吉田麻也の同僚MFスティーブン・デイビスがレンジャーズへレンタル…6年半ぶりに復帰2019.01.07 12:50 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レンジャーズは6日、サウサンプトンの北アイルランド代表MFスティーブン・デイビス(34)がレンタル移籍で加入することを発表した。今シーズン終了までのレンタルとなる。

デイビスは、アストン・ビラの下部組織出身で、2007年にフルアムへと移籍。2008年1月から半年間レンジャーズへレンタル移籍すると、2008年8月に完全移籍を果たした。

2012年7月にサウサンプトンへと完全移籍すると、公式戦226試合に出場し14ゴール26アシストを記録。キャプテンとして昨シーズンまでレギュラーとしてプレーしていたが、今シーズンはここまでリーグ戦3試合、EFLカップで3試合の出場に終わっていた。

6年半ぶりに古巣レンジャーズへと復帰するデイビスについてスティーブン・ジェラード監督は「スティーブンは我々のチームへの素晴らしい補強の1人だ。クラブに戻ってくれたことを歓迎する」とコメント。また、「彼はクラブレベルでも、国際レベルでも非常に経験が豊富で、レンジャーズのジャージがとても似合うことはクラブもファンも知っているだろう」と歓迎した。
コメント
関連ニュース
thumb

元スコットランド代表MFマカリスター氏が路上で襲撃に遭う…リーズやリバプールで活躍

かつてレスター・シティやリーズ・ユナイテッド、リバプールで活躍した元スコットランド代表MFガリー・マカリスター氏(54)が24日にリーズ市内で襲撃事件に遭い、入院を余儀なくされたようだ。イギリス『サン』が伝えている。 『サン』が伝えるところによれば、現在レンジャーズで元同僚のスティーブン・ジェラード監督をチームスタッフとして支えているマカリスター氏は24日、妻と共にかつて在籍したリーズ・ユナイテッドの本拠地があるリーズ市内を訪れた際、町の中心部で襲撃事件に巻き込まれたという。 そして、顔を強かに殴りつけられた同氏は近くの病院に緊急搬送されて唇を10針縫うなどの治療を受けたという。 『サン』が伝える事件の詳細に関しては、同氏が妻のヘイリーさんとタクシー乗り場でタクシーを待っていた際に、何者かの襲撃を受けると罵詈雑言を浴びながら何発もの打撃を顔面に受けたという。また、犯人は警察や周囲の助けが来る前にその場から逃亡を図っており、現時点でその行方はわかっていないとのことだ。 なお、現場に居合わせた匿名の情報提供者によると、犯人はマカリスター氏が元プロフットボーラーだったことを知っており、そのことを理由に犯行に及んだ可能性があるようだ。 現役時代にテクニカルなセントラルMFとして活躍したマカリスター氏は、リーズのリーグ優勝やリバプールのカップ・トレブルなどにも貢献した名選手。現役引退後は古巣コヴェントリーやリーズ、アストン・ビラで短期間ながら監督を務めた経験もある。 2019.03.25 17:21 Mon
twitterfacebook
thumb

レンジャーズ、今季16G8Aのコロンビア代表FWモレロスと2023年まで契約延長

レンジャーズは8日、コロンビア代表FWアルフレッド・モレロス(22)との契約を2023年6月まで延長したことを発表した。 2014年に母国コロンビアのクラブでプロデビューしたモレロスは、2016年の冬にフィンランドの強豪ヘルシンキへレンタル移籍で加入すると、2016シーズンにリーグ戦30試合で16得点をマーク。この活躍が認められ、翌年に完全移籍で加入すると2017年シーズンにも得点を量産し、同年6月にレンジャーズへ3年契約で加入。 レンジャーズでは、加入初年度からレギュラーを獲得すると、リーグ戦31試合でリーグ2位の14ゴールをマーク。今シーズンもここまでリーグ戦24試合でリーグトップの16ゴールを記録している。また、U-17から選出されてきたコロンビア代表では、2018年9月に行われたベネズエラ代表戦でフル代表デビューを飾っている。 2019.03.09 00:56 Sat
twitterfacebook
thumb

ジェラードとヴィエラが場外乱闘? チーム得点王モレロスへのオファーにジェラード 「無礼」

スコットランドのレンジャーズを率いるスティーブン・ジェラード監督が、自身のクラブに所属するコロンビア代表FWアルフレッド・モレロス(22)に対するオファーに関してパトリック・ヴィエラ監督率いるニースに噛みついた。フランス『レキップ』が伝えた。 ニースは23日にイタリア代表FWマリオ・バロテッリ(28)のマルセイユ移籍を発表。今季はパフォーマンスを落としていたもののエースストライカーの流出を受けてクラブは新たなストライカー獲得に着手した。 そして、現時点で有力な候補に挙がっているのが、レンジャーズのエースストライカーとして活躍するモレロスだ。 『レキップ』が伝えるところによれば、ニースはモレロス獲得に向けて800万ポンド(約11億4000万円)のオファーを掲示したという。だが、ジェラード監督はこの金額を含めニースからのオファーに憤りを見せている。 「アルフレッドに対して800万ポンド程度のオファーしか出さないやつらはすべて無礼なやつだと思う」 「彼はリーグのトップスコアラーであり、少なくともその倍額の評価が妥当だ。こういったオファーはアルフレッド、我々のクラブに対するリスペクトの欠如だ」 「もちろん、自分たちのプレーヤーが非売品であると主張するほどナイーブな人間ではない。それにすべてのプレーヤーに移籍の可能性はあるものだ。ただ、個人的にはレンジャーズ、プレーヤー、私個人への敬意を示してほしいものだよ」 なお、今回のジェラード監督の発言はヴィエラ監督本人を名指しするものではなく、ニースというクラブの姿勢を批判したものだが、ヴィエラ監督の反応次第では過去にリバプールとアーセナルの主力選手としてピッチ上で対峙した両監督の場外乱闘に発展する可能性もありそうだ。 2019.01.24 14:42 Thu
twitterfacebook
thumb

レンジャーズ、元イングランド代表FWデフォーをレンタル移籍で獲得!契約期間は1年半

レンジャーズは6日、ボーンマスに所属する元イングランド代表FWジャーメイン・デフォー(36)を1年半のレンタル移籍で獲得すること正式に発表した。 ウェストハムやトッテナムで活躍したデフォーは、2014年夏にメジャーリーグサッカー(MLS)のトロントFCからサンダーランドに加入。2016-17シーズンはリーグ戦37試合に出場し15得点を記録していたが、チームは最下位に沈みチャンピオンシップ(イングランド実質2部)に降格。 そして、2017年夏にはボーンマスに3年契約で加入した。 昨シーズンはリーグ戦24試合に出場し4ゴールを記録したが、今季ここまではリーグ戦4試合の出場にとどまり、スタメンでの起用は一度もなかった。 今季からレンジャーズを指揮するスティーブン・ジェラード監督は、元イングランド代表の同僚の獲得について以下のように語っている。 「私はジャーメインをレンジャーズに迎えることができてうれしく思っている。彼はこれまでプレーした多くのクラブでゴールを決めてきたとても優秀なストライカーで経験豊富な選手だ」 2019.01.07 01:32 Mon
twitterfacebook
thumb

デフォーがイングランド代表元同僚ジェラード率いるレンジャーズに1年半レンタルへ!

スコティッシュ・プレミアシップのレンジャーズがボーンマスに所属する元イングランド代表FWジャーメイン・デフォー(36)を1年半のレンタル移籍で獲得することが決定的となったようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ウェストハムやトッテナムで活躍したデフォーは、2014年夏にメジャーリーグサッカー(MLS)のトロントFCからサンダーランドに加入。2016-17シーズンはリーグ戦37試合に出場し15得点を記録していたが、チームは最下位に沈みチャンピオンシップ(イングランド実質2部)に降格。そして、2017年夏にはボーンマスに3年契約で加入した。 昨シーズンはリーグ戦24試合に出場し4ゴールを記録したが、今季ここまではリーグ戦4試合の出場にとどまり、スタメンでの起用は一度もなかった。 なお、レンジャーズは今季からリバプールのレジェンドで元イングランド代表MFのスティーブン・ジェラード氏が指揮官を務めており、イングランド代表時代に10年ほど共にプレーした元同僚を今度は指揮官として指導することになる。 なお、今回の契約には今季終了後と2020年1月のタイミングでボーンマス側にレンタルバックのオプションが盛り込まれるようだ。 2019.01.04 01:54 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース