王者オーストラリアが今大会初白星! 3発無失点でパレスチナに完勝《AFCアジアカップ2019》2019.01.11 21:55 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
AFCアジアカップUAE2019のグループB第2節パレスチナ代表vsオーストラリア代表が11日に行われ、3-0でオーストラリアが勝利した。

王者として臨みながらも初戦のヨルダン代表で0-1の敗北を喫したオーストラリアと、シリア代表と0-0で引き分けたパレスチナによる一戦。オーストラリアは3名を入れ替え、ルオンゴ、クルーズ、リズドンに代えてアーバイン、イコノミディス、グラントを先発させた。

試合は前半の半ばに大きく動きを見せる。18分、右サイドでボールを持ったロギッチが左足で鋭いクロスを送ると、最前線で高く飛び上がったマクラーレンがヘディングシュートを放つ。これがGKハマダの手が届かないゴール左下隅に吸い込まれ、オーストラリアが先制点を奪い切る。

続く20分にも立て続けにオーストラリアがパレスチナゴールに迫る。今度は左サイドでイコノミディスがボールを持ち、右足で最終ラインの裏に浮き球のラストパスを送る。ダイアゴナルに走り込んだメイビルが押し込み、わずか3分間で突き放した。

2-0でオーストラリアのリードのまま後半に突入すると、ビハインドを背負うパレスチナが積極的に仕掛けていく。しかし、オーストラリアが主導権を握りつつ時計の針を進め、相手に決定的なシーンを迎えさせない。


75分、オーストラリアはロギッチに代えてルオンゴを投入。パワフルなプレーヤーを送り出し、中盤のインテンシティを再び上げ直していく。結局、最後までパレスチナがネットを揺らすことはなく、逆に試合終了間際の90分に途中出場のギアヌーがイコノミディスの左サイドからのクロスを頭で押し込み、トドメの3点目。直後に試合が終了した。

勝利したオーストラリアは、15日に行われる第3節でシリア代表と対戦。一方のパレスチナは、同日にヨルダン代表と戦う。
コメント
関連ニュース
thumb

UAE代表、ザックの後任にファン・マルバイク氏を招へい! 露W杯ではオーストラリアを指揮

アラブ首長国連邦サッカー協会(UAEFA)は20日、UAE代表の新指揮官にベルト・ファン・マルバイク氏(66)を招へいしたことを発表した。 1月に行われたアジアカップ2019終了後に1年3カ月にわたり、チームを指揮していたアルベルト・ザッケローニ監督との契約が終了したUAE代表では、5人の新監督候補を選定。その中でも最有力候補となっていたファン・マルバイク氏を新指揮官に招へいした。 ドルトムントやフェイエノールト、オランダ代表監督を指揮した経験を持つ同氏は、2015年にサウジアラビア代表監督に就任し、同国をロシア・ワールドカップに導いた。しかしその後、契約を延長せず、ロシアW杯ではオーストラリア代表を率いていた。 2019.03.21 05:45 Thu
twitterfacebook
thumb

本田が先制点をアシスト! メルボルン・Vが逃げ切りで7戦ぶり勝利《Aリーグ》

元日本代表FW本田圭佑の所属するメルボルン・ビクトリーは16日、オーストラリア・Aリーグ第22節でブリスベン・ロアーと対戦し、2-1で勝利。本田はフル出場し、1アシストを記録した。 リーグ3位に位置するメルボルン・Vが、9位のブリスベンをホームに迎えた一戦。ミッドウィークのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ第2節で1ゴールを決めた本田は、その試合に引き続きダイヤモンド型の[4-4-2]の中盤右で先発した。 試合は前半半ばに動きを見せる。24分、ブリスベン陣内低い位置でボールを持った本田が、ルックアップして左足を一振りし、グラウンダーのスルーパスを最前線に供給。バーバルーゼスのゴールをアシストした。本田の今シーズン5アシスト目でメルボルン・Vが先制点を奪取している。 さらに39分にも、トロイージの浮き球のスルーパスに反応したバーバルーゼスが左足のシュートで追加点をマーク。オフサイドかに思われたが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による審議の結果、メルボルン・Vの2得点目となった。 2-0でメルボルン・Vがリードして折り返した試合は、50分にブリスベンFWボセアクが1点を返す。しかし、メルボルン・Vはその後の加点を許さず、リードを守り抜いて試合を終えた。 この結果、メルボルン・Vは公式戦7試合ぶりの白星を手にしている。 メルボルン・ビクトリー 2-1 ブリスベン・ロアー 【メルボルン・V】 バーバルーゼス(前24) バーバルーゼス(前39) 【ブリスベン】 ボセアク(後5) 2019.03.16 21:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ザッケローニ率いる開催国UAEが前回王者オーストラリアを撃破! 2大会連続のベスト4進出《AFCアジアカップ2019》

AFCアジアカップUAE 2019準々決勝、UAE代表vsオーストラリア代表が25日に行われ、1-0でUAEが勝利した。 4日前に行われたラウンド16のキルギス代表戦を延長戦の末に3-2と競り勝った開催国のUAEと、ウズベキスタン代表にPK戦の末勝ち上がったオーストラリアの一戦。 開始4分にCKからフリーのセインズベリーが決定的なヘディングシュートを浴びせたオーストラリアだったが、開催国のUAEがポゼッションし、押し込む展開で推移していく。 すると20分、UAEにチャンス。ドリブルを仕掛けたI・アルハマディがボックス左に侵入してGKライアンを強襲するシュートを浴びせた。 序盤の攻防を経て、オーストラリアがポセッションする流れとなるも、UAEを崩しきってのシュートに持ち込むには至らない。そんな中40分、ギアヌーがボックス左からGKを強襲するシュートを放った。 押し込まれるUAEは追加タイム1分、右サイドのFKからマブフートが際どいヘディングシュートを放つも枠の上に外れ、前半をゴールレスで終えた。 迎えた後半も押し込むオーストラリアは、59分にチャンス。左CKからアーバインがヘディング。だが、ここも枠を捉えきれなかった。さらに63分、ボックス右に抜け出したギアヌーがネットを揺らすも、ラストパスを出したレッキーのポジションがオフサイドでノーゴールとなってしまう。 すると68分、劣勢のUAEが先制する。デゲネクの軽率なバックパスをカットしたマブフートがGKとの一対一を制してネットを揺らした。 失点を受けてオーストラリアが前がかる中、終盤の80分に負傷明けのナバウトが今大会初めて投入される。しかし、目立ったチャンスを作れないまま0-1で敗戦。前回王者がベスト8で敗退となった。 一方、2大会連続ベスト4進出を果たしたUAEは準決勝では韓国代表を破ったカタール代表と対戦する。 2019.01.26 02:58 Sat
twitterfacebook
thumb

前回王者オーストラリア、ウズベキスタンとのPK戦を制して薄氷の準々決勝進出!《AFCアジアカップ2019》

AFCアジアカップUAE 2019決勝トーナメント・ラウンド16、オーストラリア代表vsウズベキスタン代表が21日に行われ、120分を0-0で終えた。そしてPK戦を4-2で制したオーストラリアが準々決勝へ進出している。 グループBを2位で通過したオーストラリアと、日本代表と同居したグループFを2位で通過したウズベキスタンの一戦。 ウズベキスタンがボールを持つ立ち上がりとなった中10分、ショムロドフが単騎突破から決定機を迎える。しかし、ボックス左まで侵入したショムロドフのシュートはGKにセーブされた。 対するオーストラリアは12分、ベヒッチのミドルシュートでGKを強襲するも、引き続きウズベキスタンがボールを持つ展開となると、28分にシディコフが際どいミドルシュートを浴びせた。ハーフタイムにかけては膠着状態が続き、互いにシュートに持ち込めず前半をゴールレスで終えた。 迎えた後半、オーストラリアがボールを持つ展開で立ち上がった中、シュートに持ち込めずにいたことから68分に負傷明けのレッキーを投入。すると72分、そのレッキーがミドルシュートでゴールに迫ると、77分にも決定機。レッキーがドリブルでボックス右に侵入して放ったシュートが右ポストに直撃した。 しかし、90分では勝負がつかず、試合は延長戦にもつれ込んだ。その延長戦ではウズベキスタンがボールを持つ展開となったもののチャンスは生み出せずにPK戦へ。 そのPK戦ではオーストラリアGKライアンが2本のPKをストップして4-2で勝利。苦しみながらも前回王者が準々決勝へ進出している。 2019.01.22 01:43 Tue
twitterfacebook
thumb

ロギッチの劇的弾で辛勝オーストラリアが2位で決勝Tへ! GS無敗のヨルダンが首位通過!!《AFCアジアカップ2019》

AFCアジアカップUAE2019のグループB最終節のオーストラリア代表vsシリア代表が15日に行われ、3-2でオーストラリアが勝利した。 決勝トーナメント進出が懸かるオーストラリア(勝ち点3)と3位のシリア(勝ち点1)による直接対決。前節のパレスチナ代表戦に3-0と快勝したオーストラリアは、この一戦に引き分け以上で4大会連続の決勝トーナメント進出の決まる。 一方、前節のヨルダン代表戦を0-2の完敗したシリアは、今回の試合で勝利且つ最下位のパレスチナがヨルダンに2点差以上で勝利しなければ決勝トーナメント進出が可能となる。 立ち上がりから一進一退となる中、シリアが13分に決定機。GKライアンのフィードミスをバイタルエリアでアルムバイドが繋ぐと、ボックス付近でこれを受けたハルビンが決定機を迎えたが、シュートは枠の左に外れた。 対するオーストラリアは21分、スルーパスで右サイドを抜け出したグラントのダイレクトクロスにマクラーレンが飛び込んだが、このヘディングシュートもゴール左に逸れた。 その後、ボールを保持して押し込んだオーストラリアだったが、30分にピンチを迎える。シリアはバイタルエリア右でムハンマド・オスマンが倒されFKを獲得すると、アジャンのクロス性のFKが直接ゴールネットを揺らしたが、主審はボックス内でポジション争いをしたオスマンがマーク・ミリガンをファウルで倒したとし、ノーゴールの判定となった。 微妙な判定に救われたオーストラリアは、41分に決定機。イコノミディスのパスをボックス右手前で受けたメイビルがカットインから左足を振り抜くと、このシュートがゴール左に突き刺さった。 先制を許したシリアだったが、すぐに反撃に出る。43分、中盤からのロングフィードは飛び出した相手GKにパンチングされたが、こぼれ球を敵陣で拾ったアジャンが左サイド深くまで侵入しクロス。これをゴール前のハルビンがヘディングシュートであわせると、一度は相手GKに弾かれたが再びハルビンが押し込み、ゴールネットを揺らした。 同点で迎えた後半、先にスコアを動かしたのはオーストラリア。54分、右サイドのロギッチがアーリークロスを上げると、ファーサイドまで流れ他ボールをゴールエリア左に走り込んだイコノミディスがシュート。ゴールカバーに入ったアルミダニがすべり込みながら掻き出したが、その前にゴールラインを割っておりオーストラリアの追加点となった。 さらにオーストラリアは、72分にもメイビルのパスからゴール前に抜け出したロギッチがゴールネットを揺らしたがこれはオフサイドの判定でノーゴールとなった。 勝ち越しを許したシリアは34分、セットプレーの際にボックス内でアル・スマがデゲネクに倒されPKを獲得。このPKをアル・スマがゴール左に決め、シリアが再び試合を振り出しに戻した。 その後も果敢にオーストラリアゴールに迫ったシリアだったが、後半アディショナルタイムに悲劇が待っていた。48分、オーストラリアは右サイドから仕掛けたイコノミディスがボックス右横からマイナスの折り返しを供給すると、ペナルティアーク手前で受けたロギッチが強烈なミドルシュートをゴール右に突き刺した。 結局、試合はそのまま終了。ロギッチの劇的弾で勝利した前王者のオーストラリアが2位で決勝トーナメント進出を決めた。 また、同日開催に行われたグループB最終節もう一試合のパレスチナvsヨルダンは、0-0の引き分けに終わった。この結果、勝ち点を7に伸ばしたヨルダンがグループB首位通過を決めている。 2019.01.16 00:48 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース