マドリー、ポルトのブラジル代表DFミリトン獲得を最優先事項に!2019.01.09 22:03 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーは今冬の移籍市場においてポルトのブラジル代表DFエデル・ミリトン(20)の獲得を最優先事項としているようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。

サンパウロ下部組織出身のミリトンは、2017年1月にトップチームに昇格し、プロ1年目から公式戦37試合に出場し3ゴール1アシストを記録。センターバックを本職としながら、昨シーズンは右サイドバックを主戦場に。さらに、守備的MFでもプレー可能な守備のマルチロールだ。

昨夏に加入したポルトではセンターバックのレギュラーとして公式戦22試合に出場し2ゴール2アシストを記録。さらに、昨年9月に行われたエル・サルバドル代表とのフレンドリーマッチでセレソンデビューも飾っている。

マンチェスター・ユナイテッドも獲得に関心を示す逸材DFに関しては、今年の夏に有効となる5000万ユーロ(約62億3000万円)の契約解除条項が存在しているが、今月中に獲得する場合の契約解除金は4200万ユーロ(約52億3000万円)と大幅に減額される。

そこに目を付けたマドリーはミリトン獲得を今冬の最優先事項に定めているようだ。

なお、ポルトは8日にかつてマドリーで活躍したポルトガル代表DFペペを2年半契約で獲得しており、ミリトン流出に備えた補強をすでに行っている。
コメント
関連ニュース
thumb

ソラーリ、意図的カード疑惑のS・ラモスについて「彼は誘導するような質問に答えただけ」

17日のリーガ・エスパニョーラ第24節、レアル・マドリーは本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのジローナ戦に望む。前日会見に出席したサンティアゴ・ソラーリ監督は、意図的にイエローカードを受けたことを示唆したDFセルヒオ・ラモスを擁護している。<br><br>レアル・マドリーは、13日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16でアヤックスとのアウェー戦に臨み、2-1で勝利した。この試合、S・ラモスは2-1でリードしていた89分にイエローカードを提示され、累積警告でセカンドレグへの出場停止が決まった。<br><br>試合後、S・ラモスは「結果を見た上で、意図的ではないと言ったら嘘になる。戦いは終わってないし相手を侮ることはないが、フットボールにおいては時にタフな決定を下さないと」とコメント。この発言は「意図的にイエローカードを受けた」とみなされ、セルヒオ・ラモスが準々決勝進出を見越した上で、あえてこの段階で累積出場停止を狙ったと捉えられた。これによりUEFAがさらに1試合の出場停止処分を科す可能性が取り沙汰されることになり、その後S・ラモスは「意図的にファウルをした」だけと釈明している。<br><br>ソラーリ監督はこの件について、S・ラモスが誘導尋問によって「意図的」という言葉を使用したとの見解を示し、メディアにも責任があることを示唆している。<br><br>「今後何が起こるか、私が考えを巡らせることはない。セルヒオは強引にファウルをしたと言った&hellip;&hellip;。あれは誘導するような質問に答えただけだ。とにかく、私たちは次の試合のことを考えるだけだよ。重要なのはジローナ戦、次にレバンテ戦だ」<br><br>ソラーリ監督はまた、2022年まで契約を延長したアトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督、来季まで延長したバルセロナのエルネスト・バルベルデ監督にも触れている。<br><br>「シメオネ、バルベルデの契約延長を歓迎する。その一方で、私たちは今だけに集中しているんだ。チームはとても良い雰囲気で、良い形で練習に励めている。私は3カ月前に2021年まで契約を更新した。重要なのは日々を生きることだ」<br><br><br>提供:goal.com 2019.02.16 23:40 Sat
twitterfacebook
thumb

ユベントスがミリトン獲得を考慮 すでに視察か

ユベントス、ポルトに所属するブラジル代表DFエデル・ミリトン(20)の獲得に興味を示しているようだ。イタリア『RAI Sport』の情報を引用して同『カルチョメルカート』が伝えている。 ユベントスでは、センターバックを務めるDFジョルジョ・キエッリーニが34歳、DFレオナルド・ボヌッチが31歳と高齢化が進んでいる。そのため、アヤックスのオランダ代表マタイス・デ・リフト(19)の獲得を今夏の優先事項にしていることが、報じられていた。 しかし、デ・リフトの代理人を務めるミーノ・ライオラ氏と友好関係を駆使してユベントスが獲得を目指していた同選手には、バルセロナも熱視線。代替案として、ミリトンに切り替えることを考慮しているようだ。 具体的な動きも伝えられており、ユベントスのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるファビオ・パラティチ氏は、12日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグのローマ戦を視察。また、ミリトンの代理人は、1月下旬にイタリアに赴いており、ユベントスとの会談も否定されていないという。 サンパウロ下部組織出身のミリトンは昨夏にポルト入り。今シーズンはセンターバックを主戦場にここまで公式戦31試合に出場し3ゴール2アシストを記録している。また、昨年9月に行われたエル・サルバドル代表とのフレンドリーマッチではセレソンデビューも飾った。 なお、ミリトンの契約解除金は5000万ユーロ(約62億4000万円)となっている。ミリトンにはレアル・マドリーも関心を寄せており、いずれにしてもユベントスの若手DF獲得の道程には"スペイン2強"との衝突が待ち構えているが果たして。 2019.02.16 21:09 Sat
twitterfacebook
thumb

“イエロー誘発”疑惑のセルヒオ・ラモスが潔白主張!

レアル・マドリーに所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが故意のイエローカード誘発を完全否定した。 レアル・マドリーはチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦でアヤックスと激突。13日に敵地で行われた1stレグに先発したセルヒオ・ラモスは2-1の先勝に貢献したが、89分に警告を受け、次戦出場停止の欠場が決まった。 だが、セルヒオ・ラモスは試合後のインタビューで「わざとじゃないと言ったら、嘘をつくことになる。それは自分で考えてやったこと」だと発言。これを受け、欧州サッカー(UEFA)が調査を始めたことが明らかになっている。 渦中のセルヒオ・ラモスはスペイン『マルカ』で、その疑惑について次のように言及。身の潔白を主張した。 ──セルヒオ、疑惑について明らかにしたいことは? 「すごく驚いているよ。あれはせざるを得なかったファウル。必然的なファウルだった。出場停止を狙ったものじゃない」 ──警告を受ければ出場停止になる事実は把握していたか? 「知っていたよ。でも、(あの場面で)選択肢はなかった。オープンな試合展開だったし、88分のカウンターはすごく危険だった」 「だからこそ、この前、『わざとじゃないと言ったら嘘をつくことになる』と話したんだ。ファウルするしかないと思ったのさ」 ──『驚いた』の意味は? 「出場停止処分を科したいのであれば、グループステージで下されていたはずだ。ローマ戦の際はすでに首位通過も決まっていたのだから」 「最終戦のCSKAモスクワ戦もそうさ。でも、その試合において、僕はメンバー外だったけどね」 2019.02.16 09:30 Sat
twitterfacebook
thumb

口は災いの元! アヤックス戦で故意の警告消化示唆のS・ラモスをUEFAが調査

欧州サッカー連盟は14日、13日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグのアヤックス戦後のレアル・マドリーDFセルヒオ・ラモスのコメントに関して調査を行うことを発表した。 マドリーは13日、敵地でアヤックスと対戦し2-1で辛勝。1-1のイーブンで迎えた87分にFWマルコ・アセンシオのゴールで勝ち越しに成功した中、セルヒオ・ラモスは89分にFWカスパー・ドルベリをファウルで止めて警告を受けた。 この結果、同選手は累積警告となり、3月5日に行われる2ndレグを出場停止で欠場することになった。 そして、物議を醸したのはセルヒオ・ラモスが試合後のインタビューで警告を故意にもらい、累積警告を消化する意図があったことを明かした点だ。 「結果的に、わざとじゃないと言ったら僕が嘘をつくことになる。それは自分で考えてやったことだ。相手を過小評価しているわけではないけれど、どこかで調整しなければいけない問題だった」 試合中にも戦略的なファウルの疑いがあった中、自らその事実を認めたセルヒオ・ラモスに対して、当然フェアプレーを掲げるUEFAは反応。 14日に発表された声明では、「前述の試合後にレアル・マドリーのセルヒオ・ラモスによって発せられたコメントに関して、UEFA懲戒規則第31条(3)に基づいて懲戒処分が開始された」と、同選手の発言に対する調査の開始を伝えた。 今回の調査でセルヒオ・ラモスの意図的な警告消化が認められれば、アヤックス戦の2ndレグの出場停止に加えて、さらにもう1試合の出場停止処分が科されることになる。 2019.02.15 07:10 Fri
twitterfacebook
thumb

ベイルにリーガ最大12試合の出場停止処分か? ダービーでの挑発行為を問題視

レアル・マドリーに所属するウェールズ代表MFガレス・ベイルにリーグ戦で最大12試合の出場停止処分が科される可能性が出てきた。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ベイルは9日に行われたリーガエスパニョーラ第23節のアトレティコ・マドリー戦に後半立ち上がりから途中出場。その後、チーム3点目となるゴールを記録したが、このゴール直後に行ったゴールセレブレーションがアトレティコファンに対する挑発行為だったのではないかとの嫌疑をかけられている。 スペインサッカー連盟(RFEF)の競技委員会は、ベイルがアトレティコファンの集まるスタンドに向かって右腕を顔の近くまで上げて腕を折りたたみ、逆の手で叩いたジェスチャーが卑猥で軽蔑的なものであったと問題視しているようだ。 『スカイ・スポーツ』が伝えるところによれば、RFEFの競技委員会が今回のジェスチャーが相手サポーターの敵意を引き出すものだと判断した場合、通常の規則にのとって4試合から最大12試合の出場停止処分を科す可能性があると伝えている。 その一方、敵意を引き出すほどではなかったものの、挑発行為と判断された場合は1試合から最大3試合程度の出場停止となるようだ。 2019.02.14 23:44 Thu
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース