王者オーストラリアが今大会初白星! 3発無失点でパレスチナに完勝《AFCアジアカップ2019》2019.01.11 21:55 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
AFCアジアカップUAE2019のグループB第2節パレスチナ代表vsオーストラリア代表が11日に行われ、3-0でオーストラリアが勝利した。

王者として臨みながらも初戦のヨルダン代表で0-1の敗北を喫したオーストラリアと、シリア代表と0-0で引き分けたパレスチナによる一戦。オーストラリアは3名を入れ替え、ルオンゴ、クルーズ、リズドンに代えてアーバイン、イコノミディス、グラントを先発させた。

試合は前半の半ばに大きく動きを見せる。18分、右サイドでボールを持ったロギッチが左足で鋭いクロスを送ると、最前線で高く飛び上がったマクラーレンがヘディングシュートを放つ。これがGKハマダの手が届かないゴール左下隅に吸い込まれ、オーストラリアが先制点を奪い切る。

続く20分にも立て続けにオーストラリアがパレスチナゴールに迫る。今度は左サイドでイコノミディスがボールを持ち、右足で最終ラインの裏に浮き球のラストパスを送る。ダイアゴナルに走り込んだメイビルが押し込み、わずか3分間で突き放した。

2-0でオーストラリアのリードのまま後半に突入すると、ビハインドを背負うパレスチナが積極的に仕掛けていく。しかし、オーストラリアが主導権を握りつつ時計の針を進め、相手に決定的なシーンを迎えさせない。


75分、オーストラリアはロギッチに代えてルオンゴを投入。パワフルなプレーヤーを送り出し、中盤のインテンシティを再び上げ直していく。結局、最後までパレスチナがネットを揺らすことはなく、逆に試合終了間際の90分に途中出場のギアヌーがイコノミディスの左サイドからのクロスを頭で押し込み、トドメの3点目。直後に試合が終了した。

勝利したオーストラリアは、15日に行われる第3節でシリア代表と対戦。一方のパレスチナは、同日にヨルダン代表と戦う。
コメント
関連ニュース
thumb

前回王者オーストラリア、ウズベキスタンとのPK戦を制して薄氷の準々決勝進出!《AFCアジアカップ2019》

AFCアジアカップUAE 2019決勝トーナメント・ラウンド16、オーストラリア代表vsウズベキスタン代表が21日に行われ、120分を0-0で終えた。そしてPK戦を4-2で制したオーストラリアが準々決勝へ進出している。 グループBを2位で通過したオーストラリアと、日本代表と同居したグループFを2位で通過したウズベキスタンの一戦。 ウズベキスタンがボールを持つ立ち上がりとなった中10分、ショムロドフが単騎突破から決定機を迎える。しかし、ボックス左まで侵入したショムロドフのシュートはGKにセーブされた。 対するオーストラリアは12分、ベヒッチのミドルシュートでGKを強襲するも、引き続きウズベキスタンがボールを持つ展開となると、28分にシディコフが際どいミドルシュートを浴びせた。ハーフタイムにかけては膠着状態が続き、互いにシュートに持ち込めず前半をゴールレスで終えた。 迎えた後半、オーストラリアがボールを持つ展開で立ち上がった中、シュートに持ち込めずにいたことから68分に負傷明けのレッキーを投入。すると72分、そのレッキーがミドルシュートでゴールに迫ると、77分にも決定機。レッキーがドリブルでボックス右に侵入して放ったシュートが右ポストに直撃した。 しかし、90分では勝負がつかず、試合は延長戦にもつれ込んだ。その延長戦ではウズベキスタンがボールを持つ展開となったもののチャンスは生み出せずにPK戦へ。 そのPK戦ではオーストラリアGKライアンが2本のPKをストップして4-2で勝利。苦しみながらも前回王者が準々決勝へ進出している。 2019.01.22 01:43 Tue
twitterfacebook
thumb

ロギッチの劇的弾で辛勝オーストラリアが2位で決勝Tへ! GS無敗のヨルダンが首位通過!!《AFCアジアカップ2019》

AFCアジアカップUAE2019のグループB最終節のオーストラリア代表vsシリア代表が15日に行われ、3-2でオーストラリアが勝利した。 決勝トーナメント進出が懸かるオーストラリア(勝ち点3)と3位のシリア(勝ち点1)による直接対決。前節のパレスチナ代表戦に3-0と快勝したオーストラリアは、この一戦に引き分け以上で4大会連続の決勝トーナメント進出の決まる。 一方、前節のヨルダン代表戦を0-2の完敗したシリアは、今回の試合で勝利且つ最下位のパレスチナがヨルダンに2点差以上で勝利しなければ決勝トーナメント進出が可能となる。 立ち上がりから一進一退となる中、シリアが13分に決定機。GKライアンのフィードミスをバイタルエリアでアルムバイドが繋ぐと、ボックス付近でこれを受けたハルビンが決定機を迎えたが、シュートは枠の左に外れた。 対するオーストラリアは21分、スルーパスで右サイドを抜け出したグラントのダイレクトクロスにマクラーレンが飛び込んだが、このヘディングシュートもゴール左に逸れた。 その後、ボールを保持して押し込んだオーストラリアだったが、30分にピンチを迎える。シリアはバイタルエリア右でムハンマド・オスマンが倒されFKを獲得すると、アジャンのクロス性のFKが直接ゴールネットを揺らしたが、主審はボックス内でポジション争いをしたオスマンがマーク・ミリガンをファウルで倒したとし、ノーゴールの判定となった。 微妙な判定に救われたオーストラリアは、41分に決定機。イコノミディスのパスをボックス右手前で受けたメイビルがカットインから左足を振り抜くと、このシュートがゴール左に突き刺さった。 先制を許したシリアだったが、すぐに反撃に出る。43分、中盤からのロングフィードは飛び出した相手GKにパンチングされたが、こぼれ球を敵陣で拾ったアジャンが左サイド深くまで侵入しクロス。これをゴール前のハルビンがヘディングシュートであわせると、一度は相手GKに弾かれたが再びハルビンが押し込み、ゴールネットを揺らした。 同点で迎えた後半、先にスコアを動かしたのはオーストラリア。54分、右サイドのロギッチがアーリークロスを上げると、ファーサイドまで流れ他ボールをゴールエリア左に走り込んだイコノミディスがシュート。ゴールカバーに入ったアルミダニがすべり込みながら掻き出したが、その前にゴールラインを割っておりオーストラリアの追加点となった。 さらにオーストラリアは、72分にもメイビルのパスからゴール前に抜け出したロギッチがゴールネットを揺らしたがこれはオフサイドの判定でノーゴールとなった。 勝ち越しを許したシリアは34分、セットプレーの際にボックス内でアル・スマがデゲネクに倒されPKを獲得。このPKをアル・スマがゴール左に決め、シリアが再び試合を振り出しに戻した。 その後も果敢にオーストラリアゴールに迫ったシリアだったが、後半アディショナルタイムに悲劇が待っていた。48分、オーストラリアは右サイドから仕掛けたイコノミディスがボックス右横からマイナスの折り返しを供給すると、ペナルティアーク手前で受けたロギッチが強烈なミドルシュートをゴール右に突き刺した。 結局、試合はそのまま終了。ロギッチの劇的弾で勝利した前王者のオーストラリアが2位で決勝トーナメント進出を決めた。 また、同日開催に行われたグループB最終節もう一試合のパレスチナvsヨルダンは、0-0の引き分けに終わった。この結果、勝ち点を7に伸ばしたヨルダンがグループB首位通過を決めている。 2019.01.16 00:48 Wed
twitterfacebook
thumb

前回王者・豪州がまさかの黒星発進…先制弾死守のヨルダンが大金星《AFCアジアカップ2019》

AFCアジアカップUAE2019のグループB第1節オーストラリア代表vsヨルダン代表が6日に行われ、1-0でヨルダンが勝利した。 試合は前回王者のオーストラリアがボールを保持して積極的な入りを見せる中、カウンターで応戦するヨルダンがセットプレーから先制点を奪う。26分、左サイドでのショートコーナーからムサ・スリマンがクロスを供給。中央で巧みにマークを外したバニ・ヤシーンが頭で合わせ、左上に飛んだボールはクロスバーを叩いてゴールに吸い込まれた。 オーストラリア相手に先制したヨルダンは、直後に追加点のチャンスが。30分、ボックス左手前でFKを獲得すると、アブデルラハマンが右足を振り抜いてゴール右上を狙う。しかし、GKライアンが左手でかすかに触り、クロスバーに直撃して追加点とはならない。 後半に入ると、オーストラリアはグラント、イコノミディスを投入して攻撃の活性化を図る。そのイコノミディスが57分にミドルシュートを放つが、GKシャフィのパンチングに阻まれる。 オーストラリアはその後もシュートまで結びつける回数こそ増加するも、ネットを揺らすことはできず。78分にはボックス右浅い位置からメイビルが右足を振り抜いたが、右ポストに嫌われてしまう。 最低でも勝ち点1は欲しいオーストラリア。迎えた87分、味方のシュートが混戦となり、ゴール前に転がると、最後はマクラーレンが押し込んだ。しかし、マクラーレンのオフサイドという判定でゴールが認められない。 結局試合はそのまま1-0で終了。セットプレーからのゴールを守り切ったヨルダンが金星を挙げた。 白星発進となったヨルダンは次戦でシリア代表と、黒星スタートとなったオーストラリアは次戦でパレスチナ代表と対戦する。 2019.01.06 21:55 Sun
twitterfacebook
thumb

アジアカップに臨む豪州代表、司令塔ムーイ欠場でオーストリア・ウィーン所属MFジェッゴを追加招集

▽オーストラリアサッカー連盟(FFA)は24日、来年1月に行われるAFCアジアカップUAE2019に臨む同国代表メンバーにオーストリア・ウィーンに所属するMFジェームズ・ジェッゴを追加招集したことを発表した。 ▽オーストラリア代表は、チームの司令塔を務めるハダースフィールド所属のMFアーロン・ムーイが負傷。クラブは13日に右足内側側副じん帯の損傷と発表し、20日に発表された同国代表メンバーに名を連ねていたものの、同選手の状態を見てメンバーの入れ替えを決断したようだ。 ▽また、ヘルタ・ベルリンに所属するFWマシュー・レッキーは、22日に行われたブンデスリーガ第17節のレバークーゼン戦(1-3でヘルタが敗北)で負傷。それでも大会には間に合う見込みのようで、数日中に代表に合流することが伝えられている。 ▽オーストラリア代表はアジアカップでグループBに所属。6日にヨルダン代表、10日にパレスチナ代表、15日にシリア代表と対戦する。 2018.12.26 09:40 Wed
twitterfacebook
thumb

アジアカップに臨むオーストラリア代表に名古屋GKランゲラック&浦和FWナバウトが招集《アジアカップ》

▽オーストラリアサッカー協会(FFA)(は20日、アジアカップに臨むオーストラリア代表メンバー23名を発表した。 ▽今回のメンバーには、名古屋グランパスのGKミッチェル・ランゲラック、浦和レッズのFWアンドリュー・ナバウトの2人のJリーガーが選出。その他、DFミロシュ・デゲネク(ツルヴェナ・ズヴェズダ)やFWマシュー・レッキー(ヘルタ・ベルリン)、DFマーク・ミリガン(ハイバーニアン)などが招集されている。 ▽また、MFアーロン・ムーイ(ハダースフィールド)に関しては、ヒザの負傷を抱えており、12月24日(月)に最新情報を得るとのこと。負傷者に関しては、初戦の6時間前に交換することが可能となっており、様子を見守るとのことだ。 ▽オーストラリアは、グループBに入り、ヨルダン代表(1月5日)、パレスチナ代表(1月11日)、シリア代表(1月14日)の順に対戦する。今回発表されたオーストラリア代表メンバーは以下の通り。 ◆オーストラリア代表メンバー23名 GK ミッチェル・ランゲラック(名古屋グランパス/日本) マシュー・ライアン(ブライトン&ホーヴ・アルビオン/イングランド) ダニエル・ヴコヴィッチ(ヘンク/ベルギー) DF アジズ・ベヒッチ(PSV/オランダ) ミロシュ・デゲネク(ツルヴェナ・ズヴェズダ/セルビア) アレックス・ガーズバック(ローゼンボリ/ノルウェー) ライアン・グラント(シドニーFC) マシュー・ジャーマン(アル・イテハド/サウジアラビア) マーク・ミリガン(ハイバーニアン/スコットランド) ジョシュ・リズドン(ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ/オーストラリア) トレント・セインズベリー(PSV/オランダ) MF ムスタファ・アミニ(オーフスGF/デンマーク) クリストファー・イコノミディス(パース・グローリー) ジャクソン・アーバイン(ハル・シティ/イングランド) マッシモ・ルオンゴ(QPR/イングランド) アーロン・ムーイ(ハダースフィールド/イングランド) トーマス・ロギッチ(セルティック/スコットランド) FW マーティン・ボイル(ハイバーニアン/スコットランド) ロビー・クルーズ(ボーフム/ドイツ) マシュー・レッキー(ヘルタ・ベルリン/ドイツ) アワー・メイビル(ミッティラン/デンマーク) ジェイミー・マクラーレン(ハイバーニアン/スコットランド) アンドリュー・ナバウト(浦和レッズ/日本) 2018.12.20 11:30 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース