カリアリ、キエーボのスロベニア代表MFビルサを完全移籍で獲得2019.01.10 02:39 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
カリアリは9日、キエーボのスロベニア代表MFヴァルテル・ビルサ(32)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までとなっている。

2014年夏にミランからキエーボに加入したレフティーの攻撃的MFであるビルサは、同クラブで絶対的な主力として活躍。在籍4シーズン半で公式戦163試合に出場して18ゴール26アシストを記録し、キエーボのセリエA残留に貢献してきた。今季もここまでセリエAで17試合に出場して2ゴール2アシストを記録して主力としてプレーしていたが、チームは最下位に沈んでいた。

移籍先のカリアリを率いるのは2014年10月から2018年4月までキエーボで指導を受けていたロランド・マラン監督で、ビルサにとっては恩師との再会となった。
コメント
関連ニュース
thumb

カリアリ主将のMFデッセーナ、ブレシアへ完全移籍

セリエBのブレシアは10日、カリアリのイタリア人MFダニエレ・デッセーナ(31)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2020年6月30日までの1年半で、3年目のオプションが付随している。 2009-10シーズンにカリアリに在籍していたセントラルMFのデッセーナは、2012年冬にサンプドリアからカリアリに復帰。計、在籍8シーズンで公式戦206試合に出場して12ゴール6アシストを記録し、キャプテンも務めていた。しかし、今季はセリエAで11試合に出場していたが、先発は3試合に留まっていた。 ブレシアは18試合を消化したセリエBで2位と好位置に付けている。 2019.01.10 23:10 Thu
twitterfacebook
thumb

チェルシー、セスクの後釜にカリアリの新星MFをリストアップか

チェルシーが、カリアリに所属するイタリア代表MFニコロ・バレッラ(21)の獲得を検討しているようだ。『スカイ・スポーツ・イタリア』の情報を基に『フットボール・イタリア』が伝えた。 カリアリ下部組織のバレッラは2015年にプロデビュー。2016年冬には当時セリエBのコモにレンタルされたが、武者修行の地でリーグ戦21試合に出場し、チームのセリエA昇格を手助けした。半年でカリアリに復帰すると、今シーズンもここまでリーグ戦20試合で1ゴールを記録している。また、2018年10月には、ウクライナ代表との親善試合でイタリア代表デビューも飾った。 チェルシーでは現在、元スペイン代表MFセスク・ファブレガスのモナコへの移籍が秒読みとみられている。そして、新たなミッドフィルダーの獲得を迫られるチェルシーのマウリツィオ・サッリ監督が後釜として興味を示しているのが、バレッラのようだ。 カリアリは、2022年まで契約を残すバレッラの移籍金として5000万ユーロ(約62億円)を求めているという。それでも、チェルシーはイタリア代表MFの獲得に向けて、満額支払う準備ができているようだ。 なお、バレッラに対しては、インテルやナポリも獲得に興味を示していると伝えられている。 2019.01.05 18:32 Sat
twitterfacebook
thumb

3発快勝のラツィオが6戦ぶり勝利! カリアリは7戦未勝利…《セリエA》

▽セリエA第17節のラツィオvsカリアリが22日に行われ、3-1でラツィオが勝利した。 ▽5位に付けているものの直近のリーグ5試合勝ち無しと絶不調に陥っているラツィオが、6試合勝ちの無い13位カリアリをホームに迎えた一戦。ラツィオは、インモビーレやミリンコビッチ=サビッチらを順当に起用した。 ▽立ち上がりから、ラツィオが矢継ぎ早に攻撃を繰り出していく。2分にボックス手前右からインモービレが枠を狙えば、6分にも右CKからミリンコビッチ=サビッチが打点の高いヘディングシュートを放つ。どちらも得点にはならなかったが、カリアリにとっては危険なシーンが続く。 ▽すると12分、ボックス右でボールを持ったコレアが左足で巻くようにしてシュートを放つ。GKクラーニョが弾いたところを、反応したミリンコビッチ=サビッチが押し込んだ。ラツィオが勢いそのままに先制点を奪い切る。 ▽さらに23分、ラツィオは右CKを獲得。キッカーのL・アルベルトが蹴り込むと、中央で飛び上がったコレアが頭でフリックする。背後に飛び込んでいたアチェルビのシュートは一度はGKクラーニョに阻まれたものの、こぼれ球を自ら押し込み追加点とした。 ▽前半終盤にはカウンターからカリアリが幾度かラツィオゴールに迫っていくが、GKストラコシャを中心とするディフェンダー陣が奮闘。無失点に抑えて試合の折り返しを迎える。 ▽流れを変えたいカリアリは、ハーフタイム中に2枚替えを敢行。チェッリ、クラバンに代えて、パヤッチ、D・ファリアスを送り出した。 ▽しかし、大きく展開を変えることはできず。ラツィオはややペースを落としつつも危険なゾーンに入り込む余地を与えない。逆に、63分にはボックス手前中央から放たれたミリンコビッチ=サビッチの左足のシュートがポスト左を掠めていく。 ▽すると67分、ピッチ中央付近でインモービレがボールを奪いラツィオのカウンターが発動。そのままボックス手前中央まで持ち運んだインモービレがボックス左にスルーパスを供給すると、走り込んだルリッチがワンタッチで合わせ、ダメ押しの3点目を決め切る。 ▽78分にもカウンターからルリッチが持ち上がり、ボックス右のインモービレにラストパス。しかし、フリーで受けたインモービレのシュートは枠をわずかに左に外れていく。 ▽試合終了間際の92分、カリアリボールの右CKの場面で途中出場のDFバストスがボックス内でファウルを犯し、カリアリはPKを獲得。これをキッカーのジョアン・ペドロがしっかりと決めたものの、これ以上の反撃に出ることはできず。 ▽結局、3-1のスコアで試合が終了し、ラツィオがリーグ6試合ぶりの白星を飾った。一方のカリアリは、7試合連続の勝ち無しとなっている。 2018.12.22 22:25 Sat
twitterfacebook
thumb

ミリクのAT直接FK弾でナポリが劇的勝利《セリエA》

▽ナポリは16日、セリエA第16節でカリアリとのアウェイ戦に臨み、1-0で辛勝した。 ▽前節フロジノーネ戦を主力を温存して大勝した2位ナポリ(勝ち点35)は、4日前の決勝トーナメント進出の懸かっていたチャンピオンズリーグのリバプール戦を0-1と敗戦。首位から3位に転落し、痛恨のグループステージ敗退に終わってしまった。心身共にダメージを受けた中、リバプール戦のスタメンから6選手を変更。インシーニェやメルテンス、ハムシクら主力がベンチスタートとなった。 ▽前節ローマ相手に9人となりながらも引き分けに持ち込んだ13位カリアリ(勝ち点17)に対し、フラットな[4-4-2]を継続したナポリは2トップにミリクとファビアン・ルイス、右サイドにウナス、左にジエリンスキと並べた。そのナポリが立ち上がりからボールを保持して押し込むと、8分にウナスが右サイドからのカットインシュートでオンターゲットを記録した。 ▽一方的な展開としていたナポリだったが11分、ミスパスからピンチを迎え、ボックス右への侵入を許したファラーゴにシュートを打たれたが、GKオスピナがセーブした。 ▽その後もナポリが押し込む展開としたが、主力不在によって連動性を欠き、シュートに持ち込むには至らない。結局、ウナスの単騎突破以外に攻め手のなかったナポリはゴールレスで前半を終えた。 ▽後半開始早々、ファビアン・ルイスに2度決定機が訪れたナポリが攻勢をかけると、50分にはジエリンスキのダイレクトヒールパスを受けたボックス左のミリクがシュート。決定的だったが、枠の左に外れてしまった。 ▽その後も圧倒したナポリだったが、スコアを動かせなかったことで62分にA・ディアワラに代えてメルテンスを投入。ファビアン・ルイスが左サイドに回り、ジエリンスキが中盤センターに入った。 ▽そのナポリは63分にミリクがGKを強襲するシュートを浴びせると、68分にはミリクのヘディングシュートがバーを直撃。あと一歩でゴールが決まらないナポリは71分にウナスに代えてインシーニェを投入した。 ▽さらに80分、マルキュイに代えてカジェホンを投入し、攻撃の枚数を増やしたナポリは、追加タイム1分に劇的なゴールを挙げる。ゴール正面やや右、約25mの位置で得たFKをミリクが直接狙うと、鋭いシュートがゴール右に決まった。 ▽これが決勝点となってナポリが劇的勝利。ユベントスを8ポイント差で追走している。 2018.12.17 03:57 Mon
twitterfacebook
thumb

9人のカリアリにラストプレー被弾のローマ、痛恨ドローでディ・フランチェスコ解任必至か《セリエA》

▽ローマは8日、セリエA第15節でカリアリとのアウェイ戦に臨み、2-2で引き分けた。 ▽前節インテル戦を2度のビハインドを負いながらも引き分けに持ち込んだ7位ローマ(勝ち点20)は、引き続きディ・フランチェスコ監督の首が危うく負傷者を多数抱える中、現状のベストメンバーを送り込んだ。 ▽ここ3試合引き分けている13位カリアリ(勝ち点16)に対し、[4-2-1-3]で臨んだローマは3トップに右からジェンギズ、シック、クライファート、トップ下にザニオーロを起用した。 ▽そのローマが立ち上がりから押し込むと、3分にザニオーロが際どいミドルシュートを浴びせる。そして、良い入りを見せたローマが14分に先制した。右クロスをクライファートが丁寧に後方に落とし、ペナルティアーク中央のクリスタンテが左足ミドルでゴール左へ叩き込んだ。 ▽先制後もジェンギズのボレーシュートでゴールに迫ったローマは、20分にもクリスタンテがミドルシュートでカリアリを脅かしていく。 ▽前半半ばからハーフタイムにかけてカリアリの反撃を受けたローマだったが、41分に突き放した。ゴール正面で得たFKをコラロフが直接狙うと、壁に当たってディフレクトしたボールがゴール右に決まった。 ▽そして45分のD・ファリアスのボックス左からのシュートをGKオルセンが防いで前半を2点リードしたまま終えた。 ▽迎えた後半開始7分、ローマはルーズボールを拾ったボックス左のザニオーロが強烈なシュートでGKを強襲。続く61分にもザニオーロがボックス右から右足で際どいシュートを浴びせて主導権を渡さない。 ▽後半半ば過ぎから守勢に回るローマは、クライファートに代えてDFのルカ・ペッレグリーニを投入。しかし84分に1点を返される。右CKからジョアン・ペドロにヘッドでフリックされ、ファーサイドのイオニタに頭で押し込まれた。 ▽試合終了間際、決定機を逸したカリアリはファラーゴとスルナが退場するアクシデントに見舞われ、ローマがこのまま逃げ切るかに思われた。ところが追加タイム5分、スルーパスに抜け出したサウにGKとの一対一を制されてまさかのドロー。9人のカリアリにゴールを許し、勝利を掴み損ねてしまった。 2018.12.09 04:08 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース