辛勝の韓国がGS連勝で中国と共に決勝T進出を決める! 次節は首位通過を懸け両者が激突《AFCアジアカップ2019》 2019.01.12 03:15 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
AFCアジアカップUAE2019のグループC第2節キルギス代表vs韓国代表が11日に行われ、0-1で韓国が勝利した。

初戦のフィリピン代表戦をファン・ウィジョのゴールで辛勝した韓国と、中国代表に1-2と惜敗したキルギスの一戦。韓国はフィリピン戦から先発を3人変更。キ・ソンヨン、イ・ジェソン、キム・ジンスに代えてイ・チョンヨン、ファン・インボム、ホン・チョルを先発で起用した。

試合は立ち上がりから韓国が押し込む展開となるが、フィリピン戦同様に最後の場面で精度を欠きなかなかゴールをこじ開けることができない。すると、韓国は34分にピンチを迎える。右CKのセカンドボールをボックス手前のベルンハルトがボレーシュート。さらにDFに当たったボールをサギュンバエフに押し込まれたが、このシュートはGKキム・スンギュがキャッチ。

ピンチを凌いだ韓国は、36分に決定機。右サイドからカットインした味方のスルーパスをボックス右深くでク・ジャチョルが折り返すと、最後は逆サイドでフリーのイ・チョンヨンが合わせたが、シュートは枠の上にふかしてしまう。

しかし42分、韓国はホン・チョルの右CKからニアに走り込んだキム・ミンジェがヘディングシュートを流し込み、先制に成功した。

迎えた後半、先にチャンスを作ったのはリードする韓国だった。68分、左サイド深くまで侵入したホン・チョルのクロスをゴール前のファン・ウィジョがヘディングシュートで合わせたが、これはクロスバーを直撃した。

さらに76分には、ファン・ヒチャンに決定機が訪れたが右クロスからヘディングシュートはクロスバーに当たり、枠の上に外れた。結局、試合はそのまま0-1で終了。キム・ミンジェ弾で逃げ切った韓国がグループステージ連勝で決勝トーナメント進出を決めた。韓国は、16日に行われる第3節で中国とグループ首位通過を懸けて対戦する。

また、同日開催となったグループC第2節もう一試合のフィリピンvs中国は0-3で中国が勝利した。試合は40分にウー・レイにゴールで中国が先制すると、66分にもウー・レイがゴールネットを揺らし2点目を奪う。

さらに中国は80分、右CKをニアでウー・シイがフリックすると、相手DFに当たったこぼれ球を途中出場のユ・ターパオが頭で押し込み、試合を決定づける3点目。韓国と共に2連勝で16強入りを確定させた。
コメント
関連ニュース
thumb

韓国、ボリビアを圧倒も決定力不足を露呈し辛勝…《国際親善試合》

韓国代表は22日、国際親善試合でボリビア代表と対戦し1-0で勝利した。 優勝候補として臨んだアジアカップ2019で準々決勝敗退と苦渋を味わった韓国は、再起を図る一戦に向け、エースのFWソン・フンミンやFWチ・ドンウォンが先発。Jリーグから招集された選手ではヴィッセル神戸のGKキム・スンギュとFC東京のMFナ・サンホが先発で起用された。 前半からポゼッションでボリビアを圧倒する韓国だが、決定力不足を露呈し前半をゴールレスで終える。 後半に入っても主導権を握る韓国は、63分チ・ドンウォンを下げてガンバ大阪のFWファン・ウィジョを投入。すると68分、中盤でボールを受けたファン・インボムのワンタッチスルーパスに反応したファン・ウィジョがボックス中央からシュートを放ったが、これは相手GKの正面をついた。 試合も終盤に差し掛かりこのまま試合終了かと思われたが、86分に韓国ゴールをこじ開ける。左サイドをオーバーラップしたホン・チョルがソン・フンミンからのパスを受けると、そのままクロスを供給。これをファーサイドからゴール前に走り込んだ途中出場のイ・チョンヨンがヘディングで叩き込み、待望の先制点を奪った。 結局、これが決勝点となり韓国が1-0で勝利した。韓国は26日に日本代表に1-0の勝利を収めたコロンビア代表と対戦。一方、韓国を相手にわずかシュート2本に抑えられたボリビアは、26日に日本と対戦する。 2019.03.23 01:50 Sat
twitterfacebook
thumb

鹿島DFチョン・スンヒョン、右ハムストリング損傷で韓国代表離脱…《国際親善試合》

韓国サッカー協会(KFA)は21日、鹿島アントラーズに所属するDFチョン・スンヒョンが右ハムストリング損傷のため同国代表を離脱することを発表した。なお、追加招集はしないことも併せて伝えている。 また、鹿島アントラーズは「今後については帰国後、チームドクターの再検査を受ける予定です」と説明している。 チョン・スンヒョンは2018年7月にサガン鳥栖から鹿島アントラーズに加入。今シーズンはここまで公式戦6試合に出場していた。 韓国代表は22日にボリビア代表と、26日にコロンビア代表と対戦する。 2019.03.21 16:50 Thu
twitterfacebook
thumb

Jリーガー6名が招集、札幌GKク・ソンユンは1年半ぶり復帰! 韓国代表27名が発表《国際親善試合》

韓国サッカー協会(KFA)は11日、国際親善試合に向けた韓国代表メンバー27名を発表した。 韓国代表を率いるパウロ・ベント監督は、JリーグからGKキム・スンギュ(ヴィッセル神戸)、GKク・ソンユン(北海道コンサドーレ札幌)、DFキム・ヨングォン(ガンバ大阪)、DFチョン・スンヒョン(鹿島アントラーズ)、MFナ・サンホ(FC東京)、FWファン・ウィジョ(ガンバ大阪)を招集。ク・ソンユンは2017年9月以来、1年1年半ぶりの復帰となる。 また、ジローナのMFペク・スンホとバレンシアのMFイ・カンインが初招集。18歳のイ・カンインは歴代7位の若さでの招集となった。 韓国代表は22日にボリビア代表と、26日にコロンビア代表と対戦する。今回発表された韓国代表メンバー27名は以下の通り。 ◆韓国代表メンバー27名 GK キム・スンギュ(ヴィッセル神戸/日本) ク・ソンユン(北海道コンサドーレ札幌/日本) チョ・ヒョヌ(大邱FC) DF キム・ヨングォン(ガンバ大阪/日本) キム・ミンジェ(北京国安/中国) チョン・スンヒョン(鹿島アントラーズ/日本) クォン・ギョンウォン(天津天海/中国) パク・ジス(広州恒大/中国) ホン・チョル(水原三星ブルーウィングス) キム・ジンス(全北現代モータース) チェ・チョルスン(全北現代モータース) キム・ムンファン(釜山アイパーク) MF チョン・ウヨン(アル・サッド/カタール) チュ・セジョン(牙山ムグンファ) ファン・インボム(バンクーバー・ホワイトキャップス/アメリカ) イ・ジンヒョン(浦項スティーラーズ) キム・ジョンミン(FCリーフェリング/オーストリア) ペク・スンホ(ジローナ/スペイン) イ・ジェソン(ホルシュタイン・キール/ドイツ) イ・スンウ(エラス・ヴェローナ/イタリア) ソン・フンミン(トッテナム/イングランド) クオン・チャンフン(ディジョン/フランス) イ・チョンヨン(ボーフム/ドイツ) イ・カンイン(バレンシア) ナ・サンホ(FC東京/日本) FW チ・ドンウォン(アウグスブルク/ドイツ) ファン・ウィジョ(ガンバ大阪/日本) 2019.03.11 12:15 Mon
twitterfacebook
thumb

主将キ・ソンヨン、韓国代表引退を決断「サッカー人生で代表は何よりも大切だった」

韓国サッカー協会(KFA)は30日、ニューカッスルに所属するMFキ・ソンヨン(30)が韓国代表を引退することを発表した。 全世代別の代表に選出され、FCソウル在籍時の2008年6月に19歳で韓国代表デビューを飾ったキ・ソンヨン。すぐさまレギュラーに定着し、キック力とパスセンスを武器に長きにわたって韓国を支えてきた。ワールドカップ(W杯)には、2010年大会から3大会連続出場。2012年に行われたロンドン五輪では、U-23韓国代表の主役として銅メダルを獲得した。2015年からキャプテンとしてチームをけん引。現在、開催中のAFCアジアカップ2019にも参戦していたが、グループE第1戦のフィリピン代表戦で右ハムストリングを痛め、グループステージ終了後に代表を離脱していた。代表キャリアでは、通算110試合10得点を記録した。 KFAによると、キ・ソンヨンは30日にKFAに「2019年のAFCアジアカップを最後に代表という大きな名誉と重大な責任を終えようと思う」と書信を送付。代表引退を決断したキ・ソンヨンは、以下のようにコメントしている。 「サッカー人生の中で、代表は何よりも大切だった。これまで多くの愛と声援を送ってくれたファンの皆さんに深く感謝を申し上げたい」 「アジアカップではファンの期待に応えられず、代表は困難な時期を迎えている。ただ、パウロ・ベント監督の指導の下、仲間たちと後輩が力を合わせて乗り越えていくと思っている」 「代表を応援する一人のサッカーファンに戻り、韓国サッカーの発展を誰よりも祈っている」 「クラブで最善を尽くし、サッカー選手としてのキャリアが終わるまで、ファンの皆さんの期待に応えていきます」 2019.01.31 18:50 Thu
twitterfacebook
thumb

【1月26日のNo.1ニュース】カタールが優勝候補韓国を下して初のベスト4進出!《AFCアジアカップ2019》

昨日のアクセス数1位のニュースをお届けします。今サッカー界で最も話題のニュースが分かる! ▼AFCアジアカップUAE 2019決勝トーナメント・準々決勝の韓国代表vsカタール代表が25日に行われ、カタールが1-0で勝利した。 ラウンド16でバーレーン代表を2-1で下した韓国と、イラク代表に1-0で競り勝ったカタールが激突した一戦。 序盤にソン・フンミンのFKから攻撃の形を作った韓国は、3バックを敷いて試合を押し気味に進める。対するカタールは5バックで韓国の攻撃を地道に耐え抜く。 すると21分に、自陣でボールを奪ったカタールがカウンターを発動。アクラム・アフィフとアルモエズ・アリの2人で持ち上がり、最後はアリがシュートを放っていったが、足を滑らせてしまい、枠に飛ばすことはできなかった。 徐々に互角の戦いとなる中、カタールは32分にアクラム・アフィフがボックスの外からミドルシュートでトライ。一方の韓国も34分に、右サイドのソン・フンミンのFKのこぼれ球をファン・インボムがボックス手前からダイレクトで狙ったが、惜しくも枠の右上に外れた。 ゴールレスで迎えた後半、韓国は48分にファン・ウィジョがボックス手前左から狙ったシュートはGKアル・シーブにセーブされる。その直後には、カタールもアフィフがボックス中央からゴールに迫ったが、シュートはブロックされてしまった。 一進一退の攻防を見せる両チーム。ボールを持つ韓国に対し、しっかり守りを固めて迎え撃つカタールは、61分にも惜しいゴールチャンスを迎える。 そんな中、韓国は74分にファン・インボムを下げて、ク・ジョチャルを投入。77分に得たFKの場面では、ボックス手前右の位置からキム・ジンスが直接狙ったシュートが右ポスト直撃。赤いユニフォームが勢いをつけてくる中、試合は79分に動いた。 左サイドから攻撃を展開するカタールは、アフィフが中央のアブドゥラジズ・ハティムにパス。ボックス手前でボールを持ったハティムは、韓国がサイドに寄ったことでわずかに空いた隙間を見逃さず、左足で針の穴を突くようなシュートをゴール右下に突き刺し先制点を奪った。 一気に敗退のピンチに晒された韓国は失点直後、右サイドのイ・ヨンのクロスをファン・ウィジョが押し込んで同点としたかに思われたが、VAR判定によりオフサイドとなりゴールは認められなかった。 焦り始める韓国を尻目に、83分にCKからブアーラームが見事なバイスクルシュートを放ったカタールは最後まで守りを崩されることなく、5分のアディショナルタイムを守り抜き1-0で勝利。史上初のベスト4進出を決めた。対戦相手は、UAE代表vsオーストラリア代表の勝者となる。 2019.01.27 11:11 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース