岡崎慎司にハダースフィールドから獲得オファー 英有力紙報道2019.01.11 08:15 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
イギリス『スカイ・スポーツ』は10日、レスター・シティに所属する元日本代表FW岡崎慎司(32)に対して、ハダースフィールドがアプローチを試みたと報じた。

2015-16シーズンのプレミアリーグ優勝メンバーであり、今シーズンがレスター在籍4年目の岡崎。だが、契約最終年の今シーズンはケガの出遅れもあってか、ここまで出場した13試合のプレミアリーグで1度の先発機会にとどまっており、十分なプレータイムを得られていないのが現状だ。

その岡崎を巡っては現在、プレミアリーグの数クラブが獲得に興味を示している模様。プレミアリーグ最下位に沈むハダースフィールドのデイビッド・ワグナー監督は現時点で新たなFW獲得の可能性について言葉を濁しているが、水面下でレスターと連絡を取り合い、オファーを打診したという。

森保一体制発足後の日本代表から遠ざかる岡崎自身も2022年のカタール・ワールドカップ(W杯)出場を目指して欧州でのプレー続行を希望。果たして、代表通算50得点を誇る岡崎の移籍は実現するのか。今後の動向に注目が集まる。
コメント
関連ニュース
thumb

「たくさんボールに触れられれば」FW宇佐美貴史、準備万端でボリビア戦へ《キリンチャレンジカップ2019》

日本代表は25日、翌26日に行われるキリンチャレンジカップ2019のボリビア代表戦に向けて試合会場となるノエビアスタジアム神戸でトレーニングを行った。 森保ジャパン初招集となったデュッセルドルフFW宇佐美貴史は、前回のコロンビア戦は出番は回ってこなかった。森保一監督が「総入れ替え」を公言した中で、チャンスが回ってくる可能性が高い宇佐美は、記者に向けて自分に何ができるのかを語ってくれた。 ◆宇佐美貴史(デュッセルドルフ/ドイツ) ――ボリビア戦に向けて 「良い状態で。良い準備ができたかなと。全体的は雰囲気は賑やかで和やかで。ゲームになるとしっかり締まってできたと思います」 ――森保監督が「総入れ替え」と発言したが、チャンスが来たときどの様なプレーをしたいか 「2列目の選手とかサイドバックの選手たちと上手く絡みながらいろんな攻撃パターンを自分のところから出せればなと思いますし、その中でしっかりフィニッシュにもかかわりながら。この間の試合はゼロに終わったので、しっかり得点というところを攻撃的な選手として生み出せればいいかなと思います」 ――無得点に終わった前回の試合から宇佐美選手なりに改善できるところは 「(攻撃を)制限されるわけではないので、ボールを多く触れる機会があればいい攻撃とかいいアイデア、連携を生み出せると思うので、幅とかバリエーションを作っていければなと」 2019.03.25 21:51 Mon
twitterfacebook
thumb

乾貴士「ボリビア戦はサイド攻撃が有効になる」《キリンチャレンジカップ2019》

日本代表は25日、翌26日に行われるキリンチャレンジカップ2019のボリビア代表戦に向けて試合会場となるノエビアスタジアム神戸でトレーニングを行った。 無得点に終わったコロンビア代表戦から4日後のボリビア戦。アラベスのMF乾貴士は冷静に日本代表を見つめている。明日のボリビアン戦に向けて、自身の様なサイド選手が攻撃のキーマンになると主張。その中で自分が出来ること、また、香川真司とのコンビネーションにも触れた。 ◆乾貴士(アラベス/スペイン) ――前回の無得点だった課題からどう修正していくか 「相手も違いますし、決め切るというところは日本の課題だと思うので。決まらない試合ももちろんありますし、全ての試合で点が取れるチームというのは世界中にどこも無いと思います」 「ただ、いかにそういう試合を少なくしていくかだと思いますし、そういうチームが強いので、そういうチームになれればいいなとは思ってます」 ――引いてくるであろうボリビアに対し、乾選手の突破力は大事になってくると思うが 「引いた相手にサイド攻撃は有効になってくると思いますし、真ん中ばかりだとアジアカップの予選みたいにきつくなってくるので、いかにサイドから崩せるかというところが大事になってくる」 「個人としては、サイドの突破はチームとしてサイドバックやFWとの関係を意識しながら。そこが出せるのが自分の良さだと思っているので、周りとのコンビネーションで崩していければなと思ってます」 ――香川選手とのコンビについて 「(香川)真司とはずっとやっているのでセレッソ大阪時代もそうですけど、代表でも一緒なので、感覚的には合う選手ですし、すごく楽しいので、それを明日も出していきたいと思います」 2019.03.25 21:47 Mon
twitterfacebook
thumb

先発見据える鎌田大地「時間も増えればチャンスはある。あとは自分次第」《キリンチャレンジカップ2019》

日本代表は25日、翌26日に行われるキリンチャレンジカップ2019のボリビア代表戦に向けて試合会場となるノエビアスタジアム神戸でトレーニングを行った。 前回のコロンビア代表戦で日本代表デビューを果たしたシント=トロイデンFW鎌田大地は、練習を重ねていくことでチームで意思疎通ができるようになったとコメント。初の先発起用も見据えている。 ◆鎌田大地(シント=トロイデン/ベルギー) ――練習を重ねてきた印象 「みんなのやりたいことだったり、チームのやりたいことが段々わかってきたことは良いことですし、あとは試合でどれだけ良いプレーができるかなので。クオリティはみんなあるので、良いサッカーができると思います」 ――先発起用で心掛けたいことは 「この間は短い時間の中でなにかチャンスを作らないといけない中で、先発で出られれば、時間は長いので我慢しながら。チャンスは来ると思うので、そのときにどれだけ自分ができるかです」 2019.03.25 21:44 Mon
twitterfacebook
thumb

アジア杯以降欠場続くFW大迫勇也、復帰間近に痛みが再発か 指揮官が言及

ブレーメンを率いるフロリアン・コーフェルト監督が、日本代表FW大迫勇也の復帰時期について言及した。ドイツ『ビルト』が伝えている。 アジアカップ終了後、背中の痛みによりクラブで出られない日々が続いている大迫。そんな中、ここ最近では全体練習にも参加していたいことで、復帰は近づいているかに思われた。 しかし、コーフェルト監督によると、大迫は再び背中に痛みが再発した模様。30日に行われるブンデスリーガ大27節のマインツ戦への出場が厳しいと見解を示している。 「彼は先週末に再び問題が発生した。また、背中を痛めた。これは良くないことだ」 「復帰時期を予測するのには疲れた。8週間がすでに経過している。おそらく復帰は来週末になる。(30日の)マインツ戦に間に合ってほしいが、難しいだろう」 2019.03.25 09:30 Mon
twitterfacebook
thumb

香川真司、代表リスタート! 「刺激を受けた」《キリンチャレンジカップ2019》

日本代表(FIFAランキング27位)は22日、日産スタジアムでキリンチャレンジカップ2019のコロンビア代表戦(同12位)に臨み、0-1で敗れた。 ロシア・ワールドカップ(W杯)以来の代表入りとなり、森保ジャパン初招集のMF香川真司(ベシクタシュ/トルコ)。復帰戦を次のように振り返った。 ◆香川真司(ベシクタシュ/トルコ) ──代表復帰戦。途中出場だったが 「これは良いチャンスというか、『こういう状況のなかでどれだけ見せられるか』という意気込みで入りましたけど、最終的に負けたので非常に悔しいです」 「ただ、僕自身は初めての試合だったということもあり、色々なことを感じながら、90分を通じて見て、プレーできたことは次に繋がると思います」 「チームとして分析して次の試合に生かして、やっていかなければならないが、それ以上に良いところもあったので、これから改善していければ良いと感じています」 ──過去と今の代表における変化とは 「チームとしてアグレッシブに早い攻撃ができていたし、個人個人としても全員が自信を持ってプレーしていたので、僕自身、前半45分を見て刺激を受けた部分があった。だからこそ、今後もっとやっていければ良いサッカーができるようになると思いました」 「ただ、僕自身も毎日、代表でプレーするわけじゃないので、短い期間のなかで『どれだけ結果を残していけるか』というところを次の試合を含め、明日からみんなと話し合いながらやっていきたいです」 ──南野拓実との縦関係における新たな発見はあったか 「みんながみんな、短い時間しかないですし、初めての選手もいるので。本当にこれからだと思います。チームとして、前半と後半のなかで課題が出て、修正をしなくちゃいけない部分はあると思いますので、個人というより、チームに目を向けたい。そして、0点に終わった攻撃陣の課題を次に生かしていきたいです」 ──無得点の攻撃陣について 「前半は本当にあと一歩のところまでいっていて、あと決め切るだけだった。ただ、みんなの姿勢やアグレッシブさにすごく良いものがあると感じました。新しい体制でアジアカップを含めて半年間やっているので、前半ひチームとしての形、ストロングポイントが見えたと思います」 ──ピッチに出て意識したプレーとは 「後半、相手が修正してきたこともあり、リズムが生まれてこなかった。そのなかで、60分ぐらいに失点してしまった。90分の流れで良い時間帯と悪い時間帯が絶対にあるので、そこをどう耐え凌ぐか。そこは非常に大事。ホームゲームだからこそ、みんながイケイケになってしまった」 「そこは僕も経験しているし、理解できること。コロンビアはあれだけ前半悪くても、後半に点を取ってきた。あれこそ『アウェイでの戦い』と言ったら変ですけど、そういう意味で学ぶ部分は非常にありました。なので、この経験を次に生かしていくためにも、僕自身も準備をやっていくだけです」 2019.03.23 01:52 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース