栃木退団の杉本真がVONDS市原FCに加入2019.01.11 16:25 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
栃木SCは11日、2018シーズンで契約満了となっていたMF杉本真(31)がVONDS市原FC(関東サッカーリーグ1部)に加入することを発表した。

杉本は2010年に拓殖大学から栃木に入団。以来一筋を貫いていたが、昨シーズンは明治安田生命J2リーグ1試合の出場に留まった。通算では、J2リーグ141試合23ゴール、J3リーグ14試合1ゴールの成績を残している。
コメント
関連ニュース
thumb

栃木、FWヴィニシウスら若手ブラジル人2名獲得!

栃木SCは12日、ブラジル人FWヴィニシウス(22)がECヴィトーリア(ブラジル)から、ブラジル人DFジョナス(20)がECバイーア(ブラジル)から完全移籍加入することを発表した。 フルミネンセの下部組織で育ったヴィニシウスは、フォルサ・ジョヴェンやCDフェイレンセなどブラジル国内のクラブを渡り歩きヴィトーリアに加入。一方、190cm80kgと体格に恵まれたジョナスは、バイーアの下部組織からトップチームに昇格し今回が初の移籍となる。 両選手はクラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆FWヴィニシウス 「栃木SCへの加入は、私のキャリアにとって素晴らしい経験になると思っています。栃木という素晴らしいクラブの目標を達成する為に、一生懸命努力をしていきます。このような機会を与えていただいたクラブに感謝し、ファン・サポーターの皆様に良いパフォーマンスとゴールで喜びを与えられるように頑張ります」 ◆DFジョナス 「栃木SCに加入することができ、大きな喜びと幸せを感じています。チームの一員として栃木のユニフォームを着ることに誇りを感じ、チームメイトと共に最大限の努力を尽くします。そして、このようなチャンスをいただいたことに感謝し、クラブの目標を達成できるよう頑張ります」 2019.01.12 14:15 Sat
twitterfacebook
thumb

栃木、FCソウルのGKユ・ヒョンを獲得「Kリーグ優勝の経験とACLの経験を生かして」

栃木SCは10日、FCソウル(韓国)から元韓国代表GKユ・ヒョン(34)を完全移籍で獲得したことを発表した。 江原FCや安山警察庁サッカー団でのプレー経験を持つユ・ヒョンは2016年に仁川ユナイテッドFCからFCソウルに完全移籍。2008年には韓国代表に選出された経歴を持っている。 栃木への完全移籍が決定したユ・ヒョンは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「はじめまして、ユ・ヒョンと申します。Jリーグでプレー出来るように僕を選んでくださった栃木SC関係者の方々に感謝致します」 「栃木SCに入団出来たことは素直に大変光栄に思います。栃木SCの為に1勝でも多く勝って、チームを支えて下さるサポーターの方々と勝利の喜びを分かち合えるように頑張ります。皆の努力がシーズンを通してJ1昇格という結果に繋がるように頑張ります。シーズンが開幕してサポーターの皆様に逢えるのを楽しみにしています。 Kリーグ優勝の経験とACLの経験を生かし、栃木SCに少しでも役立てるよう頑張りますので、どうぞ応援宜しくお願い致します」 2019.01.10 14:21 Thu
twitterfacebook
thumb

横浜FC、栃木SCのGK竹重安希彦を完全移籍で獲得「J1昇格の力に」

横浜FCは10日、栃木SCからGK竹重安希彦(31)を完全移籍で獲得したことを発表した。 竹重は2010年に阪南大学からジュビロ磐田に入団。2015年に栃木SCに完全移籍し、昨シーズンは明治安田生命J2リーグに21試合出場した。 横浜FCへの完全移籍が決定した竹重は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆横浜FC 「栃木SCから移籍してきました竹重安希彦です。チームの目標であるJ1昇格の力になれるよう、日々努力してきます。よろしくお願いします」 ◆栃木SC 「この度、横浜FCに移籍することが決まりました。4年間でJ3降格、J2昇格、様々な事がありました。悔しくて、情けなくて心が折れそうな時が何度もありましたが、どんな時も信じて背中を押してくれた栃木SCのフロントスタッフ、チームスタッフ、チームメイト、ファン・サポーターの皆さんには感謝の気持ちしかありません。 この度移籍することを決断しましたが、これからの活躍が栃木SCへの恩返しだと思って覚悟を持って進んで行きたいと思います。4年間本当にありがとうございました」 2019.01.10 13:58 Thu
twitterfacebook
thumb

栃木、昨季大宮から期限付き加入したMF川田拳登の期間延長を発表

栃木SCは9日、昨シーズン大宮アルディージャからの期限付き加入でプレーしていたMF川田拳登(21)の期間延長を発表した。移籍期間は2020年1月31日まで。なお、大宮と対戦するすべての公式戦に出場することができない。 大宮下部組織出身の川田は、2016年にトップチーム昇格。2017年9月から3か月間育成型期限付き移籍で栃木に加入すると、昨シーズンは期限付き移籍でプレーし、明治安田生命J2リーグで27試合1ゴールを記録した。 栃木への移籍期間延長が決定した川田は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆栃木SC 「今年もお世話になることを決めました。自分が上に行くためにどうしたら良いか考えて答えを出しました。去年同様、運動量豊富に走り回りチームの勝利に貢献したいです。よろしくお願いします」 ◆大宮アルディージャ 「今年も栃木SCでプレーさせていただくことになりました。自分の中で、まだ成長が足りないと思い、決断させていただきました。栃木でもう一回り大きくなって、戻ったときに成長した姿を皆さまに見せられたらと思います」 2019.01.09 13:48 Wed
twitterfacebook
thumb

栃木、山口MF大崎淳矢を完全移籍で獲得! 昨季J2で32試合2ゴール

栃木SCは9日、レノファ山口FCに所属するMF大崎淳矢(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。 大崎は2018年に徳島ヴォルティスから山口に完全移籍。昨シーズンは明治安田生命J2リーグに32試合出場し、2ゴールを記録した。 栃木への完全移籍が決定した大崎は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆栃木SC 「レノファ山口FCから加入する大崎淳矢です。 栃木SCの勝利に貢献できるように日々の練習から全力で取り組んでいきますのでご声援よろしくお願いします!」 ◆レノファ山口FC 「この度、栃木SCに移籍することになりました。この決断をする上でたくさん悩みました。短い選手生命、自分の選択が間違っていなかったと思えるように栃木で全力で笑顔で頑張ってきます。移籍してきた僕にたくさんの愛情をくれたサポーターの皆さんのことを僕は忘れることはありません。山口一番、最高でした!1年間ありがとうございました!」 2019.01.09 13:40 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース