モラタ、この冬にチェルシー退団へ…移籍先候補はセビージャ、バイエルン、ドルトムント2019.01.06 23:01 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
チェルシーに所属するスペイン代表FWアルバロ・モラタは、この冬の移籍市場で同クラブを退団するようだ。スペイン『マルカ』が報じている。

5日のFAカップ、ノッティンガム・フォレスト戦で2得点を記録したモラタだが、ゴールを喜ぶことはなかった。『マルカ』でモラタのインタビューを何度も行ってきたホセ・フェリックス・ディアス氏によれば、その理由はチェルシーに不満を抱えているためという。

このノッティンガム・フォレスト戦の前には、アシスタントコーチを務めるジャンフランコ・ゾラ氏がモラタに結果と責任を求めるような発言をしていたが、選手本人はクラブからの敬意が欠けているとして、不満を抱えている様子だ。

『マルカ』はこのために「最終的な決定があるわけだが、モラタはこの冬にイングランドのクラブを離れることになるだろう」との見解を示した。同紙曰く、モラタの獲得を狙うのはセビージャ、バイエルン、ドルトムントで、チェルシーは代役を確保できた場合に放出を認める方針とみられる。

モラタは今季、24試合に出場して9ゴールを記録している。


提供:goal.com
コメント


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース