岡崎慎司にハダースフィールドから獲得オファー 英有力紙報道2019.01.11 08:15 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
イギリス『スカイ・スポーツ』は10日、レスター・シティに所属する元日本代表FW岡崎慎司(32)に対して、ハダースフィールドがアプローチを試みたと報じた。

2015-16シーズンのプレミアリーグ優勝メンバーであり、今シーズンがレスター在籍4年目の岡崎。だが、契約最終年の今シーズンはケガの出遅れもあってか、ここまで出場した13試合のプレミアリーグで1度の先発機会にとどまっており、十分なプレータイムを得られていないのが現状だ。

その岡崎を巡っては現在、プレミアリーグの数クラブが獲得に興味を示している模様。プレミアリーグ最下位に沈むハダースフィールドのデイビッド・ワグナー監督は現時点で新たなFW獲得の可能性について言葉を濁しているが、水面下でレスターと連絡を取り合い、オファーを打診したという。

森保一体制発足後の日本代表から遠ざかる岡崎自身も2022年のカタール・ワールドカップ(W杯)出場を目指して欧州でのプレー続行を希望。果たして、代表通算50得点を誇る岡崎の移籍は実現するのか。今後の動向に注目が集まる。
コメント
関連ニュース
thumb

アラベス、乾貴士獲得へ交渉中? 正式発表はアジア杯終了後か

アラベスがベティスに所属する日本代表MF乾貴士(30)の獲得に向けて交渉を開始したようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 アラベスは10日にスペイン人FWイバイ・ゴメス(29)がビルバオに完全移籍。その後釜として乾をリストアップし、買い取りオプションが付随した今シーズン終了時までのレンタルでの獲得を目指しているようだ。 しかし乾は現在、日本代表としてアジアカップに参戦中。日本が同大会を終えるまで公式発表は行わないことが伝えられている。 乾は昨夏にエイバルからベティス入り。加入当初こそ出場機会を与えられていたものの、ここ最近ではベンチを温める日々が続いていた。 2019.01.21 20:45 Mon
twitterfacebook
thumb

トゥールーズ移籍のDF昌子源、新天地デビューを報告!「これからもっと良くなる!」

トゥールーズに所属する日本代表DF昌子源が、リーグ・アンデビューを報告している。 4日に鹿島アントラーズからトゥールーズに正式加入した昌子。19日に敵地で行われたリーグ・アン第21節のニーム戦に3バックの左でフル出場し、1-0の3試合ぶり白星に貢献した。 新天地デビューを果たした昌子は、自身のインスタグラム(gen.shoji3)を更新。「これからもっと良くなる」と手応えを感じた様子を示している。※絵文字、ハッシュタグ省略 「昨日Ligue 1 デビューしました! まだまだ課題は多いですが新たな一歩を無失点と良いスタートができました。これからもっと良くなる!! 世界のトップにいる人達を止めれるよう大きく成長するのみ」 2019.01.21 17:50 Mon
twitterfacebook
thumb

【先週末の海外日本人結果】昌子源が3バックの左で新天地デビュー!

海外により厳しい環境を求め、日々凌ぎを削る日本人選手。先週末における海外日本人選手の成績を紹介する。 数人の選手が日本代表としてアジアカップに参戦している中、4日に鹿島アントラーズからトゥールーズに移籍したDF昌子源が新天地デビュー。フル出場で3試合ぶり白星に貢献した。 ◆プレミアリーグ [レスター・シティ]岡崎慎司 A 3-4 ウォルバーハンプトン ● ベンチ入りせず [ニューカッスル]武藤嘉紀 H 3-0 カーディフ 〇 日本代表招集中のため欠場 [サウサンプトン]吉田麻也 H 2-1 エバートン 〇 日本代表招集中のため欠場 ◆リーガエスパニョーラ [ヘタフェ]柴崎岳 H 4-0 アラベス 〇 日本代表招集中のため欠場 [ベティス]乾貴士 H 3-2 ジローナ 〇 日本代表招集中のため欠場 ◆ブンデスリーガ [ドルトムント]香川真司 A 1-0 ライプツィヒ 〇 ベンチ入りせず⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=343445">詳細ニュース</a> [ブレーメン]大迫勇也 A 1-0 ハノーファー 〇 日本代表招集中のため欠場 [フランクフルト]長谷部誠 H 3-1 フライブルク 〇 フル出場⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=343418">詳細ニュース</a> [ニュルンベルク]久保裕也 H 1-3 ヘルタ・ベルリン ● 82分からプレー [ハノーファー]浅野拓磨 H 0-1 ブレーメン ● ベンチ入りせず [ハノーファー]原口元気 H 0-1 ブレーメン ● 日本代表招集中のため欠場 [デュッセルドルフ]宇佐美貴史 A 2-1 アウグスブルク 〇 68分までプレー⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=343419">詳細ニュース</a> ◆リーグ・アン [マルセイユ]酒井宏樹 A 1-0 カーン 〇 日本代表招集中のため欠場 [トゥールーズ]昌司源 A 1-0 ニーム 〇 フル出場⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=343483">詳細ニュース</a> [ストラスブール]川島永嗣 A 5-1 モナコ 〇 ベンチ入りせず ◆エールディビジ [ヘーレンフェーン]小林祐希 A 4-4 アヤックス △ 出場停止で欠場 [フローニンヘン]堂安律 H 3-0 ヘラクレス 〇 日本代表招集中のため欠場 [フローニンヘン]板倉滉 H 3-0 ヘラクレス 〇 ベンチ入りせず [ズウォレ]中山雄太 H 3-1 フェイエノールト 〇 ベンチ入りせず ◆トルコリーグ [ガラタサライ]長友佑都 H 6-0 ヘラクレス 〇 日本代表招集中のため欠場 ◆オーストリアリーグ [ザルツブルク]南野拓実 ※ウインターブレイク中 [インスブルック]財前淳 ※ウインターブレイク中 ◆ポルトガルリーグ [ポルティモネンセ]中島翔哉 A 2-0 ボアヴィスタ 〇 ベンチ入りせず [ブラガ]安西海斗 A 2-0 ナシオナル 〇 ベンチ入りせず ◆ロシアリーグ [CSKAモスクワ]西村拓真 ※ウインターブレイク中 ◆ベルギーリーグ [シント=トロイデン]遠藤航 H 2-3 ゲンク ● 日本代表招集中のため欠場⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=343351">詳細ニュース</a> [シント=トロイデン]鎌田大地 H 2-3 ゲンク ● フル出場⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=343351">詳細ニュース</a> [シント=トロイデン]冨安健洋 H 2-3 ゲンク ● 日本代表招集中のため欠場⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=343351">詳細ニュース</a> [シント=トロイデン]関根貴大 H 2-3 ゲンク ● 84分までプレー⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=343351">詳細ニュース</a> [シント=トロイデン]小池裕太 H 2-3 ゲンク ● ベンチ入りも出場せず⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=343351">詳細ニュース</a> [シント=トロイデン]木下康介 H 2-3 ゲンク ● ベンチ入りせず⇒<a href="http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=343351">詳細ニュース</a> [アンデルレヒト]森岡亮太 A 0-1 ヘント ● 後半からプレー [オイペン]豊川雄太 H 4-1 ロケレン 〇 81分までプレー、40分に今季5点目を記録 [セルクル・ブルージュ]植田直通 A 1-1 ワースランド・ベフェレン △ フル出場 2019.01.21 09:00 Mon
twitterfacebook
thumb

昌子源が仏デビュー トゥールーズの完封勝利に貢献《リーグ・アン》

トゥールーズに移籍した日本代表DF昌子源が新天地デビューを果たした。 トゥールーズは19日に敵地で行われたリーグ・アン第21節でニームと対戦。遠征メンバー入りの昌子は3バックの左でフル出場した。 試合は42分、元アーセナのヤヤ・サノゴが右サイドからのクロスに合わせ、トゥールーズが先制。その1点を守り抜き、1-0で勝利した。 トゥールーズは3試合ぶりの白星。6勝7分け8敗の勝ち点25で暫定13位につけている。 ニーム 0-1 トゥールーズ 【トゥールーズ】 ヤヤ・サノゴ(前42) 2019.01.20 08:10 Sun
twitterfacebook
thumb

宇佐美先発のデュッセルドルフ、劇的弾でアウグスブルクに競り勝ち4連勝!《ブンデスリーガ》

デュッセルドルフは19日、ブンデスリーガ第18節でアウグスブルクとのアウェイ戦に臨み、2-1で勝利した。デュッセルドルフのFW宇佐美貴史は68分までプレーしている。 2018年終盤、宇佐美の活躍もあって3連勝とし、急浮上した14位デュッセルドルフ(勝ち点18)は、宇佐美がフラットな[4-4-2]の左MFで先発となった。 15位アウグスブルク(勝ち点15)に対し、押し込まれる入りとなったデュッセルドルフは13分、バイアーに左ポスト直撃のシュートを浴びるなど劣勢を強いられる。 さらに18分、CKからモラベクのヘディングシュートでゴールを脅かされるも、右サイドのルケバキオのドリブルを起点に徐々に攻め手を見いだしていったデュッセルドルフは、27分にボックス手前からのドゥクシュのダイレクトシュートでゴールに迫った。 ハーフタイムにかけては一進一退の攻防が続いていた中、45分にデュッセルドルフが先制した。ボックス右角からルケバキオが左足で送ったクロスをファーサイドのドゥクシュがヘッドで流し込んだ。 デュッセルドルフが1点をリードして迎えた後半、守備に比重を置きながら試合を進めるも、64分に同点とされる。ボックス手前右からシュミットに直接狙われたFKをGKレンジングが掻き出すも、ゴールラインをわずかに割っていたとして同点弾を奪われてしまった。 追い付かれたデュッセルドルフは宇佐美に代えてラマンを、ルケバキオに代えてバルコクを投入し、攻撃に変化を付けにかかる。 すると、終盤にかけて攻勢に出ていたデュッセルドルフに89分、劇的なゴールが生まれる。中盤でボールを奪取したモラレスがロングフィードを前線に送ると、これを受けたラマンがボックス中央へ侵入し、GKとの一対一を制した。 これが決勝点となってデュッセルドルフが勝利。連勝を4に伸ばしている。 2019.01.20 01:39 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース