久々にピッチに立った香川真司、テストマッチで存在感…移籍前ラストマッチの可能性も2019.01.08 09:05 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
ドルトムントは現地時間7日にスペインのキャンプ地にてフォルトゥナ・デュッセルドルフとテストマッチで対戦し、3-2で勝利を収めている。フォルトゥナの宇佐美貴史と同様、後半から出場したドルトムントの香川真司は、この一戦で決勝点に絡むなど好プレーを見せた。

ドルトムントはこの日、体調を崩したMFマルコ・ロイスや離脱中のDFマヌエル・アカンジやアブドゥ・ディアロ、FWパコ・アルカセルらが欠場。MFアクセル・ヴィツェルはプレイメイカーを務める一方で、MFユリアン・ヴァイグルはセンターバック、マキシミリアン・フィリップはトップ下で臨む4-2-3-1という布陣でスタートした。

試合は15分にフォルトゥナのMFケビン・ストガーが先制弾を決めると、ドルトムントは31分にはDFウカシュ・ピシュチェクからのパスをパオロ・ゲレイロが折り返してフィリップが押し込む格好で同点に。フィリップはさらに35分、見事なミドルシュートを突き刺してドルトムントが逆転に成功する。

1点のリードで前半を折り返したドルトムントは8人を入れ替え、香川も久々にピッチに立つ。67分、DFマルチン・カミンスキが宇佐美のCKをヘディングで沈めてフォルトゥナに追いつかれるも、香川と同じく後半開始から出場したジェイドン・サンチョと度々素早いワンツーから相手DFラインを崩すプレーを披露。78分にはサンチョが香川のパスに反応するもシュート相手GKに阻止され、さらに85分、香川が宇佐美に倒されて好位置で獲得したFKを惜しくも外してしまう。

90分には香川はフォルトゥナゴールに迫ると、1対1となった相手GKをかわしてシュートを放つ。それはライン上で相手DFにクリアされたが、こぼれ球は最終的に左サイドのMFセルヒオ・ゴメスに渡り、そのクロスをDFマルセル・シュメルツァーが押し込んで3-2に。香川は自らのゴールは逃したものの決勝点の起点となり、2019年初戦での白星獲得に貢献した。

提供:goal.com
コメント


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース