ボカ・ジュニアーズ、パラグアイ代表DFを獲得! 今季途中まではリールからセルタにレンタル2019.01.08 14:03 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ボカ・ジュニアーズは7日、リールからパラグアイ代表DFフニオール・アロンソ(25)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2020年6月までの1年半となる。

母国のセロ・ポルテーニョでプロキャリアをスタートしたアロンソはセンターバックと左サイドバックを主戦場とする左利きのDF。2017年1月に加入したリールでは昨シーズンのリーグ戦34試合に出場し2ゴールを挙げていた。また、2013年にデビューしたパラグアイ代表ではここまで18試合に出場し1ゴールを記録している。

昨夏にはセビージャに旅立ったスペイン人DFセルジ・ゴメスの後釜としてセルタに1年間のレンタル移籍で加入し、シーズン序盤はリーグ戦9試合に出場。しかし、監督交代をキッカケに昨年10月半ば以降、出場機会はなかった。そして、リールとセルタは双方合意の下でレンタル契約を解消していた。
コメント
関連ニュース
thumb

ドルトムント、ボカの逸材CBバレルディを獲得! スペイン2強との争奪戦制す

ドルトムントは14日、ボカ・ジュニアーズからU-20アルゼンチン代表DFレオナルド・バレルディ(19)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「18」に決定。契約期間は“長期”とのみ伝えられている。 なお、フランス『レキップ』が伝えるところによれば、移籍金は1200万ユーロ+ボーナス300万ユーロの総額1500万ユーロ(約18億6000万円)程度になるという。また、契約期間は2024年6月30日までの5年半となる見込みだ。 187cmのセンターバックのバレルディは2018年に入ってトップチームデビュー。ここまでリーグ戦5試合に出場している。ボカ・ジュニアーズにおいて大きな実績を残せていないものの、攻守両面で高いポテンシャルを誇る逸材センターバックにはバルセロナとレアル・マドリーからの関心も伝えられていた。 スペインの2強との争奪戦を制して逸材確保に成功したドルトムントのミヒャエル・ツォルクSD(スポーツ・ディレクター)は以下のようなコメントを残している。 「レオナルド・バレルディの移籍に関しては当初、来夏を予定していた。しかし、今回それを前倒しすることにした」 「レオナルドは非常に賢いセンターバックで強靭な守備を誇る。同時に高いビルドアップ能力でパスゲームに貢献可能だ。彼が我々のクラブを選んでいくれたことを嬉しく思うし、彼が将来的にそのタレント力で我々を助けてくれることを確信している」 2019.01.15 00:08 Tue
twitterfacebook
thumb

ボカ・ジュニアーズの新指揮官が決定! 国内のライバル、ウラカンの指揮官を引き抜き

ボカ・ジュニアーズは2日、今季ここまでウラカンを率いていたグスタボ・アルファロ監督(56)を新指揮官に招へいしたことを発表した。 昨年12月に行われたコパ・リベルタドーレス決勝でリーベル・プレートとのスーペル・クラシコに敗れたボカではギジェルモ・バロス・スケロット前監督(現LAギャラクシー)が辞任を発表した。 ここ数週間の間ではルイス・フェリペ・スコラーリ氏やホセ・ペケルマン氏など大物が後任候補として報じられてきたが、最終的にクラブはアルゼンチン国内で実績十分のアルファロ監督を新指揮官に招へいした。 前指揮官のバロス・スケロット前監督とは異なり、選手時代に目立った実績を残せていなかったアルファロ監督だが、指揮官としてはベルグラーノ、サン・ロレンソ、ロサリオ・セントラル、ヒムナシア・ラ・プラタなどの国内クラブの指揮官を歴任。 アルセナル時代にはコパ・スダメリカーナ、2012年のクラウスーラ(後期リーグ)制覇に導いていた。今季ここまでは6位のボカよりも順位が上の4位ウラカンを率いていた。 2019.01.03 23:00 Thu
twitterfacebook
thumb

LAギャラクシー、新監督にボカを辞任したスケロット氏を招へい

メジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーは2日、新監督にギジェルモ・バロス・スケロット氏(45)を招へいしたことを発表した。 現役時代、ボカ・ジュニアーズで約10年間にわたってプレーし、15個のタイトルを獲得した同クラブのレジェンドであるスケロット監督は、2016年3月にボカの監督に就任。2016-17シーズン、2017-18シーズンと国内リーグを連覇に導いた。 しかし、13試合を消化した今季は首位のラシンと12ポイント差の6位と苦戦。また、昨年12月行われたコパ・リベルタドーレス決勝でもリーベル・プレートに敗戦すると、同月15日に監督を辞任していた。 2019.01.03 03:30 Thu
twitterfacebook
thumb

現役引退したブルディッソ、古巣ボカのスポーツ・ディレクターに就任

▽ボカ・ジュニアーズは18日、今年10月に現役を引退した元アルゼンチン代表DFニコラス・ブルディッソ氏(37)をスポーツ・ディレクターに任命したことを発表した。 ▽1999年10月にボカ・ジュニアーズでプロデビューを飾ったブルディッソは、インテルやローマ、ジェノアで活躍。そして、昨シーズンまでトリノでプレーしていた。アルゼンチン代表としては2006年ドイツ・ワールドカップ(W杯)、2010年南アフリカW杯の2大会に出場し、通算49試合に出場していた。 ▽そのブルディッソは古巣ボカのSD就任について以下のように語っている。 「特別な場所に戻ってきた特別な日だ。会長と多岐に渡る話し合いを行い、自分のサッカー観について話した。この挑戦は私にとって大きなチャンスだ。責任を持って仕事をしていきたい。このチャンスを与えてくれた会長に感謝し、今よりもクラブを良い状態にすることが目標だ」 2018.12.18 23:30 Tue
twitterfacebook
thumb

リベルタ決勝で敗戦のボカ、国内リーグ連覇に導いたスケロット監督が辞任

▽ボカ・ジュニアーズは14日、ギジェルモ・バロス・スケロット監督(45)が辞任したことを発表した。 ▽ボカは9日にサンティアゴ・ベルナベウで行われたコパ・リベルタドーレス決勝2ndレグ、リーベル・プレートとのスーペル・クラシコを延長戦の死闘の末、1-3で敗戦。2戦合計スコア3-5で敗れていた。 ▽現役時代、ボカ・ジュニアーズで約10年間にわたってプレーし、15個のタイトルを獲得した同クラブのレジェンドであるスケロット監督は、2016年3月にボカの監督に就任。2016-17シーズン、2017-18シーズンと国内リーグを連覇に導いていた。13試合を消化した今季は首位のラシンと12ポイント差の6位と苦戦していた。 2018.12.15 04:55 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース