神戸、昨季今治へ期限付き移籍していたFW向井章人の移籍期間延長を発表2019.01.11 15:50 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
ヴィッセル神戸は11日、昨シーズンFC今治(JFL)に育成型期限付き移籍で加入していたFW向井章人(20)の期間延長を発表した。移籍期間は2019シーズン終了時まで。なお、神戸と対戦するすべての公式戦に出場することができない。

神戸U-18出身の向井は、2017年にトップチーム昇格。昨シーズンは2017年に期限付きでプレーしていた今治へ期限付き移籍していた。

今治への移籍期間延長が決定した向井は、両クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

◆ヴィッセル神戸
「今年もFC今治に移籍する事になりました。チームとしてJ3昇格を、そして個人としても自分の長所であるドリブルを活かしてFC今治に恩返ししたいと思っています。最後にFC今治は魅力のあるチームなので、今治の事も気にかけてくれると幸いです。引き続き、ファン、サポーターの皆さま応援宜しくお願いします」

◆FC今治
「今年もFC今治でプレーさせていただく事になりました。このチームの一員としてプレー出来る事を大変光栄に思っています。J3昇格を果たす事。それに向かっていく上で個人として成長し、自分がFC今治の新たな武器となれるように頑張ります。今年もよろしくお願いします!!」
コメント
関連ニュース
thumb

元日本代表DF駒野友一がFC今治入り! 「僕をもう1度信じてオファーをくれた岡田さんの力になりたい」

アビスパ福岡は4日、2018シーズンで契約満了となっていた元日本代表DF駒野友一(37)が、2019シーズンからFC今治(JFL)に完全移籍加入することを発表した。 日本代表としても78キャップを誇る駒野は、サンフレッチェ広島でプロキャリアスタート後、ジュビロ磐田、FC東京を経て、2016年夏から福岡でプレー。昨シーズンも明治安田生命J2リーグ24試合1得点の成績を収めたが、チームは7位に終わり、3シーズンぶりのJ1復帰とはならなかった。 元日本代表指揮官の岡田武史氏がオーナーを務める今治は、昨年のリーグ戦を年間5位で終え、明治安田生命J3リーグ参入条件を満たせず。2010年の南アフリカ・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦パラグアイ代表戦では、駒野がPK戦で外して敗退することとなったが、岡田氏は悲願のJ昇格を果たすべく再び同選手の力を借りる決断を下した。 駒野は、今治の公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆DF駒野友一 「南アフリカワールドカップ以来、僕をもう1度信じてオファーをくれた岡田さんの力になりたいと思い、FC今治に入団することを決意しました」 「またプロになってからの育ての親である小野監督が指揮するということで、小野監督のもとでまたサッカーがやりたいという思いもありました」 「今治のみなさん、FC今治を押しあげるために、僕も最大限の努力を注ぎます! どうか皆さん、もっとFC今治が盛り上がるように、応援して下さい! 」 2019.01.04 16:20 Fri
twitterfacebook
thumb

FC今治DF小野田将人が湘南に期限付き移籍! 「新しいステージでの挑戦」

▽湘南ベルマーレは28日、DF小野田将人(22)がFC今治(JFL)から期限付き移籍加入することを発表した。期間は2019年2月1日から2020年1月31日まで。なお、FC今治と対戦する全ての公式戦で小野田は出場できない。 ▽岡山県出身の小野田は、岡山学芸館高校在学中に1年生にして全国高校総体に出場。その後、柳ヶ浦高校に転向し、3年時にも主将として全国高校総体に出場した。今治へは2015年に加わり、今シーズンはリーグ27試合3ゴール、天皇杯2試合の出場を記録した。 ▽小野田は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆DF小野田将人 「この度、FC今治より加入することになりました小野田です。湘南ベルマーレという、歴史と魅力のあるクラブの一員としてプレーできる事を嬉しく思います。自分自身にとって、新しいステージでの挑戦となります。自分の持ち味を活かし、チームに貢献できるように努力します! 応援よろしくお願いします」 2018.12.28 15:22 Fri
twitterfacebook
thumb

岡田武史オーナーのFC今治、J3昇格逃す

▽元日本代表監督の岡田武史氏がオーナーを務めるFC今治がJ3昇格を逃した。 ▽日本フットボールリーグ(JFL)を戦うFC今治は、セカンドステージ第14節終了時点で年間5位。J3昇格条件である年間4位入りを目指して、18日に行われたセカンドステージ第15節(最終節)のホンダロックSC戦に挑んだ。 ▽だが、結果は1-1の引き分け。年間4位のソニー仙台がFCマルヤス岡崎を下したため、FC今治は年間5位で変わらず、来シーズンのJ3昇格を逃した。 2018.11.18 15:45 Sun
twitterfacebook
thumb

八戸、奈良、今治にJ3クラブライセンスが交付…JFL4位以内に入れるか

▽Jリーグは28日、2019シーズンのJ3クラブライセンス判定結果を発表した。 ▽今回審議されたのは、J3入会を希望するクラブへのJ3クラブライセンスについて。Jリーグ百年構想クラブである、ヴァンラーレ八戸FC、奈良クラブ、FC今治の3クラブがJ3入会を希望。今回の判定の結果、八戸、奈良、今治の3チームにJ3クラブライセンスが交付された。 ▽ライセンスが交付された3クラブは、今後11月の理事会でJリーグ入会が承認され(平均入場者数2000人超、年間事業収入1.5億円以上などの基準が規定されている)、JFLで4位以内かつ百年構想クラブのうち上位2クラブがJ3リーグへの参加が認められる。 ▽なお、今シーズンのJFLファーストステージは八戸が3位(勝ち点25)、奈良が5位(勝ち点25)、今治が7位(勝ち点22)で終えており、セカンドステージは15試合中9試合を終えて八戸が2位(勝ち点20)、奈良が13位(勝ち点7)、今治が8位(勝ち点14)に位置。現時点では、八戸が全体の2位に入り、要件を満たしている。 ▽現在J3リーグに所属しているクラブは、10月の理事会で審議される。 ◆JFL年間通算順位表(第24節終了時点) 1..Honda FC/65/+43 2..ヴァンラーレ八戸/45/+18 3..FC大阪/41/+10 4..ソニー仙台FC/39/+16 5..東京武蔵野シティFC/39/+10 6..FC今治/36/+17 7..MIOびわこ滋賀/36/+2※1試合未消化 8..奈良クラブ/32/-1 9..ラインメール青森/31/-3※1試合未消化 10.ヴェルスパ大分/31/-10 11.ヴィアティン三重/30/-7 12.ホンダロックSC/26/-13 13.FCマルヤス岡崎/24/-11 14.テゲバジャーロ宮崎/24/-17 15.流経大ドラゴンズ龍ケ崎/17/-13※2試合未消化 16.コバルトーレ女川/15/-41 2018.09.25 19:15 Tue
twitterfacebook
thumb

JFLから欧州へ…FC今治のFW長島滉大が中島翔哉が所属するポルティモネンセへ期限付き移籍

▽FC今治は4日、FW長島滉大(20)が、日本代表FW中島翔哉が所属するポルティモネンセに期限付き移籍することを発表した。なお、長島はU-23カテゴリーでプレーすることとなる。期限付き移籍期間は2019年6月30日までとなる。 ▽長島は、埼玉県さいたま市出身で成立学園高校から、2016年にFC今治へと入団。1年目は四国サッカーリーグで8試合に出場し5得点を決め、リーグ優勝に貢献。2017年からはJFLでプレーし、16試合に出場し1得点を記録していた。 ▽今シーズンは、ここまで16試合に出場し2得点5アシストを記録。天皇杯にも2試合に出場していた。長島はクラブを通じてコメントしている。 「この度ポルティモネンセSCに期限付き移籍することになりました。この大事な時期にチームを離れ、昇格の力になれないことを申し訳なく思います」 「いろいろと言われるのは覚悟の上です。難しい挑戦だとわかっています」 「ただ一度きりの人生、後悔したくないと思い、挑戦させてもらうことになりました」 「いつか必ず成長した姿を見せられるように、そしてまた今治の力になれるように頑張ってきます!これからも応援よろしくお願いします!」 2018.09.04 16:20 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース