マノラス狙うユナイテッド、契約解除金満額を準備か2019.01.06 15:55 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、マンチェスター・ユナイテッドがローマに所属するギリシャ代表DFコスタス・マノラス(27)の獲得に動いていると報じた。マノラスの現行契約は2022年6月まで。3600万ユーロ(約44億5000万円)の解除条項が存在しているとみられ、ローマとの間でその条項の破棄、あるいは金額の引き上げに向けた交渉が長らく続いているが、進展がない。

そうした中、ユナイテッドもシーズン終了後のマノラス引き抜きに向け、ローマに対して契約解除金の満額を準備。マノラス本人に対しても年俸600万ユーロ(約7億4000万円)を用意する熱の入れようだという。

マノラスは2014年夏にオリンピアコスからローマに加入。在籍5年間で公式戦通算192試合8得点を誇り、引き続き主力センターバックの一角を担う今シーズンもここまで21試合2得点をマークしている。
コメント
関連ニュース
thumb

5歳からユナイテッドでプレーするマクトミネイ、2023年まで契約延長

マンチェスター・ユナイテッドは21日、スコットランド代表MFスコット・マクトミネイ(22)と2023年6月30日まで契約を延長したことを発表した。 5歳でユナイテッドに入団した193cmの長身セントラルMFであるマクトミネイは、2017年5月にトップチームデビュー。これまでユナイテッドで公式戦33試合に出場し、今季はプレミアリーグ7試合に出場している。ユナイテッドとの契約を延長したマクトミネイは次のように話している。 「ユナイテッドは僕が5歳からプレーするクラブだ。これまで通り、このクラブの助けとなる働きができることを望んでいるよ。僕はまだ若く、監督やコーチ、ワールドクラスのチームメートから学んでいる最中だ。今後もユナイテッドで選手として成長できることを嬉しく思っている」 2019.01.22 02:47 Tue
twitterfacebook
thumb

スコールズが英4部で監督デビューか

元マンチェスター・ユナイテッドでイングランド代表OBのポール・スコールズ氏(44)に監督デビューの可能性が浮上した。イギリス『BBC』が報じた。 現役時代に得点力が魅力の中盤としてユナイテッドの黄金期に関わり、イングランド代表としても長らく主軸に君臨したスコールズ氏。2013年に2度目の現役引退後、フットボール解説者に転身しており、古巣ユナイテッドで短期間のコーチを務めたほか、共同オーナーのサルフォード・シティで暫定監督を務めた以外で、指導歴はない。 そのスコールズ氏に対して、フットボールリーグ2(イングランド4部相当)を戦うオールダム・アスレティックが監督就任のオファーを打診。既に交渉に入ったという。オールダムは昨年12月27日にフランキー・バン氏(56)を解任。それを受けて、暫定監督がチームの指揮を執っている状況であり、スコールズ氏の招へいに動いた模様だ。 2019.01.21 16:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ダルミアン、買取OP付きレンタルでユベントスへ!

マンチェスター・ユナイテッドに所属するイタリア代表DFマッテオ・ダルミアン(29)のユベントス移籍が合意に達したようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 記事によれば、ダルミアンは今季はレンタルでユベントスに加入する模様。契約には買い取りオプションがついており、レンタル料の300万ユーロ(約3億7000万円)に加え、800万ユーロ(約10億円)を支払うことで、ユベントスは完全移籍で買い取ることができるようだ。 2015年にトリノからユナイテッドに移籍したダルミアンは、加入初年度はコンスタントに出場機会を得られていたものの、年々その数を減らし、今季はここまでリーグ戦5試合とFAカップ1試合の出場にとどまっている。 ダルミアンがユベントスに移籍する一方で、同クラブに所属するイタリア代表DFレオナルド・スピナッツォーラは出場機会を求めてボローニャへレンタル移籍すると伝えられている。ここ数年で市場価値を上げている25歳は、ダルミアンと同じサイドバックを主戦場としており、元々の出場機会の少なさに加えてさらに厳しい状況になるためだ。今季はここまでの出場はカップ戦の1試合のみとなっており、マッシミリアーノ・アッレグリ監督も「継続的にプレーする必要がある」とコメントしていた。 2019.01.21 02:54 Mon
twitterfacebook
thumb

アーセナル戦敗北のサッリが乱心 「問題は選手のメンタル」

チェルシーを率いるマウリツィオ・サッリ監督が選手に腹を立てた。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 チェルシーは19日に敵地で行われたプレミアリーグ第23節でアーセナルと対戦。4位のチェルシーとしては5位のアーセナルを直接叩く好機だったが、シュートがポストに嫌われる不運も重なり、0-2で敗れた。 これにより、チェルシーとアーセナル、そして6位マンチェスター・ユナイテッドまでの勝ち点差は「3」に。痛い敗戦を喫したサッリ監督は試合後、冒頭で「今日は選手に明確なメッセージを送りたい。英語を使って間違った伝え方をしたくないので、まずイタリア語で話をさせてもらう」と話し始め、次のように続けた。 「すごく腹が立つ。そう言わなければならない。この敗北は我々のメンタル面が問題だった。今日はメンタル面で我々より優れ、自身を持つ相手と対戦した。受け入れがたいものであり、この前のトッテナム戦もそうだった」 「ドレッシングルームにいるときは戦術面を話したい。不幸せだよ。その戦術もうまくハマらなかったが、問題の本質は選手のモチベーションを高めるのがとても難しいということだ」 「(アーセナルやユナイテッドとの)技術面にさほど差を感じないが、気持ちの面が違う。それは技術じゃ補うことのできない部分だ。彼らの強い決意は試合を通しても明白さ」 2019.01.20 11:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ラッシュフォードが新体制7戦5発! スールシャールも賛美

マンチェスター・ユナイテッドを率いるオーレ・グンナー・スールシャール暫定監督がイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードを大絶賛した。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ラッシュフォードは19日にホームで行われたプレミアリーグ第23節のブライトン戦(2-1でユナイテッドが勝利)に先発。自身にとって、通算150試合出場の節目となる一戦をリーグ4戦連発弾で飾り、公式戦7連勝に貢献した。 スールシャール暫定監督は試合後、体制移行後の公式戦7試合で5得点のラッシュフォードに言及。プレミアリーグ屈指のストライカーに君臨するトッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインを引き合いに出して褒めちぎった。 「彼が私のチームにいてくれて嬉しいよ。ハリー・ケインがケガでプレーできない今、彼こそが現時点のベストストライカーだろう。彼の稼働率と試合に向けた姿勢は誰も敵わない。今の彼はゴール前で自信を持っていて、即決でシュートを選択する。私が思うに、彼はキャリア史上で最高のフットボールができているんじゃないかな」 2019.01.20 10:40 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース