リベリ激昂し口汚く罵る! 「一族郎党くたばっちまえ」2019.01.06 18:50 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バイエルンに所属する元フランス代表MFフランク・リベリが、自身への批判に対して激昂している。スペイン『マルカ』が報じた。

リベリは、新年早々に“ソルト・ベイ”(=塩好き)として有名なシェフ、ヌスレット・ゴクチェ氏のレストランを訪れ、「トマホーク・ステーキ」を楽しんだ。そのステーキは金箔に覆われた豪華なもので、『マルカ』はその値段が1200ユーロ(約14万8000円)だったことを伝えている。

そして、リベリがこの名物料理を前にしている姿をSNS上に投稿したところ、ユーザーからの批判が殺到して炎上。「贅沢過ぎる」、「貧困地域の人々に失礼」といった意見が飛び出している。

これを受けたリベリは激昂。SNS上で以下のように強烈な悪態を吐いている。

「嫉妬して憎む奴らはコンドームが破れてしまったから生まれたに過ぎない。お前らの母親も、祖母も、一族郎党くたばっちまえ。俺にはお前らに対しての義務なんて何もないんだ」

「俺の成功は特に神に感謝するし、自分自身と信じてくれる親愛なる人々のおかげだ」

「お前ら赤の他人は靴下の中の小石でしかない! 」

「ついでに、俺に否定的な記事を常に書いている似非ジャーナリストども。寄付をした時には何故俺の行動がメディアの注目を集めない? お前らは俺の行動や振る舞いを批判的に捉えるのを好んでるんだ」
コメント
関連ニュース
thumb

シティからまた流出?! クラブ内最速の若手WGにバイエルンがオファーか

マンチェスター・シティに所属する若手が、またしても流出の危機に瀕しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 今回話題に上がっているのは、シティのU-23チームに所属するウェールズ代表FWラビ・マトンド(18)だ。シティ最速とも言われる快足ウィンガーの同選手は、今シーズンのアンダーカテゴリーの公式戦21試合に出場し9ゴール6アシストを記録。また、既にウェールズ代表デビューも飾っている欧州注目の有望株だ。しかし、シティとの契約は2020年6月末までと残り1年半になっている。 そして、この状況に目を光らせているのがバイエルンだ。シティ側は慰留を目指しているそうだが、バイエルンが移籍金1000万ポンド(約14億円)のオファーを準備しており、去就は不確かなものになっているという。 当人は、代表でデビューを飾った際に「僕は、自分の国のためにトップの代表選手たちとプレーすることがクラブレベルでも助けになると確信している」、「国際舞台でやれるなら僕がクラブでもやれると示すことになる」とトップチームへの意欲をアピール。しかし、現在まで出場機会を与えられてはおらず、その点でバイエルンに交渉のチャンスがありそうだ。 シティからは、今冬にMFブラヒム・ディアスも出場機会を理由の一つとしてレアル・マドリーに移籍。数々の才能を育て上げているだけに、高い頻度で流出の危機に脅かされることになりそうだ。 2019.01.22 17:00 Tue
twitterfacebook
thumb

アーセナル、ハメスをレンタルか レアル・マドリーに照会

イギリス『インデペンデント』は21日、アーセナルがバイエルンに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(27)の獲得に乗り出していると報じた。 レアル・マドリーからバイエルンにレンタル加入中のハメス。ニコ・コバチ体制発足の今シーズンはここまでブンデスリーガ5試合の先発機会にとどまる現状から不満報道も錯綜しており、期間満了となるシーズン終了後のレアル・マドリー復帰が既定路線だという。 ハメスの去就を巡っては現在、かつてレアル・マドリーやバイエルンで指導したカルロ・アンチェロッティ監督率いるナポリのほか、アーセナルが関心。そうした状況下で、アーセナルが今冬のレンタルを目指して、レアル・マドリーにコンタクトを取った模様だ。 一方、ハメス自身はレンタル満了後、レアル・マドリー残留を希望。だが、レアル・マドリーは次の夏でチェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザール(28)と、トッテナムのデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセン(26)獲りを狙っているとみられる。 そのため、現時点でレアル・マドリーにハメス残留のプランはなく、夏の完全売却を視野に。さらに、トッテナムとのエリクセンを巡る移籍交渉に向けた材料として、ハメスを差し出すことも考えているとのことだ。 2019.01.22 17:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ハメス、今季はバイエルンでプレーか

バイエルンに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスの今冬移籍は実現しなさそうだ。『ESPN』が報じた。 バイエルン加入2年目の今シーズン、ここまでブンデスリーガ5試合の先発機会にとどまり、ニコ・コバチ新監督に対する不満報道が錯綜するハメス。そうした状況を受け、かつてレアル・マドリーやバイエルンで指導したカルロ・アンチェロッティ監督率いるナポリのほか、アーセナルの関心が取り沙汰され、今冬の去就に注目が集まっている。 だが、『ESPN』が選手に近しい人物の証言として報じたところによれば、渦中のハメスは今冬の移籍を考えてない様子。レンタル期間満了となる今シーズンいっぱいはバイエルンにとどまる意向を示しており、さらに2019-20シーズン以降も残留するプランがあるという。 バイエルンと保有権を持つレアル・マドリーは2017年夏、ハメスの移籍に関して、2年間のレンタル契約で合意。この契約には4200万ユーロ(約52億3000万円)の買取オプションが付随している。 2019.01.21 15:00 Mon
twitterfacebook
thumb

チェルシーFWハドソン=オドイが巨額新契約拒否か

チェルシーに所属するU-19イングランド代表FWカラム・ハドソン=オドイ(18)が、クラブから打診されている新契約のオファーを拒否したようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 イングランド屈指の若手として注目を集めているハドソン=オドイ。しかし、チェルシーで出場機会を掴む難しさから移籍が取り沙汰されており、バイエルンが獲得に接近していることが伝えられている。バイエルンは4度のオファーを提示し、提示される移籍金は3500万ポンド(約50億円)にまで到達。また、選手当人もバイエルン行きに前向きであると見られている。 チェルシーはこの逸材の慰留に向けて週給8万5000ポンド(約1200万円)とも言われる巨額サラリーの新契約を打診。しかし、出場機会確保を優先したいハドソン=オドイは首を縦に振らず、バイエルン行きの意思を固めているという。また、背番号10を背負うFWアリエン・ロッベンが退団した場合、バイエルンはハドソン=オドイにその番号を継承させる考えのようだ。 ハドソン=オドイとチェルシーの現行契約は2020年までとなっており、今シーズンが終了すれば残りの期間は1年間となる。『デイリー・メール』によると、もし今冬の移籍が果たされなければ、移籍金は劇的に下がり1000万ポンド(約14億1000万円)付近の値になるという。したがって、今年夏までの慰留に成功したとしても、更にバイエルン行きの可能性を高める要因を作ることになるだろう、と伝えられている。 2019.01.20 16:40 Sun
twitterfacebook
thumb

ロイス、バイエルンへの移籍を断固否定「絶対にない。約束できる」

ドルトムントに所属するドイツ代表MFマルコ・ロイスが、バイエルンへの移籍は決してないと話している。ドイツ『FAZ』が報じた。<br><br>ドルトムントユースで育ったロイス。ブレークしたのはボルシアMG時代であったが、2012年にドルトムントへと復帰。当時はバイエルンも獲得に乗り出したと伝えられるが、古巣への愛を優先させた。<br><br>国内のタレントを次々と引き入れる補強策で知られるバイエルンだが、ロイスは決してなびくことはないと強調している。<br><br>「僕がバイエルン?絶対ないね。僕のバイエルンでの姿が見られないことは約束できるよ。それに僕はもうすぐ30歳だ。彼らはもっと若い選手を求めているだろう」<br><br>また、今季はロイスの好調もあり、ドルトムントはバイエルンを抑えてブンデスリーガの首位を快走。ロイスはドルトムントでのタイトルを夢見ていると話した。<br><br>「ドルトムントでいつの日かタイトルを取ることはとてつもなく大きな夢だった。実現すれば、最高に美しいね」<br><br> <br>提供:goal.com 2019.01.19 18:00 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース