W杯に向けた成長を見据えるDF吉田麻也 引退の楢崎&中澤へは「お疲れさまでした」《AFCアジアカップ2019》2019.01.08 22:51 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本代表は9日、AFCアジアカップUAE2019初戦でトルクメニスタン代表と対戦する。8日に行われた前日会見には、森保一監督と主将DF吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)が出席した。

質疑に応じた吉田は、目標が優勝であることを明確にしつつ、チームの成長や期待を背負うが重要だとコメント。また、同日に引退が発表となっていたサムライブルーの功労者2名、、DF中澤佑二(横浜F・マリノス)、GK楢崎正剛(名古屋グランパス)へのメッセージも述べた。


◆DF吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
──大会への意気込みを
「オーストラリアで(開催されたアジアカップで)UAEに敗れた4年前、僕たちはとても失望しました。ですが、ロシア・ワールドカップ後の今回は新監督の下、新しいチームで本当に期待されているでしょう。大会を楽しみながら、成長しつつトーナメントを勝ち上がっていき、最終的にタイトルを掴みたいと思います」

──引退が発表された元日本代表DF中澤佑二、GK楢崎正剛へのメッセージはあるか
「個人的にも特に楢崎選手に関してはずっと憧れの選手で、背中を追い続けてきた選手です。中澤選手に関しても、代表を去ってから同じ22番という番号を引き継いで、今でも正直見えない背中を追いかけているという感覚です。もちろん試合数もゴール数もそうですけど、中澤選手にはまだまだ僕も追いつけていないと思っています。とにかく『お疲れさまでした』ということと、これからまだまだ日本のサッカーに貢献していただきたいと思っています。さっき監督とも少し話しましたが、そういう意味でも日本サッカー協会もこれからのセカンドキャリアを称えて、サポートしていただきたいなと思っています」

「それは川口(能活)選手にも言えることだと思いますけど、日本サッカーに貢献してきた選手に対して日本サッカーがもっとサッカー界全体としてリスペクトするべきかなと。まずはお疲れさまでしたということと、これから日本サッカーを一緒に成長させて行けたらいいなと思っています」

──今回は選手たちにとってどのような意味を持つ大会か
「ワールドカップと違ってアジアの中で勝たなければいけないという状況、期待の中で戦うというのはまた違ったプレッシャーになってくると思います。その期待の中で勝ち上がれるか、優勝できるかどうかというのがポイントの1つ。そして新しいチームが立ち上がって、これからまたアジアの予選を戦い抜く。もう一回ワールドカップに出て結果を残すためのベースとなる部分を作り上げることが、1つだと思っています」

「その2つが大きなカギになるかなと思いますし、先ほど出た選手たち(中澤や楢崎、川口)だけでなく今まで日本代表として戦ってきた選手たちが作り上げてきたものを、この新しい若い日本代表がその責任や誇りを新たに背負って戦う場だと思います。そういう意味でも、この大会は非常に大きな大会になると思います」

──日本はグループリーグでトルクメニスタンやオマーンと同居しているが
「もちろんランキングで見ても日本より下のチームだと思いますけど、大会が始まってオーストラリアが負けたり、タイも大敗したり、韓国も大勝したわけではありません。そういう意味では、とにかくどんなトーナメントも初戦が非常に大事だと思いますし、まずは初戦にしっかり勝つこと。それはワールドカップでも同じでしたけど、それが一番大事になってきます。予選を通してチームが成長していかなければならないですし、より成熟してその後の戦いを戦えるように、まずはこのグループリーグを確実に突破することを目標にしています」

──「期待」という言葉を幾度も口にしているが、それがプレッシャーに変わらないように経験ある選手としてどうアプローチするか
「やはり期待=プレッシャーに代わる可能性はあると思いますけど、そのプレッシャーの中で戦えるようにならないと、これからアジアの予選に関しても、もちろんワールドカップに関しても、もしくは個々の選手としてもキャリアの中でも戦っていけなくなると思います。なので、こういうプレッシャーの中で戦って、そういう所に身を置いて自分を少しずつ成長させていくことが若い選手の成長に繋がると思います。多くの選手がこれからヨーロッパでこれから活躍していきたいと思っている選手ばかりなので、そういう意味でもこのプレッシャーに勝てるようにならないと次のステップを、踏めないぞと。あえて期待という言葉を多く使っていますし、その期待の中で結果を出す難しさを克服することが日本サッカーの次のステップかなと僕個人は思っています。もちろん、僕だけじゃなくて経験のある選手はそれを上手くサポートしながら、大会を戦っていきたいなと思います」
コメント
関連ニュース
thumb

延長戦を制した開催国UAEが王者オーストラリアと対戦へ!《AFCアジアカップ2019》

AFCアジアカップUAE 2019決勝トーナメント・ラウンド16、UAE代表vsキルギス代表が21日に行われ、延長戦の末3-2でUAEが勝利した。 グループAを首位で通過した開催国のUAEと、グループCを3位で通過したキルギスの一戦。 立ち上がりからボールを保持したUAEは14分に先制する。右CKを中央のガニムがヘッドで逸らすと、ファーサイドのK・イスマイールがヘッドでゴール左に流し込んだ。 しかし26分、キルギスが一瞬の隙を突いて同点とする。浮き球パスを受けたムルサエフがゴールエリア右に侵入してGKをかわし、角度のない位置からシュートを流し込んだ。 同点後もUAEが押し込む流れが続いたもののチャンスは生み出せず、前半は1-1で終了した。 迎えた後半開始1分、マブフートのヘディングシュートで勝ち越しゴールに迫ったUAEだったが、53分に右サイドからのキシンのクロスが左ポストを直撃するピンチを迎えると、続く58分にはサギュンバエフにミドルシュートでGKを強襲された。 嫌な流れになりかけたと思われたが、64分に勝ち越した。敵陣でボールを奪った流れから、A・アブドゥルラフマンの浮き球パスをボックス右で受けたマブフートがシュートを決めた。 このままUAEが逃げ切るかと思われたが、キルギスが粘りを見せる。後半追加タイム2分、右CKからルスタモフがヘディングシュートを決めた。 2-2で延長戦にもつれ込まされたUAEだったが、延長前半12分にA・ハリルがPKを鎮めて勝ち越し。これが決勝点となってUAEが準々決勝に進出し、王者オーストラリアと対戦することが決まった。 2019.01.22 04:36 Tue
twitterfacebook
thumb

森保一監督「粘り強くタフに戦ってくれた」《AFCアジアカップ2019》

日本代表は21日、AFCアジアカップUAE 2019決勝トーナメント・ラウンド16でサウジアラビア代表と対戦し、1-0で勝利した。試合後の日本代表を率いる森保一監督のコメントは以下の通り。 ◆森保一監督(日本代表) 「まずは決勝トーナメントでは勝つことが重要でした。そんな中、アジアの中でトップクラスの強敵サウジアラビアに選手たちが粘り強くタフに戦ってくれて無失点に抑えて勝つことができて良かったと思います。次は中2日の戦いとなり、相手より準備期間が短い中での試合となりますが、次も勝てるように最善の準備をしていきたいです」 ――今日はそれ程、力を出せなかったと思うが 「まずはサウジアラビアは力のあるチーム、そこは彼らをリスペクトしたいです。もっと攻撃を仕掛ける、ボールを保持することができれば良かったが、先制して相手が押し込む状況の中、粘り強く無失点に抑えながら追加点を奪いにいくことができました。粘り強く戦うことが今後トーナメントの中で必要なことですし、それを選手たちができたことをポジティブに捉えたいです」 ――準々決勝で対戦するベトナムについて 「まずはベトナムがしっかりとした粘り強い守備から攻撃に転じることができるチームだという印象です。アンダー世代も指導している監督が務めていることで、スタイルが各年代で浸透しています。守備だけでなく攻撃にも良い選手がいると思っています」 ――今日試合をやってさらにコンディションが上がったか 「もっと攻撃の部分でできると思われる方もいると思いますが、コンディションが上がっているからこそ、あれだけ押し込まれても守り切れたと思っています」 ――これほど押し込まれることは想定していたか 「まずは相手にプレッシャーをかける良い入りをしてくれたと思います。しかし、サウジアラビアの攻撃を受ける形となりました。サウジアラビアはボールを保持しながら危険な攻撃を仕掛けてくることのできるチーム。そこをうまく対応しながら攻撃につなげられるようにと試合前から選手には話していました」 「先制点を奪ってから彼らが圧力をかけてきた時に、素早い攻撃を仕掛けることが前半はまずまずできていたと思います。リードしてからの戦いを選手たちが表現してくれたと思います。少し守る時間が長かったですが、逆に粘り強く戦うというオプションができたとポジティブに考えたいと思います」 ――南野に代えて伊東を投入した後、堂安が真ん中に入ったが 「堂安をトップ下に入れたのは彼のところで攻撃の起点を作ってほしいという思いです」 ――勝敗を分けたポイントは 「サウジアラビアは攻守ともにアグレッシブで良いチーム。そこは試合前から選手にも話していましたし、厳しい試合になることは覚悟して臨みました。勝負を分けたポイントは、サウジアラビアは失点することは考えていなかったでしょうし、サウジアラビアが攻撃の圧力をかけてくる、本来は両方がボールを握りたいという中で臨機応変に試合の流れに対応した日本が勝利できたと思います」 2019.01.22 02:24 Tue
twitterfacebook
thumb

前回王者オーストラリア、ウズベキスタンとのPK戦を制して薄氷の準々決勝進出!《AFCアジアカップ2019》

AFCアジアカップUAE 2019決勝トーナメント・ラウンド16、オーストラリア代表vsウズベキスタン代表が21日に行われ、120分を0-0で終えた。そしてPK戦を4-2で制したオーストラリアが準々決勝へ進出している。 グループBを2位で通過したオーストラリアと、日本代表と同居したグループFを2位で通過したウズベキスタンの一戦。 ウズベキスタンがボールを持つ立ち上がりとなった中10分、ショムロドフが単騎突破から決定機を迎える。しかし、ボックス左まで侵入したショムロドフのシュートはGKにセーブされた。 対するオーストラリアは12分、ベヒッチのミドルシュートでGKを強襲するも、引き続きウズベキスタンがボールを持つ展開となると、28分にシディコフが際どいミドルシュートを浴びせた。ハーフタイムにかけては膠着状態が続き、互いにシュートに持ち込めず前半をゴールレスで終えた。 迎えた後半、オーストラリアがボールを持つ展開で立ち上がった中、シュートに持ち込めずにいたことから68分に負傷明けのレッキーを投入。すると72分、そのレッキーがミドルシュートでゴールに迫ると、77分にも決定機。レッキーがドリブルでボックス右に侵入して放ったシュートが右ポストに直撃した。 しかし、90分では勝負がつかず、試合は延長戦にもつれ込んだ。その延長戦ではウズベキスタンがボールを持つ展開となったもののチャンスは生み出せずにPK戦へ。 そのPK戦ではオーストラリアGKライアンが2本のPKをストップして4-2で勝利。苦しみながらも前回王者が準々決勝へ進出している。 2019.01.22 01:43 Tue
twitterfacebook
thumb

日本代表に痛手…ベテランの広島MF青山敏弘がケガで離脱《AFCアジアカップ2019》

日本サッカー協会は21日、サンフレッチェ広島に所属するMF青山敏弘が右ヒザ痛のため、日本代表から離脱することを発表した。 青山は17日に行われたグループステージ第3戦のウズベキスタン代表戦でキャプテンマークを巻いて先発出場。しかし、21日に行われた決勝トーナメント・ラウンド16のサウジアラビア代表戦ではベンチ外となっていた。 そのサウジアラビア戦で日本は1-0で勝利。24日、準々決勝でベトナム代表と対戦する。 2019.01.21 22:30 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:日本代表 1-0 サウジアラビア代表《AFCアジアカップ2019》

日本代表は21日、AFCアジアカップ2019決勝トーナメント1回戦のサウジアラビア代表戦に臨み、1-0で勝利。ベトナム代表の待つベスト8に駒を進めた。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽日本代表採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190121_0_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 12 権田修一 5.5 相手の低いシュート精度に助けられて無失点。その中で、バックパス処理にもたつく場面やシュートに反応できない場面もあったが、クロス対応は概ね安定。 DF 19 酒井宏樹 5.5 12分に自サイドから突破を許すなど、試合を通じて、辛抱の時間が続いた。何度か裏を取られたものの、要所で身体を張るなど戦った。 16 冨安健洋 7.0 記念すべき代表初ゴールが殊勲の決勝点に。肝心の守備面でも集中を切らさず、吉田と共に最後まで踏ん張り続け、ベスト8進出に大きく貢献した。 22 吉田麻也 6.5 12分に気迫の顔面ブロックでピンチ阻止。逆に、62分に釣り出されてピンチを招いた場面は冷やりとさせたが、GKの前にそびえ立つ砦として、頼もしさが光った。 5 長友佑都 5.5 試合を通じて、執拗に背後を突いてくる相手の対応に追われる苦しい展開に。持ち前の攻撃参加は鳴りを潜め、終始苦戦したが、粘り強い対応を続けた。 MF 6 遠藤航 6.5 ボールの刈り取り役として中盤センターを徹底監視。読みの鋭いパスカットからカウンター機の起点になるシーンもあり、フィルター役として機能した。 7 柴崎岳 5.5 CKやFKのキック精度が冴え、冨安の決勝弾をお膳立て。押し込まれる展開になると、やはり守備面の脆さを露呈したが、最後までファイトした。 21 堂安律 5.0 守備でエネルギーを削がれた印象。幾度か右サイドから攻撃面で違いになろうとする姿が際立ったが、決定的な仕事はできず。細かなミスが目立った。 (→塩谷司 -) 9 南野拓実 5.0 前線からの守備で奮闘が光る内容。流れの中でも起点になろうと頑張ったが、幾度かのカウンター機も不意に…。終盤はガス欠状態となり、ピッチを後に。 (→伊東純也 -) 8 原口元気 5.5 最終ラインに吸収される時間帯が多く、サイドバック化の場面が散見。アタッカーとしては消化不良な出来だったが、運動量を生かした守備面の貢献度は評価に値する。 FW 13 武藤嘉紀 5.0 体幹の強さを生かして前線で起点になろうとする動きは印象的。守備にも尽力したが、60分の決定機をモノにできないあたりにストライカーとして物足りなさを感じさせた。次戦は累積で出場停止。 (→北川航也 -) 監督 森保一 6.0 現状のベストメンバーを注ぎ込み、大半の時間で守勢に。2大会ぶりのベスト8進出という結果こそが全て。 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! 冨安健洋(日本代表) 泣いても笑っても一発勝負の戦いで日本代表のアジアカップ史上最年少得点(20歳77日)で代表初ゴールをゲット。これが決勝点となり、ベスト8進出の立役者に。守備でも失点ゼロで抑え込み、相手攻撃陣の前にそびえ立った。 日本代表 1-0 サウジアラビア代表 【日本】 冨安健洋(前20) 2019.01.21 22:00 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース