シティが格下相手に7発圧勝で4回戦進出! “七人七色"圧巻のゴールショー《FAカップ》2019.01.07 00:58 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・シティは6日、FAカップ3回戦でロザラム・ユナイテッドとホームで対戦し、7-0で圧勝した。7季ぶり6度目の優勝を目指すシティは、直近に行われたプレミアリーグ第21節のリバプール戦から先発を8人変更。アグエロやシルバ、ザネ、フェルナンジーニョらに代えてガブリエウ・ジェズスやデ・ブライネ、マフレズ、ギュンドアンらを先発で起用した。

チャンピオンシップ(イングランド2部)で21位に沈むロザラムに対し、[4-3-3]を採用したシティは、GKにエデルソン、最終ラインは右からウォーカー、オタメンディ、ストーンズ、ジンチェンコを採用。中盤はアンカーにギュンドアン、インサイドにフォーデン、デ・ブライネを配置し、3トップは右からマフレズ、ガブリエウ・ジェズス、スターリングと並んだ。

試合は開始早々にシティにチャンスが訪れる。2分、ボックス右でスローインを受けたデ・ブライネが縦への突破からクロスを供給すると、ゴール左に走り込んだガブリエウ・ジェズスが頭で合わせたが、これはクロスバーに嫌われた。

格下相手に主導権を握るシティは12分、デ・ブライネとのパス交換でゴール左手前まで侵入したスターリングが、相手DFを冷静にかわしゴール右へシュートを突き刺した。

その後も先制したシティが押し込む展開が続くと43分、バイタルエリア中央ででボールを受けたギュンドアンのロングパスをゴール前に抜け出したフォーデンが右足で流し込み、追加点。さらに前半アディショナルタイムにも、マフレズのスルーパスからオーバーラップしたウォーカーのクロスが相手DFのオウンゴールを誘い、3点目を奪った。

後半に入っても主導権を譲らないシティは、開始早々に追加点を挙げる。53分、左サイドから仕掛けたスターリングがボックス深くまで切り込みクロスを供給。これをゴール前のガブリエウ・ジェズスが右足で押し込み、4点目。

リードを広げたシティは73分にも、バイタルエリア中央でボールを受けたマフレズの縦パスをボックス内で受けたギュンドアンの折り返しをボックス中央で再び受けたマフレズがゴール右隅に流し込み、追加点。さらに78分には、ギュンドアンの右CKからオタメンディがヘディングシュートを叩き込んだ。

その後、途中出場のザネにもゴールが生まれたシティが、大量7ゴールを奪い圧勝で4回戦進出を決めた。
コメント
関連ニュース
thumb

ECA、スーパー・チャンピオンズリーグに関する協議を開始

ヨーロッパクラブ連盟(ECA)が、“スーパー・チャンピオンズリーグ”に関する協議を開始したようだ。スペイン『アス』が報じた。 欧州一のクラブを決める大会として、全世界の注目を集めるチャンピオンズリーグ(CL)。レアル・マドリーやバルセロナ、バイエルン、ユベントス、マンチェスター・シティ、リバプールなど強豪クラブが直接雌雄を決する同大会は、サッカー界一のキラーコンテンツとなっている。 『アス』によれば、26日にアムステルダムで行われた総会で、ECAは2024年からのCL見直しについての議論を開始。会長のアンドレア・アニェッリ氏は「議論中」であるとして詳細についての言及を避けたが、変更の第一段階として準々決勝から決勝までのマッチデイを現行のミッドウィークから週末に移し、最終的に全試合が土日開催とすることが目指されているようだ。 また、この総会に出席したバルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長は「私たちは欧州の大会とクラブ・ワールドカップについて話した」とコメント。ECAはビッグクラブだけでシーズンを戦う“欧州スーパーリーグ構想”を打ち出しており、伴って興行力の低下が懸念される中小クラブの反対を押し切るために、欧州大会の規模拡大を計画していることが示唆されている。なお、欧州サッカー連盟(UEFA)のアレクサンデル・チェフェリン会長も、その計画を支持しているようだ。 また、国際サッカー連盟(FIFA)が先日に承認した2021年からのFIFAクラブ・ワールドカップ(CWC)の24チーム拡大案に関して、ECAは反対を表明。アニェッリ会長は、「日程の飽和」、「CLとの競合」、「クラブサッカーへのFIFAの過干渉」に問題があると指摘している。しかし、最大規模のクラブであるレアル・マドリーだけは「より良い大会であり、より有益なものとなる。マドリーは強く支持する」と新CWCに肯定的な意見を示した。 2019.03.27 11:20 Wed
twitterfacebook
thumb

シティに朗報!リーグ再開に向けてデ・ブライネら故障者が練習に復帰

マンチェスター・シティで負傷者が着々と戻ってきているようだ。 シティは26日、今回のインターナショナルマッチウィークで各代表に招集されていないメンバーでトレーニングを行った。練習にはMFケビン・デ・ブライネ、DFバンジャマン・メンディ、MFフェルナンジーニョ、DFジョン・ストーンズが復帰し、30日に再開されるプレミアリーグの第32節フルアム戦に向けてブーストをかけた。 デ・ブライネは今季、2度の膝のケガでシーズンのほとんどで離脱しており、現在はハムストリングの問題でここ3試合欠場が続ている。 メンディも膝のケガで2シーズン連続で長期離脱を強いられており、今季はリーグ戦では昨年11月のマンチェスター・ユナイテッド戦を最後に試合から遠ざかっている。 フェルナンジーニョは2月半ばから筋肉系の問題で離脱。ストーンズも同じく筋肉系に痛みがあり、ここ3試合戦線から離れていた。 2019.03.27 03:00 Wed
twitterfacebook
thumb

シティが今夏の中国ツアー実施を発表! 来日前にプレミアアジアトロフィーに参加

マンチェスター・シティは26日、今年7月に中国へのプレシーズンツアーを行うことを発表した。 先月に『Asia Tour 2019 presented by Visit Abu Dhabi』と冠されたアジアツアーの実施を発表していたシティ。すでに7月27日には日産スタジアムで同じ『シティ・グループ』傘下の横浜F・マリノスとのフレンドリーマッチを行うことが決定していた。 今回の中国ツアーではFW武藤嘉紀を擁するニューカッスル、ウェストハム、ウォルバーハンプトンと共に『プレミアリーグ・アジア・トロフィー』に参戦する。 現時点で対戦相手は決定していないものの、7月17日に南京にある南京オリンピックスポーツセンターで準決勝を戦い、7月20日には上海にある上海虹口足球場で3位決定戦、あるいは決勝戦を戦うことになる。 今回の中国ツアー実施発表に伴い、シティのオマル・ベラダCOO(最高執行責任者)は、以下のようなコメントを残している。 「プレミアリーグ・アジア・トロフィーへの参加を通じて中国を再訪できることを嬉しく思っている。中国はシティにとって特別な場所だ。ペップ・グアルディオラがシティでの初めての仕事を開始した場所だからね。同時にこの国には多くの熱狂的なフォロワーがいる。我々は中国でのエキサイティングなイベントの開催、地元ファンの試合観戦を心から楽しみにしている」 2019.03.26 17:15 Tue
twitterfacebook
thumb

スターリングの眠りは深し! デレ・アリの再三の邪魔にも屈せず

マンチェスター・シティとイングランド代表で好調を維持するFWラヒーム・スターリングだが、その好調の秘訣は“睡眠”にあるのかもしれない。 現在、イングランド代表に招集中のスターリングは25日に行われたユーロ2020予選グループA第2節のモンテネグロ代表戦でも1ゴール1アシストの活躍を披露し、チームの5-1の大勝に大きく貢献した。 そのモンテネグロとのアウェイゲームに向けた飛行機移動の際には代表のチームメートであるトッテナムMFデレ・アリとの微笑ましいやり取りがあった。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 デレ・アリは24日、自身の公式SNSを通じて機内で眠っているスターリングへのイタズラの様子を短い動画で投稿した。 その動画ではブランケットに包まれて気持ちよさそうに眠るスターリングの後方でニヤニヤしたデレ・アリの姿が。そして、同選手は自身の人差し指を舐めてスターリングの左耳に突き刺す暴挙に。 しかし、指を細かく動かしながら耳の穴をくすぐるものの、スターリングは一向に目を覚まさず。これを受けてデレ・アリは今度は中指を舐めて同じイタズラを敢行も、スターリングは微動だにせず。そのため、デレ・アリがアプローチを変えて鼻をつまみにかかると、ようやくスターリングは目を覚ました。 お世辞にも衛生的とは言えない耳の穴に自身の舐めた指を入れるデレ・アリのスターリング愛も見事だが、あれだけ耳をイタズラされても起きないスターリングの睡眠の質の高さも見事だ。 ◆デレ・アリの暴挙にも微動だにせず https://twitter.com/goal/status/1110227338778673153 2019.03.26 13:23 Tue
twitterfacebook
thumb

ピルロのCL展望は? 「ユーベはバルサより上」「シティは…」

ユベントスOBで元イタリア代表MFのアンドレア・ピルロ氏が、古巣を高く評価している。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』で語った。 チャンピオンズリーグ(CL)において、マンチェスター・ユナイテッドやバレンシアと同居したグループHを首位で突破したユベントスは、ベスト16でアトレティコ・マドリーと対戦。すると、1stレグを0-2で落としたものの、エースFWクリスティアーノ・ロナウドのハットトリックにより2ndレグに3-0で勝利し、逆転での準々決勝進出を決めた。 そして、劇的な形で勝ち上がったユベントスは、準々決勝では王者レアル・マドリーを下したアヤックスと対戦。4月10日に1stレグが、4月16日に2ndレグが行われる予定だ。 CL決勝トーナメントの展望を問われたピルロ氏は、古巣が優勝候補の一角であるバルセロナを上回っているとコメント。しかし、ベストチームは準決勝でユベントスと対戦する可能性のあるマンチェスター・シティだと主張した。 「チャンピオンズリーグではいつも気分が高ぶる。今年が自分たち年になるかどうかは関係ない」 「ユベントスの直近のアトレティコ(・マドリー)戦での凄まじい逆転劇が、その最たる例だ」 「私の見立てでは、ユベントスはバルセロナよりも優れている。そして、大会を勝ち残っているチームの中ではマンチェスター・シティがベストだと思う」 「準々決勝でアヤックスを引き当てたのは(ユベントスにとって)良い結果だ。彼らは(レアル・)マドリーに対して非常に上手くプレーしたが、そのマドリーは組織的にとても貧弱だったんだ」 2019.03.26 12:00 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース