SNS炎上のリベリ、バイエルンから罰金くらう2019.01.07 10:30 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バイエルンが元フランス代表MFフランク・リベリ(35)に罰金処分を科した。イギリス『BBC』が報じた。

リベリはブンデスリーガのオフを利用してドバイ旅行に。その先でフットボール選手の界隈で有名になりつつあるヌスレット・ゴクチェ氏のレストランを訪れ、ステーキに舌鼓を打った。

その際、推定1200ユーロ(約14万8000円)の“金箔ステーキ”を食す場面を自身のインスタグラムに投稿。これが火種となり、批判してきた一部ユーザーに汚い言葉で口撃した。

バイエルンのスポーツ・ディレクターを務めるハサン・サリハミジッチ氏は、この件について、次のように言及。リベリに対して行き過ぎた発言により、罰金を科したことを明かした。

「彼の言葉遣いは容認できない。フランクは選手として、そして手本にならなければならない身として、相応しくない言葉を口にした。彼とは長く話をして罰金処分を伝え、彼もそれを受け入れた」
コメント
関連ニュース
thumb

ポドルスキの相撲姿に母国ドイツ紙も注目「ポルディと大きな友人たち」

ヴィッセル神戸に所属する元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキの日本生活はポドルスキの母国ドイツでも注目されているようだ。ドイツ『ビルト』が伝えている。 「私たちの世界チャンピオンが相撲のリングへ、ポルディと太った友人たち」というタイトルの記事では、ポドルスキと大相撲の九重部屋の人気力士、千代丸とのツーショットや、土俵上での廻し姿を披露したポドルスキの姿を公開。ポドルスキが力士に軽々と持ち上がられている写真には「見事に失敗…」とコメントを添えている。 記事ではポドルスキと親交のある元横綱・白鵬にも触れており、「ハクホウは193cm160kg、この男の隣ではポルディ(ポドルスキ)も小さく見える。腹は洗濯機のようで、パンツ姿で公の場に出ていく。ポルディによればハクホウは相撲界のリオネル・メッシで、通算1000勝を超えており、勝率は83%を誇る。」と説明している。 ポドルスキも「ここ(日本)に来てすぐにスモウの格好良さに気がついた。だから、一緒に稽古したいとずっと思っていたんだ」と語った上で「彼らのやっていることは、クレイジーだね。いくつか決まり手を教わったけど、あの巨体相手には僕ではノーチャンスだよ」と笑顔で話した。 17日の清水エスパルス戦(1-1)で、ポドルスキがゴールを決めた際に、「日本の国技に敬意を示し、力士を真似てゴールパフォーマンスをした」ことにも触れており、ポルディのスモウブームは母国でも興味を持たれているようだ。 2019.03.27 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

チェルシー、補強禁止処分撤回のラストチャンス迫る?

補強禁止処分撤回を求めるチェルシーの命運が決する時が迫っているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 国際サッカー連盟(FIFA)は先月22日、18歳未満の外国人選手の契約に関する規則に違反したチェルシーに対し、今後2度(2019年夏、2020年冬)の移籍期間での選手登録禁止を決定。同時に60万スイスフラン(約6600万円)の罰金も科された。 その後、クラブはFIFAの不服申立委員会に上訴する意向を示しており、FIFA側もこれを了承。そして、今回の報道によれば、4月11日の公聴会で控訴審議が行われるようだ。 なお、FIFAは控訴の訴えによる暫定での処分執行先延ばしに応じないことを明らかにしている。スポーツ仲裁裁判所(CAS)も、チェルシーが暫定措置に関する取り決めを覆すような訴えを起こしていないことを認めており、今回の公聴会が補強禁止処分を免れるラストチャンスとなるかもしれない。 2019.03.26 14:35 Tue
twitterfacebook
thumb

ザネとギュンドアンへの人種差別で3人の男が逮捕

ヴォルフスブルク警察は、ドイツ代表MFレロイ・ザネ、MFイルカイ・ギュンドアンへの人種差別虐待の容疑で、3人の男を取り調べているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ドイツ代表に招集されているザネとギュンドアンは、20日に行われたセルビア代表との一戦に出場。試合は1-1の引き分けに終わったが、その際に1人のジャーナリストが人種差別行動を訴えた。 3人の男は木曜日に警察に拘束。ザネとギュンドアンに対し、「ネグロ」という言葉を使用。また、試合中にはナチスのスローガンを唱えていたとされている。 ヴォルフスブルク警察は声明を発表。事件について捜査を続けることを明かした。 「水曜日の夜、サッカーの試合であるドイツvsセルビアでドイツ代表チームの2人の選手を侮辱したとされる3人の男を木曜日の午後に取り調べた」 「30〜40歳の3人の男が、最初の取り調べで事件についてコメントしている」 「警察は来週の初めにさらなる捜査を行い、ブラウンシュッヴァイク検察へ引き渡す」 2019.03.23 12:40 Sat
twitterfacebook
thumb

中田英寿のパルマ元同僚GKフレイ氏がウイルス感染で死の危険性があったと告白

かつてパルマやフィオレンティーナ、フランス代表でもプレーしたセバスティアン・フレイ氏(39)が、ウイルスにより命を落とす可能性があったと明かした。自身のインスタグラム(sebafrey)で明かした。 フレイ氏は、母国のカーンでキャリアをスタートすると、1998年7月にインテルへ加入。エラス・ヴェローナやパルマへとレンタル移籍を経験。2003年に完全移籍したパルマでは、中田英寿氏らともプレーし、その後はフィオレンティーナやジェノア、ブルサスポルでもプレーしていた。 フレイ氏によると、深刻なウイルス感染が発見され、最悪命を落とす危険があったとのこと。しかし、その困難を乗り越えていたようだ。 「みんな気づいていたと思うが、私はSNSをしばらく休んでいる。その理由を説明する」 「私は40度の熱が下がらず、緊急搬送され、入院していた」 「見つかったウイルスは、徐々に私を完全に衰弱に陥らせていき、私を死に至らしめる可能性があった」 「私はこの試練を乗り越えたことをラッキーだと思う。いつもしていたように、私は私の足で歩み出す」 「いつも勝つためにプレーしてきた。そして今、決意と力を持って、この戦いにも勝つ。」 2019.03.23 10:58 Sat
twitterfacebook
thumb

15歳の少女と性的関係を持って投獄された元イングランド代表アダム・ジョンソンが釈放

15歳の少女と性的関係を持ち、2016年に6年の実刑判決を下された元イングランド代表MFアダム・ジョンソン(31)が、22日に釈放された。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ミドルズブラやマンチェスター・シティ、サンダーランドでプレーしていたアダム・ジョンソンは2015年3月に15歳の少女との性行為および性行為を目的に未成年者を誘った一件で逮捕され、2016年3月にブラッドフォード刑事法院で行われた裁判で懲役6年の実刑判決を下されていた。 元々の刑期の半分の3年で釈放となったアダム・ジョンソン。伝えられるところによると、しばらく自身の4歳の娘と2人で会うことを禁止されるという。また、有料ポルノサイトへアクセスを防ぐため、キャッシュカードを引き渡す必要があるほか、指示があればどんな場合でも携帯電話を放棄しなければならなくなる可能性があるようだ。 なお、今後のキャリアについてはイングランド5部クラブや中国など海外でのプレーが噂されているが、『デイリー・メール』によれば、リーグ1(イングランド3部相当)およびリーグ2(イングランド4部相当)のいかなるクラブも、アダム・ジョンソンを招き入れるつもりはないという。また、労働ビザの取得が困難であることから中国でプレーする可能性も低いと見られている。 さらに、アメリカやオーストラリア、サウジアラビアなどの中東諸国でプレーする場合は、中国と同じように徹底的な犯罪歴のチェックがあるため、これらの国々でもキャリアを続けることは難しいと指摘している。 2019.03.22 19:19 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース