アーセナルvsユナイテッドが実現! FAカップ4回戦の対戦カードが決定!2019.01.08 13:20 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
7日にFAカップ4回戦の組み合わせ抽選会が行われ、全16カードの対戦カードが決定した。3回戦ではレスター・シティとフルアムが共に4部に所属するニューポート・カウンティ、オールダム・アスレティックに敗れる大波乱が起きたほか、ハダースフィールド、カーディフとプレミア勢が下部カテゴリーに敗れる結果となった。

また、優勝候補の一角に挙げられていたリバプールもウォルバーハンプトンとのプレミア勢対決に敗れて無念の初戦敗退となった。

それでも、前回大会優勝チームのチェルシーを始め、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、トッテナム、アーセナルといったプレミアの“ビッグ6”は順当に勝ち抜けを決めた。

4回戦の注目カードはアーセナルvsマンチェスター・ユナイテッド。共にリーグ戦でも熾烈なトップ4争いを繰り広げる2チームが早くも対戦することに。また、マンチェスター・シティvsバーンリー、クリスタル・パレスvsトッテナムのプレミア勢対決も実現した。

連覇を目指すチェルシーはシェフィールド・ウェンズデイ(2部)とルートン・タウン(3部)の再試合の勝者と対戦。日本人選手所属クラブではDF吉田麻也のサウサンプトンがダービー・カウンティ(2部)との再試合を制した場合、アクリントン・スタンリー(3部)と、FW武藤嘉紀のニューカッスルはブラックバーン(2部)との再試合を制した場合、ワトフォードと対戦する。

なお、4回戦は今月の25~28日に開催予定だ。FAカップ4回戦対戦カードは以下の通り。

◆FAカップ4回戦対戦カード

アーセナル vs マンチェスター・ユナイテッド
クリスタル・パレス vs トッテナム
マンチェスター・シティ vs バーンリー
チェルシー vs シェフィールド・Worルートン
ニューカッスルorブラックバーン vs ワトフォード

アクリントン・スタンリー(3部) vs ダービー・カウンティorサウサンプトン
ウィンブルドン(2部) vs ウェストハム
シュルーズベリーorストーク vs ウォルバーハンプトン
ミルウォール(2部) vs エバートン
ブライトン vs WBA(2部)

スウォンジー(2部) vs ジリンガム(3部)
ブリストル・シティー(2部) vs ボルトン(2部)
ドンカスター・ローヴァーズ(3部) vs オールダム・アスレティック(4部)
ミドルズブラ(2部) vs ニューポート・カウンティ(4部)
バーネット(5部) vs ブレントフォード(2部)
ポーツマス(3部) vs QPR(2部)

※左側がホーム
コメント
関連ニュース
thumb

FAカップで物議のVARにモイーズが物申す! 英国の“EU離脱”と比較し持論を展開

マンチェスター・ユナイテッドやエバートンを指揮したデイビッド・モイーズ氏が、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)に関しての持論を展開した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 欧州の各リーグやFIFAが主催する大会で近年導入が進んでいるVARだが、プレミアリーグではまだ導入されておらず、2019-20シーズンからの導入が決定。今シーズンはFAカップで導入されている。 16日に行われたFAカップ準々決勝では、ウォルバーハンプトンvsマンチェスター・ユナイテッドではVARが導入されていたものの、スウォンジーvsマンチェスター・シティの一戦ではスタジアムに設備がなく導入されていなかった。 さらに、逆転につながったシティの2ゴールは疑惑の判定とされ、VARが導入されていれば認められていないものであったとの見解が強い状況。ジョゼップ・グアルディオラ監督も謝罪するなど、VARに関しての問題がここにきて出ている状況だ。 この件を踏まえ、モイーズ氏はVARについてコメント。イギリスで大きな話題となっている、“EU離脱”を持ち出して語った。 「イギリスの全員がVARに対して完全に納得するとは思わない。決断を下すのに時間がかかりすぎると感じる。そして、それがいつ起こるのか、我々はハッキリとわかっているとは思わない」 「間違いを見たときは、それは非常に簡単なことだと思う。『VARを取り入れて、決定を下しましょう』というのは簡単だ」 「しかし、VARでは、正しいとは思えない多くの決定が出ていると思う。現時点では、Brexit(ブレグジット=イギリスのEU離脱)と同じぐらい悪いものだろう」 2019.03.18 11:00 Mon
twitterfacebook
thumb

FAカップ準決勝の対戦カード決定! シーズン4冠目指すマン・シティの相手は?

FAカップ準決勝の組み合わせ抽選が17日に行われ、シーズン4冠を目指すマンチェスター・シティの対戦相手がブライトン&ホーヴ・アルビオンに決定した。 今週末に行われた準々決勝では優勝候補筆頭のシティがチャンピオンシップ(イングランド2部)のスウォンジーと対戦。格下相手に2点を先行される厳しい展開を強いられるも、微妙な2つの判定にも助けられて3-2の逆転勝利を飾った。 対するブライトンはシティと同様にチャンピオンシップのミルウォールと対戦。こちらも格下相手に2点を先行されたが、88分と後半アディショナルタイムの連続ゴールで追いつき延長戦に持ち込むと、最終的にPK戦を5-4で制して逆転突破を決めている。 また、もう1つの準決勝のカードは絶好調のマンチェスター・ユナイテッドを破る番狂わせを起こしたウォルバーハンプトンと、クリスタル・パレスとの接戦をモノにしたワトフォードに決定。 なお、準決勝の2試合は4月6日と7日にいずれもウェンブリー・スタジアムで行われる予定だ。 ◆FAカップ準決勝 ▽4/6.7 マンチェスター・シティ vs ブライトン&ホーヴ・アルビオン ワトフォード vs ウォルバーハンプトン 2019.03.18 02:51 Mon
twitterfacebook
thumb

ウルブズが11年ぶり準決勝進! 敗れたユナイテッドはスールシャール体制初の連敗《FAカップ》

マンチェスター・ユナイテッドは16日、FAカップ準々決勝でウォルバーハンプトンと対戦し、1-2で敗れた。 スールシャール暫定監督の下、好調を続けるユナイテッド。先日のチャンピオンズリーグではフランス王者パリ・サンジェルマン相手に敵地でのセカンドレグで奇跡の逆転突破を決めた。ところが、直近のアーセナル戦では0-2で敗れ、スールシャール体制下初のリーグ戦黒星を喫した。 その敗戦を引きずりたくない今回のウルブズ戦。主なスタメンは、GKロメロ、右サイドバックにダロト、中盤はポグバ、エレーラ、マティッチ、前線3枚はラッシュフォード、マルシャル、リンガードとなり、マルシャルは先月2日のフルアム戦以来の先発出場となった。 互いに慎重な入りを見せた試合のファーストシュートは10分に生まれる。ボックス手前右から打ったシュートは左に外れたが、13分にもラッシュフォードがミドルシュートを放ったユナイテッドがリズムを作り始める。 一方、ウルブズは28分、右CKのサインプレーからルベン・ネヴェスがボックス手前からシュート。ゴール前を固めるユナイテッド守備陣の間を縫って枠に飛んだが、GKロメロにキャッチされた。 その後はやや膠着状態が続いたが、42分のユナイテッドのCKの場面で、ボールを奪ったウルブズがカウンターを発動。センターサークルからのネヴェスのスルーパスを受けたジョッタが絶好のゴールチャンスを迎えたが、シュートはGKロメロにブロックされた。 ゴールレスで迎えた後半、いきなりユナイテッドにチャンスが訪れる。46分、ダロトのパスを受けたラッシュフォードがドリブルでボックス右に侵攻。右足でシュートを放ったが、枠を外れる結果に。 前半からのシュート数では勝っているウルブズ。だが、立ちはだかるのはGKロメロ。54分に右CKをヒメネスが頭で合わせ枠に飛ばしたが、ロメロがファインセーブ。58分のコウチーニョの強烈なミドルシュートもロメロの守備範囲だった。 そんなロメロの牙城を崩したのは70分のことだった。右サイドからのクロスが撥ね返されたウルブズは逆サイドのコウチーニョから一旦攻撃を仕切り直す。コウチーニョは、ユナイテッドが守備を固めるボックス内にドリブルで飛び込み、DFを引き付けてヒメネスに送る。ヒメネスも相手に囲まれながらも粘り強くボールをキープ。そして、素早く反転して強引にシュートを放つと、これがゴール左に突き刺さり、ウルブズが試合を動かした。 歓喜に沸くモリニュー・スタジアム。さらにその6分後、スタジアムは更なる歓声に包まれた。76分のユナイテッドのCKの場面。跳ね返したウルブズはジョッタがセンターサークルからドリブルで持ち上がると、最後はショーのチェックを振り切ってボックス左からゴールを決めた。 絶体絶命となったユナイテッドは86分にマタとマクトミネイを同時投入。5分の後半アディショナルタイムの中でラッシュフォードが1点を返したが、焼け石に水。試合は2-1でウルブズが制し1997-98シーズン以来の準決勝進出。ユナイテッドはスールシャール体制下初の公式戦連敗を喫した。 2019.03.17 06:51 Sun
twitterfacebook
thumb

シティ格下相手に危機一髪…! 2点ビハインドから途中出場アグエロの3ゴールに絡む活躍で逆転突破《FAカップ》

マンチェスター・シティは16日、FAカップ準々決勝でスウォンジー・シティと対戦し、3-2で勝利した。 大会では対戦相手に恵まれ続けているシティは5回戦ではリーグ2(イングランド4部)のニューポート・カウンティを4-1で下し準々決勝進出。その試合も含めて現在公式戦10連勝中。直近のチャンピオンズリーグではシャルケに7-0で圧勝しベスト8へ駒を進めた。 シティのスタメンにはデルフが左サイドバックでおよそ2カ月ぶりの出場に。前線の3枚はマフレズ、ジェズス、ザネが起用された。 試合は大方の予想通り、シティが主導権を握る展開に。いとも簡単にスワンズのバイタルエリアに攻め入るシティは13分、ザネの左からのクロスをベルナルド・シウバがダイレクトシュート。丁寧に合わせたシュートはGKノードフェルトがファインセーブで凌いだ。 試合が動いたのは20分。動かしたのはホームのスワンズだった。右サイドへの展開から、C・ロバーツがデルフの背後を取ってボックスに侵入。簡単に裏を取られてしまったデルフはたまらずスライディングタックルで対応したが、C・ロバーツの足に掛かってPKを献上。これをグライムスが決めて、チャンピオンシップ(イングランド2部相当)のスワンズがプレミア王者から先制する意外な試合展開となった。 だが、サプライズはここで終わらない。20分、スワンズはGKから丁寧にボールを繋ぐ攻撃を展開。左サイドでパスを受けたダニエル・ジェームズはドリブルで中央に侵攻し、ボックス手前のN・ダイアーへ。ダイアーはダイレクトでボックス左に走り込むセリナにスルーパスを送ると、セリナは右足ダイレクトでゴール右に見事なコントロールシュートを突き刺し、リードを2点に広げた。 逆転を目指すシティは後半頭からトップギアでスワンズゴールに迫る。ザネ、ベルナルド・シウバ、ギュンドアンらが立て続けにシュートを見舞うが、スワンズは身体を張った守りで失点を紙一重で防ぐ。 そんな中57分にシティはデルフとザネを下げてジンチェンコとスターリングを投入。さらに64分にはマフレズに代わりアグエロがピッチに送られ、これで3枚の交代カードを切った。 するとアグエロが絡んでゴールが生まれる。69分、右からのクロスをシュートに繋げたアグエロは、こぼれ球をもう一度拾って左のベルナルド・シウバへ展開。ボックス左からダイレクトで放たれたベルナルド・シウバのシュートは、右のサイドネットに突き刺さった。 グアルディオラ監督の采配はさらなる好影響をもたらす。78分、ボックス右でドリブルで縦に仕掛けたスターリングがカーター=ヴィッカーズに倒されPKを獲得。キッカーを務めたアグエロのシュートは左ポストを弾いたが、ボールはGKノードフェルトの背中に当たってオウンゴールに。これでシティが同点に追いついた。 流れが傾いてきたシティ。83分にはカウンターからジェズスがヘディングシュート。GKノードフェルトがはじき出すと、さらにアグエロが畳み掛けるが、再びノードフェルトが身体を放り出しビッグセーブ。 このまま引き分けると再試合となるが、シティはそれを許さなかった。試合終了間際の89分、左サイドのベルナルド・シウバのクロスをアグエロがダイビングヘッドで合わせて逆転の3点目。2点ビハインドの逆境を引っくり返したシティが4分のアディショナルタイムも乗り切り、準決勝に進出した。 2019.03.17 04:22 Sun
twitterfacebook
thumb

エレーラ、チェルシー攻略法を叩き込み決勝弾! 途中出場組にも労いの言葉

マンチェスター・ユナイテッドに所属するスペイン代表MFアンデル・エレーラがチェルシー撃破を誇った。イギリス『メトロ』が報じた。 ユナイテッドは18日、FAカップ5回戦でチェルシーと激突。前ラウンドのアーセナルに続くロンドン勢との対戦で、さらにアウェイでの連戦だったが、アンデル・エレーラとフランス代表MFポール・ポグバのゴールにより、ベスト8進出を果たした。 この試合でタフなハードワーカーとして最も輝きを放つ選手の1人だったアンデル・エレーラは試合後、イギリス『BBC』のインタビューで「自身の1stゴールは決定的だったか?」と問われると、次のように言及。また、途中出場組を労った。 「そうでもない。正直に言ってね。彼らはファンタスティックなチームだから、僕らは最後まで戦わなくちゃいけなかった」 「でも、僕らは彼らとの戦い方を把握していて、僕自身もより攻撃的にプレーした。彼らが僕側のサイドを軸にしてくることがわかっていたからね」 「素晴らしいゲームになったよ」 「僕はアレクシス(・サンチェス)やアンドレアス(・ペレイラ)、スコット(・マクトミネイ)にも話したい。ワールドクラスの選手であるアレクシスも戦った」 「あれこそがマンチェスター・ユナイテッドだ。僕らの求めることさ」 2019.02.19 15:20 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース