【Jリーグ移籍情報/1月10日】清水がJリーグベストイレブンのエウシーニョを獲得…浦和は横浜FMから山中を引き抜く2019.01.11 07:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
2019年1月10日付けのJリーグ各クラブにおける移籍動向を一挙にお届け。

【J1】
◆北海道コンサドーレ札幌
《完全移籍》
FW内村圭宏(34)→FC今治(JFL)

◆ベガルタ仙台
《正式契約》
DFシマオ・マテ(30)
《契約満了》
FWラファエルソン(21)

◆鹿島アントラーズ
《育成型期限付き移籍》
FW久保田和音(22)→ファジアーノ岡山

◆川崎フロンターレ
《完全移籍》
DFエウシーニョ(29)→清水エスパルス

◆横浜F・マリノス
《完全移籍》
DF山中亮輔(25)→浦和レッズ
《契約更新》
GK杉本大地(25)
DF松原健(25)
FW仲川輝人(26)

◆湘南ベルマーレ
《完全移籍》
DFラファエル・デュマス(23)←フラメンゴ(ブラジル)
《契約満了》
DFアンドレ・バイア(35)
DFパク・テファン(20)

◆FC東京
《契約更新》
DF柳貴博(21)
《育成型期限付き移籍》
GK廣末陸(20)→レノファ山口

◆浦和レッズ
《完全移籍》
DF山中亮輔(25)←横浜F・マリノス

◆松本山雅FC
《育成型期限付き移籍》
FW小松蓮(20)→ツエーゲン金沢
《契約更新》
MF藤田息吹(27)
FW山本大貴(27)
《現役引退》
DF武藤友樹(23)

◆清水エスパルス
《完全移籍》
DFエウシーニョ(29)←川崎フロンターレ
《期限付き移籍》
MF増田誓志(33)→ソウルイーランドFC(韓国)
《契約満了》
FWクリスラン(26)

◆名古屋グランパス
《契約更新》
DF金井貢史(28)
MF青木亮太(22)
FW大垣勇樹(18)
《完全移籍》
FW松本孝平(24)→FCマルヤス岡崎(JFL)

◆セレッソ大阪
《完全移籍》
MFレアンドロ・デサバト(28)←ヴァスコ・ダ・ガマ(ブラジル)
《期限付き移籍》
FWブルーノ・メンデス(24)←デポルティーボ・マルドナド(ウルグアイ)
《契約更新》
GK茂木秀(19)
FW安藤瑞季(19)

◆サンフレッチェ広島
《完全移籍》
MFフェリペ・シウバ(28)→セアラ(ブラジル)
《契約更新》
DF水本裕貴(33)

【J2】
◆水戸ホーリーホック
《契約満了》
MF元田龍矢(24)

◆栃木SC
《完全移籍》
GK竹重安希彦(31)→横浜FC
GKユ・ヒョン(34)←FCソウル(韓国)

◆柏レイソル
《期限付き満了》
DF古賀太陽(20)←アビスパ福岡

◆ジェフユナイテッド千葉
《育成型期限付き移籍》
DF杉山弾斗(19)→カターレ富山

◆東京ヴェルディ
《完全移籍》
MF橋本英郎39→FC今治(JFL)
《期限付き移籍期間延長》
MF中野雅臣(22)→FC今治(JFL)

◆横浜FC
《完全移籍》
GK竹重安希彦(31)←栃木SC

◆大宮アルディージャ
《完全移籍》
FWフアンマ・デルガド(28)←V・ファーレン長崎

◆ヴァンフォーレ甲府
《期限付き満了》
FWドゥドゥ(28)←アビスパ福岡

◆アルビレックス新潟
《完全移籍》
MFチョ・ヨンチョル(29)←慶南FC(韓国)

◆ツエーゲン金沢
《完全移籍》
MF山藤健太(32)→Honda FC(JFL)
《育成型期限付き移籍》
FW小松蓮(20)←松本山雅FC

◆ファジアーノ岡山
《育成型期限付き移籍》
FW久保田和音(22)←鹿島アントラーズ

◆レノファ山口
《育成型期限付き移籍》
GK廣末陸(20)←FC東京

◆アビスパ福岡
《期限付き移籍満了》
FWドゥドゥ(28)→ヴァンフォーレ甲府
《育成型期限付き移籍満了》
DF古賀太陽(20)→柏レイソル

◆V・ファーレン長崎
《完全移籍》
FWフアンマ・デルガド(28)→大宮アルディージャ
《期限付き移籍》
DFイ・サンミン(21)←蔚山現代(韓国)
FWイ・ジョンホ(26)←蔚山現代(韓国)
《契約更新》
MF翁長聖(23)

【J3】
◆SC相模原
《完全移籍》
MF菊岡拓朗(33)→ラインメール青森(JFL)
《期限付き満了》
FW松本孝平(24)→名古屋グランパス
《新加入》
MF上米良柊人(22)←新潟医療福祉大学

◆AC長野パルセイロ
《完全移籍》
FW萬代宏樹(32)→ラインメール青森FC(JFL)

◆藤枝MYFC
《完全移籍》
DF秋本倫孝(36)←タイ・ホンダFC(タイ)

◆アスルクラロ沼津
《新加入》
GK長沢祐弥(22)←明治大学
DF深井 祐希(22)←北海道教育大学岩見沢校
MF佐藤尚輝(22)←産業能率大学
FW渡邉りょう(22)←産業能率大学

◆カマタマーレ讃岐
《新加入》
MF中村亮(22)←阪南大学
《育成型期限付き移籍》
DF杉山弾斗←ジェフユナイテッド千葉
《契約更新》
DF武田有祐(27)
《契約満了》
GKソン・ヨンミン(23)
DFパク・チャニョン(22)
コメント
関連ニュース
thumb

相模原退団のMF川戸大樹、新天地は関東1部の東京ユナイテッドFCに

SC相模原は20日、昨シーズン限りでクラブを退団したMF川戸大樹(24)の新天地が関東1部リーグの東京ユナイテッドFCに決定したことを発表した。 川戸は2017年に日本体育大学から相模原に入団。昨シーズンは明治安田生命J3リーグに1試合出場した。 東京ユナイテッドFCへの加入が決定した川戸は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「東京ユナイテッドFCに加入することになりました、川戸大樹です」 「サッカーをできる喜びと、たくさんの人に支えられていることへの感謝の気持ちを忘れずに頑張ります。自分の持ち味は攻守においての運動量なので、ハードワークするところをぜひ観てください!JFL昇格に貢献できるよう闘いますので、応援よろしくお願いします!」 2019.03.20 13:25 Wed
twitterfacebook
thumb

「水野晃樹、サッカー続けられます^_^」鳥栖退団の元日本代表MF水野が相模原移籍

SC相模原は19日、昨シーズン限りでサガン鳥栖との契約が満了した元日本代表MF水野晃樹(33)の、完全移籍加入を発表した。背番号は「29」を着用することが決定している。 水野はジェフユナイテッド千葉、セルティック(スコットランド)、柏レイソル、ヴァンフォーレ甲府、ベガルタ仙台を渡り歩き、2017年に鳥栖入り。2018年はレンタルでロアッソ熊本に加わり、明治安田生命J2リーグ12試合に出場した。 水野は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆MF水野晃樹 「この度、SC相模原に入団が決まりました水野晃樹です。シーズンが始まっている中、自分を受け入れてくれたSC相模原に感謝とともに、強い魂、強い責任感、強い覚悟をこの相模原の地に植え付けたいと思います! 」 「ただの1シーズンにせず、必ずこのシーズンで昇格するという目標を達成できるように今日からチームの一員として頑張って行きたいと思います。また、一昨年からお世話になったサガン鳥栖、そして、去年半年間だけですがお世話になったロアッソ熊本の関係者、サポーターの皆さん、熱い応援ありがとうございました」 「水野晃樹、サッカー続けられます^_^」 「自分の天職と言えるサッカーを続けられるこの喜びをプレーで最大限出していきたいと思います!!J1、J2、J3、カテゴリーは違えども、サッカーには変わりありません。サッカーをしたくてもできなかったこの数ヶ月の気持ちを忘れず、今年1年、悔いの残らずようやっていきます」 「SC相模原の選手、スタッフ、関係者そしてサポーターの皆様、一緒に昇格のために全力で共に戦っていきましょう、よろしくお願いします!!」 2019.03.19 18:20 Tue
twitterfacebook
thumb

アトレティコのフアンフラン、鳥栖移籍か

アトレティコ・マドリーに所属する元スペイン代表DFフアンフラン(34)のサガン鳥栖説が急浮上した。スペイン『GOL digital』が報じた。 レアル・マドリーのカンテラで育ったフアンフランは2011年1月からアトレティコ・マドリーに加わり、ディエゴ・シメオネ体制下で右サイドバックにコンバート。そこで不動の地位を築き上げると、公式戦347試合6得点39アシストを誇り、リーガエスパニューラ優勝や2度のヨーロッパリーグ(EL)制覇に貢献した。 そのフアンフランは今シーズンのここまで公式戦22試合に出場。ただ、チャンピオンズリーグ(CL)ベスト16敗退に終わったシメオネ監督が右サイドバックの強化を望んでいることもあり、今シーズン終了後に契約満了のフアンフランに関して、新たな挑戦に臨む可能性があるという。 そこで移籍先として挙がったのがルイス・カレーラス新体制の鳥栖だ。アトレティコ・マドリー時代の同僚で、友人でもある元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスを擁する鳥栖が今夏にフリーエージェントとなるフアンフラン獲得に向け、好サラリーのオファーを用意して狙っている模様だ。 今シーズンの鳥栖は明治安田生命J1リーグ開幕から3連敗の低調なスタートだったが、17日にホームで行われた第4節のジュビロ磐田戦で1-0の初白星。既に8名の外国人を保有している鳥栖だが、フアンフランの意向は果たして…。 2019.03.19 13:30 Tue
twitterfacebook
thumb

監督交代の千葉、ヘッドコーチ&フィジカルコーチを解任

ジェフユナイテッド千葉は19日、フアン・エスナイデル監督(46)の解任に伴い、マルコス・ギジェルモ・サムソヘッドコーチ(45)、ラモン・カタラフィジカルコーチ(57)を解任したことを発表した。 フアン・エスナイデル監督が率いる千葉は、今シーズンはJ2リーグ第4節終了時点で2分け2敗の21位に。17日に契約解除が発表され、翌18日に江尻篤彦コーチ(51)の指揮官就任が発表されていた。 マルコス・ギジェルモ・サムソ氏は、2017年に千葉のヘッドコーチに就任。ラモン・カタラ氏は今年1月にフィジカルコーチに就任したばかりだった。 2019.03.19 11:30 Tue
twitterfacebook
thumb

千葉、エスナイデル後任に江尻篤彦コーチを指名!「良い部分は継承し、課題となっている部分を修正したい」

ジェフユナイテッド千葉は18日、スペイン人のフアン・エスナイデル監督の後任として江尻篤彦コーチ(51)が新指揮官に就任したことを発表した。 フアン・エスナイデル監督は、ヘタフェらスペイン複数クラブを率いた後、2017年に千葉の監督に就任。初年度は明治安田生命J2リーグで6位に入り、J1昇格プレーオフに出場。しかし、昨シーズンを14位で終えると、今シーズンはJ2リーグ第4節終了時点で2分け2敗の21位に。17日に契約解除が発表された。 新指揮官に就任することとなった江尻氏は、現役時代にジェフユナイテッド千葉で前身の古川電工時代から活躍。引退後は千葉の下部組織で経験を積み、2008年8月にトップチームコーチに。その後は、アルビレックス新潟ヘッドコーチやU-23日本代表コーチ、U-15日本代表コーチ、千葉U-18監督などを歴任。2009年7月から同シーズン終了時まで解任されたアレックス・ミラー監督の後任として千葉のトップチームを指揮した経験を持っている。2017年からは再びトップチームのコーチを務めていた。 監督就任が決定した江尻氏は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「エスナイデル監督と2年間やってきた良い部分は継承し、課題となっている部分を着実に修正し、目の前の1戦1戦を一歩ずつ選手と共に闘っていきます。その為にはサポーターの皆さんの力が必要です。ぜひスタジアムにお越しいただき、選手の後押しをお願いします」 2019.03.18 11:15 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース