プリシッチがチェルシー移籍を喜ぶ ドルトムントにも感謝2019.01.06 13:20 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ドルトムントに所属するアメリカ代表MFクリスティアン・プリシッチ(20)が今シーズン終了後のチェルシー移籍に言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。チェルシーは2日、移籍金5760万ポンド(約79億4000万円)でプリシッチ獲得を公式発表。プリシッチは今シーズン終了までレンタルでドルトムントにとどまり、来シーズンから正式にチェルシーの一員になる。

スペインのマルベリャでドルトムントの冬季キャンプに参加しているプリシッチは、チェルシー移籍決定を受け、次のようにコメントした。

「僕の移籍をみんなに知らせることができてホッとしたよ。でも、今はここで残るシーズンを過ごせることができ、本当にワクワクしているよ」

「みんなが僕の決断を理解してくれることを願う。それと、僕がシーズンの最後までドルトムントに100%の力を注ぐこともわかってもらいたい」

「ドイツでの5年間で素晴らしい経験を積ませてもらった。僕にとって、本当に素晴らしく良い時間だった。感謝しているよ」

「プレミアリーグでプレーすることは僕の夢だった。この移籍が決まり、すごくワクワクしているし、良いタイミングだったように思う」

「彼らのプレースタイルはずっと見てきた。彼らのフットボールは常に評価していて、今のスタイルも本当にナイスだ。今の僕に本当に合っていると思う」
コメント
関連ニュース
thumb

恩師率いるチェルシーから関心も…ヒサイ、ナポリと契約延長か

ナポリがアルバニア代表DFエルセイド・ヒサイ(25)との契約延長に動くようだ。『フットボール・イタリア』がイタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』を引用して伝えている。 エンポリでプロキャリアをスタートさせたヒサイは、マウリツィオ・サッリ監督に見いだされ、2015年夏にナポリに加入。移籍初年度から右サイドバックを主戦場にレギュラーとして活躍し、今シーズンもここまで公式戦29試合に出場している。 そんなヒサイには現在、サッリ監督が率いるチェルシーを筆頭にアトレティコ・マドリーなどから関心を寄せられている。 しかし今回伝えられるところによると、ナポリは現行契約が2021年6月までとなっているヒサイとの契約延長を希望。来週にも代理人との会談を開き、新契約の詳細について話し合う予定となっているようだ。 2019.03.26 15:05 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシー、補強禁止処分撤回のラストチャンス迫る?

補強禁止処分撤回を求めるチェルシーの命運が決する時が迫っているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 国際サッカー連盟(FIFA)は先月22日、18歳未満の外国人選手の契約に関する規則に違反したチェルシーに対し、今後2度(2019年夏、2020年冬)の移籍期間での選手登録禁止を決定。同時に60万スイスフラン(約6600万円)の罰金も科された。 その後、クラブはFIFAの不服申立委員会に上訴する意向を示しており、FIFA側もこれを了承。そして、今回の報道によれば、4月11日の公聴会で控訴審議が行われるようだ。 なお、FIFAは控訴の訴えによる暫定での処分執行先延ばしに応じないことを明らかにしている。スポーツ仲裁裁判所(CAS)も、チェルシーが暫定措置に関する取り決めを覆すような訴えを起こしていないことを認めており、今回の公聴会が補強禁止処分を免れるラストチャンスとなるかもしれない。 2019.03.26 14:35 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシー補強禁止にクリステンセン動けず…「受け入れ難い」

チェルシーのデンマーク代表DFアンドレアス・クリステンセンが、クラブが補強禁止処分を受けたため、自身が移籍できなくなったことを明かしている。イギリス『メトロ』が伝えている。 チェルシーは18歳未満の外国人選手獲得の契約に違反があったとして、今後2度の移籍市場において選手登録を禁止される問題に直面している。クラブは現在、FIFA(国際サッカー連盟)に2度目の訴えを起こし、処分軽減、もしくは保留を目指して動いている。 だが、クリステンセンをはじめとする選手たちがチェルシーから伝えられたのは、クラブがこれ以上補強禁止処分に抵抗できないということだったようだ。デンマーク『Ekstra Bladet』に語った。 「僕たちがチェルシーから受け取ったメッセージは今回の問題に抵抗できないということ。だから全員に残ってほしいみたいだ」 「この状況は受け入れ難いものだ」 クリステンセンは今季、公式戦19試合の出場に留まっている。リーグ戦では5試合しか出場しておらず、今冬の移籍市場でも移籍の噂が立っていた。おそらく今夏の移籍市場では真剣に移籍を考慮していたであろう同選手にとって、クラブからの通達は絶望感の漂うものなのかもしれない。 2019.03.25 19:14 Mon
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー獲得狙うカンテ、「チェルシーでの目標がまだある」

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が、獲得を希望していると伝えられるチェルシーのフランス代表MFエンゴロ・カンテ(27)が自身の去就に関して語った。フランス『RTL』が伝えている。 先日にジダン監督が再任したマドリーでは、フロレンティーノ・ペレス会長が今夏の補強予算として推定3億ポンド(約441億5000万円)を上回る巨額の費用を準備している模様。 そして、フランス人指揮官はかつてマドリーとレ・ブルーで自身を大いにサポートした、クロード・マケレレを髣髴とさせる同胞MFの獲得を希望していると言われている。 今夏の去就に注目が集まるカンテだが、24日の『RTL』のインタビューで今後に関する質問を受けると、チェルシーへの敬意を示した。 「僕はチェルシーにいる。そして、ここでの目標がまだあるんだ。だから、周囲で話されている事柄については重要だと思っていないよ」 「それは重要なものではない。僕はチェルシーに在籍しているし、今はここでのプレーに集中しているよ」 マウリツィオ・サッリ監督の去就問題や先日に国際サッカー連盟(FIFA)から下された補強禁止処分によって、今後厳しい戦いが予想されるチェルシーだが、カンテが今後に下す決断はいかに…。 2019.03.25 18:20 Mon
twitterfacebook
thumb

アザールがベルギー代表通算100試合達成! 「この偉業をみんなと共有できたことが誇り」

チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザールが24日に行われたキプロス代表戦で同国代表での通算100キャップを記録した。同試合後、アザールが自身の公式インスタグラムで心境を語った。 ベルギーは24日、ユーロ2020予選・グループI第2節でキプロスとのアウェイ戦に臨み、2-0で快勝した。 同試合で代表100キャップを記録したアザールは10分、ロングボールに抜け出したFWミッチー・バチュアイの落としを、ボックス中央で受けて冷静にゴール右へ蹴り込み、自らのメモリアルマッチを通算30点目のゴールで祝った。 同試合後、自身のインスタグラムを更新したアザールは、「重要な勝利だった。チーム全員がうまくやったね。代表100キャップを達成し、それをみんなと共有できたことを誇りに思うよ」と、素直に喜びを語っている。 リール時代の2008年11月のルクセンブルク代表とのフレンドリーマッチで代表デビューを飾ったアザールは、初ゴールが2011年10月のユーロ2012予選のカザフスタン代表戦とややスロースタートを強いられたものの、チェルシーに移籍した2012年以降はレッドデビルの絶対的な主力に君臨。 自身初の大舞台となった2014年のブラジル・ワールドカップ(W杯)以降はキャプテンにも就任し、先のロシアW杯では同国史上最高位の3位入賞の立役者となった。 2019.03.25 13:44 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース