10年間在籍したFC東京に別れ…元日本代表MF米本拓司、名古屋へ完全移籍2019.01.11 20:55 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
名古屋グランパスは11日、FC東京から元日本代表MF米本拓司(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。

米本は2009年に伊丹高校からFC東京に入団。同年のヤマザキナビスコカップ(現・YBCルヴァンカップ)優勝に貢献すると共に、自身はニューヒーロー賞とMVPを獲得した。しかし、これまで2度の左ヒザ前十字じん帯損傷。2016年には右ヒザ前十字じん帯断裂及び内側側副じん帯損傷に苦しめられた。それでも昨シーズンは明治安田生命J1リーグに23試合、YBCルヴァンカップに3試合、天皇杯に2試合出場した。また、U-23チームの一員として明治安田生命J3リーグに3試合出場した。

日本代表デビューは2010年。その後も2015年の東アジアカップ(現・E-1選手権)などに選出されたが、日本代表での出場はデビュー戦の1試合にとどまっている。

10年在籍したFC東京に別れを告げ、名古屋への完全移籍が決定した米本は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

◆名古屋グランパス
「初めまして米本拓司です。この魅力あるチーム、そして熱い声援をしてくださるファン・サポーターの皆さんがいるクラブへ加入できることを非常に嬉しく思っています。一日でも早く皆さんに認めてもらいチームに貢献できるように頑張ります。最後に僕はサッカー人生の中でリーグ優勝を手にした事がないので泥臭くガッツ溢れるプレーで優勝に貢献したいと思います!」

◆FC東京
「このたび、名古屋グランパスに完全移籍することになりました。高卒で東京に加入し、10年という時が経ちました。大怪我を3回して、つらいことの方が多かったと思いますが、ファン・サポーター、チームメイト、スタッフの方々が支えてくれたおかげで、10年間を過ごすことができました」

「本当に苦渋の決断、迷った末の決断でした。本当にこのチームが大好きですし、このクラブの成功を心より願っています。もう一回チャレンジをして、自分の可能性を信じて移籍するので、東京のみなさんには『嫌な選手だ』と思ってもらえるように頑張ります」

「ここでは10年間の想いは語りきれません。この文面だけでは表現できないほどの感謝の気持ちでいっぱいです。これからは違うチームとなりますが、応援してもらえるとうれしいです。本当に10年間お世話になりました」
コメント
関連ニュース
thumb

名古屋が新体制発表! 引退の楢崎正剛の「1」はランゲラックが継承! 大宮から加入のマテウスは「11」、FC東京から加入の米本拓司は「2」を着用

名古屋グランパスは14日、2019シーズンの選手背番号を発表した。 風間八宏体制の2年目の昨シーズンは、得点源としてブラジル・セリエA得点王の元ブラジル代表FWジョーを補強するも低迷。最終節まで残留争いを繰り広げながらも、なんとか残留を決めた。 3年目となる今シーズンは、移籍組6名、新加入6名を補強。サンフレッチェ広島からDF千葉和彦やサガン鳥栖からDF吉田豊、FC東京からMF米本拓司、ジュビロ磐田からMF伊藤洋輝、大宮アルディージャからFWマテウス、川崎フロンターレからFW赤﨑秀平を補強した。 背番号は、千葉が「5」、吉田が「23」、米本が「2」、伊藤が「15」、マテウスが「11」、赤﨑が「32」を背負う。また、GKミッチェル・ランゲラックが「22」から「1」、青木亮太が「23」から「19」、エドゥアルド・ネットが「15」から「21」に変更。FC町田ゼルビアから復帰した杉森考起も「27」から「26」に変更となった。 <span style="font-weight:700;">◆2019シーズン選手背番号</span> 新加入:☆←(前所属)※移籍形態 <span style="font-weight:700;">GK</span> 1.ランゲラック※背番号変更 16.武田洋平 18.渋谷飛翔 <span style="font-weight:700;">DF</span> 3.櫛引一紀 5.<span style="font-weight:700;color:#cc3300;">千葉和彦</span>☆←(サンフレッチェ広島)※完全移籍 6.宮原和也 14.秋山陽介 17.丸山祐市 20.中谷進之介 23.<span style="font-weight:700;color:#cc3300;">吉田豊</span>☆←(サガン鳥栖)※完全移籍 24.<span style="font-weight:700;color:#cc3300;">菅原由勢</span>☆←(名古屋グランパスユース)※昇格 31.金井貢史 33.<span style="font-weight:700;color:#cc3300;">成瀬竣平</span>☆←(名古屋グランパスユース)※昇格 34.<span style="font-weight:700;color:#cc3300;">藤井陽也</span>☆←(名古屋グランパスユース)※昇格 <span style="font-weight:700;">MF</span> 2.<span style="font-weight:700;color:#cc3300;">米本拓司</span>☆←(FC東京)※完全移籍 4.小林裕紀 9.長谷川アーリアジャスール 15.<span style="font-weight:700;color:#cc3300;">伊藤洋輝</span>☆←(ジュビロ磐田)※期限付き移籍 19.青木亮太※背番号変更 21.エドゥアルド・ネット※背番号変更 26.<span style="font-weight:700;color:#cc3300;">杉森考起</span>←(FC町田ゼルビア)※復帰/背番号変更 28.<span style="font-weight:700;color:#cc3300;">榎本大輝</span>☆←(東海学園大学)※新加入 29.和泉竜司 30.<span style="font-weight:700;color:#cc3300;">渡邉柊斗</span>☆←(東海大学)※新加入 <span style="font-weight:700;">FW</span> 7.ジョー 10.ガブリエル・シャビエル 11.<span style="font-weight:700;color:#cc3300;">マテウス</span>☆←(大宮アルディージャ)※完全移籍 13.大垣勇樹 25.前田直輝 27.<span style="font-weight:700;color:#cc3300;">相馬勇紀</span>☆←(早稲田大学)※新加入 32.<span style="font-weight:700;color:#cc3300;">赤﨑秀平</span>☆←(川崎フロンターレ)※期限付き移籍 2019.01.14 16:30 Mon
twitterfacebook
thumb

鳥栖主将DF吉田豊が名古屋移籍 「みんなの力でJ1優勝しましょう!」

名古屋グランパスは13日、サガン鳥栖に所属するDF吉田豊(28)の完全移籍加入を正式発表した。 静岡学園高校出身の吉田は2008年にヴァンフォーレ甲府でプロデビュー。その後、清水エスパルスを経て、2015年から鳥栖に活躍の場を移した。強靭なフィジカルと豊富な運動量が持ち味のサイドバックとして不動の地位を築き、Jリーグ通算成績は225試合60得点。主将に就任した2018シーズンはJ1リーグ24試合1得点を記録した。移籍を受け、両クラブの公式サイトで次のようにコメントしている。 ◆名古屋グランパス 「今回名古屋グランパスへ移籍することになりました吉田豊です。何度も声をかけていただき、ブレることのないクラブのビジョンに感銘し、グランパスの一員になれたことに感謝します。2019年は亥年!猪のように勝利に向かって猪突猛進します! そして一日も早く皆さんに認めていただけるよう、また少しでもチームの力になれるように日々の練習を大事にしていきます。チーム、サポーター、みんなの力でJ1優勝しましょう! また、その次の目標としてACL優勝を目指しましょう! よろしくお願いします!!」 ◆サガン鳥栖 「2015年シーズンから4年間鳥栖で過ごさせていただきましたが、昨シーズンをもって鳥栖を離れることとなりました。昨シーズンはチームとして満足する結果が出せず、サポーターの皆さんには最終節まで苦しい思いをさせてしまって申し訳ありません。サガン鳥栖というチームで素晴らしい環境の中サッカーをさせていただいて非常に感謝しています。そしてたくさんのことを学ばせていだだき、僕自身がすごく成長できた場所だと思っています。このチームを離れることは簡単な決断ではありませんでしたが、また新たな環境でチャレンジしたいと思い、移籍を決断いたしました。サポーターの皆さんにはいつも熱い応援、あたたかい声援で背中を押していただき、大変感謝しています。「よ!し!だ!」コールがとても大好きでした。4年間本当にありがとうございました!」 2019.01.13 12:10 Sun
twitterfacebook
thumb

名古屋に悲報…エドゥアルド・ネットが負傷、合流遅延

名古屋グランパスは13日、ブラジル人MFエドゥアルド・ネットの合流日遅延を発表した。 遅延理由はケガの治療のため。右股関節インピンジメントの診断結果が下され、合流日は現時点で未定だという。 エドゥアルド・ネットは昨夏、川崎フロンターレから完全移籍加入。明治安田生命J1リーグ15試合に出場した。 名古屋は15日に始動。2月23日に行われる明治安田生命J1リーグ開幕節でサガン鳥栖のホームに乗り込む。 2019.01.13 11:45 Sun
twitterfacebook
thumb

赤崎秀平の名古屋加入が決定 川崎Fからレンタル

名古屋グランパスは12日、川崎フロンターレに所属するFW赤崎秀平(27)の期限付き移籍加入を発表した。期間は2020年1月31日まで。同期間中、川崎Fとの公式戦に出場できない。 筑波大学出身の赤崎は2013年に特別指定選手として鹿島アントラーズ入りすると、翌年に正式入団。2015年のJリーグカップでチームの優勝に貢献すると共にニューヒーロー賞に輝いた。その後、2017年から期限付き移籍でG大阪に加わり、2018年から川崎Fに活躍の場を移したが、出場機会に恵まれず、明治安田生命J1リーグ1試合の出場にとどまった。 今シーズンから新たに名古屋で勝負する赤崎は両クラブの公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 ◆名古屋グランパス 「名古屋グランパスでプレーすることになりました赤崎秀平です。伝統があり、風間監督のもと新しいことにチャレンジし続けているこのチームでプレーできることを嬉しく思います。自分自身の成長とチームに貢献する為に移籍してきました。チームの目標を一つでも多く達成するために、そしてたくさんの方々と共に闘い、心から応援してもらえるように、名古屋グランパスの一員として闘っていきたいと思います。宜しくお願いします」 ◆川崎フロンターレ 「名古屋グランパスにレンタル移籍することになりました。短い間でしたが、応援をしていただいた皆様には感謝をしています。ありがとうございました」 2019.01.12 17:05 Sat
twitterfacebook
thumb

名古屋がU-19日本代表DF菅原由勢と契約更新「歴史あるクラブでさらに歴史を作りましょう! 」

名古屋グランパスは12日、U-19日本代表DF菅原由勢(18)と2019シーズンの契約更新に合意したことを発表した。 愛知県豊川市出身の菅原は、名古屋グランパスU15から名古屋の下部組織に在籍。昨年は2種登録選手としてシーズンを開始し、4月にクラブ史上最年少(17歳10ヶ月)でプロA契約を締結した。また、2018年シーズンの明治安田生命J1リーグ開幕戦のガンバ大阪戦で元日本代表MF稲本潤一に次ぐ17歳7か月27日でのJ1リーグ開幕スタメンを飾っている。昨シーズンは、J1リーグ13試合、ルヴァンカップ4試合、天皇杯2試合にも出場した。 さらに、U-23チーム-19日本代表メンバーとしてAFC U-19選手権インドネシア2018にも出場し、昨年末のブラジル遠征にも選ばれた。また、アジア杯に向けたフル代表の国内合宿にもトレーニングパートナーとして参加している。 菅原は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆DF菅原由勢 「今年こそは真っ赤に染まるスタジアムで素晴らしいファン・サポーター皆さんの前で勝利し多くの喜びを分かち合えるように個人としてもチームとしても闘っていきたいと思います。名古屋グランパスという歴史あるクラブでさらに歴史を作りましょう! 今年もご声援よろしくお願いします! 」 2019.01.12 15:40 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース