SNSでの侮辱発言に処分、ロブレンがクロアチア代表として1試合の出場停止2019.01.11 21:45 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
UEFA(欧州サッカー連盟)は11日、リバプールのクロアチア代表DFデヤン・ロブレンに対して、1試合の出場停止処分を下すことを発表した。イギリス『スカイ・スポーツ』など複数メディアが報じている。

今回の処分の対象となったのは、2018年11月に行われたUEFAネーションズリーグに関わる一件。クロアチア代表はスペイン代表と対戦し、3-2で勝利したものの、ロブレンが自身のインスタグラム(dejanlovren06)に不適切な内容を投稿した事で調査が行われていた。

「ハッピーだ。僕はヒジで奴(セルヒオ・ラモス)を殺してやった、殺してやったんだ」

「セルヒオ・ラモスは僕よりもミスが多いし、(ラファエル・)ヴァランの方が良い。でも、レアル・マドリーでプレーしているからミスしても5-1か5-2で勝つし、誰も気にしないんだ」

ロブレンは、レアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスを罵倒し、スペイン代表チームへの侮辱的な発言を行っていた。また、スペイン側はこの投稿に対し「失礼な態度」だと主張していた。

UEFAは、ロブレンの行為が「侮辱的であり、そのほかの方法での適切な行為の基本原則に違反している」とし、懲戒規則の条項に違反していると発表。クロアチア代表として1試合の出場停止処分を下すことを発表した。

なお、クロアチア代表の次の試合は、3月に予定されているアゼルバイジャン代表とのユーロ2020予選となる。
コメント
関連ニュース
thumb

ザネとギュンドアンへの人種差別で3人の男が逮捕

ヴォルフスブルク警察は、ドイツ代表MFレロイ・ザネ、MFイルカイ・ギュンドアンへの人種差別虐待の容疑で、3人の男を取り調べているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ドイツ代表に招集されているザネとギュンドアンは、20日に行われたセルビア代表との一戦に出場。試合は1-1の引き分けに終わったが、その際に1人のジャーナリストが人種差別行動を訴えた。 3人の男は木曜日に警察に拘束。ザネとギュンドアンに対し、「ネグロ」という言葉を使用。また、試合中にはナチスのスローガンを唱えていたとされている。 ヴォルフスブルク警察は声明を発表。事件について捜査を続けることを明かした。 「水曜日の夜、サッカーの試合であるドイツvsセルビアでドイツ代表チームの2人の選手を侮辱したとされる3人の男を木曜日の午後に取り調べた」 「30〜40歳の3人の男が、最初の取り調べで事件についてコメントしている」 「警察は来週の初めにさらなる捜査を行い、ブラウンシュッヴァイク検察へ引き渡す」 2019.03.23 12:40 Sat
twitterfacebook
thumb

中田英寿のパルマ元同僚GKフレイ氏がウイルス感染で死の危険性があったと告白

かつてパルマやフィオレンティーナ、フランス代表でもプレーしたセバスティアン・フレイ氏(39)が、ウイルスにより命を落とす可能性があったと明かした。自身のインスタグラム(sebafrey)で明かした。 フレイ氏は、母国のカーンでキャリアをスタートすると、1998年7月にインテルへ加入。エラス・ヴェローナやパルマへとレンタル移籍を経験。2003年に完全移籍したパルマでは、中田英寿氏らともプレーし、その後はフィオレンティーナやジェノア、ブルサスポルでもプレーしていた。 フレイ氏によると、深刻なウイルス感染が発見され、最悪命を落とす危険があったとのこと。しかし、その困難を乗り越えていたようだ。 「みんな気づいていたと思うが、私はSNSをしばらく休んでいる。その理由を説明する」 「私は40度の熱が下がらず、緊急搬送され、入院していた」 「見つかったウイルスは、徐々に私を完全に衰弱に陥らせていき、私を死に至らしめる可能性があった」 「私はこの試練を乗り越えたことをラッキーだと思う。いつもしていたように、私は私の足で歩み出す」 「いつも勝つためにプレーしてきた。そして今、決意と力を持って、この戦いにも勝つ。」 2019.03.23 10:58 Sat
twitterfacebook
thumb

15歳の少女と性的関係を持って投獄された元イングランド代表アダム・ジョンソンが釈放

15歳の少女と性的関係を持ち、2016年に6年の実刑判決を下された元イングランド代表MFアダム・ジョンソン(31)が、22日に釈放された。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ミドルズブラやマンチェスター・シティ、サンダーランドでプレーしていたアダム・ジョンソンは2015年3月に15歳の少女との性行為および性行為を目的に未成年者を誘った一件で逮捕され、2016年3月にブラッドフォード刑事法院で行われた裁判で懲役6年の実刑判決を下されていた。 元々の刑期の半分の3年で釈放となったアダム・ジョンソン。伝えられるところによると、しばらく自身の4歳の娘と2人で会うことを禁止されるという。また、有料ポルノサイトへアクセスを防ぐため、キャッシュカードを引き渡す必要があるほか、指示があればどんな場合でも携帯電話を放棄しなければならなくなる可能性があるようだ。 なお、今後のキャリアについてはイングランド5部クラブや中国など海外でのプレーが噂されているが、『デイリー・メール』によれば、リーグ1(イングランド3部相当)およびリーグ2(イングランド4部相当)のいかなるクラブも、アダム・ジョンソンを招き入れるつもりはないという。また、労働ビザの取得が困難であることから中国でプレーする可能性も低いと見られている。 さらに、アメリカやオーストラリア、サウジアラビアなどの中東諸国でプレーする場合は、中国と同じように徹底的な犯罪歴のチェックがあるため、これらの国々でもキャリアを続けることは難しいと指摘している。 2019.03.22 19:19 Fri
twitterfacebook
thumb

子どもへの命名「グリーズマン・ムバッペ」は禁止! フランス人夫妻に判決

いかに英雄にあやかりたい気持ちがあろうと、やはり子供に「グリーズマン・ムバッペ」と命名することは許されなかったようだ。スペイン『アス』が報じた。 ロシア・ワールドカップ(W杯)でフランス代表の優勝に大きく貢献したアトレティコ・マドリーFWアントワーヌ・グリーズマンと、パリ・サンジェルマン(PSG)FWキリアン・ムバッペ。母国に大きな歓喜をもたらし、今では国民の英雄となっている。 しかし、英雄視しすぎるあまり、フランス南部のブリーブという街に住むある夫妻が、ロシアW杯後に生まれた息子に「グリーズマン・ムバッペ」と命名。「子どもの利益を害する」として、政府に問題視され、名前の変更を求める裁判が起こされていた。 その報道から約5ヵ月後、地元紙『La Montagne』によると、裁判所は「グリーズマン・ムバッペ」という名前が国連子どもの権利条約第3条に基づく、乳児の「最善の利益」に反すると指摘。夫妻には、改名が言い渡された。 そして、地元ラジオ「France Bleu Limousin」が伝えるところでは、赤ん坊の名前は「ダニー・ノア」に落ち着いたようだ。 フランスではヘーゼルナッツが流行っていた2015年にも、ヘーゼルナッツ風味のチョコレート菓子の商品名『ヌテラ(Nutella)』をある夫妻が子供に命名。その際には、裁判所から『エラ(Ella)』に変更するようにとの命令が下されていた。 2019.03.19 15:35 Tue
twitterfacebook
thumb

ベッカム、新型ベントレーで“ながらスマホ”…容疑認める

デイヴィッド・ベッカム氏が、運転中の携帯電話での通話を認めたようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ベッカム氏は昨年11月21日に2018年新型ベントレーを運転している最中に、携帯電話を使用している姿を目撃されており、起訴されていた。『スカイ・スポーツ』によると、ベッカム氏は罪を認めており、ロンドン警視庁本部は、「ベッカム氏は容疑を認め、ブロムリー治安判事裁判所により有罪の申し立てが受理されました」と発表している。 なお、今回の一件については3月19日にも裁判所で審理される予定だが、ベッカム氏当人の出席は見込まれておらず、報道関係者などの立ち入りも認められないとのこと。今回の場合は免許点数の減点や罰金などが科されることとなりそうだ。 また、ベッカム氏の広報担当者は、『スカイ・スポーツ』の取材の申し込みに対してすぐには返答せず。ベッカム氏当人のコメントに関しても、差し控えられている。 2019.03.19 15:05 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース