松本が昨季復帰のMF岩上祐三と契約更新2019.01.11 12:05 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
松本山雅FCは11日、MF岩上祐三(29)との契約更新を発表した。岩上は、2012年に東海大学から湘南ベルマーレへ入団。2013年に松本へと移籍すると、2016年からは大宮アルディージャでプレー。2018年に松本へ復帰していた。

2018シーズンは明治安田生命J2リーグで38試合に出場し5得点を記録。チームのJ2優勝、J1昇格に大きく貢献していた。
コメント
関連ニュース
thumb

左45度の柏ゾーン発動! 広島が柏弾でJ1ホーム通算200勝達成、松本はゴールが遠く連敗《J1》

17日、明治安田生命J1リーグ第4節のサンフレッチェ広島vs松本山雅FCがエディオンスタジアム広島で行われ、1-0で広島が勝利を収めた。なお、この勝利が広島のJ1ホーム通算200勝となった。 AFCチャンピオンズリーグでメルボルン・ビクトリーに勝利を収めた広島は、前節0-1で勝利したセレッソ大阪と同じ11人を先発させた。一方の松本は、YBCルヴァンカップでガンバ大阪に2-1で敗戦。前節敗れた浦和レッズ戦と同じ11人を先発させた。 序盤から互いに攻め合う展開に。アウェイの松本は、前田のスピードを生かしたプレーを選択し広島ゴールに迫る。一方の広島は、川辺、柴崎を中心にパスを繋いで崩し、サイドを使った攻撃を仕掛けていく。 広島は24分、右サイドから川辺がクロス。これにファーサイドで野津田がダイビングヘッド。しかし、GKの正面を突いてしまう。 42分に松本はカウンターからチャンス。ボールを持ち出した前田がセルジーニョへパス。裏を狙った前田への浮き球のパスが通るが、野上が対応しシュートを打たせない。 広島は44分、右サイドに抜けたドウグラス・ヴィエイラがボックス右からグラウンダーのクロス。これを走り込んだ柏がシュートするも、GKがセーブする。 ゴールレスで迎えた後半も、互いに攻め込んでいく。しかし、集中した守備の前に、どちらも決定機を作れないまま時間が経過していく。 それでも61分、ボックス手前でボールを受けた柏がカットインからシュート。これがゴール右に決まり、広島がついに近郊を破り、先制に成功する。 先制を許した松本は、攻勢に出るとセットプレーのチャンスを何度も得るが、ことごとく生かすことができない。広島は75分にドウグラス・ヴィエイラに代えてパトリックを投入しハイラインの裏を狙う攻撃に。松本はセルジーニョに代えて高崎を投入し、高さを生かした戦いを見せる。 リードしている広島はパトリックを使った攻撃を繰り広げ、守りに入らずにハードワーク。松本もなんとかゴールを目指して攻め込むが、最後までゴールが遠く試合終了。広島が1点を守り切り、今シーズンホーム初勝利。ホーム通算200勝を達成した。 2019.03.17 17:03 Sun
twitterfacebook
thumb

興梠PK弾で浦和がリーグ初白星! 松本はホーム開幕戦で初黒星…《J1》

明治安田生命J1リーグ第3節の松本山雅FCvs浦和レッズが9日にサンプロ アルウィンで行われ、1-0で浦和が勝利した。 前節大分トリニータ戦を1-0で制して初白星を手にした無敗の松本が、前節北海道コンサドーレ札幌に0-2で敗れてリーグ未勝利の浦和をホームに迎えた一戦。 ホーム開幕戦となる松本は、2-1で勝利したミッドウィークのルヴァンカップ・グループD第1節清水エスパルス戦からスタメンを全員変更。最後尾にGK守田、ディフェンスラインに服部、橋内、エドゥアルド、中盤に岩上、藤田、パウリーニョ、高橋、2シャドーに前田、セルジーニョ、1トップに永井を起用した。 対する浦和は、3-0で勝利したミッドウィークのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループG第1節ブリーラム戦からスタメンを2名変更。マウリシオ、エヴェルトンに代えて、岩波、柴戸を起用した。 試合の序盤、球際に強くいく松本に苦しめられつつも、浦和がボールを支配しようと試みる。しかし、どちらも得点とはならなかったが、9分にボックス左に侵攻した浦和FWアンドリュー・ナバウトが右足でシュートを放てば、12分には鏡写しの様にボックス左に入り込んだ松本MFパウリーニョが左足で枠を狙うなど、どちら優勢とも取れない時間が続く。 前半の半ばに差し掛かると、強度を衰えさせない松本がチャンスの回数を増加させる。ショートカウンターから繰り出される素早い攻撃に何度もゴールを脅かされる浦和は、DF槙野らが後方からフィードを送っていくが、なかなか盛り返すことが出来ない。 中盤での攻防が激化している一戦は、前半中には動きを見せず。お互いに決定的なシーンを迎えることが出来ないまま、均衡を保った状態で折り返しを迎えた。 後半に入っても、松本のプレスに陰りは見えない。前田やセルジーニョが絶えず低い位置までボールを追うと、浦和も思う様に組み立てることが出来ずに時計の針が進んでいく。 それでも、松本が決定的なシーンを手にすることもなかなか出来ない。60分にはボックス手前中央のセルジーニョが左足でグラウンダーのミドルシュートを放ったが、GK西川にキャッチされる。こう着状態が続く。 後半の半ば頃からは、目に見えて松本のチャンスが増え始める。しかし、守備の場面で危険なエリアに蓋をする浦和はセットプレーに逃れる回数を増やし、プレースキックをことごとく跳ね返していく。 試合は72分に動きを見せる。前線に残っていた興梠がボールをキープして前に送り、アンドリュー・ナバウトと連携した長澤がボックス右に侵攻してクロスを上げると、これがDF橋内のハンドを誘発。キッカーの興梠が冷静に沈め、浦和が先にリードを奪った。 優勢な展開の中で一瞬の緩みから先制点を奪われた松本は、直後の75分に前田、永井に代えて、前田、高崎を投入。攻撃に変化を付け、仕切り直しを図る。対する浦和は、82分に長澤に代えて阿部を送り込み、締めに入る。 結局、試合は1-0のスコアで浦和がリードを保って終了。松本は初黒星を喫し、浦和はリーグ初白星を手にした。 2019.03.09 15:55 Sat
twitterfacebook
thumb

J1昇格対決は永井の恩返し弾で松本に軍配! 大分連勝ならず《J1》

明治安田生命J1リーグの大分トリニータvs松本山雅FCが2日に昭和電工ドーム大分で行われ、1-0でアウェイの松本が勝利した。 開幕戦の鹿島アントラーズ戦を2-1で勝利した大分は前節からスタメンの変更はなし。同じく、開幕戦のジュビロ磐田戦を1-1で引き分けた松本もスタメンを変更しなかった。 J1昇格クラブ同士の対決となった一戦では松本が3分にファーストシュートを放つ。大分陣内中央左でFKを獲得し、キッカーの岩上がボックス内に送ったクロスはクリアされたものの、こぼれ球をボックス手前で拾った橋内がボレーシュートを放つ。しかし、ボールはわずかにゴール左に外れる。 続く28分にも松本がチャンスを迎える。セルジーニョがボックス左に走り込んできた永井に縦パスを送ると、永井がボールを収めて走り込んできた高橋にボールを落とす。高橋がダイレクトでクロスを送り、ファーサイドで競り合った服部が一度はボールをこぼしたものの自ら回収。走り込んだパウリーニョがパスを受けて放ったダイレクトシュートは大分DFにブロックされる。 ホームの大分はボールを保持してゴール前まで迫っていくものの、なかなかシュートまで繋げることが出来ず。31分には高山が左サイド深い位置からクロスを上げてファーの松本怜が反応したものの、シュートをミートさせられない。 守勢に回っていた松本は42分、ボックス手前右付近岩上がボックス中央の永井が落とし、最後はセルジーニョがゴール左隅にシュート。しかし、GK高木の好セーブに遭い先制点とはいかない。 後半開始早々にも松本が決定機を迎える。高橋がボックス手前左サイドから右足でクロスを上げると、大分DFが試みたクリアは成功せずボールがクロスバーに直撃。詰めていた永井がこぼれ球を押し込み、アウェイの松本が先制に成功する。 先制を許した大分は、57分に前田凌佑に代えて丸谷、61分に伊藤に代えてオナイウを投入し攻撃の活性化を図る。 しかし、畳みかける松本が64分に好機を手にする。大分陣内深い位置の右サイドで岩上がロングスローを放り込むと、大分DFの対応に遭ったもののこぼれ球を拾った藤田がボックス右の近距離からシュートを放つ。しかし、GK高木が立ちはだかり点差を広げさせない。 一点を追いかける大分は81分、松本陣内深くの右サイドで松本怜がオナイウとのワンツーでボックス内に侵攻しクロスを供給。しかし、ニアサイドで合わせた藤本のシュートは枠に飛ばない。 結局、試合は1-0のスコアのまま終了。松本は4年ぶりのJ1に挑んでいる今シーズン初の白星を飾ることに成功した。敗れた大分は開幕2連勝を阻まれている。 2019.03.02 18:28 Sat
twitterfacebook
thumb

岩上の技ありFK弾で松本先制も、川又豪快ヘッドで両者譲らずドロー決着《J1》

明治安田生命J1リーグ開幕節のジュビロ磐田vs松本山雅FCが23日にヤマハスタジアムで行われ、1-1の引き分けに終わった。 東京ヴェルディとのプレーオフ決定戦を辛くも制してJ1残留を決めた昨シーズン16位の磐田が、J2初優勝で4年ぶりのJ1昇格を決めた松本をホームで迎えた一戦。 磐田は、[4-2-3-1]を採用。最後尾にGKカミンスキー、ディフェンスラインに松本昌也、大南、大井、高橋祥平、ボランチに上原、山田、2列目にロドリゲス、中村、アダイウトン、最前線に大久保を配置した。 対する松本は[3-5-2]を採用。最後尾にGK守田、ディフェンスラインに服部、橋内、エドゥアルド、中盤に岩上、藤田、パウリーニョ、高橋諒、2シャドーに前田、セルジーニョ、最前線に永井を起用した。 4年ぶりのJ1挑戦となったアウェイの松本が、8分のファーストチャンスをものにする。ボックス手前右で永井がFKを獲得すると、キッカーの岩上が相手の壁下を通す意表を突いたグラウンダーのシュートをゴール右に放つ。GKカミンスキーが何とか触ったものの、勢いを殺しきれなかったボールがゴールに吸い込まれアウェイの松本が先制に成功する。 試合が動いてからは磐田がボールを保持しながら攻撃を組み立てていく。一方の松本はブロックを敷いて、前田を中心にカウンターを仕掛ける展開に。 1点を追いかける磐田は29分、ボックス右で松本昌也が仕掛け、ボックス右手前からクロスを供給。ニアサイドの山田が右足で合わせるもゴール右に外れ、同点に追いつけない。 前半はリードしている松本が耐える形で逃げ切り。1-0のスコアを保ったまま試合を折り返した。 後半に入り先にチャンスを作った松本は53分、岩上が磐田陣内中央右サイドのFKからボックス中央のエドゥアルドに送り、最後はゴール前にいた前田が反応。しかし、放たれたヘディングシュートはポストに嫌われ追加点は奪えない。 攻撃の活性化を図りたい磐田は、55分に中村に代えて川又、70分にロドリゲスに代えて荒木を投入する。 すると磐田は71分、ボックス左手前から山田がボックス内にクロスを供給。ボックス中央にいた途中出場の川又が相手DFのマークを振り切り、強烈なヘディングシュートを叩き込み試合を振り出しに戻す。 その後は、勢いづく磐田がゴール前まで迫るがシュートまで結び付けることが出来ず試合は1-1で終了。両チーム、ドロースタートとなった。 2019.02.23 17:29 Sat
twitterfacebook
thumb

松本指揮8年目の反町康治監督、J1復帰イヤー躍進のカギを語る!

Jリーグが14日、2019Jリーグキックオフカンファレンスを開催した。 このイベントには松本山雅FCを率いる反町康治監督も出席。久々のJ1となる今シーズンに向け、「我々は少しJ1から少し離れている時期が長かったので、早く雰囲気だったり、スピーディな展開に早く慣れる」ことの重要性を説きつつ、J1での躍進を意気込んだ。 ◆反町康治監督(松本山雅FC) ──開幕戦のポイントは 「我々は最初からアクセルを踏んでやるチーム。最初から主導権を握って、それを落とすことなく試合終了の笛までやっていきたいです」 ──J2昇格後の初戦。重要度が増すと思うが 「当然、重要なのは間違いないですが、それ以降もリーグの試合は続くので、その後がもっと大事になってくると思います」 「ただ、開幕戦はアウェイ。しかも、我々は少しJ1から少し離れている時期が長かったので、早く雰囲気だったり、スピーディな展開に早く慣れて、良い形で結果を出していきたいです」 ──開幕ゲームの地はご自身の出身地である静岡県 「あまり意識していないつもりです。当然、そういうことを言われることが増えるかもしれないですけど、今は松本の住民なので、そこで力を発揮してやっていきたいです」 2019.02.14 20:35 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース