昨年殺人未遂容疑のウエスカDFセメド、「チームの価値を尊重できず」退団へ? 2019.01.06 22:10 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウエスカ指揮官が、ポルトガル人DFルベン・セメド(24)が構想外であることを明かしている。スペイン『アス』が伝えた。ベンフィカやスポルティング・リスボンの下部組織で育ったセメドは、2015年にスポルティングのトップチームへ昇格し、2017年7月にビジャレアルへと完全移籍。高い身体能力を武器とする期待の逸材として注目を集めた。

しかし、セメドは2018年に一般男性を自宅に監禁。その間に被害者宅に侵入し、金銭や恐喝するための品を盗み出した。また、銃を所持していたとも伝えられており、殺人未遂容疑がかけられている。その後、ビジャレアルとの契約が一時凍結となり、保釈された昨年の夏にウエスカへのレンタル加入が発表となった。

再起を図るセメドは、ウエスカで過ごす今シーズンはリーガ第4節から第12節まで連続でフル出場。だが、その後のリーグ戦では一切の出場機会を与えられず。今冬の放出候補筆頭になっている。

セメドの処遇について問われたウエスカのフランシスコ・ロドリゲス監督は、「チームの価値を尊重できない」と辛らつな評価を口にした。

「私たちはプロフェッショナルであり、決定を下さなくてはならない」

「(ルベン・)セメドは私たちの構想には含まれておらず、クラブは決断しなくてはならない」

「私たちは(チームの)価値を高めていくとともに、それを尊重している。だが、ルベンはそれ(尊重すること)が理解できないんだ」
コメント
関連ニュース
thumb

リュカ&アリアスの両SBが共に初ゴール! アトレティコが最下位ウエスカ粉砕でコパ敗退ショックを払拭!《リーガエスパニョーラ》

リーガエスパニョーラ第20節、ウエスカvsアトレティコ・マドリーが19日に行われ、アウェイのアトレティコが3-0で快勝した。 首位バルセロナを勝ち点5差で追う2位のアトレティコ(勝ち点38)はリーガで16戦無敗と好調を維持。だが、ミッドウィークのコパ・デル・レイではホームでジローナ相手にまさかの3失点を喫する3-3のドローゲームを演じ、アウェイゴール数の差で下回り、5回戦敗退となった。 コパ敗退からリバウンドメンタリティが求められるアトレティコは最下位ウエスカのホームに乗り込んだこの一戦に向けて負傷の一部主力を除く現状のベストメンバーを起用。コレアとグリーズマンが2トップを組んだ。 濃い霧がスタジアムを包む中でスタートした一戦。やや落ち着かない入りとなったアウェイのアトレティコは12分にプリードに右ポスト直撃のシュートを許すと、16分にはDFゴディンが競り負けて裏へ抜け出したクチョ・エルナンデスにGKとの一対一の局面を作られるが、ここは守護神オブラクの絶妙なポジショニングと追い込みにより相手のシュートミスを誘い、事なきを得た。 コパ敗退を引きずるかのように思うようなパフォーマンスを見せられないアトレティコだったが、伏兵中の伏兵がゴールをこじ開ける。32分、味方からのスルーパスに抜け出したコケがボックス右から折り返すと、DFに当たってコースが変わったボールがファーに流れる。これをリュカが利き足とは逆の右足のボレーで流し込んだ。なお、アトレティコ通算107試合出場のリュカは意外にもこれが自身の初ゴールとなった。 この先制点で試合は一気にアトレティコペースと思われたが、失点後も高い士気を見せるウエスカは失点前と同様に強豪相手に堂々と渡り合う。だが、同点ゴールを奪うまでには至らず、試合はアトレティコの1点リードで折り返す。 迎えた後半、立ち上がりから攻勢を見せるアウェイチームは再び伏兵のゴールでリードを広げる。52分、左サイドに流れてボールを引き出したグリーズマンが狙いすました浮き球のクロスをボックス右のスペースに入れると、ここに走り込んだアリアスが見事なダイレクトボレーで合わせ、こちらも移籍後初ゴールを挙げた。 この追加点で完全に流れを掴んだアトレティコはゲームコントロールに意識を傾けながらも得意のカウンターから3点目を狙う。すると71分、左サイドの高い位置に抜け出したリュカのクロスをゴール前のグリーズマンがヘディングシュート。これはクロスバーを叩くもファーに詰めたコケがこぼれ球を流し込み、ダメ押しのゴールを奪った。 その後、殊勲のコケとリュカを下げて17歳FWビクトル・モジェホ、19歳MFホアキン・ムニョスをリーガデビューさせる余裕の采配を見せたシメオネ監督率いるチームは相手の反撃をクリーンシートで凌ぎ切って3-0の完勝。今季のアウェイ3勝目を快勝で飾ると共にコパ敗退のショックを見事に払しょくした。 2019.01.20 04:48 Sun
twitterfacebook
thumb

ウエスカ、シティからベネズエラ代表MFエレーラをレンタル! 昨年11月の日本代表戦にも出場

ウエスカは16日、マンチェスター・シティからベネズエラ代表MFヤンヘル・エレーラ(21)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 10代半ばからベネズエラ国内で将来を嘱望される逸材の1人と評されたエレーラは2017年2月にシティに完全移籍で加入。その後、すぐさまシティの姉妹クラブのニューヨーク・シティFCに武者修行に出されて2シーズンで公式戦38試合に出場していた。 また、FIFA U-20ワールドカップ(W杯)2017でベネズエラ代表の3位入賞にキャプテンとして大きく貢献した逸材セントラルMFはフル代表でもここまで9試合に出場し1ゴールを記録。昨年11月に行われた国際親善試合の日本代表戦でもプレーしていた。 2019.01.17 00:07 Thu
twitterfacebook
thumb

最下位・ウエスカがMF柴崎岳をロックオン!? しかしクラブ側には心配な点も…

ヘタフェに所属する日本代表MF柴崎岳(26)に対して、ウエスカが獲得を狙っているようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 柴崎は2017年夏、テネリフェからリーガエスパニューラ復帰のヘタフェに移籍。背番号「10」を託され、リーグ戦22試合1得点を記録したが、今シーズンは出場機会が減り、苦しい状況が続いている。 その柴崎に今シーズン1部に昇格したウエスカが注目。現在勝ち点8で最下位に沈んでおり、後半戦の巻き返しに向けて白羽の矢を立てたという。 しかし、同メディアは柴崎が出場機会に恵まれていないにも関わらず、日本代表に選出されていることから移籍金が低額ではないことを指摘。また、5日から行われるAFCアジアカップUAE2019への出場もウエスカへの合流を遅らせ、フィットや強化に時間に要すと問題視している。 2019.01.03 08:30 Thu
twitterfacebook
thumb

バレンシア、ピッチーニ劇的弾で4戦ぶり勝利! 最下位ウエスカは16戦勝ち無し…《リーガエスパニョーラ》

▽バレンシアは23日、リーガエスパニョーラ第17節のウエスカ戦に臨み、2-1で勝利した。 ▽リーグ3試合勝ち無しで暫定14位に沈む絶不調のバレンシアが、開幕以来15試合勝ちが無い昇格組の最下位ウエスカをホームに迎えた一戦。バレンシアは1-1で引き分けた前節のエイバル戦からスタメンを2名変更し、コクランとガブリエウ・パウリスタに代えてディアカビとピッチーニを起用した。 ▽試合は立ち上がりからバレンシアがボールを握りつつ進行するが、ウエスカはディフェンスラインを低く設定しつつ激しい守備を敢行して応戦する。11分にはボックス内右に抜け出したピッチーニが中央に折り返したが、ウエスカDFがスライディングでクリアし、直後の右CKの場面でもパレホのキックはバレンシアFWには届かない。 ▽攻撃を続けるバレンシアは、21分にウエスカ陣内中央やや右でFKを獲得。しかし、パレホが入れたクロスに合わせたミナのヘディングシュートは枠を越え、脅威とはならない。 ▽それでも25分、ボックス左でロドリゴの落としを受けたチェリシェフがグラウンダーのクロスを供給すると、待ち構えていたのは主将のパレホ。左足でチップキック気味のシュートを放つと、GKサンタマリアのタイミングを外したシュートがネットを揺らした。 ▽反撃に出るウエスカは28分、メレロがボックス左でバレンシアDFがクリアミスしたボールを拾う。しかし、そのまま狙った左足のシュートはGKネトに阻まれ、スコアを振り出しに戻すことはできない。 ▽試合はバレンシアが1-0のリードを保ったまま折り返し。後半に入ってもバレンシアがイニシアチブを握り、ウエスカがリアクションする形で時計の針が進んでいく。その中でも、肉弾戦を得意とするウエスカに対抗するバレンシア陣が徐々にヒートアップしていき、ファウル回数が徐々に増加する。 ▽52分、ロングカウンターからクリスティアン・リベラがボックス手前右まで抜け出す。しかし、一対一の場面でGKネトがボックス外まで飛び出してクリアし、バレンシアは事なきを得る。 ▽早めに点差を広げたいバレンシアは、59分にカウンターからロドリゴがドリブルで仕掛けてボックス手前中央でFKを獲得。しかし、この絶好の位置でのキッカーを務めたパレホのシュートはバーを越え、直後にソレールがボックス手前右から放ったミドルシュートもGKサンタマリアが指先で弾き出す。年内に白星を手にしたいバレンシアにとって緊張感のある時間が続く。 ▽バレンシアは71分、やや疲れの見えるミナに代えてフェラン・トーレスを投入。しかし直後、ボックス内でロングボールに対応したソレールが、競り合いの際にクチョ・エルナンデスを倒してしまい、ウエスカがPKを獲得する。これをクチョ・エルナンデスが自ら沈め、スコアを振り出しに戻す。 ▽勝ち越したいマルセリーノ監督は、75分にヴァスに代えてバチュアイを送り出す。布陣を[4-4-2]から[4-3-3]のような形に変更し、最前線中央にバチュアイを据えた。すると直後、大きく右サイドに開いたチェリシェフが低い弾道のクロスを上げる。すると、飛び込んだソレールが強烈なダイレクトシュートを放ったが、GKサンタマリアにキャッチされる。 ▽その後も、中央を固めサイドが手薄になるウエスカに対してサイドからチャンスを作っていくバレンシアだったが、なかなか崩し切ることができない。 ▽それでも試合終了間際の94分にドラマが待っていた。スローインの流れからチェリシェフが左サイドからクロスを上げると、ファーサイドの味方が頭で折り返し、さらにロドリゴがバウンド際をトラップして手前に落とす。すると、走り込んだピッチーニが左足を思い切りよく振り抜き、ネットに突き刺した。 ▽直後に試合が終了し、バレンシアが2-1で勝利。この結果、バレンシアは4試合ぶりの勝利を手にした。対するウエスカは、16戦連続未勝利と苦境から抜け出せずにいる。 2018.12.23 22:00 Sun
twitterfacebook
thumb

マドリー、最下位ウエスカに大苦戦もベイルのゴールで公式戦4連勝《リーガエスパニョーラ》

▽レアル・マドリーは9日、リーガエスパニョーラ第15節でウエスカと対戦し、1-0で勝利した。 ▽ソラーリ監督の正式就任以降、3勝1敗という成績を収めているマドリー。ローマ、バレンシアといった難敵との連戦を乗り切り、直近のコパ・デル・レイ4回戦では格下メリリャ相手に6得点を奪って見せた。リーグ戦連勝を目座す今節のスタメンは、控え中心で挑んだメリリャ戦からカルバハル、オドリオソラ、M・ジョレンテを除く8選手を変更。ベンゼマやベイル、モドリッチらが先発に名を連ねた。 ▽試合は早々に動く。7分に相手のCKからエチェイタにヘディングシュートを許し危ない場面を作られたマドリーだったが、その後の攻撃で右サイドのオドリオソラのセンタリングにベイルが反応。ファーサイドに走り込んだベイルは左足でダイレクトで丁寧に流し込んだ。 ▽早い段階で失点しまったウエスカだが怯まず攻撃の形を作る。17分、カウンター気味に真ん中から左サイドに展開。ボックス左のクリスティアン・リベラのシュートの跳ね返りをモイ・ゴメスがゴール手前で拾い、後方のアビラにラストパス。アビラはダイレクトで強烈なシュートを放ったが、コースが甘くGKクルトワが正面でパンチングで弾いた。 ▽その後にも、ウエスカの素早いトランジションから右サイドからピンチを迎えたマドリーだが、25分にはベイルがボックス手前右から力強いシュートでGKヨバノビッチを強襲。 ▽マドリーの1点リードで迎えた後半、ウエスカは47分に左サイドのフェレイロのクロスを途中出場のメレロがヘディングシュート。ゴール目の前での絶妙な飛び出しでのシュートだったが、惜しくも枠の左へ。千載一遇のチャンスを逃してしまった。57分には、再びボックス左に侵入したフェレイロが右足でシュートを放ったがGKクルトワが掻き出す。 ▽マドリーは58分に、ダニ・セバージョスを下げてバルベルデ、66分にモドリッチを下げてイスコを投入してアクセントを加える。70分に相手のクリアボールを奪ったマドリーは、イスコがすぐさま左サイドのベイルに送ると、ベイルはボックス左からシュート。しかし、惜しくも枠を捉えられなかった。 ▽その後はなかなかチャンスが作れないマドリーは、試合終盤にクチョにゴール前からシュートを許すなど、何度か同点にされてもおかしくない場面も作られたが、最後までリードを守り切って試合終了。リーグ戦2連勝を収めた。 2018.12.10 02:15 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース