【日本代表プレビュー】未知数の相手との真剣勝負で問われる実力《AFCアジアカップ2019》2019.01.09 17:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本代表は9日(水)、UAEで行われているアジアカップ2019の初戦でトルクメニスタン代表と対戦する。

ハビエル・アギーレ監督に率いられて臨んだ2015年の前回大会では、グループステージを突破したものの準々決勝でUAE代表を相手にPK戦の末に敗退。日本は大会連覇を逃していた。

日本は1992年、2000年、2004年、2011年と過去に4度優勝しており、史上最多。5度目のアジア制覇を目指し、初戦に挑む。

◆未知数のトルクメニスタン

トルクメニスタンという国名を聞いてもピンと来ない方の方が多いだろう。地理が得意であったり、アジアに精通していなければ、名前すら聞いたことがないという方もいるかもしれない。

トルクメニスタンは中央アジアに位置し、ウズベキスタン、カザフスタン、アフガニスタンと国境を接している。また、旧ソビエト連邦の構成国であり、1991年に独立した。

観光国家でもないため、訪れる外国人も少なく、国土の約85%が砂漠。豊富な天然資源を有する国だ。また、犯罪統計が明かされていないため、危険地域と認識されることが多い。

話をサッカーに戻すと、アジアカップの出場は今回が2回目。2004年の中国大会に初出場していたが、1分け2敗で敗退。また、ワールドカップ(W杯)の出場もなく、国際経験は少ない。サッカーの面でも未知数の部分が多い。

◆ロシアW杯予選ではイランに善戦

2018年に行われたロシアW杯に向けたアジア予選では、2次予選でイラン、オマーン、グアム、インドと同居。

オーマン、グアム、インドに勝利し4勝を挙げたものの、勝ち点差1でグループ3位となり敗退。しかし、イランにもホームで引き分けるなど、善戦を見せていた。

また、この結果アジアカップ予選に回り、バーレン、チャイニーズタイペイ、シンガポールと同居すると、バーレーンには2敗を喫するもグループ2位となり、2度目の本大会出場を決めた。

◆注目は親子2代でアジアカップに臨むMF
Getty Images
未知数のトルクメニスタンだが、注目選手はMFルスラン・ミンガゾフ(27)だ。

父のカミルは、2004年のアジアカップ中国大会に出場。自身は、2009年に海を渡り、ラトビアのスコントFCへ移籍。2014年にチェコへ渡り、バウミト・ヤブロネツでプレーすると、2016年からはスラビア・プラハに所属している。

今シーズンはリーグ戦で8試合に出場し1ゴール1アシスト。トルクメニスタン代表では、21試合のキャップがあり、貴重な海外組の選手だ。

父は2004年のアジアカップで勝利がなく敗退したが、その偉大な父を超えるため、初勝利を目指し、意気込んでいる。

◆日本は不安な仕上がり状態

2大会ぶりのアジア制覇を目指す日本だが、新年早々に残念な知らせが届いた。森保一監督の下、日本代表を牽引していたMF中島翔哉(ポルティモネンセ)が負傷により離脱。また、ルーキーながら川崎フロンターレのJ1連覇に貢献し、成長著しいMF守田英正も負傷離脱した。

代役にロシアW杯メンバーのMF乾貴士(ベティス)とサンフレッチェ広島時代の教え子であるDF塩谷司(アル・アイン)を招集した。

しかし、ケガ人の影響などもあり、「全体で練習できたことは満足のいく時間だったかというと、もっと時間があればなと思っていました」と森保監督が前日会見でコメント。満足いく準備ができなかったことを明かした。

それでも、格下でありながら未知数な部分が多い初戦は日本にとって大切な一戦。2018年は順調な戦いを見せつつあった日本だが、初の公式戦でどのような結果を残すのかは、今年9月にスタートするカタールW杯予選にも繋がる一歩となる。

★予想フォーメーション[4-2-3-1]
Getty Images
◆日本代表
GK:権田修一
DF:酒井宏樹、冨安健洋、吉田麻也、長友佑都
MF:遠藤航、柴崎岳
MF:堂安律、南野拓実、原口元気
FW:北川航也
前日会見で森保監督は「コンディションのところはひとつ重要」とコメントしていた通り、初戦はコンディション面を考慮してのメンバー選考となる。

GKはサガン鳥栖のJ1残留にも貢献した権田修一を予想する。これまで同様に東口順昭(ガンバ大阪)、シュミット・ダニエル(ベガルタ仙台)と3名が招集されているが、この3名をどう回すかが注目される。

最終ラインは経験値の高い酒井宏樹(マルセイユ)、吉田麻也(サウサンプトン)、長友佑都(ガラタサライ)に加え、冨安健洋(シント=トロイデン)が入ると予想。しっかりと安定させた守備を敷いて、初戦勝利を掴みたいはずだ。

中盤のボランチには遠藤航(シント=トロイデン)と柴崎岳(ヘタフェ)が入ると予想。これまでのキリンチャレンジカップでもコンビを組んでいる両者は、試合勘という点で柴崎に不安が。それでも、今大会で使い続けることはコンディションアップにも繋がるはずだ。

2列目は、堂安律(フローニンヘン)、南野拓実(ザルツブルク)は継続して起用。そして中島の代役には、原口元気(ハノーファー)が入ると予想する。乾という選択肢もあるが、攻守にわたってハードワークできる原口はアジアの戦いで進化を発揮するはず。森保体制で初招集の乾はベンチスタートと予想する。

そして1トップには、北川航也(清水エスパルス)が入ると予想する。大迫勇也(ブレーメン)が1トップの核であることは間違いないが、2番手、3番手の選手が不在。北川に加え、武藤嘉紀(ニューカッスル)も今大会は招集。大迫に次ぐ選手の登場が期待される。

◆真剣勝負で問われる実力
Getty Images
2018年のキリンチャレンジカップでは、南米、北中米の国を中心に5試合を戦い無敗。しかし、ホームで戦っていたことを考えれば、手放しで喜べるものではない。

全てはこのアジアカップに向けた選手選考と、戦術浸透のための準備である、若手の台頭などプラス材料は多く見えてきた。

一方で、真剣勝負の舞台では初の実戦となる。グループステージの相手は実力差があるものの、W杯アジア予選を考えれば、楽勝な相手とは言えない。しっかりとここで結果を出せる選手なのか、シビアな目で見る必要がある。

また、オーストラリアや韓国なども初戦は苦しい試合となっており、日本も侮るわけにはいかない。グループステージを突破すれば、相手国のレベルも上がり、そこでの勝負でも通用するのか。そのためにも、グループステージの3試合でどのような戦いを見せるかが重要となる。

未知のステージで、未知の相手と戦う日本代表の初戦、トルクメニスタン代表戦は初戦は9日(水)の20時にキックオフを迎える。
コメント
関連ニュース
thumb

延長戦を制した開催国UAEが王者オーストラリアと対戦へ!《AFCアジアカップ2019》

AFCアジアカップUAE 2019決勝トーナメント・ラウンド16、UAE代表vsキルギス代表が21日に行われ、延長戦の末3-2でUAEが勝利した。 グループAを首位で通過した開催国のUAEと、グループCを3位で通過したキルギスの一戦。 立ち上がりからボールを保持したUAEは14分に先制する。右CKを中央のガニムがヘッドで逸らすと、ファーサイドのK・イスマイールがヘッドでゴール左に流し込んだ。 しかし26分、キルギスが一瞬の隙を突いて同点とする。浮き球パスを受けたムルサエフがゴールエリア右に侵入してGKをかわし、角度のない位置からシュートを流し込んだ。 同点後もUAEが押し込む流れが続いたもののチャンスは生み出せず、前半は1-1で終了した。 迎えた後半開始1分、マブフートのヘディングシュートで勝ち越しゴールに迫ったUAEだったが、53分に右サイドからのキシンのクロスが左ポストを直撃するピンチを迎えると、続く58分にはサギュンバエフにミドルシュートでGKを強襲された。 嫌な流れになりかけたと思われたが、64分に勝ち越した。敵陣でボールを奪った流れから、A・アブドゥルラフマンの浮き球パスをボックス右で受けたマブフートがシュートを決めた。 このままUAEが逃げ切るかと思われたが、キルギスが粘りを見せる。後半追加タイム2分、右CKからルスタモフがヘディングシュートを決めた。 2-2で延長戦にもつれ込まされたUAEだったが、延長前半12分にA・ハリルがPKを鎮めて勝ち越し。これが決勝点となってUAEが準々決勝に進出し、王者オーストラリアと対戦することが決まった。 2019.01.22 04:36 Tue
twitterfacebook
thumb

森保一監督「粘り強くタフに戦ってくれた」《AFCアジアカップ2019》

日本代表は21日、AFCアジアカップUAE 2019決勝トーナメント・ラウンド16でサウジアラビア代表と対戦し、1-0で勝利した。試合後の日本代表を率いる森保一監督のコメントは以下の通り。 ◆森保一監督(日本代表) 「まずは決勝トーナメントでは勝つことが重要でした。そんな中、アジアの中でトップクラスの強敵サウジアラビアに選手たちが粘り強くタフに戦ってくれて無失点に抑えて勝つことができて良かったと思います。次は中2日の戦いとなり、相手より準備期間が短い中での試合となりますが、次も勝てるように最善の準備をしていきたいです」 ――今日はそれ程、力を出せなかったと思うが 「まずはサウジアラビアは力のあるチーム、そこは彼らをリスペクトしたいです。もっと攻撃を仕掛ける、ボールを保持することができれば良かったが、先制して相手が押し込む状況の中、粘り強く無失点に抑えながら追加点を奪いにいくことができました。粘り強く戦うことが今後トーナメントの中で必要なことですし、それを選手たちができたことをポジティブに捉えたいです」 ――準々決勝で対戦するベトナムについて 「まずはベトナムがしっかりとした粘り強い守備から攻撃に転じることができるチームだという印象です。アンダー世代も指導している監督が務めていることで、スタイルが各年代で浸透しています。守備だけでなく攻撃にも良い選手がいると思っています」 ――今日試合をやってさらにコンディションが上がったか 「もっと攻撃の部分でできると思われる方もいると思いますが、コンディションが上がっているからこそ、あれだけ押し込まれても守り切れたと思っています」 ――これほど押し込まれることは想定していたか 「まずは相手にプレッシャーをかける良い入りをしてくれたと思います。しかし、サウジアラビアの攻撃を受ける形となりました。サウジアラビアはボールを保持しながら危険な攻撃を仕掛けてくることのできるチーム。そこをうまく対応しながら攻撃につなげられるようにと試合前から選手には話していました」 「先制点を奪ってから彼らが圧力をかけてきた時に、素早い攻撃を仕掛けることが前半はまずまずできていたと思います。リードしてからの戦いを選手たちが表現してくれたと思います。少し守る時間が長かったですが、逆に粘り強く戦うというオプションができたとポジティブに考えたいと思います」 ――南野に代えて伊東を投入した後、堂安が真ん中に入ったが 「堂安をトップ下に入れたのは彼のところで攻撃の起点を作ってほしいという思いです」 ――勝敗を分けたポイントは 「サウジアラビアは攻守ともにアグレッシブで良いチーム。そこは試合前から選手にも話していましたし、厳しい試合になることは覚悟して臨みました。勝負を分けたポイントは、サウジアラビアは失点することは考えていなかったでしょうし、サウジアラビアが攻撃の圧力をかけてくる、本来は両方がボールを握りたいという中で臨機応変に試合の流れに対応した日本が勝利できたと思います」 2019.01.22 02:24 Tue
twitterfacebook
thumb

前回王者オーストラリア、ウズベキスタンとのPK戦を制して薄氷の準々決勝進出!《AFCアジアカップ2019》

AFCアジアカップUAE 2019決勝トーナメント・ラウンド16、オーストラリア代表vsウズベキスタン代表が21日に行われ、120分を0-0で終えた。そしてPK戦を4-2で制したオーストラリアが準々決勝へ進出している。 グループBを2位で通過したオーストラリアと、日本代表と同居したグループFを2位で通過したウズベキスタンの一戦。 ウズベキスタンがボールを持つ立ち上がりとなった中10分、ショムロドフが単騎突破から決定機を迎える。しかし、ボックス左まで侵入したショムロドフのシュートはGKにセーブされた。 対するオーストラリアは12分、ベヒッチのミドルシュートでGKを強襲するも、引き続きウズベキスタンがボールを持つ展開となると、28分にシディコフが際どいミドルシュートを浴びせた。ハーフタイムにかけては膠着状態が続き、互いにシュートに持ち込めず前半をゴールレスで終えた。 迎えた後半、オーストラリアがボールを持つ展開で立ち上がった中、シュートに持ち込めずにいたことから68分に負傷明けのレッキーを投入。すると72分、そのレッキーがミドルシュートでゴールに迫ると、77分にも決定機。レッキーがドリブルでボックス右に侵入して放ったシュートが右ポストに直撃した。 しかし、90分では勝負がつかず、試合は延長戦にもつれ込んだ。その延長戦ではウズベキスタンがボールを持つ展開となったもののチャンスは生み出せずにPK戦へ。 そのPK戦ではオーストラリアGKライアンが2本のPKをストップして4-2で勝利。苦しみながらも前回王者が準々決勝へ進出している。 2019.01.22 01:43 Tue
twitterfacebook
thumb

日本代表に痛手…ベテランの広島MF青山敏弘がケガで離脱《AFCアジアカップ2019》

日本サッカー協会は21日、サンフレッチェ広島に所属するMF青山敏弘が右ヒザ痛のため、日本代表から離脱することを発表した。 青山は17日に行われたグループステージ第3戦のウズベキスタン代表戦でキャプテンマークを巻いて先発出場。しかし、21日に行われた決勝トーナメント・ラウンド16のサウジアラビア代表戦ではベンチ外となっていた。 そのサウジアラビア戦で日本は1-0で勝利。24日、準々決勝でベトナム代表と対戦する。 2019.01.21 22:30 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:日本代表 1-0 サウジアラビア代表《AFCアジアカップ2019》

日本代表は21日、AFCアジアカップ2019決勝トーナメント1回戦のサウジアラビア代表戦に臨み、1-0で勝利。ベトナム代表の待つベスト8に駒を進めた。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽日本代表採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190121_0_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 12 権田修一 5.5 相手の低いシュート精度に助けられて無失点。その中で、バックパス処理にもたつく場面やシュートに反応できない場面もあったが、クロス対応は概ね安定。 DF 19 酒井宏樹 5.5 12分に自サイドから突破を許すなど、試合を通じて、辛抱の時間が続いた。何度か裏を取られたものの、要所で身体を張るなど戦った。 16 冨安健洋 7.0 記念すべき代表初ゴールが殊勲の決勝点に。肝心の守備面でも集中を切らさず、吉田と共に最後まで踏ん張り続け、ベスト8進出に大きく貢献した。 22 吉田麻也 6.5 12分に気迫の顔面ブロックでピンチ阻止。逆に、62分に釣り出されてピンチを招いた場面は冷やりとさせたが、GKの前にそびえ立つ砦として、頼もしさが光った。 5 長友佑都 5.5 試合を通じて、執拗に背後を突いてくる相手の対応に追われる苦しい展開に。持ち前の攻撃参加は鳴りを潜め、終始苦戦したが、粘り強い対応を続けた。 MF 6 遠藤航 6.5 ボールの刈り取り役として中盤センターを徹底監視。読みの鋭いパスカットからカウンター機の起点になるシーンもあり、フィルター役として機能した。 7 柴崎岳 5.5 CKやFKのキック精度が冴え、冨安の決勝弾をお膳立て。押し込まれる展開になると、やはり守備面の脆さを露呈したが、最後までファイトした。 21 堂安律 5.0 守備でエネルギーを削がれた印象。幾度か右サイドから攻撃面で違いになろうとする姿が際立ったが、決定的な仕事はできず。細かなミスが目立った。 (→塩谷司 -) 9 南野拓実 5.0 前線からの守備で奮闘が光る内容。流れの中でも起点になろうと頑張ったが、幾度かのカウンター機も不意に…。終盤はガス欠状態となり、ピッチを後に。 (→伊東純也 -) 8 原口元気 5.5 最終ラインに吸収される時間帯が多く、サイドバック化の場面が散見。アタッカーとしては消化不良な出来だったが、運動量を生かした守備面の貢献度は評価に値する。 FW 13 武藤嘉紀 5.0 体幹の強さを生かして前線で起点になろうとする動きは印象的。守備にも尽力したが、60分の決定機をモノにできないあたりにストライカーとして物足りなさを感じさせた。次戦は累積で出場停止。 (→北川航也 -) 監督 森保一 6.0 現状のベストメンバーを注ぎ込み、大半の時間で守勢に。2大会ぶりのベスト8進出という結果こそが全て。 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! 冨安健洋(日本代表) 泣いても笑っても一発勝負の戦いで日本代表のアジアカップ史上最年少得点(20歳77日)で代表初ゴールをゲット。これが決勝点となり、ベスト8進出の立役者に。守備でも失点ゼロで抑え込み、相手攻撃陣の前にそびえ立った。 日本代表 1-0 サウジアラビア代表 【日本】 冨安健洋(前20) 2019.01.21 22:00 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース