バチュアイ、半年で放出へ…バレンシアGM「数時間から数日中に退団すると思う」2019.01.11 17:50 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ベルギー代表FWミッチー・バチュアイ(25)のバレンシア退団が間近に迫っているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。

バチュアイは、チェルシーからのレンタルで今夏にバレンシアに加入。しかし、ここまでの公式戦23試合3ゴールと結果を出せずに、放出が噂されていた。

バレンシアのゼネラルマネージャー(GM)を務めるマテウ・アレマニー氏は、10日にバチュアイの去就に言及。退団が決定的であることを明言した。

「バチュアイの状況は非常に明確だ。私たちはあの選手の退団について他の様々なクラブと交渉している」

「彼は今後数時間から数日中に退団すると思う。私たちが数週間前に告げたことで、選手自身も退団することを分かっている」

「バチュアイに関する決定は下されており、もう引き返すことはない」
コメント
関連ニュース
thumb

インテル、イカルディ退団に備えロドリゴをリストアップか

インテルが、バレンシアに所属するスペイン代表FWロドリゴ・モレノ(28)をリストアップしているようだ。スペイン『マルカ』が、イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』の情報を引用して伝えている。 妻で代理人のワンダ・ナラ氏が契約延長を長引かせたことによって、クラブの反感を買い、キャプテンをはく奪されたイカルディ。同選手も遠征メンバー入りを拒否するなど、クラブとの溝は限りなく深まっていた。 それでも21日、イカルディは約6週間ぶりにトレーニングに復帰。インテルのジュゼッペ・マロッタCEO(最高経営責任者)は6日にワンダ・ナラ氏と会談を持ち、「両者の解決策を見出すためのフレンドリーな会談」が出来たことを伝えていた。 とはいえ、依然としてイカルディの去就は不透明のままであり、移籍の噂が後を絶えない。そして、インテルは今夏の退団に備えて獲得候補をリストアップしており、そのうちの1人がロドリゴのようだ。 しかし、ロドリゴはバレンシアとの契約を2022年まで残しており、契約解除金は1億2000万ユーロ(約151億円)に設定されている。だがバレンシアは現在、リーガエスパニョーラで7位に付けており、順位次第では売却に応じる可能性があるという。 セルタのユース出身のロドリゴは、レアル・マドリー・カスティージャに移籍した後、ベンフィカ、ボルトンを経て2015年7月にバレンシアに完全移籍。昨シーズンはリーガエスパニョーラ37試合で16ゴール7アシストを記録したが、今シーズンは25試合で5ゴール5アシストと期待されているような数字は残せていない。 2019.03.22 15:36 Fri
twitterfacebook
thumb

バレンシアvsヘタフェの堅守対決はゴールレス! バレンシアは翌日のクラブ創設100周年を勝利で迎えられず…《リーガエスパニョーラ》

リーガエスパニョーラ第28節、バレンシアvsヘタフェが17日にメスタージャで行われ、0-0のドローに終わった。なお、ヘタフェのMF柴崎岳はベンチ外となった。 7位のバレンシア(勝ち点39)と4位のヘタフェ(勝ち点45)による、チャンピオンズリーグ(CL)出場権を争うライバル同士の直接対決。 共に今回の代表ウィークにスペイン代表に選出されたFWロドリゴ・モレノとFWハイメ・マタという絶好調のストライカーたちに注目が集まった一戦は、翌日にクラブ創設100周年目を迎えるホームチームが勢いをもって入るも、序盤からヘタフェペースで進んでいく。 相手にボールの主導権を渡して狙いを持った守備からカウンターを繰り出していくヘタフェだが、なかなかフィニッシュまで持ち込むことができない。それでも、25分にはアントゥネスのCKをカブレラが頭で合わせ枠内に飛ばす。だが、これは相手GKの好守に遭う。 一方、相手の堅固な守備ブロックを前にこちらも攻め手を見いだせないバレンシアはセットプレーに活路を見出していく。前半終了間際の43分にはパレホの左CKをファーでフリーのロドリゴが頭で合わすが、惜しくも右ポストを叩いた。 ゴールレスで折り返した試合は後半も拮抗した状況が続いていく。53分にはカウンターから右サイド深くに侵攻したフェラン・トーレスがゴール前に低いクロスを入れる。これをGKがパンチングではじき出すも、こぼれ球に反応したゴンサロ・ゲデスがエリア外からのミドルシュートで突き刺した。だが、クロスが入った段階でガメイロにオフサイドがあったとのビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)判定でゴールは認められず。 その後も主導権を握って前半以上の攻勢を続けるバレンシアはパレホが意表を突いた鋭いクロスでチャンスを演出するなど、相手の堅守攻略へ工夫を凝らした仕掛けを続けるが、最後の所で連係ミスや相手の好守に遭う。 翌日のクラブ創設100周年のメモリアルデーを勝利で飾りたいホームサポーターから再三に渡るプレッシャーの声が飛ぶ中、最後まで決死の攻撃を見せたバレンシアだったが、割り切って守る相手の守備を最後までこじ開けることができず。注目のトップ4争い直接対決は痛み分けのゴールレスドローに終わった。 2019.03.18 04:36 Mon
twitterfacebook
thumb

ロドリゴ弾でベティスを下したバレンシアが11年ぶりの決勝進出!《コパ・デル・レイ》

2月28日にコパ・デル・レイ準決勝2ndレグのバレンシアvsベティスがメスタージャで行われ、1-0でバレンシアが勝利した。この結果、2戦合計3-2でバレンシアが11年ぶりの決勝進出を決めた。 7日に敵地で行われた1stレグを2-2のドローで終えたバレンシアは、直近に行われたレガネス戦から先発を5人変更。GKネトやチェリシェフ、コンドグビアらに代えてGKジャウメ、ガメイロ、パレホらを先発で起用した。 対するベティスは、直近のバジャドリー戦から大幅8人変更。セルヒオ・レオンやハビ・ガルシア、GKパウ・ロペスらに代えてヘセ・ロドリゲスやホアキン、GKロブレスらを先発で起用した。 立ち上がりから圧倒的にボールを支配するベティスに対して守備を固めながら要所でハイプレスで牽制を行うバレンシア。そんな中、ベティスは22分にバイタルエリア右でFKを獲得すると、カナレスの直接FKがゴール左上を捉えるもこれはGKジャウメの好セーブに阻まれた。 膠着状態が続く中、ベティスは39分にもロ・セルソのスルーパスでボックス右に抜け出したヘセ・ロドリゲスがシュート。さらにこれで獲得したCKをマンディが頭で合わせたが、ヘディングシュートはゴール左に外れた。 ゴールレスで迎えた後半、先にチャンスを作ったのはバレンシア。56分、バイタルエリア右まで仕掛けたピッチーニのスルーパスに反応したガメイロがボックス右に抜け出すと、相手GKを引きつけてクロスを供給。最後はロドリゴ・モレノがゴール押し込み、待望の先制点を奪った。 先制を許したベティスは、65分にF・ゲレーロを下げてロレンを投入。対するバレンシアは、68分にロドリゴ・モレノを下げてチェリシェフを、75分にヴァスを下げてソレールをピッチに送り出した。 その後、1点を追うベティスは79分にテージョを投入。すると84分、カナレスの左クロスをボックス内のロランがバックヘッドで狙ったが、これはわずかにゴール左に逸れた。さらに86分には、マンディの縦パスを受けたカナレスがボックス右から強烈なシュートを放ったが、これもGKジャウメの好セーブに防がれた。 結局、試合はそのまま1-0で終了。ロドリゴ・モレノのゴールを守り抜いたバレンシアが、2戦合計3-2で勝利しバルセロナの待つ決勝へ駒を進めた。なお、決勝戦は5月25日にエスタディオ・ベニート・ビジャマリンで行われる。 2019.03.01 07:08 Fri
twitterfacebook
thumb

PSGのDFベルナト、6歳から在籍した古巣への将来的な復帰を希望「いつかバレンシアでタイトルを」

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属する元スペイン代表DFフアン・ベルナト(25)が、将来的なバレンシア復帰を希望しているようだ。『フットボール・エスパーニャ』が『ESPN』を引用して伝えている。 6歳でバレンシア下部組織に入団したベルナトは、18歳だった2011-12シーズンの開幕戦でプロデビュー。当時はサイドハーフを主戦場としていたが、2013-14シーズンに左サイドバックにコンバートされると、レギュラーに定着した。その後、2014年7月にバイエルンに完全移籍し、加入初年度には31試合に出場してブンデスリーガ制覇にも貢献。昨夏にはPSGに加入し、ここまで公式戦27試合に出場している。 ビッククラブでプレーし続けるベルナトだが、自身にとってバレンシアは今でも心のクラブであるようだ。将来的なバレンシア復帰の意向も明かしている。 「バレンシアは僕が育った心のクラブだ」 「(バレンシア退団時に)僕はバレンシアを去って、他のクラブで僕のキャリアを重ねていくことがより良いことだと思っていたんだ」 「いつとは断言できない。でも、いつかはバレンシアに戻って、クラブと共にタイトルを獲得したいと思っているんだ」 2019.02.26 17:00 Tue
twitterfacebook
thumb

コンドグビア、故意の警告によりEL2試合出場停止

欧州サッカー連盟(UEFA)は25日、バレンシアに所属する中央アフリカ代表MFジェフリー・コンドグビアに2試合の出場停止処分を科した。スペイン『マルカ』が報じている。 コンドグビアは14日、ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦1stレグ、アウェイでのセルティック戦に先発し、試合終盤に警告を受けた。これが累積3枚目の警告となった同選手は、21日のホームでの2ndレグを欠場している。 UEFAは、この警告が累積を消化するための意図的なものだとして調査。バレンシアから説明を求めた後、UEFA懲戒規則第15条C項に則り、2試合の出場停止処分を科すことを決定した。21日の1回戦2ndレグで1試合は消化扱いとなり、コンドグビアは3月7日に行われる2回戦1stレグ、ホームでのクラスノダール戦を欠場することとなる。 なお、クラブ側は故意に受けた警告ではないと主張しており、決定に異議を唱えているようだ。 リールの下部組織出身のコンドグビアはセビージャやモナコ、インテルを経て2017年夏にバレンシアにレンタル移籍。今シーズンから完全移籍に切り替わり、ここまでの公式戦21試合に出場して1ゴールを決めている。 2019.02.26 16:40 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース