レーティング: セビージャ 1-1 アトレティコ・マドリー《リーガエスパニョーラ》2019.01.07 02:15 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リーガエスパニョーラ第18節、セビージャvsアトレティコ・マドリーが6日に行われ、1-1で引き分けた。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。▽セビージャ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 バシリク 6.0
82分のグリーズマンとの一対一を制す

DF
24 ニャニョン 6.0
ソリッドな守備でグリーズマンとレマルに対応

(→アマドゥー -)

6 カリソ 5.5
うまく守備を統率。ただFK献上が失点につながった

3 セルジ・ゴメス 6.0
正確なロングフィードでビルドアップの起点に

MF
16 ヘスス・ナバス 6.0
縦への突破で違いを生む。先制点演出

(→プロメス -)

17 サラビア 6.0
ロケ・メサと共に攻撃に厚みをもたらす

10 バネガ 6.0
ポゼッションの中心に

7 ロケ・メサ 6.0
うまく攻撃に絡んでいた

18 エスクデロ 5.5
守備のバランスを取る

FW
9 イェデル 6.5
抜け目ないポジショニングで先制点。追加点のチャンスもあった

(→ブライアン・ジル -)

12 アンドレ・シウバ 6.0
ポスト直撃のミドルシュートを放つ。好スルーパスでチャンスも演出

監督
マチン 6.0
内容では互角以上だった

▽アトレティコ・マドリー採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
13 オブラク 6.0
39分と84分のピンチを凌ぐ

DF
20 フアンフラン 5.5
攻撃参加せず守備に徹した

15 サビッチ 6.0
そつのない守備で最終ラインを締める

2 ゴディン 6.0
ゴール前で壁となった

8 サウール 5.5
ヘスス・ナバスの突破に苦戦も攻撃参加で相殺

MF
5 トーマス 6.0
FK獲得が同点弾につながる。タイミング良く攻撃に絡んだ

14 ロドリゴ・エルナンデス 6.0
冷静にボールを捌いた

6 コケ 5.5
守備のバランスを意識していた

11 レマル 5.0
仕掛けのプレーを出せなかった

(→ビトロ 5.0)
古巣からブーイングを受ける。目立ったプレーはなし

FW
10 コレア 5.0
レマル同様、仕掛けるプレーがほぼ出せなかった

(→モンテーロ -)

7 グリーズマン 6.5
直接FKで同点弾。アトレティコで唯一アクセントを付けていた

監督
シメオネ 6.0
敵地で引き分けは悪くない結果

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
グリーズマン(アトレティコ・マドリー)
引き分けでも悪くない結果と言えるアトレティコから同点弾を挙げたグリーズマンを選出。4試合連続ゴールと好調を持続している。
コメント
関連ニュース
thumb

アトレティコ対バルセロナが女子クラブサッカーの動員数世界記録を更新!6万739人が観戦

世界全体で著しい成長を見せる女子サッカーだが、17日に行われたスペイン女子リーグ1部24節アトレティコ・マドリー対バルセロナで、それを裏付ける新たな記録が生まれた。<br><br>スペイン女子リーグ1部で優勝争いを繰り広げるアトレティコとバルセロナ。両チームの直接対決は6万7829人を収容できるアトレティコ男子チームの本拠地ワンダ・メトロポリターノで開催されたが、じつに6万739人がこの試合を観戦している。<br><br>この動員数は今季に行われたスペイン女王杯ベスト8、アスレティック・ビルバオ対アトレティコの4万8128人、昨季の女子メキシコリーグ決勝モンテレイ対ティグレの5万1211人を上回り、女子クラブサッカーの世界記録となった。<br><br>このアトレティコとバルセロナの頂上決戦は、アトレティコ男子の年間シート購入者が無料、非年間シート購入者が5ユーロで入場可能だった。試合は2&minus;0で現在リーグ2位のバルセロナが勝利し、首位アトレティコとの勝ち点差を3に縮めている。<br><br>なお代表チーム含めた女子サッカーの動員数世界記録は、1991年にアメリカのローズボウルで行われたアメリカ代表対中国代表で、9万185人を動員した。<br><br><br>提供:goal.com 2019.03.18 00:03 Mon
twitterfacebook
thumb

ビルバオに敗戦して“3月でゲームオーバー”のアトレティコ、シメオネ「PK戦で敗れたCL決勝より酷くない」

16日のリーガエスパニョーラ第28節、アトレティコ・マドリーは敵地サン・マメスでのアスレティック・ビルバオ戦を0&minus;2で落とした。ディエゴ・シメオネ監督は試合後、リーガの優勝争いがまだ決していないことを強調している。<br><br>ミッドウィークにユベントスとの2ndレグを0-3で落とし、1月のコパ・デル・レイに続き、チャンピオンズリーグでも敗退に追い込まれたアトレティコ。タイトル獲得の望みが残るのはリーガのみとなったが、ビルバオに0-2で敗れて首位バルセロナに勝ち差を10にまで広げられる可能性をつくってしまった。<br><br>スペイン『アス』は同試合の戦評で「ゲーム・オーバー。3月にこの文字を読むのは難しい。チョロ(シメオネ監督)がいるのにそうなるのは奇妙、奇妙過ぎる」と記載していたが、シメオネ監督はまだリーガをあきらめていない様子。試合後会見で、次のように語っている。<br><br>「トリノでああしたことが起こった直後であり、競争に臨むのが難しかった。しかし、後半にはそうすることができたと思う。まだ、リーガを捨てたわけではない」<br><br>「私たちはいつだって競争し続け、戦い続けてきた。今はよく観察しながら、成長を果たすときだ。私たちは7カ月にわたってリーガで良い成績を残し、名誉ある場所に立っている。このまま維持し続けられたらいい」<br><br>シメオネ監督はまた、現在のアトレティコがどん底にあるかと問われ、「もっと酷かったのは、ミラノでのチャンピオンズ決勝(レアル・マドリー戦)をPK戦で落としたときだ」と返している。<br><br>&nbsp;<br><br><br>提供:goal.com 2019.03.17 23:00 Sun
twitterfacebook
thumb

バルサ、やっぱりグリーズマンが欲しい! 昨夏に続きオファーか

バルセロナの諦めは悪いようだ。昨夏に続き、アトレティコ・マドリーのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンを注視しているとフランス『レキップ』が報じた。 今シーズンのアトレティコ・マドリーは、チャンピオンズリーグのベスト16まで勝ち上がってきたものの、クリスティアーノ・ロナウドがハットトリックの活躍を見せたユベントスに逆転負けで敗退。リーガエスパニョーラでも16日にアスレティック・ビルバオに2-0で敗れ、首位のバルセロナとの勝ち点差が広がる形となった。 昨夏、バルセロナはグリーズマンへの興味を示していたものの、グリーズマンがアトレティコへの残留を宣言。獲得は叶わなかったが、今夏再びグリーズマンへのオファーを考えているとのことだ。 グリーズマンは契約解除金として2億ユーロ(約253億円)が設定。昨夏、契約期間が2023年まで延長されていた。なお、今年の6月までであれば例外的に1億200万ユーロ(151億7000万円)が解除金に設定されているとのことだ。 2019.03.17 14:04 Sun
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、今夏に再びグリーズマン獲得を狙う?CL敗退に落ち込む選手も移籍考慮か…仏紙報道

フランスのスポーツ紙『レキップ』は、バルセロナがアトレティコ・マドリーに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンの獲得に再度動き出したことを報じた。<br><br>グリーズマンは昨季、バルセロナから勧誘を受けながらも、アトレティコとの契約を延長することを決断していた。だが『レキップ』曰く、バルセロナはアトレティコとグリーズマンが悲願のチャンピオンズリーグ(CL)で敗退したことを機に、再び同選手獲得の可能性を模索しているという。<br><br>同紙はまた、CL敗退に大きなショックを受けているグリーズマン本人が、アトレティコでプレーし続ける気持ちが揺らぎ、バルセロナ移籍を再度検討し始めたことも記している。<br><br>なお昨季のアトレティコとの契約延長によって、チームメートに大きく水をあける年俸額2300万ユーロを受け取ることになったグリーズマンの契約解除金は、2億ユーロとされてきた。しかしながら『レキップ』は、2019年6月までであれば1億2000万ユーロを支払うことで退団可能と伝えている。<br><br><br>提供:goal.com 2019.03.17 10:00 Sun
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、“股間パフォ”CR7に激怒…UEFAに苦情提出か

アトレティコ・マドリーが、ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに激怒しているようだ。スペイン『アス』が報じた。 アトレティコは12日、チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグでユベントスの本拠地に乗り込み、0-3で敗北。C・ロナウドのハットトリックにより、2戦合計2-3での敗退に追い込まれた。 この対決の中で、1stレグでは自チームの先制時にアトレティコのディエゴ・シメオネ監督が両手で股間を囲うパフォーマンスを披露し、2ndレグではC・ロナウドがシメオネ監督のパフォーマンスを真似してゴールを祝った。これらは自身の睾丸の大きさ=肝っ玉を強調するジェスチャーであり、欧州サッカー連盟(UEFA)は不適切な振る舞いとしてシメオネ監督に2万ユーロ(約250万円)の罰金を科している。また、C・ロナウドにも同等の処分が下される見込みだ。 そして、2ndレグでのC・ロナウドのセレブレーションに怒れるアトレティコは、UEFAへの正式な苦情の提出を検討。シメオネ監督が自チームのファンに向けて行なったのに対し、C・ロナウドはアトレティコサポーターに向けて行ったとして、その悪質性を強調している。また、スペインテレビ局『Movistar』で報じられた内容によれば、3点目を決める直前にC・ロナウドがアトレティコのファンに向けて「マザーファッカー」と罵倒。様々な要因が、アトレティコの怒りを煽っているようだ。 なお、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、相手サポーターへの挑発行為と判断された場合、C・ロナウドには前述の罰金に加えて、出場停止処分が科される可能性もあると伝えている。 2019.03.16 17:10 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース