ウディネーゼ、ワトフォードからオランダ人DFゼーヘラールをレンタルで獲得2019.01.11 02:06 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウディネーゼは10日、ワトフォードのオランダ人DFマーヴィン・ゼーヘラール(28)を今季終了までのレンタルで獲得したことを発表した。

アヤックスの下部組織出身のゼーヘラールは、左サイドバックから左ウイングまでこなす左サイドのスペシャリスト。2017年夏にスポルティング・リスボンからワトフォードに移籍し、昨季はプレミアリーグ12試合に出場して2アシストを記録していた。しかし、今季はここまで出場機会に恵まれていなかった。

ウディネーゼとワトフォードは共にジャンパオロ・ポッツォ氏がオーナーを務めるチームでこれまでも頻繁に移籍が行われている。
コメント
関連ニュース
thumb

ウディネーゼ、新指揮官に昨季の救世主トゥドール氏を招へい!

ウディネーゼは20日、イゴール・トゥドール氏(40)が新監督に就任したことを発表した。 昨夏に就任したフリオ・ベラスケス前監督の下、新シーズンを迎えたウディネーゼ。しかし、開幕から不振に陥ると昨年11月に同監督を解任。 その後任としてクラブは二コラ監督を招へいしたが、就任後は公式戦15試合でわずか4勝にとどまり、今月17日に行われたセリエA第28節のナポリ戦での敗戦を最後に解任となった。 新指揮官となったトゥドール氏は、現役引退後にハイドゥク・スプリトで監督業をスタート。その後、PAOKやガラタサライなどの指揮官を歴任すると、2018年4月にマッシモ・オッド前監督の後任としてウディネーゼの指揮官に就任。4試合で勝ち点7を獲得しクラブをセリエA残留に導くも、昨季限りで退任した。 2019.03.21 05:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ウディネーゼが今季2度目の監督解任… 後任は昨季の救世主トゥドール氏か

ウディネーゼは20日、ダヴィデ・二コラ監督(45)の解任を発表した。 昨夏に就任したフリオ・ベラスケス前監督の下、新シーズンを迎えたウディネーゼ。しかし、開幕から不振に陥ると昨年11月に同監督を解任。 その後任としてクラブは二コラ監督を招へいしたが、就任後は公式戦15試合でわずか4勝にとどまり、今月17日に行われたセリエA第28節のナポリ戦での敗戦を最後に解任となった。チームは勝ち点25の16位に位置している。 後任に関しては、今後数日のうちに発表すると明かしている。なお、イタリア『フットボール・イタリア』によれば、後任候補には昨季終盤にもウディネーゼ指揮官を務め、チームをセリエA残留に導いたイゴール・トゥドール氏が濃厚だという。 2019.03.21 00:27 Thu
twitterfacebook
thumb

一時2点のリードを追い付かれるもミリク&メルテンス弾でナポリが3戦ぶり勝利!《セリエA》

ナポリは17日、セリエA第28節でウディネーゼをホームに迎え、4-2で勝利した。 前節サッスオーロ戦を終盤のインシーニェ弾で何とか1-1で引き分けた2位ナポリ(勝ち点57)は、3日前に行われたヨーロッパリーグ(EL)のザルツブルク戦を1-3と敗れたものの、1stレグのアドバンテージを生かしてベスト8進出を決めた。そのザルツブルク戦のスタメンから6選手を変更。ミリクやメルテンス、カジェホンにアランらが引き続きスタメンとなって、出場停止だったクリバリとマクシモビッチが先発に戻った。 15位ウディネーゼ(勝ち点15)に対し、フラットな[4-4-2]で臨んだナポリは2トップにメルテンスとミリク、右にカジェホン、左にユネスを並べた。 そのナポリがポゼッションする入りとなる中、16分にCKの流れからクリバリがGKを強襲するシュートを浴びせると、1分後に先制する。 メルテンスのパスを受けたボックス左のユネスがインシーニェを彷彿とさせるゴール右へのカットインシュートを流し込んだ。 セリエA初スタメンのユネスが結果を残したナポリは続く26分、スルーパスに抜け出したボックス左のメルテンスの折り返しをカジェホンが押し込んで効率よく加点した。 しかし30分、スルーパスに抜け出したラザーニャに1点を返されると、36分に試合を振り出しに戻される。 遅攻の流れからフォファナに中央で起点を作られて右サイドへ展開される。そして、テル・アフェストの折り返しを受けたボックス中央のフォファナにDFを外されてシュートを流し込まれた。 まさかの同点とされてしまったナポリは41分にアクシデント。開始5分にブセットの足が頭部にバッティングしていたGKオスピナが意識を失い、突如ピッチに倒れてしまった。救護隊が慌てて気道を確保する事態となり、ここでプレー続行不可能となったオスピナに代わってメレトが投入された。 ナポリにとって悪い流れで迎えた後半だったが、57分に勝ち越した。カジェホンの右CKからミリクがヘッドで押し込んだ。 その後も敵陣で試合を進めたナポリは69分、右サイドから中にカットインしたメルテンスがボックス右から左足でシュートを流し込んで勝負を決定付ける。 メルテンスの78日ぶりとなるゴールで4-2としたナポリは、試合終盤にかけては危なげなく時間を消化。3試合ぶりの勝利でユベントスとの勝ち点差を15ポイントとしている。 2019.03.18 04:02 Mon
twitterfacebook
thumb

若手起用で4発快勝に大満足のアッレグリ…CLアトレティコ戦は「敗退したとしても失敗ではない」

ユベントスは8日、セリエA第27節でウディネーゼと対戦し、4-1で勝利。マッシミリアーノ・アッレグリ監督が試合を振り返った。<br><br>ユベントスは12日にチャンピオンズリーグ(CL)のアトレティコ・マドリーとの第2戦が控えており、主力のクリスティアーノ・ロナウドらを温存し、ウディネーゼ戦に臨んだ。試合は11分に19歳のモイーズ・キーンが先制点を決めると、39分に再びキーンが2点目を叩き込む。さらに64分にエムレ・ジャン、71分にブレーズ・マテュイディがネットを揺らし4-0に。ウディネーゼが84分に1点を返すものの、そのまま試合終了し4-1でユベントスが勝利した。<br><br>試合後アッレグリ監督は、2ゴールを記録したキーンや、デビューを飾った18歳MFニコルッシ・カビリャら若手の活躍について口にした。<br><br>「4-1で素晴らしい試合をした。若い選手達と共に戦い、キーンは2ゴールを決めて、ニコルッシ・カビリャは今日デビューを飾った。素晴らしい夜だったよ。火曜の夜にアトレティコ・マドリーと戦うまではまだ時間がある」<br><br>先月20日にアウェイで行われたCLのアトレティコ・マドリーとの第1戦で0-2で敗戦したユベントス。12日にホームで戦う第2戦は厳しい戦いになることが予想されている。アッレグリ監督はアトレティコ・マドリー戦について以下のように語った。<br><br>「CLの総合レベルは上がってきている。火曜日は我々のベストを尽くすよ。勝ち抜けることができたら素晴らしいことだ。しかし、もしそうでなくても、来年またチャレンジだけさ」<br><br>「ユベントスがもし敗退したとしてもそれは失敗ではないんだ。もし突破することができたら良いけど、そうでなかったとしてもこれはただのフットボールの試合だ。またチャレンジすればいい」<br><br><br>提供:goal.com 2019.03.12 12:20 Tue
twitterfacebook
thumb

“アジアのベイル”がMLSのバンクーバーへレンタル移籍 今季はアタランタへレンタルも半年で終了…

メジャーリーグ・サッカー(MLS)のバンクーバー・ホワイトキャップスは11日、ウディネーゼからイラク代表DFアリ・アドナン・カディム(25)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 母国のバグダッドFCでプロキャリアをスタートさせたアドナンは、185cmという恵まれたサイズに加え、パワフルかつ高精度の左足を兼備した攻撃的な左サイドバック。2013年にトルコで開催されたFIFA・U-20ワールドカップで“アジアのベイル”と評されるなど、印象的な活躍を披露した同選手は、同大会終了後にトルコのチャイクル・リゼスポルに移籍すると、2015年の夏にウディネーゼへ完全移籍。 ウディネーゼでは、在籍3シーズンで公式戦70試合に出場し1ゴール4アシストをマーク。今季はアタランタへ1年間のレンタルで加入していたが、ここまで公式戦5試合の出場にとどまっていた。この状況を受けて、ウディネーゼとアタランタは半年を残してのレンタル終了で合意した。 弱冠18歳でイラクのフル代表デビューを飾ったアリ・アドナンは、公式戦46試合に出場。1月に行われたアジアカップ2019では、全試合に出場し同代表の決勝トーナメント進出に貢献した。 2019.03.12 00:05 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース