乾所属のベティスがメキシコの逸材MFライネスを獲得! 移籍金は約21億円2019.01.11 11:38 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本代表MF乾貴士が所属するベティスは10日、クラブ・アメリカからメキシコ代表MFディエゴ・ライネス(18)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年までとなる。

ライネスは、クラブ・アメリカの下部組織出身で、わずか16歳で2017年にトップチームデビュー。今シーズンは、リーガMXで10試合に出場し3ゴールを記録していた。

また、U-15、U-17、U-20、U-21と世代別のメキシコ代表を経験。2018年のトゥーロン国際大会では、17歳ながらU-21メキシコ代表に招集されていた。2018年9月にはA代表デビューを果たしている逸材だ。

ライネスには、モナコやRBライプツィヒ、リヨンなどが興味を示している中、アヤックスが最右翼に立っていたが、ベティスがメキシコの逸材を手中に収めた。なお、スペイン『マルカ』によると移籍金は1700万ユーロ(約21億2200万円)とのこと。正式契約はメディカルチェック後となる。
コメント
関連ニュース
thumb

ベティスがインテルの「10」に関心…乾は資金捻出のため売却か

ベティスが、インテルに所属するアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネス(21)の獲得を検討しているようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 昨夏にラシン・クラブ(アルゼンチン1部)から2500万ユーロ(現在のレートで約31億円)でインテルに加入したL・マルティネス。背番号「10」を背負うなど期待されていたが、蓋を開けてみれば公式戦16試合で5ゴール。先発はわずか5試合と期待されたような活躍はできていない。 完全にバックアッパーとみなされているL・マルティネスだが、ジュゼッペ・メアッツァを離れるのは容易ではないという。ベティスはすでにインテルとコンタクトを取り、買取りオプション付きのレンタルでの獲得を提案しているものの、難しい交渉になると同メディは予想している。 それでも、絶対的エースを欠くロス・ベティコは今冬の移籍市場締め切りのギリギリまで、インテルからの返答を待つつもりのようだ。 一方で、L・マルティネス獲得に漕ぎ着けても、その多額の移籍金と年俸がネックになると指摘するメディアもあり、そうなった場合、戦力外の一人と数えられているMF乾貴士が資金捻出のため売却される可能性が高いと見られている。 2019.01.16 16:56 Wed
twitterfacebook
thumb

ベティス、EU圏外枠を空けるため乾貴士を放出か…移籍先にはアラベス、バジャドリーが挙げられる

ベティスがこの冬の移籍市場で日本代表MF乾貴士を放出する可能性が浮上している。<br><br>スペインメディアの『アス』や『デスマルケ』によれば、ベティスはこの冬の移籍市場でブラジルのアトレチコ・ミネイロに所属する右サイドバック、DFエメルソンを獲得することを考慮している模様。U-20ブラジル代表でプレーする19歳の同選手について、ベティスはバルセロナと共同で保有権を獲得する考えで、この夏にチームに加える予定と以前から報じられてきた。しかし予定を早めて、冬にチームに加える可能性を検討しているという。<br><br>両メディアは、ベティスのこの冬でのエメルソンの獲得に関して、一つ「不都合」があるとしている。それはEU圏外枠の三枠が、最近に獲得したメキシコ人FWディエゴ・ライネス、ブラジル人DFシドネイ、そして乾貴士で埋められていることだ。そのためにエメルソンをチームに加えられる条件として、出場機会に恵まれていない乾の放出を挙げられている。<br><br>加えて『デスマルケ』、さらに『ディアリオ・セビージャ』は、そんな乾に対してベティスと同様にリーガエスパニョーラ1部に所属するアラベス、バジャドリーが興味を示していると報道。『デスマルケ』は「現在アジアカップに参加している乾は、この冬の市場でクラブを去るかもしれない。アラベス、バジャドリーは、ベティスに対して彼の状況を問い合わせた。今後数日で、動きが加速する可能性がある」と伝えている。<br><br>乾は昨夏の移籍市場でエイバルとの契約が終了し、ベティスに加入。加入当初こそレギュラーだったものの、ここ最近は出場機会に恵まれない状況が続いている。<br><br><br>提供:goal.com 2019.01.14 22:58 Mon
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリーに惜敗のベティス、監督セティエン「彼らの5バックにプラン狂った」

13日のリーガ・エスパニョーラ第19節、ベティスは本拠地ベニト・ビジャマリンでのレアル・マドリー戦を1&minus;2で落とした。キケ・セティエン監督は試合後、レアル・マドリーの5バック採用が予期していなかったことだと話している。スペイン『アス』がコメントを伝えた。<br><br>負傷者が続出するレアル・マドリーは、この試合で5バックを採用して堅守速攻のスタイルにシフト。速攻からMFルカ・モドリッチの先制点を許したベティスは、その後ボールを保持しながら攻撃を仕掛けてMFセルヒオ・カナレスのゴールで一時同点に追いついたものの、終了間際にMFダニ・セバージョスに直接FKを決められ惜しくも試合を落としている。<br><br>セティエン監督は試合終了後、レアル・マドリーが5バックを採用したことに面を食らったと明かしながら、自チームが試合をコントロールしていたことを強調した。<br><br>「少なくとも引き分けにできなかったことが嘆かわしい。私たちはその結果を得るに値したんだ。前半はシステムの不均衡から速攻を許してしまったが、しかし私たちはほぼ試合を通じてゲームを、スペースを支配していた。結局、マドリーはいつだってマドリーであり、簡単にはいかないということだね」<br><br>「モドリッチのゴールでプランが狂った? むしろ彼らが5バックや中盤を増強したことところから狂っていた。ああした状況は予期していなかったんだ。ただ立ち上がりのいくつかのボールロストを除けば、私たちは良かった。クロスやシュートと、フィニッシュの精度を欠いたのは確かだね。まあ、彼らの選手たちがあそこに集中していたからだが」<br><br>ベティスは2連敗と、調子を落としつつある。<br><br>「ナーバスにはなっていない。しっかりと競争に臨めていないならば、そうなっているかもしれんがね。たとえ勝利を逃しても、世界最高の一チームを相手に優位に立っていたんだよ。ゴール前でのディテールこそ欠いたが、感覚は良いものであり、これから勝利が届くはずだよ」<br><br><br>提供:goal.com 2019.01.14 22:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ヴィニシウスの品行が問題に…ベティスDFバルトラ「3回も母親を侮辱された。レアルの選手にふさわしくない」

現在、レアル・マドリーの希望とも称せる存在となっているFWヴィニシウスだが、その品行が問題視されている。<br><br>18歳と若年ながら、低調な今季のレアル・マドリーを引っ張る活躍を披露しているヴィニシウス。しかし13日にレアル・マドリーと対戦したベティスのDFマルク・バルトラは、同選手のピッチ上での振る舞いに疑問を呈する。<br><br>バルトラは1&minus;2で敗戦したその試合の直後、ミックスゾーンでブラジル人FWについて次のように語った。<br><br>「ヴィニシウスは立っているより地面に伏している時間の方が多かった。僕からはそんなに倒れ込むなと言ったんだけど、するとイホ・デ・プータ(直訳では売春婦の息子で、この野郎などを表すす侮辱語)と罵ってきた。3回も僕の母親について言及してきたんだよ」<br><br>「彼が学ぶべきことは多い。レアル・マドリーの選手としてふさわしいとは思えない」<br><br>提供:goal.com 2019.01.14 21:50 Mon
twitterfacebook
thumb

古巣初対戦のセバージョスの劇的恩返しFK弾! 主力多数欠くマドリーがベティスに競り勝ちリーガ3戦ぶりの白星《リーガエスパニョーラ》

リーガエスパニョーラ第19節、ベティスvsレアル・マドリーが13日にエスタディオ・ベニート・ビジャマリンで行われ、アウェイのマドリーが2-1で勝利した。なお、ベティスのMF乾貴士はアジアカップ参戦のためメンバー外となっている。 6位のベティス(勝ち点26)と、5位のレアル・マドリー(勝ち点30)による上位対決。 前節、最下位ウエスカ相手にまさかの敗戦を喫したベティスは2試合勝利なしと調子を落としている。上位浮上に向けて勝ち点獲得が求められる今節は同じく不調のマドリーをホームで迎え撃った。この試合では[4-3-3]の布陣を採用し、前線はホアキン、サナブリア、古巣対戦のカナレスという並びとなった。 一方、直近のコパ・デル・レイ5回戦1stレグでレガネスに快勝して新年初勝利を手にしたマドリーだが、リーガではビジャレアルに2度のリードを守れずドロー、前節はホームでレアル・ソシエダに完敗と2戦未勝利。2019年のリーガ初白星を目指す今節に向けてはソシエダ戦から先発4人を変更。出場停止のルーカス・バスケスに代わってバルベルデ、負傷のクルトワ、クロースに代わってケイロル・ナバス、ナチョ、マルセロに代わってレギロンを起用。3トップにモドリッチ、ベンゼマ、ヴィニシウスを配した[3-4-3]の布陣を採用した。 前から果敢にプレスを仕掛けてベティスのビルドアップをけん制するマドリーに対して、サイドバックとキープ力に長けたアンカーのウィリアム・カルバーリョを起点に質の高いボール回しでいなしを見せるベティス。 立ち上がりは右サイドのバラガンとカナレスのコンビを起点にベティスが幾度か良い形を作っていくが、マドリーがワンチャンスを生かして先制する。13分、オフサイドラインを破った左サイドのベンゼマを起点に波状攻撃を仕掛けたアウェイチームはカルバハルのカットインシュートのこぼれ球に反応したボックス中央のモドリッチが正確な左足のミドルシュートをゴール左隅に突き刺した。 幸先良く先制に成功したマドリーは勢いづいて前からの圧力を強めながらカウンターから2点目を目指す。その狙い通りの形からヴィニシウスやモドリッチらに決定機が訪れるが、いずれも最後の精度を欠く。 34分には相手FKのロングカウンターからベンゼマ、ヴィニシウスと繋いでバルベルデが完全に抜け出すが、ここはシュートをもたついた結果、DFバラガンの決死のブロックに遭う。逆に、前半終了間際にはカナレスに直接FKとミドルシュートでゴールを脅かされるが、前半を何とか無失点で終えた。 迎えた後半、前半終了間際に指か手首を捻って痛みを訴えていたベンゼマに代えて、これがリーガデビューとなる21歳FWクリストをハーフタイム明けに投入したマドリー。後半はカウンターの起点となるヴィニシウスを最前線に残した[5-4-1]に近い布陣でやや守備的な入りを見せた。 これに対してビハインドを追うベティスは自陣で堅固な守備ブロックを敷く相手守備攻略に向けてホアキン、カナレスの両ウイングが頻繁にポジションを変えながら攻撃に変化を付けていく。61分には波状攻撃からボックス手前でクリアボールに反応したグアルダードがヒザをうまく被せた左足のダイレクトボレーを狙うが、わずかに枠の右に外れた。 それでも、攻勢を続けるベティスは67分、中盤でボールを持ったロ・セルソからのスルーパスにオフサイドラインギリギリで抜け出したカナレスが冷静にGKの股間を抜くシュートで古巣のゴールネットを揺らす。当初、判定はオフサイドとなるが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による検証の結果、ゴールが認められた。 カナレスの恩返し弾で沸きに沸くビジャマリンの後押しを受けて、ここから試合は完全にベティスペースに傾く。相手陣内でピッチの幅、奥行きを使った攻めでマドリー守備陣に揺さぶりをかけていくホームチームだったが、再三のクロスは身体を張ったクリアに遭う。 一方、守勢の中で何とか勝機を見出したいマドリーはレギロン、バルベルデを下げて古巣対戦のダニ・セバージョス、マンチェスター・シティから今冬加入でこれがリーガデビューとなるブラヒム・ディアスを続けて投入。すると、この選手交代が試合を動かす。 88分、マドリーはカゼミロのボール奪取からのカウンターでボックス手前中央の好位置でFKを獲得。そして、この重要なFKのキッカーを務めたのは古巣初対戦のセバージョス。果敢に右足を振り抜いてゴールを狙うと、やや雑に作った壁の間を抜けたボールがゴール右下隅に突き刺さり、アウェイチームに劇的な勝ち越しゴールが生まれた。 そして、セバージョスの恩返し弾を最後まで守り抜いたマドリーが苦しみながらも敵地で競り勝ちリーグ戦3試合ぶりの勝利を飾ると共に2019年のリーガ初白星を手にした。 2019.01.14 06:52 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース