグアインのスタンフォード・ブリッジ到着は、現チェルシーのスペイン代表FWアルバロ・モラタの出発も意味している。イギリス『スカイ・スポーツ』は、イグアインの所属先であるユベントスとチェルシーは、1年間の延長オプション付きの今季いっぱいまでのレンタルで合意したと報道。同時に、以前から噂が上がっていたモラタのアトレティコ移籍に拍車がかかると見込んでいる。 同選手にはセビージャやバルセロナからの関心も伝えられていたが、ここにきてアトレティコがポールポジションに立った模様。交渉も順調に進んでいるようだ。 2017年夏に7000万ポンド(現在のレートで約98億円)の移籍金でレアル・マドリーからチェルシーに移籍したモラタ。しかし、その高額は移籍金とは裏腹に、プレミアリーグのスタイルに馴染めず、今季もここまで16試合で5ゴールと結果を残せていない。 果たしてモラタはユース時代を過ごした古巣で輝きを取り戻すことはできるのだろうか。チェルシーを巡るストライカーの玉突き移籍が刻一刻と迫っている。 2019.01.17 15:50 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース