レジェンドだらけのアルゼンチン代表、元主将・アジャラ氏がコーチ就任2019.01.11 12:25 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アルゼンチンサッカー協会(AFA)は11日、アルゼンチン代表のスタッフにロベルト・アジャラ氏(45)を招へいしたことを発表した。

アジャラ氏は、現役時代にリーベル・プレートやナポリ、ミラン、バレンシア、レアル・サラゴサ、ラシン・クラブでプレー。バレンシアではディフェンスリーダーとして活躍し、2001-02シーズン、2003-04シーズンのリーガエスパニョーラ、2003-04シーズンのUEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)を制していた。

アルゼンチン代表では、キャプテンを務めるなど、116試合に出場し7ゴールを記録。ワールドカップは、1998年のフランス大会、2002年の日韓大会、2006年のドイツ大会で招集され、10試合プレーしていた。

リオネル・スカローニ監督が率いるアルゼンチン代表は、アジャラ氏の他、ローマやインテルで活躍したワルテル・サムエル氏、アジャラ氏と同じバレンシアで一時代を築いたパブロ・アイマール氏がコーチを務めている。
コメント
関連ニュース
thumb

メッシ不在のアルゼンチン、コレアのゴールでモロッコに辛勝《国際親善試合》

国際親善試合のモロッコ代表vsアルゼンチン代表が26日に行われ、1-0でアルゼンチンが勝利した。 ロシア・ワールドカップ以降初の代表招集となったメッシが前回のベネズエラ代表戦後に負傷離脱したアルゼンチンは、ベネズエラ戦からスタメンを8人変更。モンティエル、パレデス、L・マルティネスが引き続き先発に名を連ねた他、ディバラやアクーニャも先発起用された。 開始早々、軽い悶着を起こした両者の一戦は、まずはモロッコがチャンスを作る。11分、カウンターで持ち上がったマズラウィのパスを受けたブタイブがボックス手前からシュートを放つ。さらに18分にブタイブが今度はヘディングでゴールに迫るが、枠を捉えることは出来なかった。 30分手前には再び両チームが衝突。試合も徐々に球際で激しさを増していく。その後は自力で勝るアルゼンチンもシュートを重ねて盛り返していくが、どれも決定打にはならず。40分過ぎには三度両チームが激突。前半は試合内容よりも両チームのダーティな部分が目立った。 後半、R・ペレイラのシュートで入ったアルゼンチンだったが、その後はなかなかシュートチャンスが作れず時間だけが過ぎていく。状況打破を試みようと62分にデ・パウルを下げてコレアを投入。 するとこの交代からアルゼンチンが流れを掴み始め、迎えた83分、途中出場のマティアス・スアレスのパスを受けたコレアがボックス手前左から右へ運び、右足でゴール左に流し込んだ。 モロッコも失点後から後半アディショナルタイムにかけてシュートを重ねたが最後までゴールは遠く。また、試合終了間際には両チームが再びもみ合いとなり、若干後味の悪い試合となった。 2019.03.27 06:16 Wed
twitterfacebook
thumb

メッシ離脱でアルゼンチン代表二重苦…試合契約料がほぼ半額に?

アルゼンチンサッカー協会(AFA)が、スターの離脱により財政的にも大きな損害を被ることになりそうだ。スペイン『マルカ』が報じた。 26日にモロッコ代表との親善試合が控えているアルゼンチン代表。しかし、今回の代表ウィークでロシア・ワールドカップ(W杯)以来の招集となっていたバルセロナFWリオネル・メッシが恥骨の痛みにより離脱し、新戦力との連係向上には歯止めがかかった。 さらに、モロッコの日刊紙『Al Ahdaz al Magrebiya』によれば、AFAはモロッコサッカー連盟(MAR)から100万ユーロ(約1億2500万円)を受け取ることで、今回のマッチメイクを了承。しかし、契約には「メッシが70分以上プレーすること」と明確に明記されており、これが果たされない場合には45万ユーロ(約5600万円)が差し引かれることとなるようだ。 メッシの離脱により、スポーツ面だけでなく財政面でも大きな痛手を負ったAFA。6月から開催されるコパ・アメリカに、万全の状態で臨んでくれることに期待したいところだろう。 2019.03.26 13:20 Tue
twitterfacebook
thumb

アルゼンチンvsベネズエラは観たか? マラドーナ「ホラー映画など観ない」

メキシコのドラドス・デ・シナロアで監督を務めるアルゼンチンの英雄ディエゴ・マラドーナ氏が、アルゼンチン代表に苦言を呈した。スペイン『マルカ』が伝えている。 アルゼンチンは22日、ワンダ・メトロポリターノでベネズエラ代表と対戦。この一戦ではFWリオネル・メッシがロシア・ワールドカップ(W杯)以来となる代表復帰を果たすなど、注目を集めたが、期待に反する結果に。1-3とベネズエラに完敗した。 低調なパフォーマンスに終わった試合について問われたマラドーナ氏は、「ホラー映画など観ない」と皮肉った。また、代表チームの体制も批判している。 「(ベネズエラ戦を観たか?)いや、アルゼンチンの試合は観ていない。ホラー映画なんか観ないよ」 「代表チームを統治する無能な人々は、ベネズエラを倒せると思っていたのか? 彼らは良いチームだよ」 「アルゼンチンはドアではなく、窓から入った。彼らは常に嘘をつき、人々を裏切っているからだ。申し訳ないが、アルゼンチンは試合に勝てない」 「このチームは代表のユニフォームを着るに値しない。その手掛かりさえ持っていない。嘘つきを信じ続けているアルゼンチンの人々を残念に思う。我慢し続けている選手たちもそうだ」 2019.03.25 16:15 Mon
twitterfacebook
thumb

メッシ、アルゼンチン代表キャンプを離脱…

バルセロナに所属するFWリオネル・メッシが、アルゼンチン代表キャンプから離脱するようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 アルゼンチンサッカー協会(AFA)により、26日のモロッコ代表戦を欠場する見込みであることが22日に発表されていたメッシ。ロシア・ワールドカップ(W杯)以降初の招集となったベネズエラ代表戦では、フル出場したものの1-3で敗北した上、以前から抱えていた恥骨の痛みを悪化させることとなった。 なお、AFAは大事をとっての欠場と伝えていたが、『マルカ』はメッシがキャンプから離脱したとを報道。バルセロナに戻り、30日の第29節エスパニョール戦の出場可否が判断されることとなりそうだ。 2019.03.24 12:10 Sun
twitterfacebook
thumb

メッシ、負傷で次のモロッコ戦は欠場へ

アルゼンチンサッカー協会(AFA)は22日、FWリオネル・メッシが恥骨の痛みが悪化したため、次の試合を欠場する見込みであることを明らかにした。 ロシア・ワールドカップ以降初の代表招集となったメッシ。22日に行われたベネズエラ代表との親善試合は復帰戦となったが、チームは精彩を欠き1-3で敗戦。メッシはフル出場したものの、試合後に恥骨の痛みを悪化させ、大事を取って次の26日のモロッコ代表戦は欠場する見込みとなった。 また、AFAはMFゴンサロ・マルティネスの負傷も併せて発表。こちらは左太ももを負傷し、メッシ同様モロッコ戦は欠場する可能性が高いとされている。 2019.03.23 15:29 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース