ケインのPK弾を守り抜いたトッテナムがチェルシーに先勝!《EFLカップ》2019.01.09 06:55 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
EFLカップ(カラバオカップ)準決勝1stレグのトッテナムvsチェルシーが8日にウェンブリー・スタジアムで行われ、1-0でトッテナムが勝利した。準々決勝でアーセナルとのロンドン・ダービーを制してベスト4進出を決めたトッテナムは、直近のFAカップ3回戦でもフットボールリーグ2(イングランド4部)のトレンメアに7-0と圧勝。同試合で主力を温存したチームは、その試合からソン・フンミン、デレ・アリ、D・サンチェス、GKガッサニーガを除く先発7人を変更。ケインやエリクセン、アンデルヴァイレルトらが先発に並んだ。

一方、準々決勝でボーンマスとのプレミア勢対決を1-0で勝利してベスト4進出を決めたチェルシー。直近のFAカップ3回戦でもチャンピオンシップ(イングランド2部)のノッティンガム・フォレストに2-0で勝利したチームは、その試合から先発メンバーを8人変更。モラタやロフタス=チーク、セスク、GKカバジェロらに代えてアザールやウィリアン、カンテ、ジョルジーニョ、GKケパらが先発で起用された。

今季2度目の顔合わせとなるロンドン・ダービーは、互いに積極的な入りを見せる中、先にチャンスを迎えたのはチェルシー。4分、アザールからのパスをックス左手前で受けたバークリーがミドルシュートを狙ったが、これは僅かに枠の左に逸れた。

対するトッテナムは5分、トリッピアーの右クロスをゴール前のケインがオーバーヘッドシュートで合わせたが、これはGKケパがキャッチ。さらに24分には、アルデルヴァイレルトのロングフィードで相手DFの裏に抜け出したケインがボックス内で飛び出したGKケパに倒されると、VARの末にPKを獲得。このPKをケインがゴール左隅に決めてトッテナムが先制した。

スコアが動いたことで両者の攻防はさらに激しさを増したが、互いに最後の部分で形を欠いた攻撃が続き、前半は1-0のまま折り返しを迎えることに。

迎えた後半も一進一退の展開が続く中、1点を追うチェルシーは54分に決定機。ボックス右手前でパスを受けたカンテがミドルシュートでトッテナムゴールに迫ったが、これはGKガッサニーガに阻まれた。さらに58分には、右CKをニアサイドのバークリーがフリックするとファーサイドでフリーのA・クリステンセンが左足で合わせたが、シュートは枠の左に外れた。

その後も、アザールを中心に攻め込むチェルシーだったが、最後まで集中して守るトッテナムの牙城を崩すことができず。ケインのPK弾を守り抜いたトッテナムが1-0で先勝している。なお、2ndレグは1月22日にスタンフォード・ブリッジで行われる。
コメント
関連ニュース
thumb

シティがG・ジェズスの4発含む9Gで3部のバートンを蹂躙! 決勝進出を確実に《EFLカップ》

EFLカップ(カラバオカップ)準決勝1stレグ、マンチェスター・シティvsバートンが9日に行われ、9-0でシティが圧勝した。 準々決勝でレスター・シティにPK戦の末に勝利したシティは、7-0で圧勝した3日前のFAカップ3回戦ロザラム戦のスタメンから4選手を変更。スターリングやGKエデルソン、ストーンズらに代えてシルバやザネらを起用した。 準々決勝でミドルズブラに1-0で勝利した3部所属のバートンに対し、[4-3-3]で臨んだシティはGKにムリッチ、4バックに右からウォーカー、エリック・ガルシア、オタメンディ、ジンチェンコ、中盤アンカーにギュンドアン、インサイドにデ・ブライネとシルバ、3トップに右からマフレズ、ガブリエウ・ジェズス、ザネと並べた。 そのシティが立ち上がりから攻勢に出ると、5分にあっさり先制する。ボックス手前左からのシルバのクロスをデ・ブライネがヘッドで押し込んだ。 その後、12分にサイド攻撃で揺さぶられてピンチを迎えたシティだったが、ボックス右でフリーのハーネスのシュートは枠を外れて助かった。 すると30分から立て続けにシティにゴールが生まれる。まずはガブリエウ・ジェズス。ギュンドアンの浮き球パスでボックス右深くまでえぐったザネの折り返しをヘディングで押し込んだ。 さらに34分、ギュンドアンの浮き球パスをボックス左で受けたシルバのラストパスをガブリエウ・ジェズスが受けて確実にシュートを決め、3-0とした。止まらないシティは37分、ジンチェンコのループシュートも決まって4-0とし、前半を圧倒して終えた。 迎えた後半、57分にガブリエウ・ジェズスがハットトリックを達成する。ボックス右深くまでえぐってマフレズが上げたクロスをガブリエウ・ジェズスがヘッドで押し込んだ。 余裕のシティはデ・ブライネに代えてフォーデンを投入。それでも攻め手を緩めず、62分にはフォーデンが早速ゴールを決め、続く65分にはガブリエウ・ジェズスがこの試合4点目を挙げて7-0とした。 さらにウォーカーとマフレズにもゴールが生まれたシティが9-0で圧勝。22日に行われる2ndレグを前に決勝進出を確実とした。 2019.01.10 06:40 Thu
twitterfacebook
thumb

GKガッサニーガが攻守に躍動! ソン&アリ弾のスパーズがアーセナルにリベンジ達成で4強進出!《EFLカップ》

▽EFLカップ(カラバオカップ)準々決勝、アーセナルvsトッテナムによる“ノースロンドン・ダービー”が19日にエミレーツ・スタジアムで行われ、2-0で勝利したトッテナムが準決勝進出を果たした。 ▽昨季ファイナリストのアーセナルは4回戦で3部のブラックプール相手に辛勝も順当にベスト8に駒を進めた。だが、直近のリーグ戦ではサウサンプトン相手に2-3で競り負け、公式戦無敗記録が22試合でストップ。そして、バウンスバックが求められるこの一戦では今月初めのリーグ戦で対戦し4-2で勝利した宿敵との今季2度目のダービーに臨んだ。セインツ戦からは先発4人を変更。GKにチェフを起用したほか、コシエルニーとリヒトシュタイナーに代わってパパスタソプーロス、ナイルズを起用。ジャカとパパスタソプーロスが2センターバックを組む[4-2-3-1]の布陣で臨んだ。 ▽一方、4回戦でウェストハムとのダービーを制したトッテナムは直近の国内リーグで3連勝と好調を維持。その一方で、最終ラインを中心に多くの負傷者に悩まされている。宿敵相手のリベンジが求められるダービーに向けては先発4人を変更。GKにガッサニーガを起用したほか、体調不良でベンチのケインに代わってソン・フンミンを最前線で起用した。 ▽立ち上がりから球際でバチバチとやり合うダービーらしい展開の中で最初の決定機はホームのアーセナルに訪れる。2分、左CKの場面でキッカーのジャカがインスウィングのボールを入れると、ニアに飛び込んだムヒタリアンが頭でフリックするが、これは枠の左に外れる。続く8分には左サイドを強引に突破したイウォビのお膳立てからボックス手前のラムジーが右足を振り抜くがわずかに枠の右へ外れた。 ▽押し込まれる入りとなったトッテナムも10分過ぎにエリクセン、ソン・フンミンと続けてフィニッシュに持ち込むが、12分にはラムジーとの鮮やかな連係でボックス内に抜け出したムヒタリアンに決定機を許す。しかし、枠の左を狙ったシュートはGKガッサニーガが見事な横っ飛びセーブで凌いだ。 ▽劣勢が続くトッテナムだったが、見事なカウンターから先制点を奪う。20分、GKガッサニーガからのロングフィードをルーカス・モウラが競ってこぼれたボールをデレ・アリが回収。すかさず背後のスペースを狙うソン・フンミンにミドルレンジのパスで通すと、韓国代表がボックス内でのGKチェフとの一対一を制した。 ▽優勢に試合を運びながらも先制を許したアーセナルはすぐさま反撃を開始。27分には右サイドでグエンドウジが入れたクロスボールをファーサイドのオーバメヤンがシュートも枠の右。さらに前半終了間際の43分にはボックス付近でイウォビのクロスを収めたラムジーが枠の左隅へ右足のシュートを飛ばすが、GKガッサニーガの驚異的な反応に遭いボールは左ポストを叩いた。 ▽迎えた後半、先に動いたのはビハインドを追うアーセナル。前半の接触プレーで足を気にしていたムヒタリアンを下げてコシエルニーを投入。この交代でシステムを[3-4-3]に変更し、前線はオーバメヤン、ラムジー、イウォビという並びに。50分には左サイドで仕掛けたイウォビのクロスがファーに流れ、これをフリーのナイルズが右足で狙うもゴール前でDFのブロックに遭う。 ▽後半もアーセナルが押し込む状況が続く中、58分に両ベンチが動く。攻勢を強めたいアーセナルはイウォビを下げて切り札のラカゼットを投入。対するトッテナムはルーカスを下げてエースのケインをピッチに送り出す。すると、この選手交代が試合を動かす。 ▽59分、GKガッサニーガのロングフィードをハーフウェイライン付近のケインが胸トラップで収めて、すかさず最終ラインの背後を狙うデレ・アリに縦パスを送る。これを絶妙なファーストタッチで収めたデレ・アリがGKチェフを嘲笑うかのようなチップキックでゴールネットへ流し込み、貴重な2点目を奪った。 ▽最初の失点とほとんど同じ形から2失点目を喫したアーセナルだが、失点直後の61分に決定機。ボックス左で粘ったモンレアルからの短い縦パスをオーバメヤンがマイナスに折り返す。これをゴール前のラカゼットがワンタッチで合わすが、惜しくも右ポストの外側を叩いて外れた。 ▽再三の決定機を決め切れないアーセナルは65分にグエンドウジを下げてエンケティアを投入し、さらに前がかった攻めを見せる。しかし、アルデルヴァイレルトやローズを中心に高い集中力を誇るスパーズの守備をなかなか崩し切れない。逆に83分にはカウンターからペナルティアーク付近でフリーにしたエリクセンに精度の高いミドルシュートを浴びるが、これはGKチェフのセーブで凌いだ。 ▽試合最終盤には時計をうまく進めていくトッテナムの選手に対してジャカやラムジーがいら立ちを募らせるダービー特有のバチバチとしたやり合いが目立ったものの、試合はこのままタイムアップ。苦手エミレーツ・スタジアムでリーグ戦のリベンジを果たしたトッテナムがベスト4進出を決めた。一方、敗れたアーセナルは公式戦22戦無敗からまさかの今季2度目の連敗となった。 2018.12.20 06:52 Thu
twitterfacebook
thumb

途中出場アザールのゴールでチェルシーがボーンマスに辛勝《EFLカップ》

▽チェルシーは20日、EFLカラバオカップ準々決勝でボーンマスと対戦し、1-0で勝利した。 ▽リーグ戦第16節でマンチェスター・シティを下したチェルシーは、その後のヨーロッパリーグではヴィディと引き分けたものの、直近のリーグ戦第17節のブライトン戦に勝利しリーグ戦2連勝を収めた。その試合から中2日で行われる今回は、ブライトン戦からスタメンを6選手変更。エメルソンやバークリー、セスク、ロフタス=チークらが先発に名を連ねた。 ▽開始早々、CKからゴールに迫ったチェルシーは、6分にウィリアンが鋭いシュートを枠に飛ばすと、7分には右サイドを突破したロフタス=チークのパスを受けたバークリーがボックス手前からシュート。良いシュートだったが、GKベゴビッチが横っ飛びでファインセーブを見せた。 ▽ここまで相手を推し込むチェルシーだが、17分にカウンターでムセにボールを運ばれると、最後はチェルシーが獲得に興味を示しているというウィルソンにシュートを許す。幸いこのシュートは枠を外れた。 ▽徐々に押し込まれ始めるチェルシーは36分にピンチに。ボーンマスは左サイドからチェルシーに侵攻。ムセがドリブルでカットインし、ボックス手前から右足でシュートを放つ。ゴール左下隅を突いたが、GKケパが好セーブ。無失点で試合を折り返した。 ▽そろそろ先制点が欲しいチェルシーは54分、右サイドでアスピリクエタとのワンツーで守備網を抜けたロフタス=チークがボックス手前右からシュートを放つがわずかに右に逸れる。その直後、ウィリアンを下げてペドロを投入。さらに61分にはバークリーに代えてアザールをピッチに送り出した。 ▽ここから攻撃にテンポがアップしたチェルシーは、セスクやアザールが積極的にシュートを放つ。すると迎えた84分、ついに均衡を破る。 ▽自陣でボールを奪ったチェルシーは、左サイドをペドロがドリブルで持ち上がる。一旦外に預けてもう一度ボックス左で受け直し、ダイアゴナルに入ってきたエメルソンにヒールパス。エメルソンが反転しながらトラップしたボールを、走り込んだアザールがかっさうかのようにシュートを放つと、これがネットを突き刺した。 ▽試合終盤にボーンマスにゴール前で立て続けに危険な場面を作られるが、失点を許さず逃げ切りに成功。準決勝へコマを進めた。 2018.12.20 06:51 Thu
twitterfacebook
thumb

エメリ監督、EFL杯トッテナム戦に闘志「相手は非常に強大」

▽アーセナルのウナイ・エメリ監督が、EFLカップ準々決勝のトッテナム戦に意気込んでいる。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽アーセナルは昨シーズン、プレミアリーグを6位で終えてチャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃した。対して、同じロンドンに本拠地を置くトッテナムは3位でフィニッシュ。さらに、一昨年もアーセナルは5位で終えトッテナムが2位と、ライバルチームを下回ることが増えている。 ▽今シーズンも、プレミアリーグ第17節終了時点でトッテナムが3位に付けているのに対してアーセナルは5位。プレミア第14節の直接対決では4-2で勝利したものの、エメリ監督の溜飲はそれだけでは下がっていないようだ。 ▽19日のEFLカップ準々決勝トッテナム戦を前にして、エメリ監督は以下のように闘志をたぎらせている。 「私たちの第一のアイデアは、より良い選手を起用するということだ」 「このダービーで(多くの若手を)使うことはできない。相手は非常に強大な敵であり、明日は素晴らしいパフォーマンスが求められるからだ」 「数人ならば若手を使うことはできる。明日の勝利のために素晴らしいパフォーマンスを披露することが可能だと思うからね」 2018.12.19 13:20 Wed
twitterfacebook
thumb

GKムリッチがPK戦で値千金の2セーブ! デ・ブライネ復帰弾のシティが岡崎不出場のレスター退け4強入り《EFLカップ》

▽EFLカップ(カラバオカップ)準々決勝のレスター・シティvsマンチェスター・シティが18日にキング・パワー・スタジアムで行われ、1-1で90分の戦いが終了。その後、PK戦を3-1で制したシティの準決勝進出が決定した。なお、レスターのFW岡崎慎司はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽大会連覇を目指すシティは4回戦でフルアムとのプレミア勢対決を2-0で制しベスト8進出を果たした。直近のリーグ戦でもエバートンに3-1で競り勝ったチームはその試合からウォーカー、オタメンディ、マフレズを除く先発8人を変更。センターバックにトップチームデビューの17歳DFエリック・ガルシアを起用したほか、負傷明けのデ・ブライネとアグエロ、フォーデンとディアスの若手コンビを起用した。 ▽一方、PK戦までもつれこんだサウサンプトンとのプレミア勢対決を制したレスターだが、直近のリーグ戦ではクリスタル・パレスに惜敗し連敗中。前回王者をホームで迎え撃ったこの一戦ではリーグ戦から先発7人を変更。先発復帰が期待された岡崎は引き続きベンチスタートとなった。 ▽試合はホームのレスターが開始直後に速攻から相手陣内深くに攻め入るなど良い入りを見せる。しかし、時間の経過と共にストーンズ、フォーデン、デ・ブライネの中盤3枚を起点に主導権を握ったアウェイチームが押し返す。 ▽すると14分、左サイドのハーフスペースでボールを引き出したデ・ブライネが巧みなボールタッチからシュートスペースを作り、ボックス手前左から右足を振り抜くと、低い弾道の強烈なシュートがニアポストに突き刺さった。 ▽デ・ブライネの今季公式戦初ゴールで先手を奪ったシティは左サイドに張って積極的に仕掛けるディアスを起点に畳みかける攻めを見せるが、ボックス内でのディアス、マフレズの連続決定機はゴールとはならず。 ▽一方、失点以降守勢が続くレスターも21分に決定機。ボックス手前左でパスを受けたグレイが右足のミドルシュートを放つと、相手DFにディフレクトしたボールがゴール右隅へ向かうも、ここは若手GKムリッチが懸命に伸ばした手に弾かれてしまう。 ▽その後はセットプレーから同点ゴールを目指すレスター、流れの中から追加点を狙うシティという構図の下で一進一退の攻防が続く。しかし、互いに最後の場面で決め手を欠き前半はシティの1点リードで終了した。 ▽互いに選手交代なしで迎えた後半、早い時間帯に試合を決めたいシティが攻勢を仕掛ける。47分、相手陣内でのボール奪取からマフレズのスルーパスに抜け出したアグエロがボックス右からシュートを放つが、これはGKウォードの好守に遭う。 ▽立ち上がりの勢いそのままにシティが押し切る展開が予想されたが、その後はグレイ、イヘアナチョのスピードを生かした攻めでレスターが応戦。さらにゲザル、イボーラを下げてマディソン、オルブライトンの投入で攻勢を強めていく。一方、逃げ切りを図るシティはディアス、デ・ブライネを下げてスターリング、ギュンドアンを続けて投入するが、一度失った流れを引き戻せない。 ▽すると73分、ハーフウェイライン付近でエンディディから出たフィードに反応したオルブライトンが巧みな右足インサイドのトラップから強烈なハーフボレーシュートをボックス右から突き刺し、同点に追いつく。 ▽追いつかれたシティは失点直後にアグエロを下げてガブリエウ・ジェズスをピッチに送り込む。この交代直後にはボックス右で仕掛けたマフレズが相手DFの股間を抜くシュートでゴールに迫るが、わずかに枠の左へ外れた。 ▽その後、90分間で決着を付けようと最後まで攻め合った両チームだったが、試合は1-1のままタイムアップ。ベスト4進出の行方はPK戦に委ねられることに。 ▽レスターが先攻を務めたPK戦では互いに成功した中で迎えた2本目でフクス、スターリングが共に枠外に外す。しかし、3人目からはレスターのマディソン、ソユンクがGKムリッチのビッグセーブに阻まれたのに対し、後攻のシティはジェズス、ジンチェンコがきっちり決めてPK戦3-1でシティに軍配。苦しみながらもレスターを退けたシティがベスト4進出を決めた。 2018.12.19 07:00 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース