ラツィオがFWアレッサンドロ・ロッシと2022年まで契約延長2019.01.12 03:45 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラツィオは11日、イタリア人FWアレッサンドロ・ロッシ(22)との契約を2022年6月30日まで延長したことを発表した。

14歳でラツィオの下部組織に入団したA・ロッシは、2015年にトップチームへ昇格。しかし、出場機会には恵まれず、昨シーズンはセリエBに所属するサレルニターナへレンタル移籍。

ラツィオに復帰した今シーズンも、ここまでヨーロッパリーグ2試合の出場にとどまっている。
コメント
関連ニュース
thumb

アルベルト・モレーノのラツィオ移籍近づく

リバプールの元スペイン代表DFアルベルト・モレーノ(26)のラツィオ移籍が近づいているようだ。イギリス『インデペンデント』が伝えている。 2014年加入のモレーノは、リバプールでの公式戦出場141試合を数えているが、ここ2、3年は出場機会が激減。今季に至ってはここまで公式戦出場は5試合のみとなっている。 伝えられるところによると、そんなモレーノにラツィオが興味。リバプールとラツィオは過去にMFルーカス・レイバとMFルイス・アルベルトの移籍を成立させた関係を持っており、今回も同様にスムーズな流れで交渉は進行していると見られている。 モレーノに関してはラツィオの宿敵であるローマも獲得に動いていたようだが、先日にモンチSDが退任したことで関心は薄まっているようだ。また、そのモンチ氏が復帰したセビージャはモレーノの古巣であるが、こちらは獲得に動く気配は無いようだ。 2019年6月末でリバプールとの契約が切れるモレーノは、2018年から他クラブとの自由交渉が可能となっている。 2019.03.21 15:37 Thu
twitterfacebook
thumb

マドリー、値崩れのミリンコビッチ=サビッチ獲得に関心か

レアル・マドリーがラツィオのセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ(24)の獲得に関心を示しているようだ。スペイン『El Chiringuito TV』が伝えている。 ジネディーヌ・ジダン監督の再任によって今夏の大型補強が噂されるマドリー。一部ではパリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペ、ブラジル代表FWネイマール、チェルシーのベルギー代表MFエデン・アザール、トッテナムのデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンらビッグネームの名前がすでに挙がっている。 しかし、『El Chiringuito TV』が伝えるところによれば、マドリーは前述のビッグネームとは別にミリンコビッチ=サビッチの獲得にも関心を示しているようだ。 2015年夏にヘンクからラツィオに加入したミリンコビッチ=サビッチは、昨シーズンにリーグ戦35試合で12ゴール4アシストの成績で大ブレイクを果たしていた。だが、今季ここまではリーグ戦23試合で3ゴール2アシストと昨季のようなインパクトを残せず。 これによって昨夏に1億ユーロ(約125億円)と言われた評価額も半額の5000万ユーロ程度まで落ち込んでおり、マドリーが新たなオプションとして獲得する可能性が出てきているようだ。 2019.03.14 03:08 Thu
twitterfacebook
thumb

インモービレ弾もラツィオ、逃げ切れずフィオレンティーナにドロー《セリエA》

ラツィオは10日、セリエA第27節でフィオレンティーナとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。 前節ローマとのダービーを快勝してチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いに留まった6位ラツィオ(勝ち点41)は、インモービレやミリンコビッチ=サビッチ、L・アルベルトら現状のベストメンバーが並んだ。 10位フィオレンティーナ(勝ち点36)に対し、受けに回る入りとなったラツィオは、21分に決定機。ミリンコビッチ=サビッチのダイレクトパスを受けたボックス中央のインモービレがシュート。しかし、GKテラッチアーノにセーブされたボールは右ポストに直撃した。 それでも23分、ラツィオが先制する。コレアとのパス交換からボックス手前左のインモービレがゴール右にミドルシュートを流し込んだ。 その後もカウンターで揺さぶるラツィオは30分、ミリンコビッチ=サビッチのミドルシュートでGKを強襲。36分に足を負傷したキエーザがプレー続行不可能となってシメオネを投入したフィオレンティーナに対し、39分にコレアがGKを強襲するシュートを浴びせたラツィオが主導権を渡さない。 続く44分にもインモービレがGKを強襲するシュートを放ったラツィオが1点のリードで迎えた後半、引き続き守備ブロックを形成しながらカウンターを狙っていく。 しかし61分、後半から投入されていたミララスに右サイドを突破されると、ニアサイドのムリエルに合わせられ、ネットを揺らされた。 続く64分にもシメオネの左クロスからミララスが決定的なシュートを浴びせたフィオレンティーナは、72分にはドリブルでボックス内に侵入したシメオネが倒されるも、ノーファウルの判定となった。 ひやりとしたラツィオは、77分にもシメオネに際どいヘディングシュートを浴びると、終盤にかけてもチャンスを生み出せずに1-1のドロー。後半に失速して引き分け止まりとなったラツィオは、4位インテルとは5ポイント差に広がった。 2019.03.11 06:25 Mon
twitterfacebook
thumb

スパーズ、ロリス後継者にラツィオ守護神をリストアップか

トッテナムが、フランス代表GKウーゴ・ロリス(31)の後継者としてラツィオに所属するアルバニア代表GKトーマス・ストラコシャ(23)の獲得に興味を示しているようだ。イタリア『カルチョ・メルカート』が伝えている。 2012年8月にリヨンからトッテナムに加入したロリスは、公式戦通算285試合に出場するなど、長きに渡ってチームの守護神として活躍。直近のアーセナル戦でも試合終了間際にFWピエール=エメリク・オーバメヤンのPKをストップするなど好パフォーマンスを披露している。 しかし現在、32歳と年齢による衰えを考慮し始めなければならない時期に差し掛かっており、トッテナムは後継者探しを開始。その候補としてストラコシャをリストアップしているという。だが、ラツィオのクラウディオ・ロティート会長とイグリ・ターレスポーツディレクター(SD)は若き守護神の放出に否定的であることから難しいオペレーションになると同メディアは見解を示している。 ラツィオ下部組織のストラコシャは、2012-13シ―ズンにトップチーム昇格を果たすと、抜群の反射神経を武器に2016-17シーズンの後半戦からスタメンに定着。今シーズンもここまで32試合に出場している。 2019.03.07 17:50 Thu
twitterfacebook
thumb

パリからSMSに127億円オファー?

パリ・サンジェルマン(PSG)がフランス代表MFアドリアン・ラビオ(23)の後釜確保に乗り出している模様だ。イタリア『カルチョメルカート』が報じた。 その候補として名前が挙がったのはラツィオに所属するセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ(24)だ。ラツィオとの契約は2023年6月まで。ユベントスやインテル、ミランのほか、マンチェスター・ユナイテッド、チェルシーの関心が取り沙汰され続ける大器だ。 そのミリンコビッチ=サビッチを巡ってはPSGも長らく注視。昨夏にも獲得に乗り出す可能性があったが、ラツィオが移籍金として破格の1億5000万ユーロ(約190億8000万円)を求めたため、実現に至らなかった背景があるという。 だが、PSGは今夏にも獲得に再挑戦の意向。ラツィオ会長を務めるクラウディオ・ロティート氏のミリンコビッチ=サビッチに対する評価低下を見込み、移籍金1億ユーロ(約127億2000万円)を準備しているとのことだ。 なお、ミリンコビッチ=サビッチは今シーズンのここまで公式戦30試合に出場して4得点2アシスト。複数有力クラブからの関心報道が過熱した昨シーズンは公式戦47試合14得点8アシストだった。 2019.03.04 16:20 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース