昨年殺人未遂容疑のウエスカDFセメド、「チームの価値を尊重できず」退団へ? 2019.01.06 22:10 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウエスカ指揮官が、ポルトガル人DFルベン・セメド(24)が構想外であることを明かしている。スペイン『アス』が伝えた。ベンフィカやスポルティング・リスボンの下部組織で育ったセメドは、2015年にスポルティングのトップチームへ昇格し、2017年7月にビジャレアルへと完全移籍。高い身体能力を武器とする期待の逸材として注目を集めた。

しかし、セメドは2018年に一般男性を自宅に監禁。その間に被害者宅に侵入し、金銭や恐喝するための品を盗み出した。また、銃を所持していたとも伝えられており、殺人未遂容疑がかけられている。その後、ビジャレアルとの契約が一時凍結となり、保釈された昨年の夏にウエスカへのレンタル加入が発表となった。

再起を図るセメドは、ウエスカで過ごす今シーズンはリーガ第4節から第12節まで連続でフル出場。だが、その後のリーグ戦では一切の出場機会を与えられず。今冬の放出候補筆頭になっている。

セメドの処遇について問われたウエスカのフランシスコ・ロドリゲス監督は、「チームの価値を尊重できない」と辛らつな評価を口にした。

「私たちはプロフェッショナルであり、決定を下さなくてはならない」

「(ルベン・)セメドは私たちの構想には含まれておらず、クラブは決断しなくてはならない」

「私たちは(チームの)価値を高めていくとともに、それを尊重している。だが、ルベンはそれ(尊重すること)が理解できないんだ」
コメント
関連ニュース
thumb

乾フル出場のアラベス、最下位ウエスカに競り勝って4位ヘタフェにプレッシャー!《リーガエスパニョーラ》

アラベスは16日、リーガエスパニョーラ第28節でウエスカとのアウェイ戦に臨み、3-1で勝利した。アラベスのMF乾貴士はフル出場している。 前節エイバル戦を引き分けた5位アラベス(勝ち点41)は、チャンピオンズリーグ出場圏内の4位ヘタフェを4ポイント差で追う中、エイバル戦で恩返し弾を決め、2試合連続ゴール中の乾がフラットな[4-4-2]の右MFで6試合連続スタメンとなった。 ここ6試合で3勝を挙げている最下位ウエスカ(勝ち点22)に対し、立ち上がりから押し気味に試合を進めたアラベスは8分、乾が右サイド低い位置で得たFKからPKを獲得する。ジョニーがゴール前に送ったルーズボールをチモ・ナバーロがボレー。枠を捉えたシュートはGKにセーブされるも、その前にボックス内でのマントヴァーニのハンドがあったとしてVARの末にPKとなった。これをカジェリが決めてアラベスが先制した。 しかし直後の13分、右クロスがボックス内のチモ・ナバーロのハンドを誘ってPKを献上。これをチミ・アビラに決められて同点とされた。 その後は一進一退の攻防が続いた中、互いにシュートチャンスを作れない状況が続き、1-1で前半を終えた。 迎えた後半もアラベスが押し込む展開で立ち上がっていったものの、57分に大ピンチ。しかし、左クロスに反応したゴール前でフリーのガジャルのシュートは枠の上に外れて助かった。 さらに62分、FKの流れから投入直後のクチョ・エルナンデスのボレーシュートがバーを直撃するピンチを迎えたアラベスは、ここからウエスカの攻勢を受け、攻撃の形を作れない状況が続く。 しかし80分、右サイドからのロングスローの流れからニアサイドのマリパンがヘッドで逸らすと、ゴールエリア右のグイデッティがボレーで押し込み、アラベスが勝ち越しに成功した。 途中出場のグイデッティの今季初ゴールでリードしたアラベスは86分、ワカソのフィードをボックス右で受けたカジェリが見事なトラップからシュートを突き刺し、ダメ押しの3点目を挙げた。 このまま3-1で勝利したアラベスがヘタフェとの勝ち点差を暫定1ポイントに縮め、プレッシャーをかけている。 2019.03.16 22:58 Sat
twitterfacebook
thumb

ハイメ・マタが5試合連続ゴールのヘタフェ、ウエスカを逆転で下し4位堅守!《リーガエスパニョーラ》

柴崎岳が所属するヘタフェはリーガエスパニョーラ第27節でウエスカと対戦し、2-1で勝利した。柴崎はベンチ外だった。 4位のヘタフェ(勝ち点42)と、最下位ウエスカ(勝ち点22)の一戦。リーグ戦ここ5試合で3勝2分けのヘタフェ。3連勝を目指す今節は4試合連続ゴール中のマタやアンヘル、マクシモビッチが先発に起用された。 堅守速攻のヘタフェと、ラ・リーガワースト2位という乏しい攻撃力のウエスカの試合は互いになかなかチャンスが作れないまま進んでいく。 そんな中でも、ヘタフェは20分に左サイドバックからの縦パス一本でボックスに侵入したマタが左の深い位置からシュートに繋げる。しかし、このシュートはサイドネットを叩く。27分のCKでは、アントゥネスのクロスをカブレラが頭で合わせたが、この試合で初めて枠に飛んだシュートはGKサンタマリアがセーブした。 普段は相手にポゼッションを譲ることの多いヘタフェだが、30分の時点で支配率は6割超え。慣れない試合展開で相手に先制点を許す。35分、最終ラインからのパスでチミ・アビラに左サイドを突破されると、ゴール前に走り込んだギャレゴにドンピシャクロスが繋がり失点。ディフェンスラインの一瞬の隙を突かれた。 リードされた状態で後半に向かうヘタフェはアンヘルを下げてモリーナを投入。するとこの交代が功を奏す。50分、ボックス手前でパスカットしたマクシモビッチからモリーナにボールが渡ると、ボックス左のマタに展開。マタはそこから右足ダイレクトシュートをニアに突き刺し、後半立ち上がりに試合は振出しに戻った。 マタの5試合連続ゴールで同点としたヘタフェは59分に左サイドバックのアントゥネスがボックスの外から強烈なミドルシュートを見舞う。64分にはマクシモビッチがゴールに迫るなど、徐々に攻撃のギアを上げていく。 そして77分、ついにヘタフェが逆転する。ヘタフェは、CKの流れからボックス左に侵入したジェネがハビ・ガランに倒されPKを獲得。これをマタが決めて逆転に成功した。マタはここ5試合で7得点目となった。 ヘタフェGKチチゾラが相手との接触で倒れ込み、一時的に試合がストップしていた影響もあり、長めに取られた6分のアディショナルタイムもしのぎ切ったヘタフェはこれでリーグ3連勝。チャンピオンズリーグ出場圏内の4位をキープした。 2019.03.10 06:39 Sun
twitterfacebook
thumb

泥沼セビージャが最下位ウエスカにラストプレー被弾で敗戦…CL出場権遠のく3連敗に…《リーガエスパニョーラ》

リーガエスパニョーラ第26節、ウエスカvsセビージャが2日に行われ、ホームのウエスカが2-1で勝利した。 前節、バルセロナ相手に厳しい逆転負けを喫して5位転落となったセビージャ(勝ち点37)は、直近のリーガで3敗1分けの4戦未勝利と不振に陥っている。そのため、最下位のウエスカ(勝ち点19)のホームに乗り込む今節では5戦ぶりの白星奪取が求められた。来週ミッドウィークにヨーロッパリーグ(EL)のスラビア・プラハとの初戦を控える中、バネガやヘスス・ナバス、ベン・イェデル、サラビアなど主力を起用した。 試合は開始早々にホームチームが動かす。7分、波状攻撃から左サイドでボールを持ったハビ・ガランが相手DF2枚を相手に果敢に仕掛けてボックス左から左足アウトにかけた斜めのグラウンダーパスを入れると、オフサイドラインぎりぎりでパスを受けたゴール前のファンピが冷静に流し込んだ。 集中力の欠如から早々にビハインドを負ったセビージャは15分に反撃。右サイドからの崩しからボックス左でフリーのプロメスがシュートを枠に飛ばすが、ゴールライン上でDFミラモンにはじき返されると、このこぼれ球をゴール前のイェデルがバイシクルで押し込みにかかるが、これもミラモンのゴールカバーに阻まれた。 この絶好機を逸したセビージャだが、右サイドで異才を放つヘスス・ナバスの果敢な仕掛けと精度の高いクロスで幾度もゴールチャンスを演出。しかし、最後の所で味方が合わせ切れず、ゴールをこじ開けられない。逆に、相手のカウンターとセットプレーからあわや2失点目というピンチを招くが、ここはDFケアーやGKバシリクの好守で何とか凌いだ。 前半のうちに追いつくことができなかったアウェイチームは後半に入ってムニル、ウーバー、フランコ・バスケスと早い時間帯に交代枠を使い切ってリスクを冒した攻めを見せる。しかし、残留に向けて必死で勝ち点を奪いに来るホームチームの一丸となった守備をあと一歩のところで崩し切れない。 それでも、攻め続けるセビージャは84分、ボックス内でルーズボールに反応したメルカドが相手に蹴られて倒れ込む。その前の流れで味方がオフサイドポジションのように見えたが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の検証の結果、最初のジャッジ通りにPKが与えられる。これをキッカーのイェデルが冷静に決めて同点に追いつく。 VARが優位に働いたセビージャだが、90分に迎えた勝ち越し機ではこれが裏目に。アンドレ・シウバのシュートがゴールライン上で相手DFに跳ね返されてこれをムニルがゴールネットに蹴り込むも、VARの検証の結果、オフサイドあるいはGKへのプッシングで認められず。 すると、後半ラストプレーで相手のロングボールから守備が崩されると、チミ・アビラに見事なスライディングシュートを流し込まれ、痛恨の勝ち越しゴールを献上。この直後に試合はタイムアップを迎え、最下位相手に悲劇的な敗戦を喫したセビージャは厳しいリーガ3連敗となった。 2019.03.03 04:32 Sun
twitterfacebook
thumb

インテルFWロンゴ、ウエスカとの契約を解除しセリエBのクレモネーゼにレンタル移籍

インテルは30日、イタリア人FWサムエレ・ロンゴ(27)がウエスカとの契約を解除し、セリエBのクレモネーゼにレンタル移籍することを発表した。 インテルやジェノアなどの下部組織で育ち、2012年にインテルでトップチームに昇格したストライカーのロンゴは、エスパニョールやヴェローナ、ラージョ、カリアリ、フロジノーネ、ジローナといったクラブで武者修行を積んだ。 昨季はテネリフェにレンタル移籍し、リーガエスパニョーラ2部で24試合に出場し12ゴール1アシストを記録し、今季リーガエスパニョーラに昇格したウエスカに買い取り義務付きのレンタルで移籍していた。だが、ウエスカではリーガエスパニョーラで15試合に出場したものの、1ゴールを決めるに留まっていた。 2019.01.31 01:17 Thu
twitterfacebook
thumb

ビジャレアルDFルベン・セメドがリオ・アヴェにレンタル移籍 今季前半はウエスカでプレー

ビジャレアルは30日、ポルトガル人DFルベン・セメド(24)が今シーズン終了までのレンタルで母国リオ・アヴェに加入することを発表。また、今シーズンからプレーしていたウエスカへのレンタルは打ち切りとなった。 ベンフィカやスポルティング・リスボンの下部組織で育ったセメドは、2015年にスポルティングのトップチームへ昇格し、2017年7月にビジャレアルへと完全移籍。高い身体能力を武器とする期待の逸材として注目を集めた。 しかし、セメドは2018年に一般男性を自宅に監禁。その間に被害者宅に侵入し、金銭や恐喝するための品を盗み出した。また、銃を所持していたとも伝えられており、殺人未遂容疑がかけられている。その後、ビジャレアルとの契約が一時凍結となり、保釈された昨年の夏にウエスカへのレンタル加入が発表となった。 再起を図るセメドは、ウエスカで過ごした今シーズンはリーガ第4節から第12節まで連続でフル出場。だが、その後のリーグ戦では一切の出場機会を与えられず。ウエスカへのレンタルが打ち切られた。 2019.01.30 13:50 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース